OMEN X by HP Desktop 900 レビュー:パフォーマンスとメンテンナンス性の高さが魅力

OMEN X by HP Desktop 900 レビュー

日本HPのOMEN X by HP Desktop 900は、高いパフォーマンスと独特の本体デザインが特徴のゲーミングPCです。CPUは10コア/20スレッドのCore i9-7900X対応でメモリーは標準で64GB、ストレージは512GB SSD+3TB HDD。GPU(専用グラフィックス)にはGeForce GTX 1080 Tiを使うなど、最高クラスのスペックを実現しています。

OMEN X by HP Desktop 900の概要

【主なスペック】CPU:Core i7-7740X または Core i9-7900X / メモリー:64GB / ストレージ :512GB SSD+3TB HDD/グラフィックス:GeForce GTX 1080 Ti(SLI対応) Ti/1060/1070/1080/1080Ti ※SLI対応

今回はメーカーからお借りした実機を使って、OMEN X by HP Desktop 900のベンチマーク結果や本体デザインなどをレビューします。

OMEN X by HP Desktop 900

OMEN X by HP Desktop 900

税込み42万円台から

OMEN X by HP Desktop 900のスペック

OMEN X by HP Desktop 900には、CPUとGPUの異なるふたつのモデルが用意されています。ハイパフォーマンスモデルはCPUがKaby Lake-XのCore i7-7740XでGPUがGeForce GTX 1080 Tiの構成、上位のエクストリームモデルはCPUがSkylake-XのCore i9-7900XでGPUがGeForce GTX 1080 Ti×2(SLI)の構成です。

OS ハイパフォーマンスモデル(900-270jp) エクストリームモデル(900-290jp)
OS Windows 10 Home
CPU Core i7-7740X(4コア) Core i9-7900X(10コア)
メモリー 64GB
ストレージ 512 SSD(Samusung PM961 PCIe NVMe)+ 3TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 1080 Ti(11GB) GeForce GTX 1080 Ti(11GB) SLI
光学ドライブ なし
通信機能 1000BASE-T対応有線LAN、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.2
インターフェース USB3.0(フルサイズ)×8(天面×2+背面×6)、USB3.1 Gen1(フルサイズ)×1(背面)、USB3.0(Type-C)×3(天面×2+背面×1)、HDMI、DVI、DisplayPort×3、有線LAN、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、SPDIFデジタル出力、ヘッドホン出力、オーディオ端子類
拡張スロット PCI Express x16×2、M.2×2
ドライブベイ 3.5/2.5インチ兼用×4
電源 1300W(80PLUS GOLD)
サイズ/重量 幅504×奥行き406×高さ515mm/約25kg

※2018年3月6日時点。構成や価格は変更される場合があります

10コアCPU

試用機では10コア/20スレッドで動作するCore i9-7900Xが使われていました

3DMarkベンチマーク結果

今回のテストでは、OMEN X by HP Desktop 900のエクストリームモデルを試用しています。

試用機の主なスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-7900X(10コア)
メモリー 64GB
ストレージ 512GB SSD + 2TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 1080 Ti×2(2-way SLI)

3D性能を計測する「3DMark」では、非常に優れた結果が出ています。ただしGeForce GTX 1080 Tiの1枚挿しとスコアが変わりません。システム側ではSLIで認識されているので、なんらかの影響でスコアが伸びていないものと思われます。

3dmark-001-timespyTime Spy(DX12) 8,713
3dmark firestrikeFire Strike(DX11,FHD) 20,855
3dmark firestrike extremeFire Strike Extreme(DX11,WQHD) 12,556
3dmark firestrike ultraFire Strike Ultra(DX11,4K) 6,670
3dmark skydiverSky Diver(DX10) 527,11
3dmark cloudgateCloud Gate(DX10) 49,631
3dmark icestormIce Storm(DX9) 185,196

SLIの設定

NVIDIAコントロールパネルではSLIが有効になっており、3DMarkでもGeForce GTX 1080 Tiが2枚認識されています

VR性能を計測するVRMarkでも優れた結果が出ていますが、やはりGeForce GTX 1080 Ti 2-way SLIの効果は表われていません。

VRMarkベンチマーク結果

VR性能を計測する「VRMark」ベンチマーク結果

人気ゲームのベンチマーク結果

国内外で人気のゲームのベンチマーク結果は以下のとおりです。

ベンチマーク結果(画質を最高品質に設定)

FF15ベンチ FF15ベンチ (DX11)
4K WQHD フルHD
4055(普通) 9034(とても快適)
FF14ベンチ FF14:紅蓮のリベレーター(DX11)
4K WQHD フルHD
12187(非常に快適)※84.676 FPS 14945(非常に快適)※112.984 FPS 16449(非常に快適)※129.952 FPS
ドラゴンクエストX ドラゴンクエストX
4K WQHD フルHD
19988(すごく快適) 20837(すごく快適)
Assassin's Creed Origins Assassin’s Creed Origins (DX11)
4K WQHD フルHD
47 FPS 70 FPS 79 FPS
Ghost Recon Wildlands Ghost Recon Wildlands (DX11)
4K WQHD フルHD
51.41 FPS 77.39 FPS 75.13 FPS
ROTTR Rise of the Tomb Raider(DX12)
4K WQHD フルHD
108.71 FPS 142.25 FPS 146.43 FPS
Hitman Hitman (DX12)
4K WQHD フルHD
71.7 FPS 95.33 FPS 98.8 FPS
F1 2017 F1 2017 (DX11)
4K WQHD フルHD
79 FPS 129 FPS 157 FPS

上記ベンチマーク結果を見ると、FF14とRise of the Tomb Raiderの4Kだけスコアが妙に優れていることがわかります。ほかのタイトルでは、どうもSLIが有効になっていないようです。

そこでFF15ベンチとFF14ベンチを使って、SLIの有効/無効でベンチマーク結果がどれくらい変わるのか検証しました。

SLI有効/無効時のベンチマーク結果

SLI 有効 無効
解像度 4K フルHD 4K フルHD
FF15ベンチ 4055 9034 4142 9066
FF14ベンチ 12187 16449 7818 14844

FF14ではSLIの効果と見られる結果が出ていますが、FF15ではSLIの効果は見られません。またFF14の4K解像度ではスコアが56%アップしていますが、フルHDでは11%程度です。

以上の結果から考えられるのは、そもそもソフトがSLI非対応であるという点と、負荷の高さに応じてシステムが自動的にSLIを無効にしてしまう(あるいは効果を低くする)可能性があるという点です。

検証にあたってはNVIDIAコントロールパネルでパフォーマンスが最大化されるように調整しているのですが、もしかするとなんらかのチューニングが行なわれているのかもしれません(試用機は多くの人によって検証されているので、標準の状態ではない可能性があります)。また試用機だけの固有の症状で、ほかの機体では問題なくSLIが動作する可能性もあります。

いずれにしてもSLIを使いこなすには、ある程度の知識が必要となります。そのあたりを理解している人であれば、パフォーマンスを最大限に活かしきれるでしょう。

そのほかのベンチマーク結果

CrystalDiskMark

512GB NVMe SSD(左)と3TB HDD(右)のアクセス速度

CINEBENCH R15

CPU性能を計測する「CINEBENCH R15」の結果

(参考)ほかのCPUとの違い

CPU CINEBENCH R15 CPUスコア(実測値)
Core i9-7980XE
3333
Core i9-7900X
2205
Core i7-8700K
1436
Core i7-7700K
974
Core i7-7700
920

PassMark PerformanceTest 9.0

パーツごとの性能を計測する「PassMark PerformanceTest 9.0」の結果

PCMark 10

作業の快適さを計測する「PCMark 10」の結果

動画変換にかかった時間

x264 NVENC
5分34秒 4分48秒

※5分間の4K映像(XAVC-S、3.51GB)をYouTube向けの1080p(1920✕1080ドット)映像に変換するのにかかった時間

消費電力と駆動音、CPU温度について

消費電力は非常に大きい

消費電力はかなり大きく、特に低負荷時のワットパフォーマンスは非常に低い結果です。とは言うものの、高いパフォーマンスを発揮するにはより多くの電力が必要ですので、この結果は仕方がないでしょう。

1分間の平均消費電力

構成 待機中 動画視聴 動画変換 3Dゲーム
OMEN X by HP Desktop 900 エクストリームモデル 196.8W 204W 219W 507.6W
(参考)Core i9-7980XE+GTX 1080 Ti 65W ※未計測 216W 400W
(参考)Core i7-7700+GTX 1060 48.6W 51.6W 124.2W 133.2W

※消費電力の計測方法はコチラ

ゲーム中は駆動音が大きい

駆動音(ファンの回転音や通気口からの排気音など)の計測結果は以下のとおり。負荷の高いゲームでは音が大きくなるため、ヘッドセットの着用をおすすめします。

駆動音の計測結果

電源オフ時 36.8dBA
待機中 42.2dBA ファンの低い回転音が聞こえる
動画視聴 40.9dBA 同上
動画変換 48.9dBA 回転音がはっきり聞こえるが、うるさく感じるほどではない
3Dゲーム 50.8dBA 排気音と回転音がけっこう大きい

※駆動音の計測方法はコチラ

高負荷時のCPU温度は高い

テスト/ベンチマーク中のCPU温度は最大で82度でした。高い負荷がかかる動画エンコードや重量級のゲームでは、CPUがかなり高温になるようです。

CPUの最高温度

待機中 動画視聴 動画変換 3Dゲーム
46℃ 54℃ 82℃ 69℃

※本体温度の計測方法はコチラ

本体の外観と内部

本体がとても大きい

OMEN X by HP Desktop 900はキューブ型のPCケースを斜め45度に傾けた独特のデザインを採用しています。この傾きによって冷却のための吸排気が効果的に行なわれるとともに、メンテナンスが容易になる点が大きなメリットです。ただし両サイドにデットスペースが生じるぶん、大きな設置スペースが必要となる点に注意してください。

PCケース

キューブ型のPCケースを斜め45度に傾けた独特のデザイン

ミドルタワー型PCとのサイズ比較

ミドルタワー型PCとのサイズ比較

フロントのLED

電源を入れると、フロントパネルのLEDが点灯します

LEDの変更

標準収録ユーティリティー「OMEN Command Center」で、LEDの色や明るさを調整可能

背面

背面

I/Oパネル

I/Oパネル

左側面と右側面

左側面と右側面

メンテナンスが簡単!

OMEN X by HP Desktop 900の本体は単に大きいだけでなく、メンテナンスしやすいようにデザインされています。各パーツが取り外しやすい上にマザーボードが斜めに設置されているので全体を見渡しやすく、これだけ大きくてもパーツの交換は簡単です。

メンテナンス工具

フロント下部のパネルには、メンテナンス工具が用意されています

右側面

右側面の端子類とストレージ用スロット

ストレージスロット

カバーを開けてストレージを挿し込むだけなので、メンテナンスが容易です

左側面

左側面のカバーはアクリル板によって内部を確認可能

アクリル板

アクリル板は反射した光が緑色に見えます。パーツ保護のために紫外線カット加工が施されているのかもしれません

カバーの取り外し

サイドカバーを取り外して内部にアクセスするには、背面のネジを1本外してから「EJECT」ボタンを押します

サイドカバーを取り外した状態

サイドカバーを取り外した状態

内部レイアウト

内部のレイアウト。配線がきれいまとまっており、スペースに余裕があるのでメンテナンスが楽です

C`PUとメモリー

CPUクーラーは水冷式。メモリースロットは4つで64GBのメモリーが挿されています

GeForce GTX 1080 Ti 2-way SLI

SLIブリッジで接続された2枚のGeForce GTX 1080 Ti

M.2スロット

ストレージ用のM.2スロットはグラフィックボードの下に回り込んでいますが、ネジ止めは1箇所だけなので交換は簡単です

性能とメンテナンス性に優れるゲーミングPC

ということで、今回は日本HPのハイエンドゲーミングPC「OMEN X by HP Desktop 900」のレビューをお届けしました。

検証ではSLIの挙動に不振な点がありましたが、短い貸出期間では原因を究明できなかったためSLIについての評価は保留とします。

しかし基本性能は非常に高く、国内外の人気ゲームを快適に楽しめる高いパフォーマンスを発揮できることは間違いありません。またメンテナンス性が高く、パーツ交換による将来的なアップグレードも簡単に行なえるでしょう。ハイエンド志向のゲーマーにおすすめのモデルです。

OMEN X by HP Desktop 900のまとめ

パフォーマンスとメンテナンス性に優れる点が大きな魅力

OMEN X by HP Desktop 900のまとめ

  • 重量級ゲームも楽しめる高い性能
  • メンテナンスしやすい
  • 本体がデカイ

OMEN X by HP Desktop 900

OMEN X by HP Desktop 900

税込み42万円台から

※記事中の価格や構成は、記事執筆時のものです。予告なく変更される場合もございますので、あらかじめご了承ください。

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました