HP Pavilion 570 レビュー:スタイリッシュでも高性能なデスクトップPC

日本 HP HP Pavilion 570 レビュー

日本HPのHP Pavilion 570は、「ミニタワー型」と呼ばれる標準サイズのデスクトップPCです。白と黒を基調としたスタイリッシュなデザインで、いかにもなパソコンらしさは感じられません。かと言ってエントリーユーザー(初心者)向けの低いスペックではなく、高性能CPUや爆速SSDに対応するなどパワフルな一面も持っています。

HP Pavilion 570の概要

【主なスペック】CPU:Core i3/i5/i7またはA10-9700 / メモリー:8GB(最大16GB) / ストレージ :1~2TB HDD(SSD追加可能)

今回はメーカーからお借りした実機を使って、HP Pavilion 570の本体デザインや性能などをレビューします。

HP Pavilion 570

HP Pavilion 570

税込7万円台から

HP Pavilion 570のスペック

HP Pavilion 570の主な仕様は以下のとおりです。ポイントは、超高速なPCIe(NVMe)対応のM.2スロットに対応している点です。SSDを追加することでファイルアクセスが高速化されるだけでなく、システムやソフトの起動時間が大きく短縮される効果があります。

OS Windows 10 Home
CPU Core i3-7100 / Core i5-7400 / Core i7-7700 / A10-9700
メモリー 8GB(最大16GB)
ストレージ 1~2TB HDD ※一部のモデルはSSD追加可能
グラフィックス Intel HD Graphics 630(Core i) / Radeon R7(A10) / GeForce GTX 1050(Core i7のみの追加オプション)
光学ドライブ ブルーレイディスクドライブ
通信機能 1000BASE-T対応有線LAN、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.2
インターフェース USB3.0✕3(前面✕1+背面✕2)、USB3.0(Type-C)✕1(前面)、USB2.0✕2(背面)、VGA端子(D-sub15ピン)、HDMI、有線LAN、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力、オーディオ端子類 ※GeForce GTX 1050追加の場合は映像出力にDVI端子、HDMI端子、DisplayPort端子が利用可能
拡張スロット PCI Express x16✕1(空き1 ※GeForce GTX 1050追加の場合は空き0)、M.2スロット✕2(空き1)
ドライブベイ ウルトラスリムベイ✕1(空き0)、3.5インチ✕1(空き0)
電源 180W
サイズ/重量 幅164×奥行き322×高さ322mm/約5.3kg

※2018年2月26日時点。構成や価格は変更される場合があります

HP Pavilion 570のラインナップ

HP Pavilion 570には、パーツ構成の異なる4種類のモデルが用意されています。このうちCore i5モデルとCore i7モデルは256GBのM.2 SSDを追加可能(別途オプション料金が必要)で、さらにCore i7モデルは専用グラフィックスとしてGeForce GTX 1050(2GB)を追加できます(別途オプション料金が必要)。

ラインナップ

570-p030jp エントリーモデル
Core i3 8GBメモリー 1TB HDD ブルーレイディスクドライブ 税込7万円台後半
570-p050jp スタンダードモデル
Core i5 8GBメモリー HDD 2TB ブルーレイディスクドライブ 税込8万円台後半
570-p070jp パフォーマンスモデル
Core i7 8GBメモリー HDD 2TB ブルーレイディスクドライブ 税込9万円台後半
570-p010jp パフォーマンス(AMDプロセッサー/SSD搭載)モデル
AMD A10 8GBメモリー 128GB SSD 1TB HDD ブルーレイディスクドライブ 税込7万円台半ば

※2018年2月26日時点。構成や価格は変更される場合があります

本体の外観と内部

HP Pavilion 570は、”ミニタワー型”と呼ばれる少しコンパクトなデスクトップPCです。幅は164mmで、奥行きは322mm。デスク上に置いてもジャマにならないサイズですが、高性能CPUを搭載したモデルは駆動音が少し大きいので、デスク下に設置することをおすすめします。

前面と背面

フロントパネル(左)とバックパネル(右)

光学ドライブ

全モデル標準でブルーレイディスクドライブを搭載

前面のインターフェース

フロントパネルにはUSB3.0(フルサイズ)✕1、USB2.0(Type-C)✕1、ヘッドホン出力、メモリーカードスロット

背面のI/Oパネル

背面のI/Oパネル

背面のネジを外し側面のパネルを取り外すことで、本体内部にアクセスできます。

カバーを取り外した状態

サイドパネルを取り外した状態

CPUとメモリースロット

CPUとメモリー周り。メモリースロットは2ポートで、最大容量は16GB

拡張スロット

拡張スロットはPCI Express x16✕1、M.2スロットはPCIe接続対応

電源

電源は180W

ドライブベイはふたつ用意されていますが、それぞれ光学ドライブとHDDで使われています。3.5インチのドライブベイは2.5インチ用と兼用で、フレームを取り外すことでHDDを交換可能です。搭載可能なストレージは最大2台(SATA+M.2)と少ないのですが、本体がコンパクトなので仕方がないでしょう。

ドライブベイ

3.5/2.5インチドライブベイを利用するには、本体内部のフレームを外す必要があります

消費電力と駆動音、CPU温度について

今回のテストでは、Core i7-7700搭載のパフォーマンスモデルを試用しています。モデルやパーツ構成が異なると、各種テスト結果やベンチマーク結果が大きく変わる点に注意してください。

試用機(スタンダードモデル)のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-7700
メモリー 8GB
ストレージ 1TB HDD
グラフィックス Intel HD Graphics 630(CPU内蔵)

高負荷時は消費電力が大きい

カタログ上の公称値では、消費電力は標準時で25W/最大で180Wとされています。実際の消費電力計測結果は下の表のとおり。高性能なCore i7-7700を搭載しているだけあって、Core i3やCore i5よりも消費電力は若干高めです。

1分間の平均消費電力

待機中 動画視聴 動画変換 3Dゲーム
26.4W ※未計測 123W 64.8W

※消費電力の計測方法はコチラ

ちなみに某大手家電メーカーの53型4Kテレビの消費電力は150W程度ですので、日常的に使う機器としては消費電力は低めです。ただし本体以外にも液晶ディスプレイが必要となるため、実際にはそのぶんの消費電力も加算されます。

高負荷時の駆動音が大きい

利用中の駆動音を計測したところ、CPUに高い負荷がかかるときは音がかなり響きました。Core i7モデルを利用する場合は、デスクの下に配置するほうがいいでしょう。Core i3やCore i5モデルであれば、音はもう少し小さくなるはずです。

駆動音の計測結果

電源オフ時 36.8dBA
待機中 43.3dBA ファンの回転音がはっきりと聞こえる
動画視聴 ※未計測
動画変換 51.2dBA 重低音の回転音が響く
3Dゲーム 41.5dBA ファンの回転音がわずかに聞こえる

※駆動音の計測方法はコチラ

CPU温度は高め

テスト/ベンチマーク中のCPU温度は最大で86度でした。高性能なCore i7だと、どうしても熱や消費電力が高くなりがちなので仕方がありません。そのぶんパフォーマンスも高めです。

CPUの最高温度

待機中 動画視聴 動画変換 3Dゲーム
46℃ ※未計測 86℃ 63℃

※本体温度の計測方法はコチラ

HP Pavilion 570のベンチマーク結果

CrystalDiskMark

2TB HDDのアクセス速度

CINEBENCH R15

CPU性能を計測する「CINEBENCH R15」の結果

■(参考)CPUの性能比較 ※当サイト計測結果の平均値

GPU CINEBENCH R15のCPUスコア
Core i7-7700
920
Core i5-7400
550
Core i3-7100
420

AMD A10-9700のベンチマーク結果は手元にないのですが、CPU性能情報サイト「PassMark CPU Benchmarks」によると、Core i3-7100よりもスコアが若干低めとなるようです。

PassMark PerformanceTest 9.0

パーツごとの性能を計測する「PassMark PerformanceTest 9.0」の結果

PCMark 10

作業の快適さを計測する「PCMark 10」

3DMark

3Dゲームの快適さを計測する「3DMark」

CPUに4コア/8スレッドのCore i7-7700が使われているだけあって、動画の変換はかなり高速です。Core i5だと12~13分程度、Core i3だと15分以上はかかるでしょう。

動画変換にかかった時間

x264 QSV
9分4秒 ※未計測

※5分間の4K映像(XAVC-S、3.51GB)をYouTube向けの1080p(1920✕1080ドット)映像に変換するのにかかった時間

ストレージは低速なHDDですが、CPUに高速なCore i7-7700を使っていることもあり、ベンチマーク結果は良好です。追加オプションで超高速なPCIe接続のSSDを追加すれば、より快適に利用できるでしょう。

SSDを追加すれば超高速に

ということで、今回は日本HPのミニタワー型デスクトップPC「HP Pavilion 570」のレビューをお届けしました。

今回はもっとも性能が高いCore i7搭載モデルを試用したため、各種ベンチマークテストはまずまずの結果となりました。CPU性能がストレージ性能の低さを大きく引き上げているため、特にストレスを感じることなく快適に使えます。

HP Pavilion 570 まとめ

超高性能なCore i7-7700の効果で作業は快適

ただし動画編集や3D制作などの作業を行なわないのであれば、Core i7モデルよりも安いCore i5モデルに256GB SSDを追加したほうがより快適に使えるはずです。資料やレポートの作成など軽めの作業中心であれば、さらに安いAMD A10-9700搭載モデルでも問題ないでしょう。もちろんCore i7モデルにSSDを追加するのもアリです。

HP Pavilion 570のまとめ

  • 高性能なのにコンパクト
  • PCIe接続のM.2 SSDに対応
  • ブルーレイドライブ搭載
  • 拡張性はあまり高くない

HP Pavilion 570

HP Pavilion 570

税込7万円台から

※記事中の価格や構成は、記事執筆時のものです。予告なく変更される場合もございますので、あらかじめご了承ください。

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!