HP ProDesk 400 G6 SF レビュー:柔軟なカスタマイズが可能なコンパクトデスクトップPC

HP ProDesk 400 G6 SF レビュー日本HPのHP ProDesk 400 G6 SFは、本体がコンパクトな省スペース型のデスクトップPCです。リーズナブルな価格でありながらもそこそこ性能が高く、またメモリー容量やストレージ / インターフェース構成などを細かくカスタマイズできる点が特徴。自分仕様のコンパクトPCが欲しい人に向いています。

HP ProDesk 400 G6 SF

HP ProDesk 400 G6 SF

この記事ではメーカーからお借りしたHP ProDesk 400 G6 SFの実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

特別クーポンで4%オフ!

日本HPの公式サイトにて税別7万円以上の法人向けPCを購入する際は、以下のクーポンをご利用ください。販売価格から4%オフの特別価格で購入できます。
税別7万円以上で4%オフクーポンを入手

HP ProDesk 400 G6 SF

HP ProDesk 400 G6 SF

税込4万2680円~

※※2019年11月5日時点

※HP ProDesk 400 G6 SFは法人向けのモデルですが、個人でも購入できます。

HP ProDesk 400 G6 SFのスペック

CPU ・Celeron G4930
・Core i3-9100
・Core i5-9500
・Core i5-9600
メモリー 4~32GB (最大64GB)
SSD ・なし
・128GB
・256GB
・512GB
HDD ・500GB
・1TB
・2TB
※Optane追加可能
グラフィックス ・UHD 610 / 630
・Radeon R7 430 LP
・Radeon RX 550X LP
チップセット B360
電源 180W (80PLUS GOLD)

※2019年11月5日時点。構成は変更される場合があります


フォームファクター 独自仕様
SATAポート 3
M.2スロット 2 (Wi-Fi用×1、ストレージ用×1)
光学ドライブ ・なし
・DVD-ROMドライブ
・DVDスーパーマルチ
ドライブベイ 3.5インチ×1
拡張スロット PCIe x16 ×1、PCIe x1 ×1
※ロープロファイル専用
有線LAN 1000Mbps
無線LAN ・なし
・IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth ・なし
・5
USB3.1 Gen1×4 (前面×2、背面×2)
USB3.0
USB2.0 4 (背面)
USB Type-C ・なし
・1
Thunderbolt 3
メモリーカード ・なし
・SD
HDMI ・なし
・1
VGA (D-sub15) 1
DisplayPort 1
DVI
サイズ 幅270mm
奥行き296mm
高さ95mm
重量 約4.6kg

HP ProDesk 400 G6 SF キーボードとマウス

標準付属のUSBキーボードとUSBマウス

HP ProDesk 400 G6 SFの外観と内部

外観について

HP ProDesk 400 G6 SFは、コンパクトタイプのデスクトップPC。接地面積は幅270×奥行き296mmと小さく、A4用紙 (幅210×奥行き297mm)よりもコンパクト。縦置きでも設置可能で、場所を取らない点が魅力です。ただしそのぶん拡張性はあまり高くありません。

デスクトップの主な分類

ミドルタワー型 ミニタワー型 スリム型 コンパクト型
デスクトップのサイズ比較
機能:◎
拡張性:◎
省スペース性:×
冷却性能:◎
機能:◎
拡張性:○
省スペース性:△
冷却性能:○
機能:○
拡張性:△
省スペース性:○
冷却性能:△
機能:△
拡張性:×
省スペース性:◎
冷却性能:△

HP ProDesk 400 G6 SF 設置イメージ

HP ProDesk 400 G6 SFの設置イメージ。液晶ディスプレイのサイズは21.5インチ

HP ProDesk 400 G6 SF

付属のスタンドを使えば縦向きでも設置可能です

HP ProDesk 400 G6 SF サイズ感

本体は非常にコンパクト

HP ProDesk 400 G6 SF 設置例

13インチの液晶ディスプレイと組み合わせた設置例。ワイヤレスのキーボードとマウスを使えば、さらにスッキリとまとめられます

HP ProDesk 400 G6 SF 前面

前面

HP ProDesk 400 G6 SF 背面

背面

HP ProDesk 400 G6 SF 側面

側面

インターフェースについて

インターフェースは多くはありませんが、普通に利用するぶんには十分な構成です。ただし標準ではSDカードスロットやHDMIなどには対応しておらず、別途料金を支払うことで追加できます。

HP ProDesk 400 G6 SF 前面

前面のインターフェース

  • ① SDカードスロット ※有料オプション
  • ② USB3.1
  • ③ ヘッドセット端子
  • ④ 電源ボタン

HP ProDesk 400 G6 SF

光学ドライブは読み込み専用のDVD-ROMドライブを標準搭載。追加料金を支払うことで、書込み可能なDVDライター (DVDスーパーマルチドライブ)に変更できます

HP ProDesk 400 G6 SF 背面

背面I/Oパネルのインターフェース

  • ① オーディオ端子類
  • ② DisplayPort
  • ③ VGA (D-sub15ピン)
  • ④ HDMI ※有料オプション
  • ⑤ 有線LAN
  • ⑥ USB2.0
  • ⑦ USB2.0
  • ⑧ USB3.1

拡張性について

HP ProDesk 400 G6 SFはコンパクトタイプのデスクトップPCで、スロット類やドライブベイはあまり多くありません。しかしある程度はパーツを交換 / 追加できるようになっています。必要に応じてメモリーやストレージ、拡張ボードなどを追加するといいでしょう。

HP ProDesk 400 G6 SF 本体内部

HP ProDesk 400 G6 SFの本体内部

HP ProDesk 400 G6 SF 拡張スロット

拡張スロットの構成

  • ② PCIExpress x1
  • ③ PCIExpress x16

HP ProDesk 400 G6 SF スロット

メモリースロットは2基。ストレージ用のM.2スロットも利用可能です

HP ProDesk 400 G6 SF ドライブベイ

取り外し可能な内部フレームに3.5ドライブベイがひつつぶん用意されています

HP ProDesk 400 G6 SFのベンチマーク結果

試用機のスペック

OS Windows 10 Pro
CPU Core i5-9500
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD
グラフィックス UHD Graphics 630

ストレージ性能

HP ProDesk 400 G6 SFでは標準で500GB HDDが使われていますが、購入時のカスタマイズオプションでストレージをSSDに変更可能です。SSDには超高速なPCIe 3.0 x4タイプが使われており、ファイルのやりとやウィンドウズの起動が高速化されるメリットがあります。

HP ProDesk 400 G6 SF アクセス速度

256GB SSDののアクセス速度

ストレージのアクセス速度

ストレージのアクセス速度

ただし256GB SSDのみでは容量が少ないかもしれません。外付けHDDやNASなどを使うのであれば問題ありませんが、外付けドライブを利用しないのであればHDDを追加したほうがいいでしょう。もしくは1TB以上のHDDを選択し、さらにHDDを高速化するOptaneメモリーを利用するのもアリです。

おすすめのストレージ構成

ストレージ構成 追加料金 (税別)
256GB SSD + 1TB HDD 1万4000円
1TB HDD + Optaneメモリー 7000円
512GB SSD 2万2000円

※2019年11月5日時点。価格は変更される場合があります

CPU性能

CPUとしては、第9世代のCore i3とCore i5、Celeronが用意されています。試用機で使われていたCore i5-9500は上位のCore i7には及ばないものの、デスクトップPC向けとしてはかなり高性能です。高度なプロレベルの処理には向きませんが、ちょっとした動画編集や画像加工には問題ありません。

そのほかのCPUとして用意されているCore i3-9100は、文書作成や軽いデータ処理などの事務作業用です。Celeron G4930は性能が低く、ごく軽めの作業に向いています。

CPUの性能比較

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i7-9700
16409
Core i7-8700
15412
Core i5-9600 ※2
13931
HP ProDesk 400 G6 SF (Core i5-9500)
11943
Core i5-9400
11718
Core i5-8400
11229
Core i3-9100
8784
Core i3-8100
8026
Celeron G4930 ※2
3503

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均 ※2はPassMark CPU Benchmarksのデータを参考にしました

CPU選びの目安

Celeron ・Webページを見る
・ネット動画の視聴
・ごく簡単な文書作成
Core i3 ・事務処理
・文字中心の資料作成
・写真の簡単な加工
Core i5 ・写真や画像の加工
・データ処理
・画像入り資料の作成
Core i7 ・プロ用ソフトの利用
・大規模なデータ処理
・企業向け機能の利用
・小規模な動画編集

3D性能

CPU内蔵のグラフィックス機能は、性能は高くありません。クリエイティブ用途向けで使われるGeForce GTX 1050 / 1650に比べると、性能はだいぶ劣ります。

オプションとしてRadeon R7 430 LP (2GB)と Radeon RX550X LP (4GB)が用意されていますが、どちらもGTXシリーズに匹敵するものではなく、CPU内蔵のUHD 630の2~3倍程度の性能です。クリエイティブ系ソフトの処理をサポートするものではなく、専用のグラフィックスメモリーを搭載することでウィンドウズの処理を少しサポートするものと考えたほうがいいでしょう。動画編集などに利用するのであれば、自分でGeForce GTXシリーズのグラフィックボードを追加することをおすすめします。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8893
GTX 1050
6945
UHD 630 (Core i7)
1359
HP ProDesk 400 G6 SF (Core i5-9500)
1126
UHD 630 (Core i5)
1051
UHD 630 (Core i3)
980

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

小ささとカスタマイズ性が魅力

ということで、今回はHP ProDesk 400 G6 SFのレビューをお届けしました。

この機種の魅力は本体がコンパクトである点と多少なりとも拡張性を備えているところ、そしてCPUやメモリー、端子類などのパーツカスタマイズ要素が豊富に用意されている点にあります。価格も比較的リーズナブルでありながら仕様を細かく変えられる点は、他社の同クラス製品にはない特徴です。かゆいところに手が届くコンパクトPCと言えるでしょう。自分で仕様をいろいろカスタマイズしたい人に向いています。

HP ProDesk 400 G6 SF 感想

リーズナブルでありながらも、仕様を細かく変更できる点がポイント

特別クーポンで4%オフ!

日本HPの公式サイトにて税別7万円以上の法人向けPCを購入する際は、以下のクーポンをご利用ください。販売価格から4%オフの特別価格で購入できます。
税別7万円以上で4%オフクーポンを入手

HP ProDesk 400 G6 SF

HP ProDesk 400 G6 SF

税込4万2680円~

※※2019年11月5日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました