アフィリエイト広告

HP 14s-fqレビュー:セール時が狙い目のエントリー向けノートPC

HP 14s-fq

HPの『HP 14s-fq』は、14インチサイズの据え置き用ノートPCです。CPUはモバイルRyzen 5000シリーズまたはAMD 3020eで、上位モデルなら普段の作業を快適にこなせます。本体はそこそこ軽量&コンパクトで、扱いやすい点がポイント。

 

HP 14s-fq

HP 14s-fq

 

位置付け的にはエントリー(入門)向けのため、本体品質はややチープです。とは言えこだわらないなら、普通に使えるでしょう。通常価格はけっこう割高なので、公式サイトや楽天直営ショップでセール販売されているときに狙ってください。

 

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

スペック

OS Windows 11 Sモード / Home
ディスプレイ 14インチ 1920×1080 IPS 光沢 タッチ非対応
CPU AMD 3020e / Ryzen 3 5300U / Ryzen 5 5625U
メモリー 4GB(4GB×1) / 8GB(4GB×2)
ストレージ 128 / 256GB SSD
グラフィックス Radeon Graphics(CPU内蔵)
通信 11ac+Bluetooth 5.0 / Wi-Fi 6+Bluetooth5.2
インターフェース USB Type-C×1(データ通信のみ)、USB Type-A×2、HDMI、SDカードスロット、ヘッドフォン出力 / マイク入力
セキュリティ 指紋センサー
サイズ / 重量 幅324mm、奥行き225mm、高さ17.9~21mm / 約1.33kg
バッテリー 最大 8時間30分(3020e) / 最大 9時間30分(Ryzen)

本体デザイン

HP 14s-fqは、エントリー(入門向け)クラスのノートPCです。と言っても「使い方がわかりやすい」わけではなく、どちらかと言えば「あまりお金をかけたくない人向け」。価格を抑えた作りで、全体的にチープ感があります。

 

HP 14s-fq 外観

HP 14s-fqの外観。本体カラーはセラミックホワイト

 

HP 14s-fq 天板

ボディは樹脂(プラスチック)製で、強度はほどほど。しかしホワイトのカラーは指紋の跡や細かなキズがまったく目立ちません

 

HP 14s-fq ディスプレイ

ディスプレイを開いた状態

 

HP 14s-fq ベゼル

ディスプレイのベゼルは、いまどきの機種としては太め。画面周りが若干野暮ったく感じます

 

HP 14s-fq カメラ

ディスプレイ上部のカメラは92万画素。写真撮影は1280×720ドットで、動画撮影は720p 30Hz

 

HP 14s-fq 指紋センサー

キーボード右下には指紋センサー

 

HP 14s-fq スピーカー

スピーカーはキーボード上部に配置されています。音の解像感はほどほどに高いものの、全体的に音がややこもった印象です。ビデオ会議や動画視聴には問題なく使えるでしょう

 

HP 14s-fq インターフェース

インターフェース類は多くはないものの、十分な構成です。ただしType-Cがデータ通信のみである点が残念

 

HP 14s-fq 電源アダプター

電源アダプターは45Wの丸口タイプ。重さは280g

 

HP 14s-fq 排気口

排気口はキーボード上部のこの部分

 

HP 14s-fq 底面

底面部には吸気口

サイズと重量

一般的な15.6インチタイプよりも本体はコンパクトですが、特別小さいというほどではありません。ただ重さは1.33kgと、エントリークラスとしては軽量です。とは言えこれは強度の低い樹脂素材を使っているため。持ち歩ける重さですが、衝撃や圧力にはあまり強くないはずなので注意してください。

 

HP 14s-fq サイズ

本体サイズは幅324mm、奥行き225mm

 

HP 14s-fq 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。A4サイズよりふたまわり大きく、最近の14インチタイプとしてはやや大きめです

 

HP 14s-fq 高さ

高さは実測で17.2mm(突起部を除く)

 

HP 14s-fq 高さ

底面部のゴム足(突起部)を含めた高さは20.4mm。設置時にはやや厚く感じます

 

HP 14s-fq 重さ

重さは実測で1.336kg。14インチクラスとしては比較的軽く作られています

ディスプレイについて

ディスプレイは良くも悪くも普通です。画面サイズは14インチで、解像度は1920×1080ドット。最近はアスペクト比(画面比率)16:10のディスプレイが増えてきており、従来の16:9はかなり横長に感じます。映像品質もほどほどですが、普通に使うぶんには問題ないでしょう。

 

HP 14s-fq 画面サイズ

画面サイズは14インチで、解像度は1920×1080ドット。いまでもメジャーな組み合わせですが、最近はやや縦長の1920×1200ドットが増えてきています

 

HP 14s-fq 光沢

画面は光沢ありのグレアタイプ。ディスプレイの角度によっては、背景や照明が映り込む場合があります

 

HP 14s-fq 明るさ

画面を見たときに感じるのが、映像の暗さ。作業しづらいわけではないのですが、照明が明るい場所ではちょっと暗く感じるかもしれません

 

HP 14s-fq 映像品質

映像品質は特別いいわけではありませんが、格安タイプとしては標準的です。ただしこのクラスのパネルは個体差が極端で、場合によってはやや黄色っぽく見えるかもしれません

キーボードについて

キーボードは、ややクセがあります。慣れれば問題なく使えるはずですが、慣れるまでにちょっと時間がかかるかもしれません。タイプ感は軽めで、入力時には指がやや揺れるような印象を受けました。とは言え、この価格帯のノートPCとしては標準的な仕上がりです。

 

HP 14s-fq キーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列。バックライトには非対応

 

HP 14s-fq 配列

Enterキーの右に特殊キーが縦に並んでいます。使用中にBackSpaceキーを押そうとしてHomeキーを押してしまうことが何度かあります。人によっては違和感があるかもしれません

 

HP 14s-fq タイプ感

キーピッチは縦18.7mmで横18.4mm。若干縦長ですが、特に気になりませんでした

 

HP 14s-fq タイプ感

キーストロークは1.5mm。キーを押すと、ホームポジション付近でわずかなたわみが感じられます。クリック感は固めで、手応えはしっかりとありました

 

HP 14s-fq タイプ音

タイプ音は軽い力でもカタカタと聞こえます。低い音が少し響くので、周囲への配慮は必要かもしれません

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Ryzen 5 5500U
メモリー 8GB(4GB×2、DDR4-3200)
ストレージ 256GB  SSD
グラフィックス Radeon Graphics(CPU内蔵)

※ベンチマークテストはWindows 10の電源プランを「バランス」に設定した上で、電源アダプターを接続した状態で実施しています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUは、AMD 3020eまたはRyzen 3 5300U / Ryzen 5 5625Uです。ただし今回はひと世代前のRyzen 5 5500U搭載モデルを試用しています。Ryzen 5 5625Uではより高い性能を期待できるでしょう。

 

CPU性能を計測するテストでは、同じCPUの平均値を上回る結果が出ました。おそらくこれは、メモリーがデュアルチャネルで動作しているため。たまに8GB×1でシングルチャネルの機種もありますが、そんな構成の機種よりは高いパフォーマンスを期待できます。

 

CPUの性能差 (総合性能)

CPU PassMark 10 CPU Markスコア
Ryzen 7 6800U
22327
Ryzen 7 5825U
20302
Core i7-1260P
20058
Ryzen 5 5625U
18897
Core i5-1240P
18571
Core i7-1255U
17176
Core i5-1235U
14919
HP 14s(Ryzen 5 5500U)
14257
Ryzen 5 5500U
12362
Core i7-1165G7
11723
Core i5-1135G7
11249
Core i3-1215U
10818
Ryzen 3 5300U
9527
Core i3-1115G4
6750

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

 

Ryzen 3 5300Uについては性能は低いものの、軽めの作業であれば問題なく使えるでしょう。AMD 3020e搭載モデルはCPU性能がさらに低く、メモリーも4GBしかないためおすすめできません。

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵のRadeon Graphicsが使われます。最近の内蔵タイプとしては性能は低め。ゲームやグラフィックスソフトでの効果は、あまり期待できません。あくまでも、文字や数値中心の作業用と考えてください。

 

GPUの性能差(DirectX 12)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
GTX 1650
3241
Radeon 680M(Ryzen7)
2211
Iris Xe(Core i7+LPDDR4x)
1528
Iris Xe(Core i5+LPDDR4x)
1302
HP 14s(Radeon)
1015
Radeon
1000

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能やストレージ性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能とメモリー性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではCPUとストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

 

試用機ではなぜかOpenGLがうまく動作しなかったため、コンテンツ制作のテストを実施できませんでした。そのほかの一般用途 / ビジネス用途のテストでは、そこそこ優秀な結果が出ています。Ryzen 5モデルであれば、普通に使える性能です。

 

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
14s8800
Pro 89477
Yoga10606
15-eh10594
Spectre10647
XPS10093
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
14s7397
Pro 86534
Yoga8578
15-eh9536
Spectre6968
XPS6759
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
14s※計測不能
Pro 85363
Yoga7972
15-eh6685
Spectre5997
XPS6342

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック(スリムノートPC)

Surface Pro 8 Core i7-1185G7 / 16GB / Iris Xe
Yoga 770 Ryzen 7 6800U / 16GB / Radeon 680M
▶HP Pavilion 15-eh Ryzen 7 5825U / 16GB / Radeon
HP Spectre x360-14 Core i7-1255U / 16GB / Iris Xe
XPS 13 Plus Core i7-1260P / 16GB / Iris Xe

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間はRyzen 3 / 5モデルで最大9時間30分とされています。ただしこれはパフォーマンスをグッと落とした状態での計測結果で、実際の駆動時間は公称値よりも短いのが一般的です。

 

そこで最大パフォーマンスの状態でビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、開始から11時間13分でバッテリー切れとなりました。公称値よりもだいぶ長い結果ですが、バッテリー駆動時はパフォーマンスが抑えられている可能性があるので注意してください。電源プランや画面の輝度を変更すれば、駆動時間はさらに延びる可能性があります。

 

バッテリー駆動時間の計測結果 ※Ryzen 5モデル

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 最大 9時間30分
Modern Office (ビジネス作業) 11時間13分
充電率50%までの時間 50分
満充電になるまでの時間 2時間11分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

ゲーム性能

Ryzen 5 5500U搭載モデルでゲーム系ベンチマークを試したところ、軽いゲームなら普通に楽しめそうな結果が出ました。ただしやや重い程度の中量級以上のタイトルになると、画質を落としても厳しそうです。AMD 3020eモデルやRyzen 3モデルでは、ゲームのプレーは考えないほうがいいでしょう。

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ

ベンチマーク結果

画質 スコア / 平均FPS
最高品質 2505 / 17 FPS
高品質 3459 / 23.7 FPS
標準品質 4466 / 31 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ

ベンチマーク結果

画質 スコア / 評価
最高品質 8719 / とても快適
標準品質 11286 / すごく快適
低品質 12258 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

値段しだいではアリ

HP 14s-fq 

Ryzen 5モデルなら、非常に高性能です。大作ゲームや高度な動画編集には向かないものの、数値や文字中心の作業であれば難なくこなせるでしょう。軽めの作業に限定するなら、Ryzen 3モデルもアリ。AMD 3020eモデルは安いものの、性能が低すぎるので避けたほうが無難だと思います。

 

エントリー向け、つまり「お金をかけたくない人向け」の機種だけあって、本体の仕上がりはそれなりです。しかし記事執筆時点(2023年1月)の通常価格は、かなりお高め。同じ値段でもう少し高品質なモデルを入手できます。

 

価格の目安としてはRyzen 3モデルで5万円台、Ryzen 5モデルで6万円台あたりで狙ってください。大きく値下げしたり、大量のポイント還元があるときが狙い目です。お買い得情報については、当サイトやTwitterで配信しています。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ノートPCレビュー記事一覧
お買い得情報一覧

記事を書いた人
こまめブログ

元雑誌・書籍編集者からPC系フリーライターを経て、レビューブロガーとして活動しているオジサンです。文章に関わる仕事を始めてから25年以上。最高195万PV/月。安いガジェットやPCをよく買いあさっています

こまめブログをフォローする
ノートパソコンレビュー
スポンサーリンク
こまめブログをフォローする
こまめブログ
タイトルとURLをコピーしました