アフィリエイト広告

4GBメモリー+HDD搭載のHP 15-bw000が遅いので、メモリー増設とSSD換装を試してみた

HP 15-bw000 パーツ交換

激重PCはパーツ交換でどれだけ改善されるのか?

先日購入&レビューした日本HPの15.6型ノートパソコン「HP 15-bw000」ベーシックモデルですが、あいかわらず動きがもっさりしています。
https://little-beans.net/review/hp15-bw000/

 

Windows Updateやセキュリティー対策ソフトのスキャンが終わればそれなりに使えるのですが、HDDの書き込みやスキャンが行なわれている最中は激重です。特に起動直後はかなり遅く、チューニング(前述のレビュー記事を参照)を行なわないと5~10分程度は作業できません。

 

HP 15-bw000

フルHDで3万円台は魅力であるものの、スペックが低いHP 15-bw000

 

そこでメモリー容量を4GBから8GBに増設し、さらにHDDをSSDに変更したところ、処理の遅さはだいぶ改善されました。起動直後の待ち時間も短縮され、改造前よりもはるかに快適です。

 

そこで今回は実際に行なったHP 15-bw000のパーツ交換手順と、その効果についてお届けします。HP 15-bw000を買った人や購入を検討している人だけでなく、パソコンが遅くて困っている人もぜひ参考にしてください。

 

なお自分でパーツを交換すると、有効期間内であってもメーカー保証のサポート外となります。くれぐれも自己責任の上でお願いいたします。

 

 

HP 15-bw000

HP 15-bw000

税込3万円台半ばから

 

販売ページへ
icon
404 NOT FOUND | こまめブログ
PCやガジェットのお買い得情報をお届け

SSDとメモリーを用意

まずは増設用のメモリーと交換用のSSDを用意します。と言いつつも、今回は普段から使っている検証用のパーツを使いました。手元に余っているメモリーやSSDがない場合は、別途用意してください。

ちなみにメモリーの規格は DDR4-1866(PC4-14900)ですが、筆者所有のDDR4-2400(PC4-19200)でも動作しました。また公式スペック(PDF)にはメモリースロットが2ポートと書かれていますが、実機には1ポートしかありません。なので、8GBのメモリーを1枚用意するといいでしょう。

 

メモリースロット

実機のメモリースロット

 

またHDD→SSDのコピーにはSATA-USB変換ケーブルもしくはHDDケースが必要です。

HDDの中身をSSDにコピー

今回はSATA-USB変換ケーブルを使って、HDDからSSDへのコピー(クローン)を行ないました。まずはSSDにケーブルをつなぎ、USB端子をパソコンにつなぎます。そのあと、SSDをシステムに認識させる作業が必要です。

 

このあたりの作業については、別の記事で手順を解説しています。

 

EaseUS Todo Backup Free

クローンには定番の「EaseUS Todo Backup Free」を使用。無料で使えます

パーツを交換

HP 15-bw000のパーツを交換するためには、底面部のカバーを丸ごと取り外す必要があります。すべてのネジを外したあと、パームレストのフチから底面カバーを外してください。このときすプラスチックのカードやギターのピックなどを使うと便利ですが、破損やキズには十分注意しましょう。

 

底面部

HP 15-bw000の底面部

 

ネジの取りはずし

底面とバッテリー装着部のネジのほか、ゴム足の下に隠されたネジも取り外します

 

本体内部

カバーを取り外した状態

 

メモリー増設

4GBメモリーを取り外し、代わりに8GBメモリーをセットします

 

SSD換装

本体からHDDを取り外し、ブラケット(取り付け用金具)をSSDに付けてから本体にセットします

パーツ交換前後のベンチマーク結果

パーツ交換後は、特にBIOSを設定しなくてもWindows 10が起動しました。ただし特殊なケースかもしれませんので、必要に応じて設定を行なってください。

 

メモリーとSSDを交換したあとにベンチマークテストを実施したところ、ほとんどのテストで交換前よりもパフォーマンスがアップしました。

 

Windowsエクスペリエンスインデックス

CPU性能は変わらないものの、ほかの項目はスコアアップしています

 

CINEBENCH

CINEBENCH R15では、なぜかマルチコア性能がちょっとダウンしてしまいました

 

PCMark 10

総合的なパフォーマンスを計測する「PCMark 10」の結果。特にアプリ起動の速さが大きく向上しています

 

assMark PerformanceTest 9.0

「PassMark PerformanceTest 9.0」でも大きくスコアアップしています

 

3DMark

「3DMark」の結果。テストによってバラつきがありますが、概ね性能が向上したと考えていいかもしれません

 

Windows 10の起動時間を手動で計測したところ、交換前は平均36.3秒でしたが交換後は25秒に短縮されました。

 

パーツ交換後は起動直後の激重状態もなく、全体的に快適さが大きくアップしました。もっともCPUがやや非力なので、一瞬の待ち時間はいまだにあります。しかし交換前に比べると、遅くてイライラする場面は確実に減りました。

選ぶなら8GBメモリー+SSD搭載の上位モデル

ということで、今回は4GBメモリーと500GB HDDを搭載したHP 15-bw000のパーツ交換についてお届けしました。パーツ交換によって、パフォーマンスはだいぶ改善されることをおわかりいただけたでしょう。

 

ただし交換用のパーツを用意するのに2万円ちょっとかかることを考えると、あまりコストパフォーマンスがいいわけではありません。パーツが余っているなら安く抑えられますが、HP 15-bw000のベーシックモデルをパーツ交換前提で購入すると、トータルコストは5万円台後半です。

 

一方、上位CPUと8GBメモリー+256GB SSDを搭載したエントリーモデルであれば、ほぼ7万円程度で購入できます。パーツ交換の手間とメーカー保証が残ることを考えれば、こちらのほうがお得かもしれません。

 

特にパーツ交換に不慣れな人は、交換前提でベーシックモデルを買うよりも上位のエントリ-モデルを選ぶべきでしょう。余っているパーツを有効活用したいという人なら、3万円台のベーシックモデルを選ぶのアリです。

 

HP 15-bw000

HP 15-bw000

税込3万円台半ばから

 

販売ページへ
icon
記事を書いた人
こまめブログ

元雑誌・書籍編集者からPC系フリーライターを経て、レビューブロガーとして活動しているオジサンです。文章に関わる仕事を始めてから25年以上。最高195万PV/月。安いガジェットやPCをよく買いあさっています

こまめブログをフォローする
ノートパソコンレビュー
スポンサーリンク
こまめブログをフォローする
こまめブログ
タイトルとURLをコピーしました