サイコム G-Master Hydro Z590-Miniレビュー:Core i7-11700K+RTX3070搭載でデュアル水冷のゲーミングPC

サイコム G-Master Hydro Z590-Miniレビュー
サイコムのG-Master Hydro Z590-Miniは、専用GPUとしてGeForce RTX 3070を搭載するゲーミンデスクトップPCです。特徴は、CPUとGPUを水冷式の冷却ユニットで冷やす「デュアル水冷システム」を採用している点。一般的な空冷式に比べて内部を効果的に冷却可能で、高い静音性とパフォーマンスを実現しています。

G-Master Hydro Z590-Mini

G-Master Hydro Z590-Mini ※ディスプレイは別売り

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

G-Master Hydro Z590-Mini

G-Master Hydro Z590-Mini

32万3150円~

※2021年6月14日時点

G-Master Hydro Z590-Miniのスペック

OS ・Windows 10 Home
・Windows 10 Pro
CPU ・第11世代Core i5 / i7 / i9
・第10世代Core i9
チップセット Intel Z590
メモリー 8~128GB
※スロット4基、DDR4 3200
ストレージ ・NVMe SSD 最大2TB
・SATA SSD 最大2TB
・HDD 最大8TB
グラフィックス RTX 3070
電源 750W~1200W
サイズ 幅210mm
奥行き399mm
高さ399mm
重量 ※明記なし

※2021年6月14日時点。構成は変更される場合があります


フォームファクター Micro ATX
SATAポート 4
M.2スロット 3 (Wi-Fi用×1、ストレージ用×2)
光学ドライブ
ドライブベイ 3.5インチ×2、2.5インチ×3
拡張スロット PCI Express x16 ×2
PCI Express x1 ×2
※Quad CrossFireX / CrossFireX対応
有線LAN 1000Mbps
無線LAN
Bluetooth
USB3.2 2(背面)
USB3.0 4(前面×2、背面×2)
USB2.0 2(背面)
USB Type-C
Thunderbolt 3
メモリーカード
HDMI 1
VGA (D-sub15) 1
DisplayPort 3
DVI
シリアルポート
PS/2 1
付属品 キーボード、マウス、マウスパッド、電源アダプターなど
オフィス ※オプションで追加可能

本体の外観

サイズについて

G-Master Hydro Z590-Mini、デスクトップPCのなかでは標準的なサイズの「ミニタワー型」に分類されます。ただし一般的なミニタワー型と比べて本体がひとまわりコンパクトです。通常のミニタワー型よりも接地面積が小さく、外観の圧迫感もありません。

デスクトップの主な分類

ミドルタワー型 ミニタワー型 スリム型 コンパクト型
デスクトップのサイズ比較
機能:◎
拡張性:◎
省スペース性:×
冷却性能:◎
機能:◎
拡張性:○
省スペース性:△
冷却性能:○
機能:○
拡張性:△
省スペース性:○
冷却性能:△
機能:△
拡張性:×
省スペース性:◎
冷却性能:△

G-Master Hydro Z590-Mini サイズ

高性能ゲーミングPCでありながら、本体が比較的コンパクト

G-Master Hydro Z590-Mini サイズ

ボックスティッシュとのサイズ比較

G-Master Hydro Z590-Mini 前面と背面

前面(左)と背面(右)。幅は21cmで、高さは39.9cm

G-Master Hydro Z590-Mini 側面

左側面(左)と右側面(右)。奥行きは39.9cm

G-Master Hydro Z590-Mini カバー

左側面のパネルは強化ガラス製

G-Master Hydro Z590-Mini 底面

底面部には取り外し可能なダストフィルター

G-Master Hydro Z590-Mini 天面

天面部にもマグネット式の防塵フィルター

G-Master Hydro Z590-Mini LED

電源を入れるとLEDイルミネーションが点灯

G-Master Hydro Z590-Mini LED

LEDストリップは電源ボックスカバーの上に1箇所

G-Master Hydro Z590-Mini LED

もうひとつは本体上部フレーム

G-Master Hydro Z590-Mini LED

RGBイルミネーションが雰囲気を盛り上げます

インターフェースについて

周辺機器接続用のインターフェース(端子類)は多くはありませんが、十分な構成です。ただしメモリーカードスロットがない点に注意してください。デジカメやスマホなどからカード経由でデータを転送する場合は、別途メモリーカードリーダーが必要です。

G-Master Hydro Z590-Mini 前面

前面のインターフェース

  • ① ヘッドホン出力 / マイク入力
  • ② リセットボタン
  • ③ 電源ボタン
  • ④ USB3.0

G-Master Hydro Z590-Mini 背面

背面のインターフェース ※Core i5モデル

  • ① P/S2端子(マウス/キーボード用)
  • ② USB2.0
  • ③ HDMI(非使用)
  • ④ DisPlayPort(非使用)
  • ⑤ USB3.2 Gen2
  • ⑥ USB3.2 Gen1
  • ⑦ 有線LAN
  • ⑧ オーディオ端子
  • ⑨ HDMI
  • ⑩ DisplayPort

分解方法とパーツ交換について

内部へのアクセス方法

側面のパネルを外すと、内部のメンテナンスやパーツ交換などが行なえます。サイドパネルのネジは手でも外せるので、作業は簡単です。左側面のパネルは強化ガラスですが割れないわけではないので、取り扱いには注意したほうがいいでしょう。

G-Master Hydro Z590-Mini 左側面

左パネルを外した状態

G-Master Hydro Z590-Mini 右側面

右パネルを外した状態

各部のパーツ

G-Master Hydro Z590-Mini CPU

標準のCPUクーラーは水冷式

G-Master Hydro Z590-Mini メモリー

メモリースロットは4基で、最大容量は128GB

G-Master Hydro Z590-Mini SSD

SSD用のM.2スロット

G-Master Hydro Z590-Mini グラボ

グラボも水冷式

G-Master Hydro Z590-Mini ステイ

グラボが落ちないようにサイコムオリジナルのVGAサポートステイでしっかり支えられています

G-Master Hydro Z590-Mini PCI

PCIe x16スロットは2基。AMD CrossFire対応です

G-Master Hydro Z590-Mini 空冷ファン

フロントの空冷ファン

G-Master Hydro Z590-Miniのベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i7-11700K
メモリー 16GB
ストレージ インテル SSD 660p 1TB
グラフィックス サイコムオリジナル静音仕様 GeForce RTX 3070

※ベンチマーク結果はパーツ構成やタイミング、環境、個体差などの要因で大きく変わることがあります

ストレージ性能

標準構成では、ストレージにインテルのSSD 660p 1TBモデルが使われていました。PCIe 3.0 x4の高速タイプですが、アクセス速度はまずまずといったところです。負荷の高いテストを連続で行なっても速度が低下しなかったので、サーマルスロットリングによる影響は少ないと考えられます。

G-Master Hydro Z590-Mini SSD

1TB SSDのアクセス速度。左が標準テストの結果で、右が高負荷テストの結果

CPU性能

CPUは第10世代のCore i9、または第11世代のCore i5 / i7 / i9で、注文時のカスタマイズオプションで変更できます。Core i7-11700K搭載の試用機でCPU性能を計測するベンチマークテストを行なったところ、非常に優秀な結果が出ました。ゲームはもちろん、動画編集などの重い処理でも快適にこなせるでしょう。

G-Master Hydro Z590-Mini ベンチマーク

CPUベンチマーク(コア性能)の結果 ※そのほかのスコアは当サイト計測の平均値

グラフィックス性能

GPUはミドルハイクラスのGeForce RTX 3070です。3D性能を計測するベンチマークテストでは、前世代のハイエンドGPUであるRT 2080 Tiと変わらない結果が出ました。非常に高性能です。

G-Master Hydro Z590-Mini ベンチマーク

Time Spy(DirectX 12、WQHD)のスコア ※そのほかのスコアは当サイト計測の平均値

G-Master Hydro Z590-Mini ベンチマーク

Fire Strike(DirectX 11、フルHD)のスコア ※そのほかのスコアは当サイト計測の平均値

PCとしての汎用性

PCを使った各種作業の快適さを計測する「PCMark 10」を試したところ、前世代のハイエンドクラス相当の結果が出ました。ゲームだけでなく、ビジネスやコンテンツ制作でも活用できます。

G-Master Hydro Z590-Mini ベンチマーク

PCMark 10ベンチマークスコア ※目標値はPCMark 10公式サイトによるもの

ゲーム系ベンチマーク結果

ゲーム系ベンチマークテストを試したところ、フルHDでは重量級の重いゲームでも最高画質で快適に楽しめるとの評価でした。WQHD(2560×1440ドット)でも高画質で快適に楽しめるでしょう。4Kについては、重量級では少々厳しいかもしれません。

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 11523 / とても快適
標準品質 15476 / 非常に快適
軽量品質 16652 / 非常に快適

※1920×1080ドットの結果。スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 平均FPS
最高品質 21091 / 166.1 FPS
高品質 21747 / 176.2 FPS
標準品質 26150 / 229.9 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 24470 / すごく快適
標準品質 24418 / すごく快適
低品質 24904 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

PSO2 ニュージェネシスベンチ(やや重い / DX11)

PSO2 ニュージェネシスベンチ
画質 スコア / 平均FPS
ウルトラ 29515
46129
最低 49515

※1920×1080ドットの結果。5000以上が快適に遊べる目安

高性能&静かなゲーミングPC

G-Master Hydro Z590-Mini 感想

よかった点

実はデスクトップPC向けの第11世代CPUとRTX30シリーズを触るのは初めてだったのですが、非常に高性能で驚きました。今回は検証環境の都合でフルHD以上での解像度でチェックできなかったのですが、おそらくWQHD以上の高解像度でも重いタイトルを快適に楽しめるでしょう。

さらにビックリしたのは、駆動音が静かな点です。高負荷な処理の最中での音の大きさは43.9dBA程度。ファンの音がはっきりと聞こえますが、うるさく感じるほどではありません。場合によっては、G-Master Hydro Z590-MiniよりもうるさいノートPCはけっこうあります。いま使っているデスクトップPC(3年半前に購入)が49dBAでけっこううるさく感じるので、本気で買い替えを検討したくなりました。CPU&GPUのデュアル水冷仕様は効果抜群です。

気になる点

値段は標準構成で32万円台と、ややお高めです。いいものは高いのは当たり前なのですが、気軽に出せる金額ではありません。ちょっと生々しい話ですが、たとえば個人事業主であれば30万円未満までは少額減価償却資産の特例で経費として認められるのでもう少し安ければ……、というのはあるかもしれません。とは言え最近はどこもパーツ不足で値上がり傾向ですので、仕方がないのでしょう。

G-Master Hydro Z590-Mini

G-Master Hydro Z590-Mini

32万3150円~

※2021年6月14日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのTwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

デスクトップPCレビュー一覧

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!