レノボ IdeaPad Flex 550i(15) レビュー:15.6インチでお手頃価格の大型2-in-1ノートPC

IdeaPad Flex 550i 15

レノボのIdeaPad Flex 550i(15)は、15.6インチサイズの2-in-1ノートPCです。大きな画面で見やすい上に、タッチ操作やペン入力を使える点がポイント。手書き入力用のペン付きで最安モデルは5万円台からと安い点も魅力です。
IdeaPad Flex 550i(15)

IdeaPad Flex 550i (15)のスペック

OS Windows 10 Home
画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
CPU ・Core i3-1005G1
・Core i5-1035G1
・Core i7-1065G1
メモリー ・4GB
・8GB
・16GB
※オンボード
ストレージ ・128GB SSD
・256GB SSD
・512GB SSD
グラフィックス ・UHD(Core i3/i5)
・Iris Plus(Core i7)
LTE 非対応
幅×奥行き 357.6×237.9mm
厚さ 17.9mm
重量 1.8kg
バッテリー ・10.6時間(Core i3/i5)
・11時間(Core i7)

※2020年11月16日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー プラチナグレー
画面の表面 光沢
パネルの種類 IPS
タッチ / ペン 対応
光学ドライブ
テンキー あり(4列)
有線LAN
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
USB3.1
USB3.0 2
USB2.0
USB Type-C 1 (USB3.0)
Thunderbolt 3
メモリーカード SD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ 720p (92万画素)
顔認証カメラ
指紋センサー 対応
付属品 デジタルペン、ACアダプターなど
オフィス ※付属モデルあり

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

IdeaPad Flex 550i (15)

IdeaPad Flex 550i(15)

税込5万2822円~

※2020年11月16日時点

デザインと使いやすさ

IdeaPad Flex 550i(15)は、ノートPCとしてはスタンダードな外観です。しかし2-in-1タイプとしてはスリムで、5~6万円台の機種としては高級感があります。総合的にはお値段以上の仕上がりと言っていいでしょう。ただ細部でチープさを感じることがたびたびありました。

IdeaPad Flex 550i(15)2in1

画面が360度回転する2-in-1。さまざまなスタイルで利用できます

IdeaPad Flex 550i(15)サイズ

設置面積は幅357.6×奥行き237.9mm。本体カラーはプラチナシルバー

IdeaPad Flex 550i(15)天板

天板はアルミ製。ややザラつきのある手触りで、指紋がほとんど目立ちません

IdeaPad Flex 550i(15)大きさ

B4サイズ(黄色い部分)とA4サイズ(オレンジの部分)とのサイズ比較。15.6インチとしてはコンパクト

IdeaPad Flex 550i(15)厚さ

厚さは公称値で17.9mm、実測で20.8mm

IdeaPad Flex 550i(15)背面

背面。ゴム足を含めた設置時の高さは22.5mmでやや厚みを感じます

IdeaPad Flex 550i(15)前面

前面はスリムな外観

IdeaPad Flex 550i(15)開閉

ディスプレイの開閉はかなり固め

IdeaPad Flex 550i(15)重さ

重量は実測で1.815kg。15.6インチとしては標準的な重さですが、手で持って操作するにはかなり重く感じます

IdeaPad Flex 550i(15)電源アダプター

付属の電源アダプター。重量は215g

IdeaPad Flex 550i(15)パームレスト

パームレストはグレーの樹脂(プラスチック)製。ややドライな手触りで、若干の安っぽさを感じます

IdeaPad Flex 550i(15)ベゼル

ディスプレイのベゼルは左右6.5mm、上部10.2mm、下部12.3mm。大型2-in-1としては細く、画面周りがスッキリとしています

IdeaPad Flex 550i(15)排気口

排気口はヒンジ付近

IdeaPad Flex 550i(15)底面

底面部も樹脂製。吸気口が空いているだけのシンプルな作りです

大きくて見やすい15.6インチのフルHD

画面サイズは15.6インチです。ノートPCとしてはもっともスタンダードな大きさですが、2-in-1タイプとしてはかなり大きめ。画面が大きいので文字が読みやすく映像に迫力があるのですが、タブレットモードではかなり巨大に感じました。タッチ操作であれこれやるよりも、テントモードなどで動画を視聴するのに向いています。

IdeaPad Flex 550i(15)画面サイズ

15.6インチで1920×1080ドット

IdeaPad Flex 550i(15)グレア

光沢ありのグレアタイプで、映り込みが目立ちます

IdeaPad Flex 550i(15)映像品質

映像は自然な色合い。マニアックな視点では若干赤みが足りない気もしますが、違和感はありません。IPSパネルとしては標準的です

IdeaPad Flex 550i(15)明るさ

作業には十分な明るさ

IdeaPad Flex 550i(15)コントラスト

コントラストは高めで、色にメリハリが感じられます

ややクセのあるキーボード

キーボードは日本語配列で、テンキーありのバックライト対応です。キーピッチ (キーとキーの間隔)は実測で18.4mm。ノートPCの標準値である19mmよりもわずかに狭く、実際に使ってみたところわずかに窮屈に感じました。またEnterキー周辺の配置がやや特殊です。クセはあるものの、使い続けるうちに慣れるでしょう。

IdeaPad Flex 550i(15)キーボード

テンキー付きのキーボード

IdeaPad Flex 550i(15)バックライト

キーボードバックライトに対応しています

IdeaPad Flex 550i(15)配列

Enterキー周辺の配列がやや特殊。特に「¥:キーがかなり小さくて使いづらく感じました

IdeaPad Flex 550i(15)タイプ感

キーストロークは実測で平均1.16mm。押した瞬間に固めのクリック感があるもののストローク感が浅く、全体的な手応えはかなり軽めです

IdeaPad Flex 550i(15)タイプ音

タイプ音は軽いタッチでもカタカタと聞こえます。強く叩くとタンタンと響くので、軽い力で入力する人向き

IdeaPad Flex 550i(15)には手書き入力用のペンが付属します。「Lenovo Base Pen II」と呼ばれるペンで、一般には市販されていないようです。そのため細かなスペックはわかりませんが、実際に使ったところ筆圧感知には対応していました。ただしそれほど細かくはなく、おそらく1024段階程度だと思われます。本格的なイラストには使えなくはないものの、どちらかと言えばメモ書き向きです。

IdeaPad Flex 550i(15)ペン

手書き入力用のデジタルペンが付属します

IdeaPad Flex 550i(15)ペンホルダー

USB端子に差し込んで使えるペンホルダーも付属

インターフェースは必要十分

IdeaPad Flex 550i(15)インターフェース

インターフェースはUSB端子が合計3ポートで、うち1ポートがType-C。あとは映像出力としてHDMIとSDメモリーカードスロットが用意されています。変形させて使う2-in-1ではあまりケーブルを抜き差しすることもないので、十分な構成と言えるでしょう。

IdeaPad Flex 550i(15)指紋センサー

キーボード右下には指紋センサー

IdeaPad Flex 550i(15)カメラ

ディスプレイ上部のWebカメラはシャッター付き

Type-C端子の機能

USB PD 18W充電 ×
USB PD 30W充電 △ ※低速充電
USB PD 45W充電
USB PD 65W充電
映像出力 ×

IdeaPad Flex 550i(15)スピーカー

スピーカーはキーボード上部に配置。音の厚みはいまひとつですが、音はクリアーでサラウンドかも上々。ノートPCの標準よりもちょっと高音質です

ベンチマーク結果

試用機のスペック

型番 81X30060JP
CPU Core i5-1035G1
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD
グラフィックス UHD Graphics (CPU内蔵)

※ベンチマーク結果はパーツ構成やタイミング、環境、個体差などの要因で大きく変わることがあります

おすすめはCore i5かCore i7

CPU性能を計測するベンチマークテストを試したところ、Core i5-1035G1を搭載した試用機では中位クラスの結果が出ました。スタンダードノートPCとしてはなかなか優秀です。Core i3だとこれよりもワンランク低い結果が出るでしょう。上位のCore i7であればより高いパフォーマンスを期待できます。しっかり使うならCore i5またはCore i7搭載モデルがおすすめです。

CPUの性能比較 (総合性能)

CPU PassMark CPU Markスコア
Ryzen 7 4700U
15264
Ryzen 5 4500U
12892
Core i7-1165G7
12116
Core i7-1065G7
12016
Core i5-1035G4
10844
Core i7-10510U
10257
IdeaPad Flex 550i (Core i5-1035G1)
10048
Core i5-10210U
9329
Ryzen 3 4300U
9154
Core i3-10110U
5553
Celeron N4120
2771
Celeron N4020
1658

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

Core i7ならグラフィックス性能は高め

IdeaPad Flex 550i(15)では、CPU内蔵のグラフィックス機能を利用します。Core i3/i5モデルではUHD Graphicsで性能は低め。ゲームやクリエイター向けソフトでの効果は期待できません。Core i7内蔵のIris Plusであれば内蔵グラフィックスとしてはそれなりに優秀で、多少の効果は見込めるでしょう。

GPUの性能比較 (総合性能)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8513
Iris Xe (Core i7)
5028
MX250
3400
Radeon (Ryzen 7)
3384
Iris Plus(Core i7)
2880
Radeon (Ryzen 5)
2652
Radeon (Ryzen 3)
2324
Iris Plus(Core i5)
2236
IdeaPad Flex 550i (UHD Core i5)
1534
UHD (Core i7)
1335
UHD (Core i5)
1273
UHD (Core i3)
859
UHD 600 (Celeron)
486

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

普段使いやビジネス向き

テスト スコア
Essentials (一般的な利用)
目安:4100
9247
Productivity (ビジネス利用)
目安:4500
5535
Digital Contents Creation (コンテンツ制作)
目安:3450
3289

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

PCMark 10は、PCを使った各種作業の快適さを計測するベンチマークテストです。Core i5-1035G1を搭載した試用機では、一般利用(Webアクセスやビデオ会議)とビジネス利用(表計算とワープロ)のテストは問題なくクリアーできました。しかしコンテンツ制作(写真加工や3D制作、動画編集)にはパフォーマンス不足です。

Core i7搭載の上位モデルやCore i3搭載の下位モデルでも、おそらく同じような結果が出ると思われます。基本的には軽めの作業向きの機種です。

SSDは超高速タイプ

IdeaPad Flex 550 (14) ストレージ

ストレージは256GBまたは512GBのSSDです。試用機ではPCIe 3.0 x4の超高速タイプが使われていましたが、アクセス速度はPCIe 3.0 x2並みでした。使われていたSSDを確認すると、SK HynixのBC511シリーズで公称値ではシーケンシャルリードが2200MB/秒シーケンシャルライトが900MB/秒。元々あまり速くないSSDが使われていたようです。とは言えHDDよりははるかに高速で、ウィンドウズを操作中にストレスを感じる場面はありませんでした。

起動は超高速

ウィンドウズの起動時間は平均8.68秒でした。最近はSSD搭載のノートPCで15秒程度が平均 (筆者調べ)ですので、かなり優秀な結果です。待たされている感はほとんどありません。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 10.2秒
2回目 8.4秒
3回目 8.3秒
4回目 8.2秒
5回目 8.3秒
平均 8.68秒

バッテリー駆動は9時間程度

バッテリー駆動時間の公称値はCore i3/i5モデルで10.6時間、Core i7モデルで11時間とされています。ただしこれはパフォーマンスを極力落とした状態での結果。実際の利用ではもっとも短いでしょう。

そこで最大パフォーマンスの状態でビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、9時間52分でバッテリー残量が6%に達し休止状態へ移行しました。公称値よりも短いものの、バッテリー消費の大きい状態でこれだけもてば十分。ケーブルを外して動画を楽しんだりするような使い方に向いています。

バッテリー駆動時間の計測結果 ※Core i5モデル

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 最大10.6時間
Modern Office (ビジネス作業) 9時間52分
50%充電までにかかった時間 50分
フル充電までにかかった時間 2時間15分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

価格について

IdeaPad Flex 550i (15)には、パーツ構成が異なる複数のモデルが用意されています。それぞれのスペックと価格は以下の表のとおりです。

■オフィスなしモデルの価格

CPU メモリー ストレージ 税込価格
Core i3-1005G1 4GB 128GB SSD 5万2822円
Core i5-1035G1 8GB 256GB SSD 6万4416円
Core i5-1035G1 8GB 512GB SSD 7万2600円
Core i7-1065G7 16GB 512GB SSD 9万5062円

※2020年11月16日時点

■Office Home & Business 2019付きモデルの価格

CPU メモリー ストレージ 税込価格
Core i3-1005G1 4GB 128GB SSD 7万3062円
Core i5-1035G1 8GB 256GB SSD 8万4084円
Core i5-1035G1 8GB 512GB SSD 9万4985円
Core i7-1065G7 16GB 512GB SSD 11万6754円

※2020年11月16日時点

今回はCore i5モデルを検証しましたが、おすすめは16GBメモリーと512GB SSDを搭載したCore i7モデルです。大容量のハイスペック構成でありながら、税込9万5062円はかなりお買い得。作業を快適にこなしたい人に向いています。

大画面がうれしい2-in-1

IdeaPad Flex 550i(15)感想

よかった点

15.6インチの大型2-in-1が手頃な値段で買えるのは大きな魅力です。画面が回転するタイプの2-in-1ノートPCは13~14インチが中心で、15.6インチタイプはなかなかありません。その意味では貴重な機種です。

また2-in-1タイプでありながら、標準的なノートPCよりもスリム&コンパクトである点もポイント。しかも手書き入力用のペン付きでお得感も抜群です。

気になる点

15.6インチの画面は迫力があり見やすいのですが、やはり2-in-1としては大きく感じます。特に変形させるときに重く、やや手間取るかもしれません。そのあたりを把握した上での購入ならアリだと思います。

IdeaPad Flex 550i (15)

IdeaPad Flex 550i(15)

税込5万2822円~

※2020年11月16日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いいたします。

関連記事

2-in-1ノートPCレビュー一覧
レノボのオススメノートPC

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました