アフィリエイト広告

レノボIdeaPad Flex 570(14型 AMD)レビュー:高性能&高コスパだけど外観がややチープ

レノボIdeaPad Slim 570(14型 AMD)レビュー

レノボの『IdeaPad Flex 570(14型 AMD)』(以下、”IdeaPad Flex 570″)は、14インチディスプレイが回転するタイプの2-in-1ノートPCです。CPUとして使われているZen2世代のモバイルRyzen 5000シリーズはすでにやや古いものの、上位のRyzen 7 5700Uはまだまだ十分高性能。そのぶん同クラス製品に比べてお得に入手できます。

 

IdeaPad Flex 570 2in1

画面が回転するタイプの2-in-1ノートPC

 

今回試用したRyzen 7 / 16GBメモリー / 512GB SSDのモデルは性能面にまったく不安がないものの、筐体やディスプレイ、キーボードにややチープな印象を受けました。とは言えギリ9万円切りであることを考えれば、十分納得できるクオリティーです。

 

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

スペック

OS Windows 11 Home
ディスプレイ 14インチ 1920×1200ドット IPS 光沢 300nit 45% NTSC タッチ/ペン対応
CPU Ryzen 5 5500U / Ryzen 7 5700U
メモリー 8 / 16GB LPDDR4x-4266 ※オンボード
ストレージ 256 / 512GB NVMe SSD
グラフィックス Radeon Graphics(CPU内蔵)
通信 11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.1
インターフェース USB3.2 Gen2 Type-C(USB PD充電 / 映像出力対応)×1、USB3.2 Gen1×2、HDMI1.4b、SDカードスロット、ヘッドフォン出力 / マイク入力
セキュリティ 指紋認証
サイズ / 重量 幅313.1mm、奥行き224.9mm、高さ17.8mm / 約1.55kg
バッテリー 最大13時間

本体デザイン

IdeaPad Flex 570 外観

IdeaPad Flex 570の外観。本体カラーはストームグレー。実際にはガンメタルのような色合いです

 

IdeaPad Flex 570 天板

ボディは樹脂(プラスチック)製。ややザラつきのある手触りで、指紋の跡が少し残ります

 

IdeaPad Flex 570 外観

ノートPCとしてはスタンダードなデザイン

 

IdeaPad Flex 570 外観

ディスプレイを開いた状態

 

IdeaPad Flex 570 パームレスト

キーボード面も樹脂製。天板よりも固く作られていますが、ややチープな印象です

 

IdeaPad Flex 570 ベゼル

ベゼルはそこそこ細め。カメラのある部分だけやや飛び出ています

 

IdeaPad Flex 570 インターフェース

インターフェースは多くはありませんが、回転して使うことが多い2-in-1であることを考えれば十分でしょう

 

IdeaPad Flex 570 電源アダプター

電源アダプターは65Wの丸口タイプで重さは351g。Type-Cからの充電も可能です

 

IdeaPad Flex 570 スピーカー

スピーカーはキーボード両脇に配置されています。中~高音域はクリアーですが、全体的に音は軽め。動画視聴やビデオ開始には問題ないクオリティーですが、音楽視聴向けではありません

 

IdeaPad Flex 570 スピーカー

本体の形状によって音の聞こえ方が変わります。特にスタンドスタイルだと音の出る部分が接地面でふさがれるので、音がこもって聞こえました

 

IdeaPad Flex 570 カメラ

Webカメラはプライバシーシャッター付き。写真撮影は92万画素、動画撮影は720p 30fpsに対応しています

 

IdeaPad Flex 570 指紋センサー

キーボード右下には指紋センサー

 

IdeaPad Flex 570 排気口

排気口はこの部分。ノートPCスタイルだと、温められた排気がディスプレイに当たります

 

IdeaPad Flex 570 底面

底面部

サイズと重量

 

IdeaPad Flex 570 サイズ

設置面積は幅313.1mm×奥行き224.9mm

 

IdeaPad Flex 570 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。A4サイズよりもひと回り大きい程度で、14インチタイプとしては一般的な大きさです

 

IdeaPad Flex 570 厚さ

高さは実測で19.6mm(突起部を除く)

 

IdeaPad Flex 570 背面

底面部のゴム足(突起部)を含めた高さは20.2mm。設置時はやや厚く感じます

 

IdeaPad Flex 570 重さ

重さは実測で1.585kg。最近の14インチタイプとしてはやや重めです

ディスプレイについて

IdeaPad Flex 570 画面サイズ

ディスプレイのサイズは14インチで、解像度は1920×1200ドット

 

IdeaPad Flex 570 色域

色域は45% NTSCで、格安ノートPC向けのパネルが使われています。一応はIPSパネルなのでそこそこ自然な色合いですが、取り立てて鮮やかというほどでもありません

 

IdeaPad Flex 570 明るさ

明るさは300nit。数値的には明るいはずですが、実際の映像はそれほど明るくは感じません。ただし作業には問題ない明るさです

 

IdeaPad Flex 570 グレア

光沢ありのグレアパネルのため、背景や照明が映り込む場合があります。反射はややキツめですが、画面の角度を変えれば気になりにくいでしょう

キーボードについて

IdeaPad Flex 570 キーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列。バックライトには非対応です

 

IdeaPad Flex 570 配列

配列は標準的ですが、一部のキーが隣接しています

 

IdeaPad Flex 570 タイプ感

キーストロークは浅く、タイプ感は軽め。指をあまり上げ下ろしせずに、軽いタッチで入力する人に向いています。物足りなく感じるなら、外付けキーボードを使うのもアリ

 

IdeaPad Flex 570 タイプ音

タイプ音はわずかにカタカタと聞こえますが、うるさく感じるほどではありません。ただし強く叩くと音がパチパチと響くので注意

 

IdeaPad Flex 570 ペン

手書き入力用のペンが付属

 

IdeaPad Flex 570 ペン

単6電池を使用

 

IdeaPad Flex 570 ペンホルダー

USB端子に挿して使う付属のペンホルダー

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Ryzen 7 5700U(8コア/16スレッド、15W)
メモリー 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
グラフィックス Radeon Graphics(CPU内蔵)

※ベンチマークテストはWindows 11の電源プランを「バランス」、電源モードを「最適なパフォーマンス」に設定した上で、標準収録ユーティリティー「Lenovo Vantage」の「電源およびパフォーマンス」を最高設定の「エクストリーム・パフォーマンス」に変更。さらに電源アダプターを接続した状態で実施しています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、モバイルRyzen 5000シリーズが使われています。リリースとしては3世代前のCPUでわりと古めですが、上位のRyzen 7 5700Uであれば十分な性能と言っていいでしょう。大作ゲームや高度な動画編集などには向きませんが、あらかたの作業は快適にこなせるはずです。

CPUの性能差 (総合性能)

CPU PassMark 10 CPU Markスコア
Ryzen 7 6800U
22327
Ryzen 7 5825U
20302
Core i7-1260P
20058
IdeaPad Flex 570(Ryzen 7 5700U)
19035
Ryzen 5 5625U
18897
Core i5-1240P
18571
Ryzen 7 5700U
18157
Core i7-1255U
17176
Core i5-1235U
13951
Core i7-1165G7
11723
Core i3-1215U
11681
Core i5-1135G7
11249
Ryzen 5 7520U
10124
Core i3-1115G4
6750

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R23 CPUスコア
Ryzen 7 6800U
10183
Ryzen 7 5825U
9740
Core i7-1260P
9254
Core i5-1240P
8928
IdeaPad Flex 570(Ryzen 7 5700U)
8591
Ryzen 7 5700U
8304
Ryzen 5 5625U
8267
Core i7-1255U
7819
Core i5-1235U
7708
Core i3-1215U
6216
Core i5-1135G7
4932
Core i7-1165G7
4711
Core i3-1115G4
3378

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵のRadeon Graphicsが使われます。3Dベンチマークテストの結果は、内蔵GPUタイプとしては標準的な結果でした。ゲームやクリエイター向けソフトでの効果は多少見込めますが、専用GPU搭載機ほどではありません。

 

GPUの性能差(DirectX 12)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
GTX 1650
3241
Radeon 680M(Ryzen7)
2211
Iris Xe(Core i7+LPDDR4x)
1528
Iris Xe(Core i5+LPDDR4x)
1302
IdeaPad Flex 570(Ryzen 7 5700U)
1266
Iris Xe(Core i7+DDR4)
1149
Radeon (Ryzen 7)
1000
Iris Xe(Core i5+DDR4)
977
UHD(Core i3)
900

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均


PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能やストレージ性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能とメモリー性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではCPUとストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

 

各テストの目標値は上回っており、普通の使い方であればまったく問題ありません。ただしコンテンツ制作系は、若干弱い印象を受けます。文字や数値中心の作業、ネットの調べ物などの作業向きです。

 

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
Flex5709085
Slim5709984
Yoga10606
15-eh10594
Spectre10647
XPS10093
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
Flex5707271
Slim5709266
Yoga8578
15-eh9536
Spectre6968
XPS6759
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
Flex5705652
Slim5705987
Yoga7972
15-eh6685
Spectre5997
XPS6342

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック(スリムノートPC)

IdeaPad Slim 570 Ryzen 5 5625U / 8GB / Radeon
Yoga 770 Ryzen 7 6800U / 16GB / Radeon 680M
▶HP Pavilion 15-eh Ryzen 7 5825U / 16GB / Radeon
HP Spectre x360-14 Core i7-1255U / 16GB / Iris Xe
XPS 13 Plus Core i7-1260P / 16GB / Iris Xe

ゲーム性能

ゲーム系ベンチマークを試したところ、ごくごく軽いドラクエ10ベンチなら快適との評価が出ました。同程度のタイトルとしては競技系のヴァロラントや、UWPアプリの小規模タイトルなどが挙げられます。ちょっとでも重いソフトは、かなり厳しいでしょう。

 

なお画面のアスペクト比(縦横比率)が16:10のため、一部のゲームでは映像の比率がゆがんだり、上下に黒い帯(非表示領域)が出たりするかもしれません。

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ

画質 スコア / 平均FPS
最高品質 3167 / 21.7 FPS
高品質 4118 / 28.6 FPS
標準品質 5114 / 36 FPS

※1920×1080ドットの結果

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 9430 / すごく
標準品質 11826 / すごく快適
低品質 12292 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

狙い目はRyzen 7モデル

IdeaPad Flex 570

3世代前のCPUが使われているのですが、上位のRyzen 7 5700Uモデルであれば十分な性能です。記事執筆時(2023年2月)の価格は、Ryzen 7 / 16GBメモリー / 512GB SSDの構成で8万9980円。デジタルペンが付属する2-in-1としては、なかなかお買い得と言っていいでしょう。

 

回転しないノートPCの『IdeaPad Slim 570』はCPUが新しいぶん性能は高いものの、Ryzen 7 / 16GBメモリー / 512GB SSDで価格は10万円ちょっと。悪くはないのですが、お得感ではIdeaPad Flex 570のほうが勝っています。

 

IdeaPad Flex 570

性能面でのコスパはなかなか優秀

 

しかし外観が格安機レベルである点が気になります。アスペクト比16:10のディスプレイを採用するなどトレンドを取り入れようとしていますが、パネルやカメラ、ボディなどの品質があまり高くなく、随所にチープな面が見られました。それでもお買い得な機種ではあるので、外観面を気にしないならアリです。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ノートPCレビュー記事一覧

記事を書いた人
こまめブログ

元雑誌・書籍編集者からPC系フリーライターを経て、レビューブロガーとして活動しているオジサンです。文章に関わる仕事を始めてから25年以上。最高195万PV/月。安いガジェットやPCをよく買いあさっています

こまめブログをフォローする
ノートパソコンレビュー
スポンサーリンク
こまめブログをフォローする
こまめブログ
タイトルとURLをコピーしました