IdeaPad Gaming 350 15 (AMD)レビュー:Ryzen 5 4600H+GTX 1650 Ti搭載エントリーゲーミングノートPC

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD)レビュー

レノボのIdeaPad Gaming 350 15 (AMD)は、15.6インチサイズのエントリー(入門)向けゲーミングノートPCです。Ryzen 5 4600H + GTX 1650 Ti搭載で、リフレッシュレートは120Hz。軽め~中規模クラスのゲームを楽しみたい人や、なるべくゲーミングPCを安く買いたい人に向いています。

※このモデルはすでに生産が終了しました。市場在庫がなくなれば販売終了です

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD)レビュー

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD)

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD)のスペック

OS Windows 10 Home
画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
CPU Ryzen 5 4600H (6コア12スレッド)
メモリー 8GB(4GB×2)
※スロット2基、DDR4-3200
SSD 512GB NVMe SSD
HDD なし
グラフィックス GTX 1650 Ti (4GB)
リフレッシュレート 120Hz
モバイル通信
堅牢性テスト ※表記なし
色域 / 輝度 45% NTSC / 250nit
幅×奥行き 359×249.6mm
厚さ 24.9mm
重量 約2.2kg
バッテリー 約8時間

※2021年8月22日時点


本体カラー オニキスブラック
画面の表面 非光沢
パネルの種類 IPS
タッチ / ペン
光学ドライブ
テンキー 4列
有線LAN 1000Mbps
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
USB3.1
USB3.0 2
USB2.0
USB Type-C 1(3.0)
Thunderbolt
メモリーカード SD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ 720p(92万画素相当)
顔認証カメラ
指紋センサー
付属品 135W ACアダプターなど
オフィス ・なし
・Office Home & Business 2019

この記事では筆者が購入した実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

GIdeaPad Gaming 350 15 (AMD)

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD)

販売終了

※2021年8月22日時点

デザインと使いやすさ

外観について

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) 外観

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD)は高性能なCPUとGPUを搭載するゲーミングノートPCですが、本体はそれほど大きくはありません。やや厚みはあるものの、ゲーミングノートPCとしてはコンパクトです。角を落としたような8角形の独特なデザインを採用。エントリー(入門向け)クラスの機種のためボディは樹脂(プラスチック)製ですが、安っぽさは感じられませんでした。

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) 外観

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD)の外観。本体はオニキスブラック

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) 天板

ボディは樹脂製。ツルツルとした半光沢の仕上がりで、指紋の跡が少し目立ちます

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) パームレスト

パームレストもブラック。アクセントカラーとしてブルーが使われています

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) ベゼル

ベゼルは左右7.3mm、上部15.5mm、下部23.4mm。上下がやや太めですが、野暮ったくは感じられません

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) 排気口

排気口はヒンジの裏。温風がまずヒンジに当たるので、ディスプレイには直接当たりません

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) 排気口

右側面にも排気口

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) 底面

底面部には吸気口

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) サイズ

設置面積は幅(横方向)359mm×奥行(縦方向)249.6mm

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。B4サイズよりもひと回り小さい程度

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) 厚さ

厚さは公称値で24.9mm、実測では24.7mm。最近のノートPCとしてはやや厚め

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) 背面

本体背面。底面部のゴム足を含めた高さは28.5mm。設置するとさらに厚みを感じます

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) 前面

前面

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) 重さ

重さは実測で2.079kg。最近のノートPCとしてはやや重め

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) 電源アダプター

付属の電源アダプターは135Wの角口タイプ。重さは551g

ディスプレイについて

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) 画面サイズ

ディスプレイのサイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD。ゲーミングノートPCと一般的なスペックです。リフレッシュレート(画面の書き換え速度の目安)は120Hzで、ゲーム画面の動きはスムーズ。一般的なノートPCやテレビ、据え置きゲーム機に比べて2倍のなめらかさです。最近は144Hz以上が主流ですが、エントリークラスとしては十分でしょう。

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) デスクトップ

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD)のデスクトップ

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) リフレッシュレート

最大120Hzの高リフレッシュレート対応で、画面がとてもなめらかに動きます

映像は自然な色合いです。画面の明るさは標準的で、ゲームの暗いシーンでも見づらく感じることはありません。公式スペックによると色域は45% NTSC(sRGB 62.5%程度)で、色域の広さで言えば中位クラス(上位はsRGB 99~100%)。色味を重視するクリエイティブワークには向きませんが、ゲームを楽しむぶんには問題ないでしょう。

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) 映像品質

映像は自然な色合いで、違和感がありません

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) 明るさ

明るさは公称値で250nit。IPSパネルとしては標準的な明るさで、暗いシーンでも細部までしっかり確認できます

キーボードについて

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) キーボード

キーボードはバックライト対応の日本語配列です。ゲームにはあまり関係ありませんが、数値入力に便利なテンキーが付いています。キー配列はキーボード左側は標準的ではあるものの、右側が少々変則的。ゲームには影響ありませんが、プログラミングなど記号キーを多用する作業では違和感があるかもしれません。

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) バックライト

バックライトはブルー1色のみ

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) 配列

キーボード右側の配列。Enterキー周辺で一部のキーが小さかったり、隣のキーと隣接していたりします。テンキーのキーピッチもやや狭め

キーピッチは実測で18.7mmでした。一般的な19mmよりもわずかに狭く、実際に使うとほんのわずかに窮屈に感じます。慣れれば問題なく利用できるでしょう。キーストロークは実測で平均1.33mm。1.5mmの標準値よりも浅いのですが、クリック感が固いので手応えはしっかりと感じられます。

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) タイプ感

ストロークは平均1.33mmやや浅いものの、タイプ感はしっかりしています。キートップが湾曲しているため、指にフィットしやすいのも○

タイプ音は静かです。軽い力で入力してもカタカタと聞こえますが、うるさくはありません。ゲームプレー時であれば、周囲に気兼ねする必要はないでしょう。ただし指を打ち下ろすようにして入力するとタンタンと響くので、軽いタッチ推奨です。

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) タイプ音

高音域のカチャカチャ音がなく、耳障りには感じません

キーの同時押し認識数は英数字のみで最大8キー程度、組み合わせや押す順番によっては3キー程度しか認識されない場合もありますが、概ね4~5キーは認識されます。WASDキー周りはW+E+D / W+Q+Aの組み合わせ(PUBGのリーン操作など)が効きません。エントリークラスとしては問題ないかもしれませんが、うまく操作できないなら片手用キーボードなどのゲーミングデバイスを利用するといいでしょう。

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) キーの同時押し

キーの同時押し認識数は、一般的なノートPC向けキーボードと同程度

インターフェース/機能について

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) インターフェース

周辺機器接続用のインターフェース(端子)類は多くはありませんが、十分な構成です。左右側面にUSB端子があるのでケーブル取り回しの自由度は高いのですが、本体両脇がケーブルでゴチャつくかもしれません。

また、メモリーカードスロットがない点にも注意してください。ゲームには直接影響はありませんが、デジカメやビデオカメラのデータを利用する際には別途カードリーダーが必要な場合があります。

Type-C端子の機能

USB PD 18W充電 ×
USB PD 30W充電 ×
USB PD 45W充電 ×
USB PD 65W充電 ×
USB PD 100W充電 ×
映像出力 ×

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) Webカメラ

ディスプレイ上部のWebカメラはプライバシーシャッター付き

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) スピーカー

スピーカーは底面配置。音は厚みがなく軽めで、ややこもり気味です。ゲームプレー時はヘッドセットの着用をおすすめします

分解とパーツ増設

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) 分解

底面部のカバーを外せば、本体内部にアクセスできます。用意されているスロットはストレージ用のM.2スロットが2ポートと、メモリースロットが2ポート。公式スペックではメモリーの最大容量は8GBとされていますが、16GBメモリー×2枚の合計32GBでの動作を確認しました(メーカー保証外です)。なお自分でパーツを交換すると、メーカー保証のサポート外となるので注意してください。

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) M.2スロット

M.2スロットはWi-Fiカード用が1、Type-2242用が1(空き0)、Type-2242/2280用が1(空き1)

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) M.2スロット

空いているM.2スロットは金具を差し替えることでType-2280でも利用できるようですが、金具が固くて外れませんでした

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) メモリースロット

メモリースロットは2基。標準では4GB×2のデュアルチャネルで動作しています

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) メモリー増設

16GB×2の合計32GBでも動作しましたが、メーカー保証外なのでかならず動作するとは限りません

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Ryzen 5 4600H
メモリー 8GB(4GB×2)
ストレージ 512GB SSD
グラフィックス GTX 1650 Ti(4GB)

※各ベンチマークテストはWindows 10の電源プランを「高パフォーマンス」に設定した上で実施しています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

※グラフィックス機能内蔵のAMD製プロセッサーは本来「APU」と呼ばれますが、ここでは混乱を避けるために「CPU」と表記します

CPU性能

CPUとしては、AMDのRyzen 5 4600Hが使われています。ひと世代前のCPUのため、現行世代のゲーミングノートPC向けCPUと比較するとそれほど高性能というわけではありません。しかしエントリー向けのゲーミングノートPCとしては十分なパフォーマンスです。

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Ryzen 9 5900HX
5262
Core i7-11800H
5060
Ryzen 7 5800H
4732
Ryzen 7 4800H
4307
Ryzen 9 4900HS
4266
Core i9-11900H
4210
Core i7-10870H
3679
Core i9-10885H
3504
IdeaPad Gaming 350(Ryzen 5 4600H)
3312
Ryzen 5 4600H
3303
Core i7-10750H
2825
Core i5-10300H
2249

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ゲーミングノートPC向けCPUとの比較では、Ryzen 5 4600Hは性能が低いように見えます。しかし一般用途向けのスタンダードノートPC / モバイルノートPC向けCPUよりも、実ははるかに高性能です。高度な画像編集や重いデータ処理にも利用できるでしょう。

一般用途向けノートPCとの性能比較

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Ryzen 7 5800U
3829
Ryzen 7 5700U
3512
IdeaPad Gaming 350(Ryzen 5 4600H)
3312
Ryzen 5 5500U
2817
Core i5-1135G7
2063
Ryzen 3 5300U
2010
Core i7-1165G7
1963
Core i3-1115G4
1314
Ryzen 3 3250U
818
Athlon Silver 3050U
624
Celeron N4500
426

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、前世代のエントリー向けGPUであるGeForce GTX 1650 Tiが使われています。現行世代のゲーミングノートPCとしては、性能は控えめ。とは言え内蔵グラフィックスよりははるかに高性能で、やや重い中量級のゲームであれば問題なくプレーできます。

GPUの性能 (DirectX 12、WQHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
RTX 3080
11914
RTX 2080
9599
RTX 3070
8831
RTX 3060
8262
RTX 2070
7660
RTX 2060
5860
GTX 1660 Ti
5626
RTX 3050 Ti
5166
IdeaPad Gaming 350(GTX 1650 Ti)
3698
GTX 1650 Ti
3686
GTX 1650
3178
Iris Xe (Core i7)
1250

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUの性能 (DirectX 11、フルHD)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 3080
28566
RTX 2080
25078
RTX 3070
24153
RTX 3060
21620
RTX 2070
20037
RTX 2060
15685
GTX 1660 Ti
14451
RTX 3050 Ti
13385
GTX 1650 Ti
10123
IdeaPad Gaming 350(GTX 1650 Ti)
10085
GTX 1650
8758
Iris Xe (Core i7)
4486

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。テスト結果の比較用に14インチモバイルノートPCのThinkPad X1 Carbon Gen9(Core i7-1165G7+16GBメモリー)と、最新GPU搭載のエントリーゲーミングノートPCのMSI GF63 Thin 10U(Core i5-10500H+8GBメモリー+RTX 3050 Ti)の結果もまとめました。

ベンチマーク結果では、なかなか優秀な結果が出ています。快適に使える目安の目標値を大きく上回り、さらに20万円クラスの高級モバイルノートPCや現行世代のエントリーゲーミングノートPCと同等レベルのスコアです。このテストはやや軽めの作業を対象としていますが、一般的な利用であれば快適に利用できるでしょう。

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
スコア8770
X1 Carbon10193
GF638599
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
スコア7142
X1 Carbon7072
GF637826
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
スコア6218
X1 Carbon5203
GF636511

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

ストレージのアクセス速度

ストレージは512GBのNVMe(PCIe 3.0 x4)SSDです。アクセス速度を計測したところ、なかなか優秀な結果が出ました。しかし負荷の高い処理を連続で行なうとアクセス速度が低下することがあります。サーマルスロットリングが影響しているのかもしれません。とは言え、ゲームではそれほど大きなの影響はないと思われます。

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) ベンチマーク

512GB SSDのアクセス速度。左が標準テストの結果で、右が高負荷テストの結果

本体の熱と騒音について

FF15ベンチを10分間実行し続けた際のCPUとGPU温度を計測したところ、CPUは平均71.4度でGPUは平均64.4度でした。数値としては低めの温度です。クロックは最大値の4.0GHzと1.7GHzあたりを激しく推移しており、CPU温度が高くなりすぎるのを防いでいるように見受けられます。

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) ベンチマーク

FF15ベンチを10分間実行し続けた際のCPUクロックとCPU温度、GPU温度の推移

キーボード面の熱はやや高めです。WASDキーは43度前後で、ゲームプレー中に指先に熱を感じました。

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) ベンチマーク

FF15ベンチ中のキーボード面の熱

駆動音(排気音やファンの回転音)は、個人的にはうるさくありませんでした。排気音が大きく聞こえるもののガマンできる範囲内ですし、ヘッドホンを着用すれば気にならないでしょう。一部のゲーミングノートPCでたまにある、耐えられないほどうるさい音ではありません。

駆動音の計測結果

電源オフ 37.1dBA
待機中 37.2dBA ほぼ無音
高負荷時 44.5dBA 排気音は大きく聞こえるが、うるさくはない

ゲーム系ベンチマーク結果

ゲーム系ベンチマークテストや実際のゲームでFPS(描画速度の目安)をチェックしたところ、フルHDでは中量級クラスのゲームなら画質変更で快適に楽しめます。処理の重い重量級のタイトルについては、画質をかなり落としても厳しいかもしれません。とは言えIdeaPad Gaming 350 15 (AMD)はエントリー向けなので、仕方がないでしょう。軽め~やや重めのゲームを楽しみたい人向けです。

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 3789 / 普通
標準品質 5519 / やや快適
軽量品質 6204 / 快適

※1920×1080ドットの結果。スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 平均FPS
最高品質 9803 /  68.8 FPS
高品質 11891 / 86.0 FPS
標準品質 13771 / 101.9 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 16326 / すごく快適
標準品質 16620 / すごく快適
低品質 17795 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

PSO2 ニュージェネシスベンチ(やや重い / DX11)

PSO2 ニュージェネシスベンチ
画質 スコア / 平均FPS
ウルトラ 6057
19092
最低 40486

※1920×1080ドットの結果。5000以上が快適に遊べる目安

フォートナイト (ちょっと重い / DX12)

フォートナイト
フルHDならプリセットの「高」画質で快適。120Hzのリフレッシュレートを活かすなら、「中」画質でOK。

フルHD

画質設定 平均FPS / 最小FPS
最高 48.3 FPS
66.8 FPS
139.7 FPS
176.84 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

サイバーパンク2077 (重い / DX12)

サイバーパンク2077
超重量級タイトル。フルHDでは低画質でもかなり厳しめです。解像度を下げればなんとかというレベル。
画質設定 平均FPS
画質:ウルトラ/テクスチャ:高 18.2 FPS
画質:高/テクスチャ:高 25.5 FPS
画質:中/テクスチャ:中 32.3 FPS
画質:低/テクスチャ:低 38.8 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

アサシン クリード ヴァルハラ (重い / DX12)

アサシン クリード ヴァルハラ
こちらも超重量級タイトル。画質を大きく落とせば、なんとかプレー可能かもしれません。
画質 平均FPS / 最低FPS
最高 22 FPS / 8 FPS
47 FPS / 27 FPS
59 FPS / 12 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

軽めのゲームを快適に&安く遊びたい人向け

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD) 感想

よかった点

エントリークラスとは言え、高い基本性能が魅力です。インテルのCore i5搭載機より安いにも関わらず、CPUベンチマークの結果では大きく上回っています。ゲームだけでなく、さまざまな用途で活用するのにも向いているでしょう。

気になる点

やはり旧世代のエントリー向けGPUを搭載しているだけあって、ゲーミング性能はやや控えめです。最新世代のRTX 3050 Tiあたりなら旧世代のミドルレンジに迫る性能で、重いゲームでもそこそこ動きます。価格が変わらないなら、最新GPU搭載機種のほうがいいでしょう。なんらかのセールでグッと安く買えるならアリです。

GIdeaPad Gaming 350 15 (AMD)

IdeaPad Gaming 350 15 (AMD)

販売終了

※2021年8月22日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ゲーミングノートPC関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!