IdeaPad S340 (14, AMD) レビュー:3万円台でもフルHDな超コスパ14インチノートPC

IdeaPad S340 (14, AMD) レビュー

レノボのIdeaPad S340 (14, AMD)は、14インチのフルHDディスプレイを搭載したノートPCです。最大の魅力は価格が安いにも関わらずCPU性能に優れる点。インテル製CPUよりもコスパに優れるAMD製CPU (APU)を使うことで、低価格ながら格安モデルとしては高いパフォーマンスを実現しています。

IdeaPad S340 (14, AMD)

IdeaPad S340 (14, AMD)

今回は筆者が購入した実機を使って、IdeaPad S340 (14, AMD)のデザインや性能などをレビューします。

IdeaPad S340 (14, AMD)

IdeaPad S340 (14, AMD)

税込3万7908円~

※2019年8月29日時点

IdeaPad S340 (14, AMD)のスペック

画面サイズ 14インチ
解像度 1920×1080
CPU ・Athlon 300U
・Ryzen 3 3200U
・Ryzen 5 3500U
メモリー 4 / 8GB
ストレージ 128 / 256GB SSD
グラフィックス ・Radeon Vega3
・Radeon Vega8
LTE
幅×奥行き 322.7×230.5mm
厚さ 17.9mm
重量 約1.55kg
バッテリー 11時間

※2019年8月29日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー プラチナグレー
画面の表面 非光沢
パネルの種類 TN
タッチ / ペン 非対応
光学ドライブ
テンキー
有線LAN
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
USB3.1
USB3.0 2
USB2.0
USB Type-C 1 (USB3.0)
Thunderbolt 3
メモリーカード SD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ HD 720p (92万画素相当)
顔認証カメラ
指紋センサー
その他
オフィス ※付属モデルあり

デザインと使いやすさ

格安でも高級感を感じさせるデザイン

IdeaPad S340 (14, AMD)は3~5万円台の格安モデルですが、見た目はそれほど安っぽくありません。むしろ価格以上の高級感があります。

IdeaPad S340 (14, AMD) 外観

IdeaPad S340 (14, AMD)の外観

ボディは樹脂 (プラスチック)製で、カラーはプラチナグレー。明るめのメタリックな塗装ですが、光沢を抑えた落ち着きのある雰囲気です。大きさはA4サイズよりもふた周り大きい程度で、14インチタイプとしてはコンパクト。重量は1.55kgとやや重いものの、重すぎるというほどではありません。

ただ本体にはやや厚みがあり、それほどスリムには感じませんでした。公称スペックでは高さが17.9mmとのことですが実際には20mm程度あり、底面部のゴム足を含めると22mm程度あります。

IdeaPad S340 (14, AMD) 天板

本体カラーはプラチナグレー。天板部分はつや消しでサラサラとした手触りです

IdeaPad S340 (14, AMD) キーボード面

キーボード面 (パームレスト)は表面にうっすらとシリコンコーティング風の加工が施されています。ややしっとりとしたグリップ感のある仕上がり

IdeaPad S340 (14, AMD) ベゼル

液晶ディスプレイのベゼル (枠)幅は左右6mmで上部12mm。格安モデルでベゼルがここまで細いものはなかなかありません

IdeaPad S340 (14, AMD) 最大角度

液晶ディスプレイはほぼ180度まで開きます

IdeaPad S340 (14, AMD) フットプリント

接地面積は幅322.7 × 奥行き230.5mm。A4サイズよりもふた周り大きい程度です

IdeaPad S340 (14, AMD) 高さ

高さは公称値で17.9mmですが、実測では20mmでした。やや厚めに感じます

IdeaPad S340 (14, AMD) デザイン

ディスプレイを開くと、とてもスリムに見えます

作業がはかどるフルHDディスプレイ

液晶ディスプレイの大きさは14インチです。人気の15.6インチよりもわずかに小さいのですが、文字が小さくて読みづらいということはありませんでした。ただしデスクトップの文字は1.5~2.5mm程度 (スケーリング150%)ですので、必要に応じて拡大率を変更するといいでしょう。

IdeaPad S340 (14, AMD) 液晶ディスプレイ

画面サイズは14インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD

解像度は1920×1080ドットのフルHDです。3~5万円台の格安モデルでは1366×768ドットのHD解像度であることが多いのですが、IdeaPad S340 (14, AMD)は格安でもしっかり高解像度のディスプレイを搭載しています。

解像度が高いと画面に表示される情報 (文字や画像)が増えるので、作業効率が大きく向上します。また写真や動画をより精細な映像で楽しむことができるのです。フルHDであることは大きなメリットのひとつ、と言っていいでしょう。

フルHDとHDの違い

フルHD (左、スケーリング100%)とHD (右)の違い

ただしIdeaPad S340 (14, AMD)では、映像品質があまり良くありません。液晶ディスプレイには格安モデルでよく見られるTNパネルが使われており、IPSパネルに比べて映像がやや青みがかかっています。この点については、値段の安さを考えれば仕方がないかもしれません。

IdeaPad S340 (14, AMD) 映像品質

コントラストが低くやや青みがかったTNパネルの映像

TNパネルとIPSパネルの違い

TNパネルとIPSパネルの色合いの違い ※写真は別の機種によるもの

画面はけっこう明るめです。輝度の計測値は271nitで、TNパネルの平均 (220~250nit)よりも上でした。かといってまぶしく感じるほどではなく、作業にはちょうどいい明るさです。画面の表面が光沢なしのノングレアで、映り込みが抑えられている点もポイント。

IdeaPad S340 (14, AMD) 明るさ

輝度は実測値で271nit。格安モデルの平均よりも明るくて見やすい映像です

ただTNパネルは視野角が狭く、画面の角度を変えると色や明るさが大きく変わってしまいます。利用時には見やすい角度に調整してください。

IdeaPad S340 (14, AMD) 視野角

TNパネルを使った画面は、角度を少し変えただけでも色や明るさが変わります

普通に使えるキーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列で、バックライトには非対応です。キーピッチ (キーとキーの間隔)は19mmで十分なサイズ。配列も標準的ですが、Enterキー周辺で一部のキーが隣接しています。ただ実際に使ってみても、特に違和感は感じませんでした。

IdeaPad S340 (14, AMD) キーボード

IdeaPad S340 (14, AMD)のキーボード

IdeaPad S340 (14, AMD) 配列

Enterキーの周辺

キーストローク (キーを押し込む深さ)は1.3mmで、標準値である1.5mmよりもやや浅めです。ストロークは浅いものの入力時にカクっとしたクリック感があるので、手応えは感じられます。とは言え全体的にはやや軽めのタイプ感で、軽いタッチでタイプする人向きです。

IdeaPad S340 (14, AMD) タイプ感

タイプ感は軽め。タイプ音は比較的静かで、軽いタッチならほとんど気になりません。打ち下ろすようにしてタイプすると、トントンと少し響きます

ちょっと気になるのは、キートップの文字がシルク印刷である点。格安モデルではよくあるタイプなのですが、長期間 (3~4年間程度)ガッツリと使うと文字がかすれて見えなくなるかもしれません。そこまで使い込めばキーを見なくても使えるとは思いますが。

IdeaPad S340 (14, AMD) キートップ

3~4年程度使うとキーの文字がかすれて見えづらくなるかもしれません

インターフェースは必要十分

周辺機器接続用のインターフェース類は多くはありませんが、必要十分な構成です。有線LANや光学ドライブには非対応である点に注意してください。

IdeaPad S340 (14, AMD) 左側面

左側面には電源コネクター、HDMI、USB Type-C、ヘッドセット端子

IdeaPad S340 (14, AMD) 右側面

右側面にはSDカードスロット、USB3.0

IdeaPad S340 (14, AMD) Webカメラ

Webカメラは盗み見を防ぐシャッター付き

スピーカーは底面部に配置されています。接地面に向かって音が出るのでややこもった感がありますが、そのぶん反響によって音の厚みが増しているように感じました。一般的なノートPCに比べて音に厚みがあり、格安モデルとは思えないほどの音質です。と言っても非常に高音質というわけではありませんが、お値段以上とは言えるかもしれません。

IdeaPad S340 (14, AMD) スピーカー

底面部のスピーカー

IdeaPad S340 (14, AMD) 音質

接地面との反響により、わずかではありますが音に厚みが出ています

Type-C端子はUSB3.0で、充電やDisplayPort出力には対応していません。

USB Type-Cからの充電

18W ×
24W ×
30W ×
45W ×
65W ×

ベンチマーク結果

試用機のスペック

型番 81NB0020JP
OS Windows 10 Home
CPU Athlon 300U
メモリー 4GB
ストレージ 128GB SSD
グラフィックス Radeon Vega 3 (CPU内蔵)

※グラフィックス機能内蔵のAMD製プロセッサーは本来「APU」と呼ばれますが、この記事では「CPU」と表記します

CPU性能

CPU性能を計測するベンチマークテストを実施したところ、Athlon 300UではRyzen 3 3200U相当の結果となりました。インテルのCore i3-8145Uには及ばないものの、3万円台のノートPCとしてはありえないパフォーマンスです。

CPUベンチマーク結果

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i5-8265U
8891
Ryzen 5 3500U
8308
Core i3-8145U
5549
Ryzen 3 3200U ※2
4812
IdeaPad S340 (Athlon 300U)
4703
Pentium 5405U ※2
3258
Celeron N4000
1562

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均 ※2はPassMark CPU Benchmarksのデータを参考にしました

ちなみにテスト機のメモリーを8GBに増設して再度同じテストを行なったところ、スコアは「5155」と10%近く向上しました。メモリーの増設については、別途記事を公開する予定です。

CPU選びの目安

Celeron ・Webページを見る
・ネット動画の視聴
・ごく簡単な文書作成
Core i3 ・事務処理
・文字中心の資料作成
・写真の簡単な加工
Core i5 ・写真や画像の加工
・データ処理
・画像入り資料の作成
Core i7 ・プロ用ソフトの利用
・大規模なデータ処理
・企業向け機能の利用
・小規模な動画編集

ストレージ性能

ストレージは128GB SSDです。高速なPCIe 3.0 x2接続タイプで、HDDよりもはるかに高速。ファイル操作やアプリの記号が速く、ウィンドウズを快適に使えます。

IdeaPad S340 (14, AMD) アクセス速度

128GB SSDのアクセス速度

ストレージのアクセス速度

容量は128GBと少ないのですが空き容量は90GB以上ありましたので、比較的余裕はあります。それでも足りなければ、一時的なファイルの保管場所としてSDカードやUSBメモリーなどを使うといいでしょう。

IdeaPad S340 (14, AMD) 空き容量

初期設定終了直後のCドライブの空き容量

もしくは自分でSSD / HDDを追加する手もあります。本体内部には2.5インチのストレージスペースがあり、SSDやHDDを増設可能です。ただしこの場合、メーカー保証のサポート外となる点に注意してください。

IdeaPad S340 (14, AMD) HDD増設

2.5インチのSSDやHDDを増設できます

IdeaPad S340 (14, AMD) ドライバー

底面部のカバーを開けるには、T5ヘクスローブドライバーが必要です

起動時間

ウィンドウズの起動時間は平均10.78秒でした。一般的なノートPCではSSD搭載機種が17秒程度、HDD搭載機種が30秒~1分程度 (筆者調べ)であることを考えると、立ち上がりは非常に高速。3~5万円台の格安モデルではありえない速さです。

なおスリープ時のネット接続&高速復帰のモダンスタンバイ (コネクテッドスタンバイ)には対応していませんでした。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 10.9秒
2回目 10.8秒
3回目 10.7秒
4回目 10.8秒
5回目 10.7秒
平均 10.78秒

3Dグラフィックス性能

ゲームの快適さに強く影響する3Dグラフィックス性能はごく控えめです。エントリークラスのゲーム用GPUであるGTX 1650と比べると、パフォーマンスは大きく劣ります。CPU内蔵のグラフィックス機能であることを考えれば仕方がありません。

ただ同じ価格帯のモデルで使われているCeleron N4000のUHD 600と比べて、倍以上のスコア差があるのは驚きです。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
9039
GeForce MX250
3595
UHD 620 (Core i7)
1270
UHD 620 (Core i5)
1186
IdeaPad S340 (Radeon Vega 3)
968
UHD 620 (Core i3)
860
UHD 600
394

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ゲーム系ベンチマークを試したところ、動作が軽いドラクエ10ベンチなら解像度や画質をグッと落とせばなんとかプレーできそうな結果でした。FF14クラスの重いゲームとなると、かなり厳しそうです。

FF14ベンチ
FF14:漆黒のヴィランズ (DX11) ※中量級
1920×1080 最高品質 850(動作困難) ※6.96 FPS
高品質 1191(設定変更が必要) ※7.43 FPS
標準品質 1703(設定変更を推奨) ※11.33 FPS
1280×720 最高品質 1665(設定変更を推奨) ※10.75 FPS
高品質 2280(普通) ※15.27 FPS
標準品質 3001(やや快適) ※20.98 FPS
ドラゴンクエストX
ドラゴンクエストX(DX9) ※軽量級
1920×1080 最高品質 3146(普通)
標準品質 4442(普通)
低品質 5331(快適)
1280×720 最高品質 6051(快適)
標準品質 7501(とても快適)
低品質 8440(とても快適)

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間の公称値は11時間です。当サイトのテストでは10時間53分と、公称値に近い結果となりました。バッテリー消費の多いほかのテストでも、概ね十分な結果が出ています。

ただこのテストは電源モードを「省電力」に設定しているため、実際の利用ではもう少し短くなるかもしれません。とは言えIdeaPad S340 (14, AMD)は持ち歩き用のモバイルノートPCではないため、多少駆動時間が短くなってもそれほど大きな問題ではないはずです。

バッテリー駆動時間のテスト結果

公称値 11時間
BBenchによる計測 10時間53分
PCMark 8による計測 8時間4分
PCMark 10による計測 10時間56分
満充電までにかかった時間 2時間5分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

サポートについて

IdeaPad S340 (14, AMD)は標準で、1年間の基本保証が付いています。有料オプションで保証期間を2~3年間に延長することが可能です。長期間安心して使いたい場合は、延長保証を利用するといいでしょう。

サポートサービスの内容

基本保証
無償修理期間 購入日から1年間
電話受付 月~日の9~18時まで ※祝日を除く
テクニカルサポート 購入日から1年間
対応 通常スタッフ
修理対応 修理センターに発送
期間延長 追加料金を支払うことで2年間または3年間に延長可能

基本保証で無償修理対象となるのは自然故障のみですが、有料の「アクシデント・ダメージ・プロテクション」に加入すると、落下や水濡れ、火災、盗難、紛失などにも対応してもらえます。基本は1年間ですが、基本保証の期間を2~3年間に延長することでアクシデント・ダメージ・プロテクションの保証期間も延長されます。

そのほかの有料サポートサービス

アクシデント・ダメージ・プロテクション 通常のサポートでは保証されない落下や水濡れ、火災、盗難、紛失などにも対応可能。交換は1回のみ

価格について

IdeaPad S340 (14, AMD) には複数のモデルが用意されていますが、基本となるのは以下の3種類です。あとはそれぞれにOffice Home & Business 2019付属モデルが用意されています。

ラインナップ

Athlonモデル Ryzen 3モデル Ryzen 5モデル
Athlon 300U Ryzen 3 3200U Ryzen 5 3500U
4GB 8GB
128GB SSD 256GB SSD
1920×1080
Radeon Vega 3 Radeon Vega 8
税込3万7908円 税込3万9496円 税込5万0674円

※2019年8月29日時点

格安モデルとしてはあり得ないパフォーマンス!

ということで、今回はIdeaPad S340 (14, AMD)のレビューをお届けしました。

ベンチマーク結果をご覧いただくとおわかりのように、最安のAthlonモデルでも優れたパフォーマンスを発揮しています。3~5万円台の格安ノートPCとしては、あり得ないレベルです。プロ向けの重いソフトをバリバリ使うには少々物足りませんが、日常的な作業や仕事には十分活用できるでしょう。非常にコスパの高いモデルです。

レノボからは同じ14インチタイプとして、インテル製CPUを搭載したIdeaPad S340 (14)や、より高品質なIdeaPad S540 (14)が発売されています。値段は多少高くなるもののパフォーマンスはわずかに上回るので、少しでも性能が高いほうがいいなら選ぶのはアリです。特にIdeaPad S540 (14)は本体が薄い上に映像がキレイですので、品質面を重視したい人におすすめします。

IdeaPad 14インチモデルの違い

S340 (14, AMD) S340 (14) S540 (14)
Atlon / Ryzen Pentium / Core i Core i
4 / 8GB
1920×1080
TNパネル IPSパネル
指紋センサー なし 指紋センサー あり
樹脂製ボディ アルミ + 樹脂製ボディ
幅322.7mm
奥行き230.5mm
高さ17.9mm
 幅323mm
奥行き227mm
高さ15.9mm
1.55kg~ 1.5kg~
11時間駆動 14.3時間駆動 14時間駆動

IdeaPad S340 (14, AMD) 感想

格安なのに優れた性能の高コスパモデル

IdeaPad S340 (14, AMD)

IdeaPad S340 (14, AMD)

税込3万7908円~

※2019年8月29日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました