IdeaPad S540 (15) レビュー:最安5万円前後ではありえない驚愕のクオリティーを実現した超コスパの15インチノートPC

IdeaPad S540 (15) レビュー

レノボのIdeapad S540 (15)は、15.6インチの液晶ディスプレイを搭載したスタンダードタイプのノートPCです。

特徴は最安クラスの値段でありながら、外観面の品質と機能が異様に充実している点。最安モデルは5万円前後ですが、10万円クラスの高級モデルにも引けを取らない出来栄えです。ハッキリ言って、この値段設定はおかしい!

IdeaPad S540 (15)

IdeaPad S540 (15)

今回は筆者が購入した実機とメーカーからお借りした実機を使って、IdeaPad S540 (15)のデザインや性能などをレビューします。

IdeaPad S540 (15)

IdeaPad S540 (15)

税込5万0544円~

※2019年8月12日時点。値段はタイミングで変わるため、最新価格は公式サイトでご確認ください

関連記事

IdeaPad S540 (15)のスペック

画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
CPU ・Core i3-8145U
・Core i5-8265U
・Core i7-8565U
メモリー ・4GB
・8GB
ストレージ ・256GB PCIe SSD
・512GB PCIe SSD
・1TB PCIe SSD
グラフィックス ・UHD 620
幅×奥行き 358×245mm
厚さ 16.9mm
重量 約1.8kg
バッテリー 約17.3時間

※2019年8月12日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー ミネラルグレー
画面の表面 非光沢
パネルの種類 IPSパネル
光学ドライブ
テンキー あり
有線LAN
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
USB3.1
USB3.0 2
USB2.0
USB Type-C USB3.0×1 ※データ通信のみ
Thunderbolt 3
メモリーカード SD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ 720p (92万画素相当)
顔認証カメラ
指紋センサー あり
オフィス ※付属モデルあり

デザインと使いやすさ

格安なのに極薄&高品質なボディ

IdeaPad S540 (15)を前にしてまず驚くのが、本体デザインの良さと質感の高さです。その完成度の高さは、10万円クラスの高級機レベル。最安5万円前後のモデルとしてはあり得ません。

IdeaPad S540 (15) デザイン

最安5万円台でありながら、見た目の高級感は抜群

5~6万円クラスの15インチノートPCでは普通、ボディの素材に樹脂 (プラスチック)が使われています。多少気合いの入ったモデルでも、キーボード面 (パームレスト)にアルミが使われている程度。これは樹脂よりも金属のほうが値段が高いためです。

しかしIdeaPad S540 (15)では、天板部分とキーボード面に質感と剛性に優れるアルミ素材が使われています。なめらかな手触りでありながら固くソリッドな手応えがあり、重厚感のあるメタリックな風合いです。

IdeaPad S540 (15) 外観

IdeaPad S540 (15)の外観

IdeaPad S540 (15) 本体カラー

ボディカラーはプレミアム感のあるミネラルグレー。天板部分には質感と剛性に優れるアルミ素材が使われています

IdeaPad S540 (15) キーボード面

キーボード面にもアルミ素材を使用

IdeaPad S540 (15) タッチパッド

タッチパッド周辺にダイヤモンドカット加工を施すことで、きらびやかさを演出

IdeaPad S540 (15) ベゼル

液晶ディスプレイのベゼル (枠)は左右5mmで上部11.5mm。非常に細く、画面周りがスッキリとしています

IdeaPad S540 (15) 底面部

底面部は樹脂製ですが、普段は手にとって見ることがないので特に気になりません

厚さは16.9mmで、15インチタイプとしては最薄クラス。並みのモバイルノートPCよりも薄いくらいです。設置面積も15インチクラスとしては非常に小さく、同価格帯の他機種と比べるとふた周り以上コンパクト。この価格でなぜこのクオリティーを実現できているのかさっぱりわかりません。

IdeaPad S540 (15) 薄さ

高さ16.9mmの極薄ボディ

IdeaPad S540 (15) フォルム

各部が非常に薄い上にエッジの立ったデザインで、とてもスタイリッシュな印象です

IdeaPad S540 (15) 厚さの比較

デルのInspiron 15 3580 (高さ22.7mm)との厚さ比較

IdeaPad S540 (15) サイズと重さ

接地面積は358×245mmで、B4サイズ (幅364×奥行き257mm)よりもひと回り小さめ。重さは1.8kgで、15インチタイプとしては軽量です

明るく色鮮やかな液晶ディスプレイ

液晶ディスプレイの大きさは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHDです。5~6万円台のノートPCでは1366×768ドット (HD)の機種もありますが、フルHDのほうがデスクトップを広く使えるぶん作業効率がアップします。

IdeaPad S540 (15) 液晶ディスプレイ

画面の大きさは15.6インチで、解像度は1920×1080ドット

フルHDとHDの違い

フルHD (拡大率100%)とHDの情報量の違い ※写真は別の機種によるもの

また発色に優れるIPSパネルが使われている点もポイントです。安いモデルで使われているTNパネルでは青みが強く、コントラスト (色のメリハリ)も低め。しかしIdeaPad S540 (15)の映像は自然な色合いで、動画や写真を楽しむのに向いています。

TNパネルとIPSパネルの違い

TNパネルとIPSパネルの色合いの違い ※写真は別の機種によるもの

IdeaPad S540 (15) 映像品質

IPSパネルによる色鮮やかな映像が魅力。表面は光沢なしのノングレアで、光の映り込みが気になりません

ただし色の再現性については、それほど高くありません。色にこだわるプロレベルの作業には向いていませんが、個人の趣味レベルであれば問題ないでしょう。

色域測定結果

sRGBカバー率 62.8%
sRGB比 63.5%
Adobe RGBカバー率 47.1%
Adobe RGB比 47.1%

画面の明るさは、実測値で296nitでした。公式スペックには明記されていませんが、想定値としては300nitあたりだと思われます。IPSパネルとしては標準的ではあるものの、画面は非常に明るく色も鮮やかに映し出されました。

IdeaPad S540 (15) 明るさ

映像は明るく高精細。趣味や仕事など、幅広いシーンで活躍するでしょう

IdeaPad S540 (15) ディスプレイ最大角度

液晶ディスプレイの最大角度は180度。ほかの人と一緒に画面を見る際に便利です

ちょっとクセのあるキーボード

キーボードは日本語配列で、数値入力に便利なテンキー付きです。キーピッチ (キーとキーの間隔)は19mmと十分なサイズですが、Enterキー周辺で一部のキーが隣接したり小さくなっている部分がありました。特に「¥」キーが非常に小さいため、プログラミングなどでこのキーを多用する人には向いていないかもしれません。

IdeaPad S540 (15) キーボード

IdeaPad S540 (15)のキーボード。バックライトにも対応

IdeaPad S540 (15) 配列

Enterキー周辺のキー配列。特に「¥」キーの小ささが気になります

キーストロークは (キーを押し込む深さ)は平均1.3mmでした。ノートPCの標準である1.5mmより浅く、タイプした際にわずかな底打ち感を感じます。ただ入力時にプチっとした固めのクリック感があるので、キーを押した手応えはしっかり感じられました。

IdeaPad S540 (15) タイプ感

キーストロークは1.3mmと浅いため、軽いタッチで入力する人に向いています

入力時にほんのわずかな軸のブレが感じられたものの、タイプ音はカタカタと控えめで静かです。強く叩けばそれなりに響きますが、普通につかうぶんには静音性の高いキーボードです。

IdeaPad S540 (15) タイプ音

軽めのタッチであればタイプ音は静か。タッチパッドも普通に使える仕上がりです

端子類は必要最低限

周辺機器接続用の端子 (インターフェース)類は多くありません。特に光学ドライブと有線LANに対応していない点には注意してください。少々残念ですが、これだけの薄さと安さを考えれば仕方がないでしょう。

IdeaPad S540 (15) 左側面

左側面には電源コネクター、HDMI、USB3.0 Type-C、ヘッドセット端子

IdeaPad S540 (15) 右側面

右側面にはSDカードスロット、USB3.0

IdeaPad S540 (15) Type-C

USB Type-Cはデータ通信のみで、充電やDisplayPort出力には非対応です

IdeaPad S540 (15)は安いにも関わらず、指紋センサーとWebカメラのプライバシーシャッターを標準で搭載しています。セキュリティー対策についても万全です。

IdeaPad S540 (15) 指紋センサー

指でタッチするだけでウィンドウズに素早くサインインできる指紋センサー

IdeaPad S540 (15) Webカメラ

液晶ディスプレイ上部のWebカメラには、盗み見を防ぐ開閉式のシャッター

スピーカーは底面部の左右に配置されています。接地面に向かって音が出るため反響によって厚みが増しているものの、わずかにこもった印象を受けました。音の広がりはよく、解像感もそこそこ高め。一般的なノートPCよりも音質面では優れています。動画視聴やビデオチャットはもちろん、BGMとして音楽を聞くのにも向いています。

IdeaPad S540 (15) スピーカー

底面部のスピーカー。同価格帯の他機種に比べるとサウンドのクオリティーは高めです

ベンチマーク結果

今回の検証では、Core i3搭載モデルとCore i5搭載モデルの2台を試用しました。ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などによって大きく変わることがある点をあらかじめご了承ください。

試用機のスペック

型番 81NE001FJP 81NE001BJP
OS Windows 10 Home
CPU Core i3-8145U Core i5-8265U
メモリー 4GB 8GB
ストレージ 256GB SSD (PCIe)
グラフィックス Intel UHD Graphics 620 (CPU内蔵)

CPU性能

IdeaPad S540 (15)では、インテルの第8世代Core iプロセッサーが使われています。CPU性能を計測するベンチマークを試したところ、Core i5搭載機ではCore i7に迫るほどの高いスコアとなりました。これは非常に優秀な結果で、Core i7搭載機であればさらに高いパフォーマンスを期待できそうです。

もう一方のCore i3搭載機ではCore i5よりも低い結果であったものの、2~3年前のハイエンド向けノートPCで使われていたCore i7とほぼ同等レベルの性能です。事務処理や軽めの作業であれば、Core i3でも十分でしょう。

CPUベンチマーク結果

名称 PassMark CPU Markスコア
Core i7-8565U
9672
IdeaPad S540 (Core i5-8265U)
9121
Core i5-8265U
8595
Core i7-7500U
5564
IdeaPad S540 (Core i3-8145U)
5549
Core i5-7200U
4948
Celeron N4000
1554

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

CPU選びの目安

Celeron ・Webページを見る
・ネット動画の視聴
・ごく簡単な文書作成
Core i3 ・事務処理
・文字中心の資料作成
・写真の簡単な加工
Core i5 ・写真や画像の加工
・データ処理
・画像入り資料の作成
Core i7 ・プロ用ソフトの利用
・大規模なデータ処理
・企業向け機能の利用
・小規模な動画編集

ストレージ性能

試用機では256GBのSSDが使われていました。普通Core i3搭載の安いモデルではSSDの容量が128GBだったりするのですが、IdeaPad S540 (15)では下位モデルでも十分な容量のSSDが使われています。

さらに驚くべきは、アクセス速度の速さです。PCIe接続のSSDにはx2接続タイプとx4接続タイプの2種類があり、5~6万円台のモデルでは通常x2タイプが使われています。しかしIdeaPad S540 (15)ではCore i3搭載の下位モデルでも、超高速なx4接続タイプが使われていました。低価格モデルとしては、かなり優秀です。

IdeaPad S540 (15) アクセス速度

Core i3モデルで使われていた256GB SSDのアクセス速度

IdeaPad S540 (15) アクセス速度

こちらはCore i5モデルで使われていた256GB SSDのアクセス速度、Core i3モデルとCore i5モデルで同じPCIe 3.0 x4接続のSSDが使われています

ストレージのアクセス速度

起動時間

ウィンドウズの起動時間は平均8.6秒と爆速でした。SSD搭載機の平均は17秒程度で、10秒を切るのはハイエンドクラスの高級モデルぐらいです。5~6万円台の機種としては異常な速さと言えます。

起動時間の計測結果(手動計測、Core i3モデル)

1回目 9.2秒
2回目 8.8秒
3回目 8.3秒
4回目 8.4秒
5回目 8.3秒
平均 8.6秒

3Dグラフィックス性能

ゲームの快適さに影響する3Dグラフィックス性能はごく控えめです。CPU内蔵のグラフィックス機能であることを考えれば仕方がありません。人気ゲームを快適に楽しむなら、最低でもGTX 1050 / 1650あたりの性能は欲しいところです。

GPUの性能比較

CPU 3DMark Fire Strikeスコア
GTX 1650
7974
GTX 1050
5176
MX250
3261
MX150
3091
MX130
1952
Radeon 530
1605
Radeon 520
1456
UHD 620 (Core i7-8565U)
1162
IdeaPad S540 (UHD 620、Core i5)
1096
UHD 620 (Core i5-8265U)
1061
IdeaPad S540 (UHD 620、Core i3)
803

※そのほかのスコアは2019年8月時点での当サイトの平均値

ゲーム系ベンチマーク結果

個別のゲーム系ベンチマークを試したところ、Core i5モデルで解像度や画質を調整すればドラクエ10を快適に楽しめるという評価でした。処理の重いFF14ベンチでは「普通」という評価もありますが、画面がかなりカクつくのでおすすめしません。Core i5モデルならごく軽いゲームをなんとかプレーできるレベルで、Core i3モデルはゲームのプレーを考えないほうが無難といったところです。

ゲーム系ベンチマークの結果 (フルHD)

FF14ベンチ
FF14:漆黒のヴィランズ (DX11) ※中量級
Core i5 最高品質 1106(設定変更が必要) ※6.76 FPS
高品質 1607(設定変更を推奨) ※10.41 FPS
標準品質 2203(普通) ※14.29 FPS
Core i3 最高品質 687(動作困難) ※3.83 FPS
高品質 957(動作困難) ※5.82 FPS
標準品質 1003(設定変更が必要) ※6.38 FPS
ドラゴンクエストX
ドラゴンクエストX(DX9) ※軽量級
Core i5 最高品質 4434(普通)
標準品質 5815(快適)
低品質 7241(とても快適)
Core i3 最高品質 2813(やや重い)
標準品質 3908(普通)
低品質 4494(普通)

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間は公称値で17.3時間とされています。当サイトの計測方法で実際の駆動時間を計測したところ、Core i5モデルで最長で12時間8分、Core i3モデルで最長15時間34分という結果でした。バッテリー消費がかなり大きいPCMark 8のテストでもそれぞれ10時間を超えていますので、実際の利用でもそれくらいはもつでしょう。そもそもIdeaPad S540 (15)は持ち歩き用ではありませんが、バッテリー性能はモバイルノートPC並みに超優秀です。

バッテリー駆動時間のテスト結果

Core i5モデル Core i3モデル
公称値 約17.3時間
BBenchによる計測 12時間8分 15時間34分
PCMark 8による計測 11時間38分 10時間55分
フル充電までにかかった時間 2時間2分 2時間3分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

価格について

IdeaPad S540 (15) には複数のモデルが用意されていますが、ベースとなるのは以下の3種類です。それぞれCPUの種類やメモリー容量、ストレージ構成などが異なります。

ラインナップ

Core i3モデル Core i5モデル Core i7モデル
Core i3-8145U Core i5-8265U Core i7-8565U
4GB 8GB 8GB
256GB SSD 256GB SSD 1TB SSD
1920×1080 (IPS)
税込5万0544円 税込6万4022円 税込9万6163円

※2019年8月12日時点

Office Home & Businessが付属するモデルの価格は以下のとおりです。

オフィス付きモデルの価格

Core i3モデル Core i5モデル Core i7モデル
Core i3-8145U Core i5-8265U Core i7-8565U
4GB 8GB 8GB
256GB SSD 256GB SSD 1TB SSD
1920×1080 (IPS)
Office Home & Business 2019
税込7万0794円 税込8万4067円 税込11万7245円

※2019年8月12日時点

安いのはCore i3モデルですが、利用時の快適さを重視するならCore i5モデルが断然おすすめです。少しでもパフォーマンスを重視したいならCore i7モデルを選ぶのもアリですけれども、最近の重い処理にはメモリー容量が16GBのほうが有利ですので、ThinkPadなどのほかのモデルを選んだほうがいいでしょう。

関連記事

👉ThinkPadセール情報まとめ

あり得ないコスパの15インチノートPC

IdeaPad S540 (15)の安さは、他社製品と比べても群を抜いています。光学ドライブと有線LANには非対応であるものの、似たようなスペックでも9000円から1万5000円程度も価格が異なるのです。

15インチノートPCの比較 (Core i5モデル)

IdeaPad S540 (15) Inspiron 15 3580 HP Pavilion 15-cu1000
Core i5-8265U
8GBメモリー
256GB SSD 128GB SSD + 1TB HDD
フルHD、IPS フルHD、TN フルHD、IPS
UHD 620 Radeon 520 UHD 620
光学ドライブなし DVDスーパーマルチ
有線LANなし 100Mbps 1000Mbps
高さ16.9mm 高さ22.7mm 高さ24mm
約1.8kg 約2.18kg 約2.07kg
17.3時間駆動 ※駆動時間非公開 9時間駆動
6万4022円 7万3421円 7万9920円

※2019年8月12日時点

その上、本体はスリムでコンパクト。外観や映像の美しさも上々です。ハッキリ言って、安すぎてヤバいレベルです。光学ドライブと有線LANが必要ないのであれば、これを選んでおけば間違いありません!

IdeaPad S540 (15) 感想

Core i5 + 8GBメモリー + 256GB SSD搭載でお得なノートPCならコレに決まり!

IdeaPad S540 (15)

IdeaPad S540 (15)

税込5万0544円~

※2019年8月12日時点。値段はタイミングで変わるため、最新価格は公式サイトでご確認ください

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

\おすすめ記事/

マカフィーリブセーフ
 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました