IdeaPad S540 ゲーミングエディション Core i5モデルのベンチマーク結果:税込8万円台のノートPCでどこまでゲームを楽しめるのか!?

IdeaPad S540 ゲーミングエディション レビュー

レノボのIdeaPad S540 ゲーミングエディションは、価格が安さが魅力のゲーム向けノートPCです。見た目は普通のスリム型ノートPCですが、パフォーマンス的には十分。人気ゲームを快適に楽しめます。

IdeaPad S540 ゲーミングエディション

IdeaPad S540 ゲーミングエディション

IdeaPad S540ゲーミングエディションには、スペックの異なる2種類のモデルが用意されています。それぞれの違いはCPUの種類やメモリー容量、ストレージ構成など。ゲームの快適さに影響するGPUについては同じです。

スペックの違い

Core i5モデル Core i7モデル
CPU Core i5-8265U Core i7-8565U
メモリー 8GB 12GB
ストレージ 512GB SSD 1TB SSD
グラフィックス GTX 1650 (4GB)
価格 8万6900円 11万1078円

※2020年5月7日時点。価格は税込

この記事ではメーカーからお借りしたIdeaPad S540 ゲーミングエディションのCore i5 / Core i7モデルを使って、それぞれどの程度ゲームを快適に楽しめるのかを解説します。外観や使い勝手については、下記のリンクからレビュー記事をご覧ください。

IdeaPad S540 ゲーミングエディション レビュー:税込8万円台からの格安&極薄なゲーム向けノートPC
レノボのIdeaPad S540 ゲーミングエディション、価格が安さが魅力のゲーム向けノートPCです。GTX 1650搭載で最安モデ……
IdeaPad S540 ゲーミングエディション

IdeaPad S540 ゲーミングエディション Core i5モデル

税込8万6900円

※2020年5月7日時点

IdeaPad S540 ゲーミングエディション

IdeaPad S540 ゲーミングエディション Core i7モデル

税込11万1078円

※2020年5月7日時点

ゲーミングノートPCのおすすめ機種と選び方を徹底解説! 安い&高コスパな機種はコレ【2020年】
安い&高性能&高コスパなゲーミングノートPCのおすすめ機種をGPU (グラボ)別にまとめました。さらにゲーミングノートPCの選び方についても詳しく説明しています。おすすめ機種の実機レビューもアリ。フォトナやPUBG、モンハンなどをプレーしたい方は要チェック

ゲーム系ベンチマーク結果

IdeaPad S540 ゲーミング ゲーム系ベンチ

まずはIdeaPad S540ゲーミングエディションでゲームをどれだけ快適に遊べるかについて解説します。

結論から言うと、やや重めのゲームまでならCore i5モデル / Core i7モデルどちらでも快適に楽しめます。処理がかなり重い重量級のゲームには厳しいものの、少し重い程度の中量級クラスまでなら画質を下げれば快適にプレー可能です。

ちなみにCore i5モデルとCore i7モデルとでは、ベンチマークスコアやFPS (画面の描画速度の目安)に大きな違いは表われませんでした。ゲームだけで考えるのなら、どちらを選んでもほぼ同じです。

※テストはすべてフルHDで実施

FF15ベンチ (重量級 / DX11)

FF15ベンチ

Core i5モデル

画質 スコア / 評価
高品質 3006 / 普通
標準品質 4660 / やや快適
軽量品質 6091 / 快適

※スコアが6000以上で「快適」

Core i7モデル

画質 スコア / 評価
高品質 3297 / やや快適
標準品質 4794 / やや快適
軽量品質 6112 / 快適

※スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (中量級 / DX11)

FF14ベンチ

Core i5モデル

画質 スコア / 評価 / 平均FPS
高品質 8483 / 非常に快適 / 57.9 FPS
標準品質 11378 / 非常に快適 / 79.6 FPS
軽量品質 12948 / 非常に快適 / 97.7 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

Core i7モデル

画質 スコア / 評価 / 平均FPS
最高品質 8630 / 非常に快適  / 58.8FPS
高品質 11500 / 非常に快適 / 80.2FPS
標準品質 13085 / 非常に快適 / 97.6FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽量級 / DX9)

ドラクエXベンチ

Core i5モデル

画質 スコア / 評価
最高品質 16616 / すごく快適
標準品質 17117 / すごく快適
低品質 18243 / すごく快適

※「すごく快適」で最高評価

Core i7モデル

画質 スコア / 評価
最高品質 16984 / すごく快適
標準品質 17870 / すごく快適
低品質 18941 / すごく快適

※「すごく快適」で最高評価

PSO2ベンチ (軽量級 / DX9)

PSO2ベンチ

Core i5モデル

簡易描画設定 スコア
6 (最高) 19,040
3 39,466
1 (最低) 83,895

※スコア5,000以上が快適に遊べる目安

Core i7モデル

簡易描画設定 スコア
6 (最高) 18,252
3 38,032
1 (最低) 65,711

※スコア5,000以上が快適に遊べる目安

リーグ・オブ・レジェンド (超軽量級 / DX9)

リーグ・オブ・レジェンド

Core i5モデル

モード 平均FPS / 最低FPS
サモナーズリフト (最高画質) 169.3 FPS / 130 FPS
TFT (最高画質) 80.6 FPS / 70 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

Core i7モデル

モード 平均FPS / 最低FPS
サモナーズリフト (最高画質) 167.3 FPS / 140 FPS
TFT (最高画質) 81.9 FPS / 72 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

フォートナイト (中量級 / DX11)

フォートナイト

Core i5モデル

画質 平均FPS / 最低FPS
最高 50.7 FPS / 44 FPS
73.9 FPS / 60 FPS
125.3 FPS / 92 FPS
147.7 FPS / 99 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

Core i7モデル

画質 平均FPS / 最低FPS
最高 52.7 FPS / 44 FPS
72.8 FPS / 62 FPS
127 FPS / 80 FPS
152 FPS / 109 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

PUBG (中量級 / DX11)

PUBG

Core i5モデル

画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 48.9 FPS / 45 FPS
64.1 FPS / 58 FPS
69.7 FPS / 63 FPS
78.3 FPS / 72 FPS
非常に低い 92.7 FPS / 74 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

Core i7モデル

画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 52.3 FPS / 45 FPS
63.8 FPS / 59 FPS
70.6 FPS / 65 FPS
79.9 FPS / 72 FPS
非常に低い 96.8 FPS / 83 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

オーバーウォッチ (軽量級 / DX10)

オーバーウォッチ

Core i5モデル

画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 73.8 FPS / 62 FPS
ウルトラ 111.4 FPS / 99 FPS
126.8 FPS / 110 FPS
NORMAL 156.1 FPS / 137 FPS
18. FPS / 161 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

Core i7モデル

画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 77.7 FPS / 69 FPS
ウルトラ 109.6 FPS / 98 FPS
125.3 FPS / 105 FPS
NORMAL 151.7 FPS / 132 FPS
181.9 FPS / 159 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

エーペックスレジェンズ (中量級 / DX11)

Apex Legends

Core i5モデル

画質 平均FPS / 最低FPS
最高設定 60.2 FPS / 53 FPS
最低設定 108.6 FPS / 84 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安。FPS上限はデフォルトのまま

Core i7モデル

画質 平均FPS / 最低FPS
最高設定 62.2 FPS / 55 FPS
最低設定 116.5 FPS / 93 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安。FPS上限はデフォルトのまま

アサシンクリード オデッセイ (超重量級 / DX11)

アサシンクリード オデッセイ

Core i5モデル

画質 平均FPS / 最低FPS
最高 31 FPS / 1 FPS
47 FPS / 15 FPS
54 FPS / 13 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

Core i7モデル

画質 平均FPS / 最低FPS
最高 18 FPS / 8 FPS
46 FPS / 21 FPS
51 FPS / 17 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ゴーストリコン ブレイクポイント (中重量級 / DX11)

ゴーストリコン ワイルドランズ

Core i5モデル

画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 23 FPS / 8 FPS
49 FPS / 30 FPS
57 FPS / 36 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

Core i7モデル

画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 25 FPS / 10 FPS
48 FPS / 24 FPS
56 FPS / 33 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ファークライ ニュードーン (中重量級 / DX11)

ファークライ ニュードーン

Core i5モデル

画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 47 FPS / 37 FPS
55 FPS / 45 FPS
61 FPS / 52 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

Core i7モデル

画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 47 FPS / 33 FPS
56 FPS / 43 FPS
62 FPS / 50 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ディヴィジョン2 (中重量級 / DX12)

ディヴィジョン2

Core i5モデル

画質 平均FPS
ウルトラ 33 FPS
57 FPS
78 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

Core i7モデル

画質 平均FPS
ウルトラ 37 FPS
62 FPS
72 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー (重量級 / DX12)

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー

Core i5モデル

画質 平均FPS
最高 33 FPS
47 FPS
最低 69 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

Core i7モデル

画質 平均FPS
最高 33 FPS
50 FPS
最低 75 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

CPU性能

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Core i9-9980HK
3558
Core i9-9880H
3402
Core i7-9750H
2714
Core i7-8750H
2625
IdeaPad S540 (Core i7-8565U)
1966
Core i5-9300H
1947
IdeaPad S540 (Core i5-8265U)
1654

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均 ※2は一般用途向けノートPC用

ゲームの快適さに影響するCPUのマルチコア性能を計測したとこと、Core i7-8565UのほうがCore i5-8265Uよりも優れた結果が出ました。ただ、どちらもゲーミングノートPCでよく使われるCore i7-9750Hには及びません。またゲーミングノートPCの下位モデルで使われることが多いCore i5-9300HについてはCore i7-8565Uと同等レベルで、Core i5-8265Uよりも上です。

とは言えゲーム系ベンチマークの結果をご覧いただければおわかりのとおり、実際のゲームではそれほど大きな違いは表われていません。

3Dグラフィックス性能

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 2080
23762
RTX 2080 Max-Q
20066
RTX 2070
19807
RTX 2070 Max-Q
18568
RTX 2060
14945
GTX 1660 Ti
14337
GTX 1650
8770
IdeaPad S540 (Core i5+GTX 1650)
8494
IdeaPad S540 (Core i7+GTX 1650)
8480
GTX 1050
6008
MX250
3711
UHD 620 (Core i7)
1265

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

3D性能を計測するベンチマークテストでは、試用機と同じGTX 1650を搭載したモデルの平均値をわずかに下回っています。しかしこのくらいの差であれば、ゲームの快適さに大きく影響するわけではありません。テストではCore i5の結果がCore i7を若干上回りましたが、これは個体差やタイミングによる誤差と考えていいでしょう。

ゲーミングPCとの違い

IdeaPad S540 ゲーミングエディションはゲーム向けの機種ではありますが、ベースがスタンダードのノートPCで、厳密にはゲーム向けに特化した”ゲーミングノートPC”ではありません。価格が安いという点は大きなメリットではあるものの、ゲームの快適さやPCの安定性については専用の機能を搭載したゲーミングノートPCに軍配が上がります。

リフレッシュレート

IdeaPad S540 ゲーミングエディション リフレッシュレート

リフレッシュレートとは、ディスプレイの書き換え速度のこと。IdeaPad S540 ゲーミングエディションのリフレッシュレートは60Hzで、一般的なノートPCやテレビ、据え置きゲーム機と同じです。

60Hzでも普通は違和感はないのですが、ゲーミングノートPCのなかには120Hzや144Hzの”高リフレッシュレート”に対応する機種もあり、60Hzと144Hzの画面の動きを比べると明らかに144Hzのほうがなめらかで自然です。144Hzを体験したあとに60Hzの画面を見ると、わずかにカクカクしているように見えるでしょう。

以下の動画は60Hzと144Hzの画面の動きを5倍スローモーションで撮影したものです。再生スピードを落とすと、144Hzのほうがなめらかに動いていることがわかります。

キーボード

IdeaPad S540 ゲーミングエディション キーボード IdeaPad S540 ゲーミングエディションのキーボードは、一般的なノートPCのキーボードと変わりません。ゲームをカジュアルに楽しむには十分ですが、ガッツリやり込むのであればゲーム向けのキーボードを搭載した機種をおすすめします。

ゲーム向けキーボードと一般向けキーボードの違いは、キーの認識形式や認識数が異なる点です。一般的なキーボードでは一度にたくさんのキーを押しても数キー程度しか同時に認識されませんが、ゲーム向けキーボードは20~30キー以上認識されます。

実際にそれほどのキーを同時に押すことはないものの、キーを個別に正しく認識しているかどうかが重要なのです。認識数が少ないと、ゲームによってはうまく操作できない場合があります(PUBGの”リーン”など)。

IdeaPad S540 ゲーミングエディション キーの同時押し

IdeaPad S540 ゲーミングエディションのキーの同時押し認識数

ゲーム向けキーボード

ゲーム向けキーボードを搭載した機種の同時押し認識数

初心者レベルならここまでこだわる必要はありませんし、いざとなったら外付けのゲーミングキーボードを利用すれば問題ありません。ただタイプ感も含めて、キーボードはゲーム向けのほうが使いやすいことは確かです。

排熱性能

Legion Y540 (15) 底面部

ゲーム中は高い負荷がかかるため、CPUやGPUから熱が生じます。ゲーミングノートPCでは熱によるパフォーマンスの低下やパーツの劣化を防ぐために排熱 / 冷却性能が重視されていますが、スタンダードノートPCはゲーミングノートPCほどではありません。その点はメーカー側もある程度配慮していると思われますが、長い目で見ればゲーミングノートPCのほうが安定して動作するでしょう。

ただ冷却のために大型の通気口や空冷ファンを備えたゲーミングノートPCでは、ファンの回転音や排気口からの風切り音が大きいデメリットがあります。ヘッドセットを着用すれば音はほとんど聞こえませんが、基本的にゲーミングノートPCは音が大きいものだと考えてください。

安さを優先するならアリ

IdeaPad S540 ゲーミングエディション 感想ベンチマーク結果をご覧いただければおわかりのとおり、IdeaPad S540 ゲーミングエディションはCore i5モデルでもCore i7モデルでもゲームを快適に楽しめます。体感的に変わらないのであれば、価格の安いCore i5モデルのほうが高コスパです。ゲーム以外に利用するなら、基本性能の高いCore i7のほうが汎用性に優れています。

ただ前述のとおり、スタンダードノートPCをベースにしたIdeaPad S540 ゲーミングエディションはゲーム向けに特化した機種ではありません。値段の安さを重視するならアリですが、ゲームの快適さを重視するならゲーミングノートPCをおすすめします。

たとえば同じレノボのLegion Y7000という機種なら144Hzの高リフレッシュレート対応で、キーの誤入力防止や内部の冷却機能の強化などが図られており、ゲーミングノートPCとしての完成度は上です。デザインはそれなりにハデですが、ゲームをより快適に楽しみたい人は検討してみてはいかがでしょうか。

Legion Y7000

Legion Y7000

税込9万4248円~

※2020年5月7日時点

あくまでも安さにこだわりたい、あるいは本体は普通のデザインのほうがいいという人ならIdeaPad S540 ゲーミングエディションを選ぶといいでしょう。

IdeaPad S540 ゲーミングエディション

IdeaPad S540 ゲーミングエディション Core i5モデル

税込8万6900円

※2020年5月7日時点

IdeaPad S540 ゲーミングエディション

IdeaPad S540 ゲーミングエディション Core i7モデル

税込11万1078円

※2020年5月7日時点

ゲーミングノートPCのおすすめ機種と選び方を徹底解説! 安い&高コスパな機種はコレ【2020年】
安い&高性能&高コスパなゲーミングノートPCのおすすめ機種をGPU (グラボ)別にまとめました。さらにゲーミングノートPCの選び方についても詳しく説明しています。おすすめ機種の実機レビューもアリ。フォトナやPUBG、モンハンなどをプレーしたい方は要チェック

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました