レノボIdeaPad Slim 170 15.6型 (AMD)レビュー:最安ほぼ4万円からの格安15.6インチノートPC

レノボIdeaPad Slim 170 15.6型 (AMD)レビュー

レノボの「IdeaPad Slim 170 15.6型 (AMD)」(以下、”IdeaPad Slim 170″)は、リーズナブルな15.6インチノートPCです。価格は最安のAthlonモデルでほぼ4万円程度(2022年2月中旬時点)から。ただし品質面は価格相応で、性能はそれほど高くありません。割り切って使う人向きです。

IdeaPad Slim 170 15.6型 (AMD)

IdeaPad Slim 170 15.6型 (AMD)

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

スペック

OS Windows 11 Home
ディスプレイ 15.6インチ 1920×1080 TN 非光沢 タッチ非対応
CPU Athlon Gold 3150U / Ryzen 3 3250U / Ryzen 5 3500U
メモリー 4GB(オンボード) / 8GB(スロット1)
ストレージ 128 / 256GB SSD
グラフィックス Radeon(Athlon、Ryzen 3)/ Radeon Vega 8(Ryzen 5)
通信 11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0
インターフェース USB3.2 Gen1 Type-C×1(データ通信のみ)、USB3.2 Gen1×1、USB2.0×1、HDMI、ヘッドフォン出力、SDカードスロット
生体認証 なし
サイズ / 重量 幅360.2×奥行き236×高さ17.9mm / 約1.6kg
バッテリー 約9.8~12時間

本体デザイン

IdeaPad Slim 170 外観

IdeaPad Slim 170の外観。本体カラーはクラウドグレーとされていますが、実際のカラーは明るいシルバーです

IdeaPad Slim 170 ボディ

基本的には低価格帯のノートPCのため、外観はやや安っぽく感じます。本体は樹脂(プラスチック)製で、ツルツルとした手触り

IdeaPad Slim 170 フォルム

スリムなフォルム

IdeaPad Slim 170 キーボード面

パームレストはシルバーで、キーはダークグレー。レノボのIdeaPadシリーズではおなじみのデザイン

IdeaPad Slim 170 ディスプレイ角度

ディスプレイは180度近くまで開きますが、視野角が狭いのでこの状態では画面の内容がよく見えません

IdeaPad Slim 170 ベゼル

ベゼルは標準的な太さ。価格が安いわりには、いまどきのデザインです

IdeaPad Slim 170 インターフェース

インターフェースは多くはありませんが、一般的な作業には支障がないレベル。ただしType-C端子がデータ通信のみである点は残念です

IdeaPad Slim 170 電源アダプター

電源アダプターは65Wの丸口タイプ。重さは343g

IdeaPad Slim 170 カメラ

Webカメラは100万画素でプライバシーシャッター付き

IdeaPad Slim 170 スピーカー

スピーカーは底面部の左右に配置されています

IdeaPad Slim 170 排気口

排気口は背面側ですが、使用中は排気がディスプレイに当たります

IdeaPad Slim 170 底面

底面はダークグレー。排気口のみのシンプルな作りです

サイズと重量

IdeaPad Slim 170 サイズ

本体サイズは幅360.2mm、奥行き236mm

IdeaPad Slim 170 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。B4サイズよりもひと回り小さい程度で、15.6インチタイプとしては標準的な大きさです

IdeaPad Slim 170 厚さ

厚さは実測で18.2mm、底面部のゴム足を含めた設置時の高さは22.3mm

IdeaPad Slim 170 背面

本体背面。本体自体はそこそこスリムですが、ゴム足が高いので設置時にはやや厚く見えます

IdeaPad Slim 170 重さ

重量は実測で1.626kg。軽々と持ち運べるほどではありませんが、15.6インチタイプとしては軽量です

ディスプレイについて

IdeaPad Slim 170 ディスプレイ

画面サイズは15.6インチ。解像度は1920×1080ドット

IdeaPad Slim 170 デスクトップ

デスクトップの文字は2~2.8mm程度で、やや小さめです(標準のスケーリングは125%)

IdeaPad Slim 170 映像品質

TNパネルによる映像はコントラストが低く、やや青みがかって見えます

raytrek X4-T 映像品質

IPS相当のパネルのほうが自然な色合いで、メリハリもハッキリしています ※写真は別の機種

IdeaPad Slim 170 文書

文字主体の文書や寒色系の写真/動画であれば、色に違和感はありません。ただし暖色系の写真では鮮やかさが足りないように感じるでしょう

IdeaPad Slim 170 視野角

TNパネルは視野角が狭く、画面の角度を変えると色や明るさが大きく変わります

IdeaPad Slim 170 明るさ

画面はやや暗く感じます。またコントラストが低いため文字がかすれるように見えたり、マウスカーソルを見失う場面がたびたびありました

キーボードについて

IdeaPad Slim 170 キーボード

キーボードはテンキーありの日本語配列。バックライトは非対応です

IdeaPad Slim 170 配列

Enterキー周辺で一部のキーが隣接しているほか、「¥」キーがかなり小さく作られています。テンキーは標準的な4列構成

IdeaPad Slim 170 タイプ感

キーピッチは実測で18.5mm、キーストロークは実測で約1.2mm。キーピッチが狭いので、やや窮屈に感じます。キートップはややザラついた手触り

IdeaPad Slim 170 タイプ感

押した瞬間のクリック感は固いものの、ストロークが浅いのでタイプ感は軽め。指を上げ下ろして打つよりも、キーから離さずになでるように打つ人向け

IdeaPad Slim 170 タイプ音

タイプ音は強く叩くとパチパチと響きますが、軽いタッチならカタカタと比較的静か

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Ryzen 5 3500U
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD
グラフィックス Radeon Vega 8(CPU内蔵)

※各ベンチマークテストはWindows 11の電源モードを「最適なパフォーマンス」に設定した上で、電源アダプターに接続した状態で実施しています
※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、AMDのAthlon / Ryzen3000シリーズが使われています。Ryzenシリーズは4000番台で性能が大きく向上しましたが、3000番台は性能がいまひとつです。CPU性能を計測するベンチマークテストを行なったところ、第11世代のCore i3と同程度のスコアでした。ノートPC向けCPU全体では「中の中」クラス。普段使いや軽めの作業向けです。

CPUの性能差 (総合性能)

CPU PassMark 10 CPU Markスコア
Ryzen 7 5800U
19202
Ryzen 7 5700U
18089
Core i7-1185G7
13135
Core i7-11370H
13075
Core i5-11300H
12783
Ryzen 5 5500U
12362
Core i7-1165G7
11723
Core i5-1135G7
11249
Ryzen 3 5300U
9527
Ryzen 5 3500U
7650
IdeaPad Slim 170(Ryzen 5 3500U)
7004
Core i3-1115G4
6750
Ryzen 3 3250U
4441
Athlon Silver 3050U
3351
Celeron 6305
2302
Celeron N4500
2284

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

Ryzen 3 3250UやAthlon Gold 3150Uでは、さらにパフォーマンスが落ちると思われます。特にメモリー容量の少ないAthlonモデルでは、ネットの調べ物や動画視聴など、ごく軽めの作業程度と考えたほうがいいでしょう。

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵グラフィックスのRadeon Vega 8 (Ryzen 5)またはRadeon Graphics (Athlon / Ryzen 3)が使われます。

Ryzen 3000シリーズが登場した2019年では、当時の第8世代Coreプロセッサよりもグラフィックス性能が高いと言われていました。しかし内蔵グラフィックスが大きく進化したいまとなっては、もはやかなり時代遅れの性能です。ゲームはもちろん、クリエイター向けソフトでの効果も考えないほうがいいでしょう。

GPUの性能差(DirectX 12)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
GTX 1650
3241
MX450
1996
Iris Xe(Core i7+LPDDR4x)
1528
Iris Xe(Core i5+LPDDR4x)
1302
Iris Xe(Core i7+DDR4)
1149
Radeon (Ryzen 7)
1000
Iris Xe(Core i5+DDR4)
977
Iris Plus
812
Radeon (Ryzen 5)
784
Radeon (Ryzen 3 4000~)
619
IdeaPad Slim 170(Radeon Vega8)
540
UHD
407

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUの性能差(DirectX 11)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8513
MX450
4900
Iris Xe(Core i7+LPDDR4x)
4734
Iris Xe(Core i5+LPDDR4x)
4059
Iris Xe(Core i7+DDR4)
3420
Radeon (Ryzen 7)
3384
Iris Plus
2880
Radeon (Ryzen 5)
2652
Iris Xe(Core i5+DDR4)
2474
Radeon (Ryzen 3 4000~)
2324
IdeaPad Slim 170(Radeon Vega8)
1606
UHD
1335

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。

Ryzen 5 3500U搭載の試用機では一般利用とビジネス利用の目標値はクリアーしたものの、コンテンツ制作の目標値を下回る結果でした。パフォーマンス的には2~3世代前のノートPCと同程度です。あくまでも軽めの作業用と考えてください。

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
Slim 1707025
DX-T79784
IdeaPad9925
Ins16p9667
raytrek9418
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
Slim 1705687
DX-T76630
IdeaPad9276
Ins16p8530
raytrek7927
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
Slim 1703005
DX-T74840
IdeaPad6814
Ins16p8109
raytrek8486

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック

THIRDWAVE DX-T7 Core i7-1165G7 / 16GB
IdeaPad Slim 560 Pro Ryzen 7 5800H / 16GB / GTX 1650
Inspiron 16 Plus Core i7-11800 / 16GB / RTX 3050
raytrek R5-CA Core i7-10875H / 16GB / RTX 3060

ゲーム性能

Ryzen 5 3500U搭載モデルでゲーム系ベンチマークテストを行なったところ、ごくごく軽い3Dゲームのドラクエ10で画質を落とせばなんとか快適というレベルでした。少しでも重いゲームは、かなり厳しいと思われます。2D描画主体の小中規模タイトルや、ごくごく軽い3Dゲーム、カードゲームやボードゲームなどに向きです。

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 460 / 動作困難
標準品質 766 / 動作困難
軽量品質 990 / 動作困難

※1920×1080ドットの結果。スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 平均FPS
最高品質 1253 / 8 FPS
高品質 1645 / 10.8 FPS
標準品質 1964 / 13.1 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 3893 / 普通
標準品質 5490 / 快適
低品質 5960 / 快適

※1920×1080ドットの結果

格安だけどやや割高感あり

IdeaPad Slim 170

今回試用したRyzen 5 3500Uモデルは直販サイトで5万2000円前後、最安のAthlonモデルなら4万円程度で購入できます。

最大の魅力は値段の安さですが、個人的にはコスパはいまいちな印象。「使いやすさ」を考えるなら、5000円から1万円程度上乗せして、Ryzen 4000 / 5000シリーズ搭載&IPSパネルの機種を買うべきだと思います。どうしても5万円前後でノートPCを用意しなければならないというのであれば、アリかもしれません。

ただしセールで現在の価格よりもお得に入手できるなら、検討する価値はあるでしょう。たとえば楽天やPayPyaモール(Yahoo!ショッピング)、リーベイツのポイント還元で実質価格をグッと抑えられるなら、割り切って買うには問題ないと思います。初心者が値段重視で買うのは避けたほうが無難です。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ノートPCレビュー一覧
パソコンお買い得情報一覧

HP割引クーポンまとめ HPレビューまとめ

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!