アフィリエイト広告

IdeaPad Slim 570(14型 AMD) レビュー:コスパはほどほど&買うならRyzen 7モデル

IdeaPad Slim 570 

レノボの『IdeaPad Slim 570(14型 AMD) 』(以下、”IdeaPad Slim 570″)は、14インチのフルHDディスプレイを搭載するスタンダードタイプのノートPCです。CPUには高性能なAMD Zen3世代のモバイルRyzen 5000シリーズが使われています。同価格帯のインテルCPU搭載機よりも、性能面で優れる点がポイント。

 

IdeaPad Slim 570

IdeaPad Slim 570

 

品質面は標準的な仕上がりで、コスパは良くもなく悪くもなくといった印象です。ただRyzen 5モデルは8GBメモリー固定で、Ryzen 7モデルは上位シリーズであるThinkBookシリーズに届きそうな値段。これといった強いヒキに欠ける機種でもあります。いま(2022年12月時点)よりも値段が下がれば、魅力的な機種となるでしょう。

 

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

IdeaPad Slim 570(14型 AMD)

IdeaPad Slim 570(14型 AMD)

※製品ページが開かない場合は、上記リンクを再度開き直してください

スペック

OS Windows 11 Home
ディスプレイ 14インチ 1920×1080ドット IPS 非光沢 300nit 45% NTSC
CPU Ryzen 5 5625U / Ryzen 7 5825U
メモリー 8GB / 16GB DDR4-3200 ※オンボード、デュアルチャネル
ストレージ 256 / 512GB NVMe SSD
グラフィックス Radeon Graphics(CPU内蔵)
通信 Wi-Fi 6、Bluetooth5.1
インターフェース USB3.2 Gen1 Type-C(USB PD / 映像出力対応)、USB3.2 Gen1×2、HDMI1.4b、SDカードスロット、ヘッドフォン出力 / マイク入力
セキュリティ 指紋センサー
サイズ / 重量 幅321.7mm、奥行き211.8mm、高さ17.9mm / 約1.38kg
バッテリー 約15.9時間

本体デザイン

IdeaPad Slim 570の本体デザインは、ノートPCとしては標準的な仕上がりです。ボディの一部は樹脂(プラスチック)製ですが、塗装の影響で安っぽさは感じられません。

 

IdeaPad Slim 570 外観

IdeaPad Slim 570の外観。本体カラーはストームグレーで、実際にはメタリックで黒に近いダークグレーです

 

IdeaPad Slim 570 天板

天板は質感と剛性に優れるアルミ製。ツヤ消しのサラサラとした手触りで、指紋の跡が少し残ります

 

IdeaPad Slim 570 外観

ディスプレイを開いた状態

 

IdeaPad Slim 570 カメラ

ディスプレイ上部のカメラはプライバシーシャッター付き。写真撮影は1920×1080ドットの200万画素、動画撮影は1080p 30Hzに対応しています

 

IdeaPad Slim 570 キーボード面

キーボード面は樹脂(プラスチック)製

 

IdeaPad Slim 570 ベゼル

ベゼルは上部がやや太めですが、気になるほどではありません。そのほかは細く、画面周りがスッキリとしています

 

IdeaPad Slim 570 インターフェース

インターフェースは十分な構成。Type-CはUSB PDによる充電と映像出力に対応しています

 

IdeaPad Slim 570 電源アダプター

付属の電源アダプターは65WのType-Cで、重さは339g。従来機種と共通のものですが、最近のPCとしてはやや大きめです

 

IdeaPad Slim 570 スピーカー

スピーカーはキーボード両脇に配置されています。低音域が軽いぶん中音域がハッキリと聞こえますが、全体的にややこもり気味です。ビデオ会議や動画視聴には問題なく使えるでしょう

 

IdeaPad Slim 570 排気口

排気口はヒンジの裏あたり。温かい排気は一度ヒンジに当たるので、ディスプレイには直接当たりません

 

IdeaPad Slim 570 底面

底面部は樹脂製。エアフロー用の通気口が設けられています

サイズと重量

本体は比較的コンパクトです。モバイル向けではありませんが、持ち歩けないこともないでしょう。

 

IdeaPad Slim 570 サイズ

本体サイズは幅321.7mm、奥行き211.8mm

 

IdeaPad Slim 570 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。A4サイズよりもやや大きい程度ですが、14インチタイプとしてはわりとコンパクトです

 

IdeaPad Slim 570 高さ

高さは実測で19.8mm(突起部を除く)

 

IdeaPad Slim 570 厚さ

底面部のゴム足を含めた高さは23.4mm。設置時にはけっこう厚くを感じます

 

IdeaPad Slim 570 重さ

重さは実測で1.402kg。14インチクラスとしては、一般的な重量です。軽いというわけではありませんが、普通に持ち歩ける範囲内でしょう

ディスプレイについて

ディスプレイは良くも悪くも普通です。最近はフルHD以上の高解像度やアスペクト比16:10の機種が増えており、16:9のフルHDに目新しさはありません。とは言えフルHDはノートPCでは定番で、問題なく利用できます。

 

IdeaPad Slim 570 画面サイズ

画面サイズは14インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD

 

IdeaPad Slim 570 視野角

使われているのは、視野角の広いIPSパネル。映像を斜めから見ても、明るさや色はあまり変わりません

 

IdeaPad Slim 570 色域

色域は45% NTSCで、格安ノートPC向けのパネルが使われています。やや緑が強い印象ですが、パッと見では特に違和感は感じられないでしょう

 

IdeaPad Slim 570 明るさ

輝度は公称値で300nit。実際の映像は特に暗くもまぶしくもなく、作業にはちょうどいい明るさです

キーボードについて

キーボードはキーストロークが浅く、タイプ感は軽めです。打ち抜くように入力するのではなく、指をあまり上げ下ろしせずに軽い力で入力する人に向いています。配列に違和感はそれほどありませんが、Enterキー周辺ではやや慣れが必要かもしれません。

 

IdeaPad Slim 570 キーボード

テンキーなしの日本語配列キーボード。バックライトに対応しています

 

IdeaPad Slim 570 配列

Enterキー周辺で、一部のキーが隣接しています。あとカーソルキーの上下がかなり小さめ

 

IdeaPad Slim 570 タイプ感

キーを押した瞬間のクリック感はやや固く手応えは感じられるものの、ストロークが浅めです。指をあまり上げ下ろしせずに、軽い力で入力する人向き。軽い力でもタイプ音はカクカクと聞こえますが、うるさくは感じませんでした

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Ryzen 5 5625U(6コア12スレッド、15W)
メモリー 8GB(DDR4-3200、デュアルチャネル)
ストレージ 256GB NVMe SSD
グラフィックス Radeon Graphics(CPU内蔵)

※ベンチマークテストはWindows 11の電源プランを「バランス」、電源モードを「最適なパフォーマンス」に設定した上で、標準収録ユーティリティー「Lenovo Vantage」の「電源およびパフォーマンス」を最高設定の「エクストリーム・パフォーマンス」に変更。さらに電源アダプターを接続した状態で実施しています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUは、AMD Zen3世代のRyzen 5 5625UまたはRyzen 7 5825Uです。現在はZen3+世代のモバイルRyzen 6000シリーズがリリースされており、位置付け的にはひと世代前のものに相当します。

 

Ryzen 5 5625UU搭載の試用機でCPUベンチマークテストを行なったところ、マルチコア性能のテストでは非常に優秀な結果でした。ただしRyzen 5モデルはメモリーが8GB(増設非対応)で、重いデータやソフトを利用するのには向いていません。逆に軽い作業を行なうには、CPU性能が高すぎます。

 

値段が安いならRyzen 5モデルの購入はアリですが、しっかり使うことを考えるなら16GBメモリー搭載のRyzen 7モデルをおすすめします。

 

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R23 CPUスコア
Ryzen 7 6800U
10183
Ryzen 7 5825U
9740
Core i7-1260P
8984
IdeaPad Slim 570(Ryzen 5 5625U)
8953
Core i5-1240P
8928
Ryzen 5 5625U
8267
Core i7-1250U
7552
Core i5-1235U
7104
Core i3-1215U
6086
Ryzen 3 5400U
5693
Core i5-1135G7
4932
Core i7-1165G7
4711
Core i3-1115G4
3378

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

 

CPUの性能差 (シングルコア性能)

CPU CINEBENCH R23 CPUスコア
Core i7-1250U
1726
Core i5-1235U
1616
Core i7-1260P
1636
Core i3-1215U
1622
Core i5-1240P
1606
Ryzen 7 6800U
1471
Ryzen 7 5825U
1437
Core i7-1165G7
1423
Ryzen 5 5625U
1394
IdeaPad Slim 570(Ryzen 5 5625U)
1383
Core i5-1135G7
1349
Core i3-1115G4
1329

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能には、CPU内蔵のRadeon Graphicsを使用します。Ryzen 5モデルで3Dベンチマークテストを行なったところ、Ryzenシリーズとしては比較的優秀な結果でした。ただしIris Xeを使用するインテル系CPUほどではありません。とは言えゲームやグラフィックス系のソフトにおいて、多少の効果は見込めるはずです。

 

GPUの性能差(DirectX 12)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
GTX 1650
3241
Radeon 680M(Ryzen7)
2211
Iris Xe(Core i7+LPDDR4x)
1528
Iris Xe(Core i5+LPDDR4x)
1302
Iris Xe(Core i7+DDR4)
1149
IdeaPad Slim 570(Ryzen 5)
1089
Radeon (Ryzen 7)
1000
Iris Xe(Core i5+DDR4)
977
Iris Plus
812
Radeon (Ryzen 5)
784

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

 

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能やストレージ性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能とメモリー性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではCPUとストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

 

各テストの目標値は上回っており、普通の使い方であればまったく問題ありません。ただしコンテンツ制作系は、若干弱い印象を受けます。文字や数値中心の作業、ネットの調べ物などの作業に向いています。

 

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
Slim5709984
Pro 89477
Yoga10606
15-eh10594
Spectre10647
XPS10093
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
Slim5709266
Pro 86534
Yoga8578
15-eh9536
Spectre6968
XPS6759
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
Slim5705987
Pro 85363
Yoga7972
15-eh6685
Spectre5997
XPS6342

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック(スリムノートPC)

Surface Pro 8 Core i7-1185G7 / 16GB / Iris Xe
Yoga 770 Ryzen 7 6800U / 16GB / Radeon 680M
▶HP Pavilion 15-eh Ryzen 7 5825U / 16GB / Radeon
HP Spectre x360-14 Core i7-1255U / 16GB / Iris Xe
XPS 13 Plus Core i7-1260P / 16GB / Iris Xe

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間は、公称値で約15.9時間とされています。ただしこれはパフォーマンスをグッと落とした状態での計測結果で、実際の駆動時間は公称値よりも短いのが一般的です。

 

そこで最大パフォーマンスの状態でビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、11時間36分でバッテリー切れとなりました。公称値よりも短い結果ですが、これだけもてば十分でしょう。

 

ただし、バッテリー駆動時はパフォーマンスが抑えられている可能性があるので注意してください。電源プランや画面の輝度を変更すれば、駆動時間はさらに延びる可能性があります。

 

バッテリー駆動時間の計測結果 ※Core i3モデル

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 約15.9時間
Modern Office (ビジネス作業) 11時間36分
充電率50%までの時間 2時間15分
満充電になるまでの時間 4時間29分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

狙い目はRyzen 7モデル

IdeaPad Slim 570

記事執筆時点でのIdeaPad Slim 570の価格はRyzen 5モデルで7万円台後半、Ryzen 7モデルで10万円ちょっと。安くはないものの、値上がりが続くPC市場においては標準的な価格です。

 

ただCPUベンチマーク結果の解説でも触れましたが、Ryzen 5モデルはメモリーが8GB固定で16GBにアップグレードできません。せっかくの高性能CPUでも、真価を十分に発揮できない可能性があります。かと言って、ネットの調べ物や文書作成中心で使うにはオーバースペック。安く買えるならアリですが、8万円近く払って使うには、もったいない気がします。8GBメモリーで使うなら、もっとCPUグレードの低い別の機種を選んでもいいでしょう。

 

IdeaPad Slim 570

8GBメモリーのみで使うにはRyzen 5 5625Uは高性能すぎてもったいない印象

 

長期間ガッツリ使うなら、16GBメモリーを搭載したRyzen 7モデルがおすすめです。本体やディスプレイに多少安っぽい部分は見られますが、性能と価格のバランスは悪くありません(お買い得というほどでもありませんが)。

 

しかしこのくらいの値段になると、メモリー増設が可能で本体品質に優れるThinkBookシリーズやThinkPadシリーズの値段にかなり近づきます。用途や好みによっては、上位シリーズを検討したほうがいいかもしれません。いまよりも値段が下がれば、おすすめです。

IdeaPad Slim 570(14型 AMD)

IdeaPad Slim 570(14型 AMD)

※製品ページが開かない場合は、上記リンクを再度開き直してください

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ノートPCレビュー記事一覧

記事を書いた人
こまめブログ

元雑誌・書籍編集者からPC系フリーライターを経て、レビューブロガーとして活動しているオジサンです。文章に関わる仕事を始めてから25年以上。最高195万PV/月。安いガジェットやPCをよく買いあさっています

こまめブログをフォローする
ノートパソコンレビュー
スポンサーリンク
こまめブログをフォローする
こまめブログ
タイトルとURLをコピーしました