レノボ Ideapad 330S (14) レビュー:Core i5+アルミボディで7万円台の高コスパノートPC

レノボ Ideapad 330S (14) レビュー

レノボのIdeapad 330S(14)は、スタイリッシュなデザインが特徴のノートPCです。画面サイズは14インチで、一般的な15.6インチタイプに比べてスリム&コンパクト。映像は色鮮やかで美しく、写真や動画を楽しむのにも向いています。しかもCore i5の高性能なCPUを搭載しながらも、価格は7万円台前半からとリーズナブル!

Ideapad 330S (14) スペック概要

【主なスペック】CPU:Pentium/Core i3/i5/i7、メモリー:4/8GB、ストレージ:SSD、画面:14インチ フルHD 非光沢

Ideapad 330S(14)の注目ポイント

高品質なアルミボディ

Ideapad 330S (14)  特徴

天板とキーボード面には、質感と剛性(ねじれに対する強さ)に優れるアルミ素材を使用。リーズナブルなモデルでありながらも、値段以上の高級感が感じられます。

スッキリとした狭額デザイン

Ideapad 330S (14)  特徴

液晶ディスプレイのベゼル(枠)はわずか5.7mm。画面周りがスッキリとしているので、画面により集中して作業できます。

Ideapad 330(14)の評価

Ideapad 330S (14) 評価

総合評価: 3.5/5.0

(評者:こまめブログ)

デザイン 14インチタイプとしてはスリム。アルミボディの質感も高い
性能 現行販売モデルはスペック的には問題なし。ただしベンチマーク結果がふるわず
使いやすさ インターフェース類は十分。キーボードはやや特殊な配置だが問題なく使える
軽さ 14インチタイプとしてはわずかに重い。持ち歩けない重さではない
画面 IPSパネルを使った画面は映像が色鮮やかで高精細

今回はメーカーからお借りしたIdeapad 330S(14) Core i5モデルの実機を使って、本体デザインや使い心地、ベンチマーク結果などをレビューします。

Ideapad 330S(14)

Ideapad 330S(14)

税込7万円台から

※価格や構成は変更される場合があります

関連記事

Ideapad 330S(14)のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Pentium 4415U / Core i3-7020U / Core i5-8250U / Core i7-8550U
メモリー 4 / 8GB
ストレージ 128 / 256GB SSD
グラフィックス Intel UHD Graphics 610 / Intel HD/UHD Graphics 620
光学ドライブ なし
ディスプレイ 14インチ、1920×1080ドット、IPS、非光沢、ペン/タッチ非対応
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1
インターフェース USB3.0(フルサイズ)×2、USB3.1 Gen1(Type-C)×1、HDMI、SDカードスロット、ヘッドホン出力
セキュリティー セキュリティースロット、TPM2.0
カメラ 720p(92万画素)
サイズ/重量 幅323.1×奥行き234.8×高さ18.95mm/約1.67kg
バッテリー 12.4時間
オフィス なし ※付属モデルあり
サポート メーカー保証1年間

※2018年12月20日時点。構成は変更される場合があります

Ideapad 330S(14)のラインナップ

Ideapad 330S(14)には、パーツ構成の異なる以下のモデルが用意されています。なおもっとも安いのはCPUにPentiumが使われたモデルですが、しばらく「在庫なし」で購入できません。またCore i3モデルもオフィス付きしか販売されてない状況です。

ラインナップ

Pentiumモデル(81F4002VJP)
Pentium 4GBメモリー 128GB SSD ※販売終了?
Core i3 オフィス付きモデル(81F400PCJP)
Core i3 4GBメモリー 128GB SSD Office Home and Business 税込7万3704円
Core i5モデル(81F40041JP)
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD 税込7万1743円
Core i7モデル(81F4002NJP)
Core i7 8GBメモリー 256GB SSD 税込8万3553円
Core i5モデル オフィス付きモデル(81F400P3JP)
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD Office Home and Business 税込9万0811円
Core i7モデル オフィス付きモデル(81F400P1JP)
Core i7 8GBメモリー 256GB SSD Office Home and Business 税込10万2245円

※2018年12月20日時点

価格は、そのとき実施されているセールやキャンペーンによって変わります。最新のセール情報については、以下の記事でご確認ください。

関連記事

Ideapad 330S(14)のセール情報

本体の大きさやデザイン

Ideapad 330S(14)は、14インチの液晶ディスプレイを搭載したノートPCです。一般的な15.6インチタイプに比べて小さくて薄く、しかも軽量である点がポイント。15.6インチではちょっと大きすぎると感じる方におすすめです。

本体カラーはシルバー(正確には「プラチナグレー」)のみ。スタンダードなデザインですが、各部が薄く作られているのでスタイリッシュな印象を受けました。ボディの素材には強度の高いアルミ素材が使われており(天板とキーボード面)、高級感と頑丈さを両立しています。

Ideapad 330(14) 本体デザイン

Ideapad 330S(14)の外観

Ideapad 330(14) 本体カラー

本体カラーはプラチナグレー。実際にはアルミならではのシルバーです

Ideapad 330(14) 天板デザイン

表面はツヤ消しでサラサラとした手触り

Ideapad 330(14) キーボード面のデザイン

キーボード面もアルミ製で、サラサラとしています

Ideapad 330(14) ベゼル幅

液晶ディスプレイのベゼル(枠)は細め。公称値では5.7mmとのこと

Ideapad 330(14) ベゼル幅

こちらは別機種(Ideapad 330)のベゼル。ベゼルが細いほうが画面周りがすっきりします

Ideapad 330(14) 液晶ディスプレイの最大角度

画面は最大180度まで開きます

Ideapad 330(14) 底面部

底面部の色は同じシルバーですが、ボディの素材は樹脂(プラスチック)です

Ideapad 330(14) フォルム

全体的にシャープでスタイリッシュなフォルム

Ideapad 330(14) 本体サイズ

本体サイズ

Ideapad 330(14) サイズ感

大きさ的にはA4サイズよりもひと回りちょっと大きい程度

Ideapad 330(14) 前面と背面

前面と背面

Ideapad 330(14) 厚さ

高さは公称値で18.95mm。ただし底面部のゴム足によってわずかに持ち上げられるので、設置時にはもうちょっと厚みがあります

Ideapad 330(14)  ゴム足

ゴム足には底面部を保護するほか、接地面とのあいだにすき間をあけることで冷却効果を高める役割があります

Ideapad 330(14) 薄さ

実際に手に持ってみると、そこそこスリムに感じました

Ideapad 330(14) 重さ

重量は実測で1.58kg。14インチタイプの平均よりわずかに重めです

ノートPCの平均重量

画面サイズ 平均重量
11.6インチ 1.126kg
12.5インチ 1.131kg
13.3インチ 1.253kg
14インチ 1.518kg
15.6インチ 2.174kg
ノートPC全体 1.551kg

※2017年12月~2018年5月に当サイトが検証したノートPC(2-in-1を含む) 50台ぶんの実測値より

Ideapad 330(14) 重さ

持ち運べない重さではありませんが、片手で持ち続けるのはちょっと厳しいかもしれません

Ideapad 330(14) 電源アダプター

付属の電源アダプター。重量は実測で199g

画面の色と見やすさ

前述のとおり、液晶ディスプレイのサイズは14インチです。15.6インチよりもわずかに小さいのですが、文字が小さくて見えづらく感じることはありませんでした。ただし人によっては小さく感じるかもしれませんので、そのような場合にはデスクトップの拡大率(スケーリング設定)を調整するといいでしょう。

Ideapad 330(14) 液晶ディスプレイ

画面サイズは14インチで、解像度は1920×1080ドット

Ideapad 330(14) ベゼル幅

ベゼル(枠)幅は5.7mmとかなり細め。いわゆる「狭額デザイン」です

Ideapad 330(14) 映像品質

発色とコントラストに優れるIPSパネルが使われているので、写真は自然な色合いで鮮やかに映し出されます

Ideapad 330(14) パネルの違い

IPSパネルと格安モデルでよく使われるTNパネルの違い。IPSパネルのほうが色が自然で、文字もハッキリと表示されます

Ideapad 330(14) 明るさ

画面は明るく、色のメリハリも効いています

画面の表面は光沢なしのノングレア仕上げです。光沢ありのグレア仕上げに比べて色の鮮やかさでは劣りますが、光の映り込みが抑えられている点がメリット。長時間の作業にも向いています。

Ideapad 330(14) ノングレア

非光沢と光沢の違い。映り込みは眼精疲労や集中力低下の原因のひとつとも言われています

キーボードの使いやすさ

キーボードは日本語配列で、テンキーには非対応です。キーピッチ(キーとキーの間隔)は実測で19mmと理想的なサイズでした。Enterキー周辺で一部のキーが少し小さいなど標準配列とやや異なる部分はありますが、実際に使ってみたところ特に違和感は感じません。普通に使えるキーボードです。

Ideapad 330(14) キーボード

Ideapad 330(14)のキーボード

Ideapad 330(14) バックライト

キーボードバックライトに対応

Ideapad 330(14) 配列で気になる部分

Enterキーと「む」キーが隣接しているほか、一部のキーが若干小さめです

ちょっとマニアックな視点ですが、キーボードのタイプ感も標準的です。ただしキーストローク(キーを押し込む深さ)は実測1.5mm弱で、一般的なノートPCのキーボードよりもタイプ感がわずかに浅く感じます。タイプ音は静かで、軽めのタッチならほとんど気になりません。

Ideapad 330S(14) タイプ感

タイプ感はやや浅く、ペチペチとした手応え

Ideapad 330S(14) タイプ音

タイプ音は静かで、強めに打っても音があまり響きません

Ideapad 330S(14) タッチパッド

ボタン一体型のタッチパッドは十分な大きさ

端子類の種類と使いやすさ

インターフェース(端子類)はあまり多くはないものの、必要十分な構成です。USB端子は合計3ポートで、うち1ポートはType-C。左右それぞれの側面にUSB端子が用意されているので、複数のUSB機器を使う際にもケーブルの取り回しが楽です。なお光学ドライブと有線LANには対応していないので注意してください。

Ideapad 330S(14) 左側面

左側面のインターフェース

  • ① 電源コネクター
  • ② HDMI
  • ③ USB3.0
  • ④ USB3.0 Type-C
  • ⑤ ヘッドホン出力/マイク入力

Ideapad 330S(14) 右側面

右側面のインターフェース

  • ① SDカードスロット
  • ① USB3.0
  • ② セキュリティースロット(盗難防止用)

Ideapad 330S(14) 光学ドライブ

Ideapad 330S(14) は光学ドライブには非対応ですが、同じ14型のIdeapad 330(14) は対応しています

関連記事

レノボ Ideapad 330(14)レビュー

ベンチマーク結果

今回の検証では、CPUにCore i5-8250Uが搭載されているモデルを使いました。主なスペックは以下のとおりです。なお検証結果はパーツ構成や個体差、環境、タイミングなどによって大きく変わる点をあらかじめご了承ください。

テスト機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i5-8250U
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD
グラフィックス Intel UHD Graphics 620

ストレージ性能

256GB SSDのアクセス速度を計測したところ、非常に優れた結果が出ました。Ideapad 330S(14)はリーズナブルなモデルですが、ストレージにはPCIe 3.0 x4の超高速タイプが使われているようです。

Ideapad 330S(14) ストレージのアクセス速度

256GB SSDのアクセス速度

ストレージのアクセス速度

ストレージのアクセス速度の違い

CPU性能

CPU性能を計測したところ、Core i5モデルでは同じCore i5-8250Uの平均値を10%ほど下回る結果となりました。もしかすると試用機の調子が悪かったのかもしれませんし、本体内部の熱が上がりすぎないようにパフォーマンスが調整されているのかもしれません。

CPU性能比較(CPU Mark)

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i7-8550U
9077
Core i5-8250U
8489
Ideapad 330(14)(Core i5-8250U)
7696
Core i7-7500U
5564
Core i5-7200U
4949
Core i3-7020U ※2
3560

※そのほかのスコアは当サイト計測の平均値 ※2 PassMark CPU Benchmarkを参考

とは言え、1~2年前まで使われていた前世代のCore i7-7500Uを大きく上回っています。ビジネスやプライベートでの日常的な作業には問題ない性能です。

3D性能

Ideapad 330S(14)ではCPU内蔵のグラフィックス機能を利用します。グラフィックス重視の重いゲームをプレーするにはパワー不足ですが、Core i5/i7モデルならごく軽い3Dゲームはなんとかプレー可能です。

3D機能の性能比較

CPU 3DMark Fire Strikeスコア
GeForce MX150
3053
Ideapad 330(14)(Core i5、UHD 620)
1113
UHD 620(Core i7)
1072
UHD 620(Core i5)
1040

ゲーム系ベンチマーク結果

ドラゴンクエストX
ドラゴンクエストX(DX9) ※軽量級 ※Core i5モデルの結果
1920×1080 最高品質 4066(普通)
標準品質 5103(快適)
低品質 6857(快適)

バッテリー駆動時間計測結果

バッテリー駆動時間のテストを行なったところ、BBenchのテストで10時間08分という結果でした。ただしBBenchのテストはバッテリー消費量が少ないので、バッテリー消費量がかなり大きいPCMark 8のテストとの中間あたりで7~8時間程度と考えておいたほうがいいでしょう。

バッテリー駆動時間のテスト結果(Core i5モデル)

公称値 約12.4時間
BBenchによる計測 10時間08分
PCMark 8による計測 5時間28分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

高スペックなのに安い!

ということで、今回はIdeapad 330S(14)のレビューをお届けしました。

Core i5+8GBメモリー+SSDの構成は一般的には高スペックモデルに分類され、通常は税込8万円前後くらいで販売されています。しかしIdeapad 330S(14)のCore i5モデルなら、価格は税込7万1743円(2018年12月21日時点)と非常にリーズナブル。

しかもボディには高品質なアルミ素材が使われており、狭額デザインを採用した本体はスリムでコンパクトです。コスパの高さではかなり優秀と言えるでしょう。ワンランク上のノートPCを安く入手したい人におすすめです。

Ideapad 330S(14) 感想

デザイン性とスペックが高く、Core i5モデルでも7万円台前半とは思えないほど!

Ideapad 330S(14)

Ideapad 330S(14)

税込7万円台から

※価格や構成は変更される場合があります

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました