デル Inspiron 15 5000 (5583)レビュー:価格を抑えた15インチスタンダードノートPC

デル Inspiron 15 5000 (5583)レビュー

デルのInspiron 15 5000 (5583) は、15インチの液晶ディスプレイを搭載したスタンダードタイプのノートPCです。価格と性能のバランスに優れている点が特徴で、Core i5 + 8GBメモリー + 256GB SSDの鉄板構成でも税込8万円前後とリーズナブル。安くても性能面も重視したい人におすすめです。

Inspiron 15 5000 (5583)

Inspiron 15 5000 (5583)

今回はメーカーからお借りしたInspiron 15 5000 (5583)の実機を使って、デザインや性能などをレビューします。

※2019年7月25日時点

関連記事

Inspiron 15 5000 (5583)のスペック

画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
CPU ・Core i3-8145U
・Core i5-8265U
・Core i7-8565U
メモリー ・4GB
・8GB
ストレージ ・1TB HDD
・256GB SSD
・128GB SSD + 1TB HDD
グラフィックス ・UHD 620
・GeForce MX 130
幅×奥行き 380×258mm
厚さ 19.4~22.6mm
重量 約2.17kg
バッテリー ※非公開

※2019年5月11日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー ・ブラック
・プラチナシルバー
画面の表面 非光沢
パネルの種類 TNパネル
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
テンキー あり
有線LAN 100Mbps
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
USB3.1 2 (Gen1 )
USB3.0
USB2.0 1
USB Type-C 1 (MX130搭載モデルのみ、データ通信専用)
Thunderbolt 3
メモリーカード SD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ 92万画素
顔認証カメラ
指紋センサー あり (電源ボタン内蔵) ※注
オフィス なし ※付属モデルあり

デザインと使いやすさ

スタンダードな外観

Inspiron 15 5000 (5583)は、15インチタイプとしては標準的な大きさです。ボディは樹脂製で高級感はありませんが、かと言ってビジネス向けの割り切ったデザインのようなゴツさや野暮ったさは感じられません。あくまでもスタンダードなデザインです。価格が安いことを考えれば、納得できる範囲でしょう。

Inspiron 15 5000 (5583)

Inspiron 15 5000 (5583)の外観

Inspiron 15 5000 (5583) 本体カラー

本体カラーはプラチナホワイトとブラックの2色

Inspiron 15 5000 (5583) 本体カラー

今回はブラックのモデルを試用しました

Inspiron 15 5000 (5583) ボディの素材

ボディはすべて樹脂 (プラスチック)製。安っぽすぎるほどではありませんが、かと言って高級感を感じられるほどでもありません

Inspiron 15 5000 (5583)

キーボード面

Inspiron 15 5000 (5583) ベゼル

ディスプレイのベゼル (枠)は太め

Inspiron 15 5000 (5583) 光学ドライブ

DVDの再生と書き込みが可能なDVDスーパーマルチドライブ

Inspiron 15 5000 (5583) 底面

底面部

Inspiron 15 5000 (5583) 厚さ

最近のモデルとしてはそれほど薄いわけではありませんが、2~3年前のノートPCと比べるとかなりスリムです

フルHDディスプレイの画質はほどほど

液晶ディスプレイは15.6インチのフルHD (1920×1080ドット)。広々としたデスクトップで作業がはかどります。ただしTNパネルが使われているためコントラストが低く、色にメリハリがありません。また若干青みがかっています。写真や動画を美しい映像で楽しみたい人には向いていませんが、映像にこだわりがないなら問題なく使えるでしょう。

Inspiron 15 5000 (5583) 液晶ディスプレイ

画面サイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドット

Inspiron 15 5000 (5583) デスクトップ

スケーリング (デスクトップの拡大率)は標準で125%。デスクトップの文字の大きさは1.5~2.5mmでした。文字の大きさは十分ですが、文字の色がやや薄めです

Inspiron 15 5000 (5583) 映像品質

コントラストが低く、色合いはやや青みがかっています

TNパネルとIPSパネルの違い

TNパネルとIPSパネルの色合いの違い ※写真は別の機種によるもの

Inspiron 15 5000 (5583) ガンマカーブ

液晶ディスプレイのトーンカーブ。青い線が下に出ているのは、青みが強いことを表わします

Inspiron 15 5000 (5583) 視野角

視野角が狭く、画面の角度を変えると色や明るさが微妙に変わってしまいます

キーボードは軽いタッチでタイプする人向き

キーボードはテンキー付きの日本語配列です。キーの大きさや感覚は十分ですが、Enterキー周辺の配列で少し違和感を感じました。特に「¥」キーが小さく、間違えてその右にあるBackSpaceキーを押してしまうことがあります。

キーストロークは実測1.2mm程度で、タイプ感は非常に浅めです。手応えが軽いので、しっかり打ち込む使い方だと物足りなさを感じるかもしれません。指先でなでるような軽いタッチの人に向いています。タイプ音は標準的な大きさで、特にうるさくもなければ静かというほどでもありませんでした。

Inspiron 15 5000 (5583) キーボード

Inspiron 15 5000 (5583) のキーボード。数値入力に便利なテンキー付き

Inspiron 15 5000 (5583) キーピッチ

キーピッチ (キーとキーの間隔)は縦19mmで横18mm。若干横長ですが違和感はなく、窮屈さも感じません

Inspiron 15 5000 (5583) 配列で気になるところ

テンキーは若干小さめ。Enterキー周辺で一部のキーが隣接しています

インターフェース類は十分な構成

USB端子は左側面×2 + 右側面×1で、映像出力はHDMIのみ。メモリーカードや有線LANも利用できます。VGA (D-sub15ピン)には対応していませんが、個人用なら端子の構成は十分です。

Inspiron 15 5000 (5583) 左側面

左側面は電源コネクター、USB Type-C (MX130搭載モデルのみ)、HDMI、有線LAN、USB3.1、ヘッドセット端子

Inspiron 15 5000 (5583) 右側面

右側面にはSDカードスロット、USB2.0、光学ドライブ、セキュリティースロット

Inspiron 15 5000 (5583) 光学ドライブ

光学ドライブはDVDの再生と書き込みに対応

Inspiron 15 5000 (5583) スピーカー

底面部のスピーカーは音がややこもりがち。音の厚みに欠けますが、ノートPCとしては標準的です。ビデオチャットや動画視聴には問題ないクオリティー

ベンチマーク結果

試用機のスペック

モデル名 プラチナ(SSD+HDD・MX130搭載)
OS Windows 10 Home
CPU Core i7-8565U
メモリー 8GB
ストレージ 128GB SSD (PCIe) + 1TB HDD
グラフィックス GeForce MX130 + Intel UHD Graphics 620

CPU性能

CPUには第8世代のCore i3 / i5 / i7が使われています。Core i7-8565U搭載の試用機ではベンチマークテストの結果が平均値をやや下回ったものの、性能的には十分パワフルです。ほかのモデルで使われているCore i5-8265Uでも、快適に使えるでしょう。

Core i3-8145Uは若干性能が低いものの、2~3年前に使われていたCore i7と同等クラス。プロ向けの重いソフトを使わないのであれば、十分なパフォーマンスです。

CPUベンチマーク結果

名称 PassMark CPU Markスコア
Core i7-8565U
9672
Inspiron 15 5583 (Core i7-8565U)
9396
Core i5-8265U
8595
Core i7-7500U
5564
Core i3-8145U
5549
Core i5-7200U
4948
Celeron N4000
1554

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

CPU選びの目安

Celeron ・Webページを見る
・ネット動画の視聴
・ごく簡単な文書作成
Core i3 ・事務処理
・文字中心の資料作成
・写真の簡単な加工
Core i5 ・写真や画像の加工
・データ処理
・画像入り資料の作成
Core i7 ・プロ用ソフトの利用
・大規模なデータ処理
・企業向け機能の利用
・小規模な動画編集

ストレージ性能

試用機では128GBのSSDと1TB HDDが使われていました。SSDはPCIe接続の高速タイプですが、一般的なSSDに比べて書き込み速度 (Write)がやや遅めです。SSDは容量が少ないとアクセス速度が伸び悩む傾向にあるので、その影響を受けているものと思われます。とは言え、HDDと比べれば十分高速です。

Inspiron 15 5000 (5583) ストレージ

128GB SSD (左)と1TB HDD (右)のアクセス速度

起動時間

SSD搭載の試用機では、ウィンドウズの平均起動時間は15.6秒でした。SSD搭載機としては標準的ですが、HDDのみの機種では40秒以上かかることがあることを考えれば十分高速です。快適に使うなら、SSD搭載機種をおすすめします。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 16.2秒
2回目 15.8秒
3回目 16.0秒
4回目 15.9秒
5回目 15.9秒
平均 15.69秒

3Dグラフィックス性能

Inspiron 15 5000 (5583)の上位モデルでは、専用グラフィックス機能としてGeForce MX130が使われています。

Inspiron 15 5000 (5583) GPU

軽いグラフィックス処理ではCPU内蔵のIntel UHD Graphics 620を、少し重いグラフィックス処理にはGeForce MX130が使われます

CPU内蔵のグラフィックス機能よりも1.6~1.7倍程度高性能ですが、人気の3Dゲームを快適に遊べるほどではありません。また動画編集や写真加工、3D制作などのクリエイティブな作業でパフォーマンスアップを体感できるほどではありませんでした。

GPUの性能比較

CPU 3DMark Fire Strikeスコア
MX250
3261
MX150
3091
MX130
1952
Inspiron 15 5583 (MX130)
1877
Radeon 530
1605
Radeon 520
1456
UHD 620 (Core i7-8565U)
1162
UHD 620 (Core i5-8265U)
1061

※そのほかのスコアは2019年7月時点での当サイトの平均値

ただし専用ビデオメモリーが4GB搭載されているので、ウィンドウズのグラフィックス処理 (画面の描画や写真の表示)は多少改善されているかもしれません。また外部ディスプレイを接続してマルチディスプレイ環境で利用するときにも、快適に利用できるはずです。

ゲーム系ベンチマーク結果

GeForce MX130の性能はいまひとつとは言え、軽めのドラクエ10ベンチマークテストでは非常に高い評価が出ました。CPU内蔵グラフィックス機能のみのときと比べて、評価がワンランクアップしています。リーグ・オブ・レジェンドなどのMOBAタイプや2D描画主体のRTSなどなら快適に楽しめるでしょう。

ただしそこそこの性能が必要な中量級以上になると厳しいようです。FF14ベンチでは標準品質で「とても快適」という評価ですが、34 FPSだと画面がカクカクして見えるはず。解像度を下げるか画質を落とせば、なんとかプレーできるというレベルです。CPU内蔵グラフィックス機能のみモデルの場合はさらに画面がカクカクするでしょう。

FF14ベンチ
FF14:漆黒のヴィランズ (DX11) ※中量級
フルHD 最高品質 2203(普通) ※14.54 FPS
高品質 3321(やや快適) ※22.47 FPS
標準品質 5124(とても快適) ※34.39 FPS
ドラゴンクエストX
ドラゴンクエストX(DX9) ※軽量級
1920×1080 最高品質 8491(とても快適)
標準品質 10256(すごく快適)
低品質 12516(すごく快適)

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間は公開されていませんが実際の駆動時間を計測したところ、3時間1分と非常に短い結果でした。いくらなんでも短すぎるので、計測時になんらかの問題があったのかもしれません。GeForce MX130を搭載しているぶん、消費電力が上がった可能性もあります。

ただそもそも持ち運び用のモデルではないので、駆動時間が短くても大きな問題ではないとも言えます。

バッテリー駆動時間のテスト結果

公称値 ※非公開
BBenchによる計測 3時間1分
PCMark 8による計測 ※未計測

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

駆動音計測結果

駆動音 (通風口からの排気音やファンの回転音など)は比較的静かです。負荷の高い処理では少し聞こえますが、気になるほどではありませんでした。

駆動音の計測結果

電源オフ 37.6dBA
待機中 39.8dBA ファンの回転音がわずかに聞こえるが気にならない
高負荷時 41.2dBA ファンの回転音が少し聞こえる

価格について

Inspiron 15 5000 (5583)には多くのモデルが用意されていますが、ベースとなるのは以下の5種類です。あとはそれぞれに納期の早い「即納モデル」や、Office Personal 2019が付属する「Office付モデル」が用意されています。

ラインナップ

スタンダード
Core i3 4GBメモリー 1TB HDD 税込6万円前後
プレミアム
Core i5 8GBメモリー 1TB HDD 税込7万円台
プレミアム (SSD・MX130搭載)
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD GeForce MX130 税込8万円前後
プラチナ(SSD+HDD搭載) オススメ
Core i7 8GBメモリー 128GB SSD 1TB HDD 税込8万円台後半
プラチナ(SSD+HDD・MX130搭載)
Core i7 8GBメモリー 128GB SSD 1TB HDD GeForce MX130 税込9万円台

※2019年7月25日時点

価格はタイミングによって変わります。最新の価格は別記事のセール情報をご確認ください。

関連記事

Inspiron 15 5000 (5583)のセール情報

とことんスタンダードな15インチ

ということで、今回はInspiron 15 5000 (5583)のレビューをお届けしました。

外観的にも機能的にも普通のモデル、というのが正直な感想です。言うなれば「ザ・スタンダードノートPC」といったところでしょうか。目を引くようなハデな部分はないものの、堅実な作りです。

ただ個人的にはディスプレイの映像品質があまりよくない点と、有線LANが100Mbpsでやや遅い点、キーボードにクセがある点が気になります。そのあたりを含めての価格の安さということでしょう。普通のノートPCを普通に使いたい人におすすめです。

Inspiron 15 5000 (5583) 感想

奇をてらわない「普通」のスタイルに好感が持てるノートPC

※2019年7月25日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました