Inspiron 15 5000 (5583) :価格と性能のバランスに優れた15インチスタンダードノートPC

Inspiron 15 5000 (5583)

デルのInspiron 15 5000 (5583) は、15インチの液晶ディスプレイを搭載したスタンダードノートPCです。価格と性能のバランスに優れている点が特徴で、Core i5 + 8GBメモリー + 256GB SSDの鉄板構成でも税込8万円台前半からとリーズナブル。安くても性能面も重視したい人におすすめです。

Inspiron 15 5000 (5583)

  • 特徴
  • 性能 ◯
  • 画面 △
  • 価格 ◯

Inspiron 15 5000 (5583)のスペック

画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
CPU ・Core i3-8145U
・Core i5-8265U
・Core i7-8565U
メモリー ・4GB
・8GB
ストレージ ・1TB HDD
・256GB SSD
・128GB SSD + 1TB HDD
グラフィックス ・UHD 620
・GeForce MX 130
幅×奥行き 380×258mm
厚さ 19.4~22.6mm
重量 約2.17kg
バッテリー ※非公開

※2019年5月11日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー ・ブラック
・プラチナシルバー
画面の表面 非光沢
パネルの種類 TNパネル
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
テンキー あり
有線LAN 100Mbps
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
USB3.1 2 (Gen1 )
USB3.0
USB2.0 1
USB Type-C 1 (MX130搭載モデルのみ、データ通信専用)
Thunderbolt 3
メモリーカード SD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ 92万画素
顔認証カメラ
指紋センサー あり (電源ボタン内蔵) ※注
オフィス なし ※付属モデルあり

指紋センサーについて

Inspiron 15 5000 (5583) 指紋センサー
公式サイトでは、電源ボタンは指紋センサー内蔵と明記されています。詳細スペックを確認したところ有料オプションとして追加できるとのことですが、指紋センサーに関するオプションが存在しません。詳細は確認中ですが、指紋センサー非対応の可能性もあります。

有線LANの速度について

Inspiron 15 5000 (5583) 有線LAN
有線LANには対応していますが、高速な1000BASE-T (1000Mbps)ではなく100BASE-TX (100Mbps)です。環境によっては無線接続のほうが速い場合があります。

USB Type-Cについて

Inspiron 15 5000 (5583) Type-C
グラフィックス機能としてGeForce MX 130を搭載しているモデルのみ、USB Type-Cを利用できます。データ通信のみ可能で、充電やDisplayPortとしての利用には対応していません。

Inspiron 15 5000 (5583)の価格

Inspiron 15 5000 (5583)には多くのモデルが用意されていますが、ベースとなるのは以下の5種類です。あとはそれぞれに納期の早い「即納モデル」や、Office Personal 2019が付属する「Office付モデル」が用意されています。

ラインナップ

スタンダード
Core i3 4GBメモリー 1TB HDD 税込6万円台
プレミアム
Core i5 8GBメモリー 1TB HDD 税込7万円台
プレミアム・SSD・Geforce MX130搭載
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD GeForce MX130 税込8万円台前半
プラチナ・SSD128GB + HDD1TB搭載 オススメ
Core i7 8GBメモリー 128GB SSD 1TB HDD 税込8万円台後半
プラチナ・SSD+HDD・Geforce MX130搭載
Core i7 8GBメモリー 128GB SSD 1TB HDD GeForce MX130 税込9万円台

※2019年5月11日時点

価格はタイミングによって変わります。最新の価格は別記事のセール情報をご確認ください。

関連記事

Inspiron 15 5000 (5583)のセール情報

外観について

Inspiron 15 5000 (5583)は15インチタイプとしては標準的な大きさですが、デザインの影響からか比較的スリムに見えます。ビジネス向けの割り切ったデザインのようなゴツさや野暮ったさは感じられません。

Inspiron 15 5000 (5583) 外観

Inspiron 15 5000 (5583)の外観

Inspiron 15 5000 (5583) 本体カラー

本体カラーはプラチナホワイトとブラックの2色

Inspiron 15 5000 (5583) キーボード面

キーボード面 ※写真は英字配列ですが、国内モデルは日本語配列です

Inspiron 15 5000 (5583) パームレスト

パームレストにはテクスチャー加工

端子類は標準的な構成です。ただしVGA (D-sub15ピン)には対応していません。光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブで、DVDの再生や書き込みを行なえます。

Inspiron 15 5000 (5583) 左側面

①電源コネクター ②USB-Type-C (MX130搭載モデルのみ) ③HDMI ④有線LAN ⑤USB3.1 ⑥ヘッドセット端子

Inspiron 15 5000 (5583) 右側面

①SDカードリーダー ②USB2.0 ③光学ドライブ ④セキュリティースロット ※盗難防止用

気になるのは、液晶ディスプレイがTNパネルである点です。中~上級機で使われているIPSパネルに比べてコントラストが低く、色合いは青みがかっています。文章の確認には問題ありませんが、写真や動画は本来の色とは少し変わってしまうでしょう。

Inspiron 15 5000 (5583) 液晶ディスプレイ

公式サイトの画像では美しい色が出ているように見えますが、実際にはこんな風には見えません

15.6型で1920×1080ドット(フルHD)の液晶ディスプレイ

同じフルHDのTNパネルである前モデルInspiron 15 5000 (5567)の画面。色がやや青く、色のメリハリに欠けます

TNパネルとIPSパネルの違い

TNパネルとIPSパネルの色合いの違い ※写真は別の機種

CPU性能について

CPUには、第8世代のCore iプロセッサーが使われています。Core i5やCore i7はノートPC向けとしては非常に高性能で、重い処理でも快適にこなせるでしょう。Core i3でも2年以上前に使われていたCore i5 / i7に迫る性能で、高いパフォーマンスを期待できます。

CPUベンチマーク結果

名称 PassMark CPU Markスコア
Core i7-8565U
9679
Core i5-8265U
8328
Core i7-7500U
5564
Core i5-7200U
4948
Core i3-8145U ※2
4885
Celeron N4000
1554

※データは当サイト計測の平均値で、Inspiron 15 5000 (5583)の実際性能を表わすものではありません ※2はPassmark CPU Benchmarksのデータを参照しました

CPU選びの目安

Celeron ・Webページを見る
・ネット動画の視聴
・ごく簡単な文書作成
Core i3 ・事務処理
・文字中心の資料作成
・写真の簡単な加工
Core i5 ・写真や画像の加工
・データ処理
・画像入り資料の作成
Core i7 ・プロ用ソフトの利用
・大規模なデータ処理
・企業向け機能の利用
・小規模な動画編集

ただしCore i3モデルはストレージがHDDのみで、SSD搭載モデルは用意されていません。SSDとHDDとでは体感速度がまったく異なるので、快適に使いたい人にはCore i5以上のモデルをおすすめします。

グラフィックス機能について

一部のモデルでは、グラフィックス機能としてはGeForce MX 130が使われています。CPU内蔵のIntel UHD Graphics 620に比べると性能は高いものの、クリエイティブソフトの処理が大幅に改善したりゲームを快適にプレーできるほどではありません。これらの処理に最低限必要とされるGeForce GTX 1050の性能を大きく下回っています。

GPUベンチマーク

GPU 3DMark Fire Strikeのスコア
GeForce GTX 1050
5387
GeForce MX150
3053
GeForce MX130
1952
UHD 620 (Core i7)
1092
UHD 620 (Core i5)
1029

※ベンチマーク結果は当サイト計測の平均値で、Inspiron 15 5000 (5583)の実際性能を表わすものではありません

GeForce MX 130の役割は、4GBの専用ビデオメモリーを利用することでウィンドウズのグラフィックス処理をサポートすることにあります。たとえば高解像の動画を再生したり、デュアルディスプレイ環境などで効果が見られるでしょう。

とは言え、ドラクエ10やLeague of Legendsなどのごくごく軽めのゲームであれば、画質や解像度を調整することで快適に楽しめます。

ストレージについて

ストレージ (ファイルの保管場所)には、HDDとSSDが用意されています。前述のとおり快適さはSSDのほうが上。ファイルのやり取りが早くなるだけでなく、ウィンドウズやアプリの起動が高速化するためです。

SSDとHDDの起動時間

SSDとHDDのウィンドウズの起動時間の違い

ただし、SSDのみのモデルは容量が256GBで十分とは言えません。快適さと容量を兼ね備えたSSD+HDDのデュアル構成モデルを強くおすすめします。

オフィスソフトについて

Inspiron 15 5000 (5583)には通常のモデルのほかに、マイクロソフト オフィス付きのモデルも用意されています。

ラインナップ

スタンダード・Office付
Core i3 4GBメモリー 1TB HDD Office Personal 税込7万円台後半
プレミアム・Office付
Core i5 8GBメモリー 1TB HDD Office Personal 税込8万円台後半
プレミアム・SSD・Geforce MX130搭載・Office付
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD GeForce MX130 Office Personal 税込9万円台
プラチナ・SSD128GB + HDD1TB搭載・Office付
Core i7 8GBメモリー 128GB SSD 1TB HDD Office Personal 税込10万円台
プラチナ・SSD+HDD・Geforce MX130搭載・Office付
Core i7 8GBメモリー 128GB SSD 1TB HDD GeForce MX130 Office Personal 税込11万円台

※2019年5月11日時点

オフィス付きモデルに付属するのはOffice Personal 2019で、パワーポイント付きのOffice Home and Business 2019ではありません。パワーポイントが必要な場合は、1万円の追加料金を支払ってOffice Home and Business 2019にアップグレードする必要があります。

エディション(種類)の違い

エクセルエクセル 02-wordワード 03-outlookアウトルック 04-powerpointパワーポイント 05-onenoteワンノート
Office Home and Business
Office
Personal
× ×

パフォーマンス重視派におすすめ

同ジャンル (15インチ、光学ドライブ搭載、中級クラス)の他社製品と比べると、Inspiron 15 5000 (5583)はGeForce MX 130に対応しているがポイントです。ほかのモデルでもdGPUが使われているものもありますが、性能はGeForce MX 130よりも低め。グラフィックス周りの性能を少しでも重視するならInspiron 15 5000 (5583)をおすすめします。

15インチミドルスペックノートPCの比較 (Core i5構成時)

デル
Inspiron 15 5583
Inspiron 15 5000 (5583)
日本HP
HP Pavilion 15-cu0000
HP Pavilion 15-cu0000
レノボ
Ideapad 330
Ideapad 330
CPU Core i5-8265U Core i5-8265U Core i5-8250U
メモリー 8GB 8GB 8GB
ストレージ 256GB SSD (PCIe) 128GB SSD (PCIe) + 1TB HDD 256GB SSD (SATA)
グラフィックス MX 130 UHD 620 UHD 620
液晶パネル TN IPS TN
有線LAN 100Mbps 1000Mbps 1000Mbps
光学ドライブ DVDスーパーマルチ DVDスーパーマルチ DVDスーパーマルチ
サイズ 幅 380mm
奥行き 258mm
高さ 19.4~22.6mm
幅 376mm
奥行き 248mm
高さ 22.5~24mm
幅 378mm
奥行き 260mm
高さ 22.9mm
重さ 2.17kg 2.07kg 2.2kg
バッテリー ※非公開 9時間 4.5時間
税込価格 8万1683円 8万1864円 7万8386円
詳細 レビューを見る 公式サイトをチェック

※価格は2019年5月11日時点

しかし総合的な完成度で言えば、映像が美しくデュアルストレージ構成でも安いHP Pavilion 15-cu0000に軍配が上がります。ただこのモデルは本体カラーがブルーとゴールドだけですので、ブラックやシルバーなど落ち着いた色がいいのであればInspiron 15 5000 (5583)を選ぶのはアリです。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

\おすすめ記事/

マカフィーリブセーフ
 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました