デル Inspiron スモールデスクトップ(3470)レビュー:小さくても高性能なスリム型PC

デル Inspiron スモールデスクトップ(3470)レビュー

デルのInspiron スモールデスクトップ(3470)は、非常にコンパクトなスリム型デスクトップPCです。価格は税込4万円台からと安いにも関わらず、CPU性能が高い点が魅力。小さくて高性能なデスクトップPCを探している人におすすめのモデルです。

スペック概要

【主なスペック】CPU:Core i3/i5、メモリー:4~8GB、ストレージ :HDDまたはSSD+HDD / グラフィックス:Intel UHD Graphics 630

Inspiron スモールデスクトップの特徴

スリムでコンパクト

スリムでコンパクト

ボディの小さいスリム型のなかでも特にコンパクト。小さなデスクに置いてもジャマになりません。

詳しく見る

高性能なのに安い!

デュアルストレージ対応

最安モデルは税込4万円台からですが、お得なのは上位のCore i5モデル。SSD+HDDのデュアルストレージ構成でも税込6万円台で購入できます。

詳しく見る

この記事ではメーカーからお借りしたInspiron スモールデスクトップ(3470)について、本体の外観や機能、実際の性能をレビューします。

Inspiron スモールデスクトップ

Inspiron スモールデスクトップ

税込4万円台から

デルのデスクトップPCおすすめ機種&セール情報まとめ
高品質&高コスパでなデル製デスクトップPCのなかからおすすめモデルと、現在実施中のセール価格を紹介します。 ※夏のボーナスセール実施中! ……

スペックとラインナップ

Inspiron スモールデスクトップの種類

デルの直販サイトでは、「Inspiron スモールデスクトップ」という名前のモデルが2種類存在します。外観はほぼ同じですが、スペックが大きく異なるので注意してください。それぞれ「3470」と「3472」という型番で区別されています。

Inspironスモールデスクトップの種類

型番 3470
※この記事のモデル
3472
CPU 第8世代Core i3/i5 Celeron/Pentium
特徴CPU 高性能 安い
税込価格 4万円台半ばから 3万円台後半から

この記事では性能が高いほうの「3470」を取り上げています。「3472」については、以下のリンクから公式サイトでご確認ください。

Inspiron スモールデスクトップ(3470)のスペック

OS Windows 10 Home ※Proに変更可
CPU Core i3-8100 / Core i5-8400
チップセット Intel H310 Chipset
メモリー 4/8GB
ストレージ 1/2TB HDD または 128GB SSD + 1TB HDD
グラフィックス Intel UHD Graphics 630
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信機能 1000BASE-T対応有線LAN、IEEE802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0
インターフェース USB3.1 Gen1(フルサイズ)×2(前面)、USB2.0×4(背面)、VGA(D-sub15ピン)、HDMI、有線LAN、ヘッドホン出力/マイク入力、オーディオ端子類
拡張スロット PCI Express x16 ×1、PCI Express x1 ×1、M.2スロット
ドライブベイ 3.5インチ×1
電源 200W
サイズ/重量 幅92.6×奥行き292×高さ290mm/約4.8kg
セキュリティー TPM2.0、マカフィーリブセーフ12ヵ月版
サポート メーカー保証1年間 ※有料サービス対応

※2018年6月14日時点。構成は変更される場合があります

キーボードとマウス

標準付属のUSBキーボードとUSBマウス

ワイヤレスキーボード・マウス

こちらはオプションのワイヤレスキーボード・マウス(KM636)。ケーブルの取り回しが必要ないので、扱いやすいのが魅力

スペック上の注意点

    • ドライブベイはひとつ
    • 無線LANは11b/g/n対応
    • M.2/PCI Expressスロットの詳細は不明

Inspiron スモールデスクトップのラインナップ

Inspiron スモールデスクトップ(3470)には全部で16種類のモデルが用意されていますが、基本となるのは以下の4種類。あとは納期の早い「即納モデル」やOffice Personal 2016付属の「Office付モデル」などです。

ラインナップ

スタンダード
Core i3 4GBメモリー 1TB HDD 税込4万円台から
プレミアム
Core i5 8GBメモリー 1TB HDD 税込6~7万円台から
プレミアム・SSDデュアルドライブ
Core i5 8GBメモリー 128GB SSD 1TB HDD 税込6~7万円台から
プレミアム・2TB HDD
Core i5 8GBメモリー HDD 2TB 税込6~7万円台から

※2018年6月14日時点。構成や価格は変更される場合があります

価格はそのとき実施されているキャンペーンによって大きく異なるので、公式サイトをまめにチェックしてみてください。

Inspiron スモールデスクトップ(3470)のセール情報をチェック

本体の外観と内部

スリム型のなかでも特にコンパクト

Inspiron スモールデスクトップは、「スリム型」と呼ばれる本体の幅が狭いデスクトップPCです。接地面積が小さいので、小さなデスクに置いてもジャマにならない点が魅力。容量はスリム型PCのなかでも特に小さく、高さが低いので圧迫感を感じさせません。

デスクトップの主な分類

ミドルタワー型 ミニタワー型 スリム型 コンパクト型
デスクトップのサイズ比較
機能:◎
拡張性:◎
省スペース性:×
冷却性能:◎
機能:◎
拡張性:○
省スペース性:△
冷却性能:○
機能:○
拡張性:△
省スペース性:○
冷却性能:△
機能:△
拡張性:×
省スペース性:◎
冷却性能:△

設置イメージ

設置イメージ ※液晶ディスプレイは23.8インチ

前面と背面

フロントパネル(左)とバックパネル(右)。幅は92.6mm

左側面

奥行きは292mmで、高さは290mm。数あるスリム型PCのなかでも、特にコンパクトです

インターフェースは十分な構成

周辺機器接続用のインターフェース(端子類)は、前面と背面に用意されています。ちょっと気になるのは、背面にUSB2.0端子しか用意されていない点。外付けHDDなどのUSB3.0対応機器を使う場合は、端子を前面に接続しなければなりません。

また標準で無線LANに対応しているものの対応規格は11b/g/nで、高速な11a/acには対応していない点に注意してください。

前面

前面のインターフェース

  • ① DVDスーパーマルチドライブ
  • ② 電源ボタン
  • ③ SDメモリーカードスロット
  • ④ ヘッドホン出力
  • ⑤ USB3.1 Gen1(フルサイズ)

光学ドライブ

光学ドライブはDVDの再生や書き込みに対応

I/Oパネル

背面I/Oパネルのインターフェース

      • ① オーディオ端子類
      • ② VGA(D-sub15ピン)
      • ③ HDMI
      • ④ USB2.0
      • ⑤ 1000BASE-T対応有線LAN

パーツ交換はちょっと面倒

側面のカバーを取り外すことで、本体内部にアクセスできます。メモリーやストレージを交換できますが、ちょっと面倒なので注意してください。

サイドパネルを外した状態

サイドパネルを外した状態

フロントパネルの取り外し

サイドパネルを外したあと、フロントパネルを外します

ドライブベイ

ドライブベイは3.5インチのみ。2.5インチストレージを使う場合は、変換ブラケットが必要です

メモリーの交換

メモリーを交換する場合は、先に光学ドライブを取り外す必要があります

本体内部

光学ドライブとストレージを外した状態

マザーボード

マザーボードは切り欠きのある特殊な形状です

CPUとメモリー

CPUとメモリー周り。メモリースロットは2基

拡張スロットとしてPCI Express x1とx16が用意されています。公式サイトでは拡張スロットに関する情報が掲載されていませんが、おそらく利用できるでしょう。M.2スロットについては試用機ではSATA接続で動作していましたが、PCIe接続で動作するかは不明です。

拡張スロット

マザーボードのスロット類

  • ① M.2スロット
  • ② PCI Express x1
  • ③ PCI Express x16

SATA端子

SATA端子は3つあるのを確認

電源

電源は200W

消費電力と駆動音、CPU温度について

今回の検証ではプレミアム・SSDデュアルドライブモデルを使いました。主なスペックは以下の表のとおりです。検証/ベンチマーク結果はパーツ構成や個体差、環境、タイミングなどによって大きく変わる点をあらかじめご了承ください。

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i5-8400
メモリー 8GB
ストレージ 128GB SSD+1TB HDD
グラフィックス Intel UHD Graphics 630

消費電力について

消費電力の計測結果は以下のとおり。低負荷時の消費電力は非常に低いのですが、高負荷時はやや高めです。CPUにCore i3-8100を選べば、消費電力はより低くなるでしょう。

1分間の平均消費電力(室温26℃)

待機中 動画視聴 動画変換 3Dゲーム
15W 18.6W 94.8W 43.2W

※消費電力の計測方法はコチラ

駆動音について

駆動音(ファンの回転音や排気音など)は控えめですが、常時モスキート音のような低い振動が聞こえます。と言っても、意識しなければ気になるほどではありません。

駆動音の計測結果(室温26℃)

電源オフ 36.8dBA
待機中 39.7dBA 低い振動音が聞こえるが気にならない
動画視聴 39.4dBA 低い振動とファンの回転音がわずかに聞こえる
動画変換 42.3dBA ファンの回転音が少し聞こえるが気にならない
3Dゲーム 40.6dBA 低い振動とファンの回転音がわずかに聞こえる

※駆動音の計測方法はコチラ

CPU温度について

CPUの最大温度は動画変換時の79度です。高温ではありますが、本体がスリムである点と高性能なCore i5-8400であることを考えれば、熱はかなり抑えられていると思います。ほかのパーツへ影響を及ぼすほどではありません。

CPUの最高温度(室温26℃)

待機中 動画視聴 動画変換 3Dゲーム
41℃ 45℃ 79℃ 55℃

※本体温度の計測方法はコチラ

起動時間について

起動時間(電源ボタンを押してからデスクトップが表示されるまでの時間)は平均17.66秒でした。SSD搭載機としては、標準的な結果です。ストレージがHDDのみだと40秒以上かかることがあるでしょう。

起動時間の計測結果(手動による計測)

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
17.0秒 16.5秒 17.2秒 21.1秒 16.5秒 17.66秒

ベンチマーク結果

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i5-8400
メモリー 8GB
ストレージ 128GB SSD + 1TB HDD
グラフィックス Intel UHD Graphics 630

ストレージ性能

アクセス速度の計測結果を見ると、試用機で使われていた128GB SSDはSATA接続タイプです。1TB HDDは7200回転/分の高速タイプで、標準的なHDDよりも速めの結果が出ています。

CrystalDiskMark

128GB SSD(左)と1TB HDD(右)のアクセス速度

ストレージ別アクセス速度の目安

ストレージ別アクセス速度の目安

CPU性能

試用機で使われていたCore i5-8400は、CPU性能を計測するベンチマークテストで前世代のCore i7-7700を上回る結果が出ています。またほかのモデルで使われているCore i3-8100も、性能面では前世代のCore i5-7400よりも上です。どちらのCPUを選んでも、前世代よりも高いパフォーマンスを期待できます。

CPUの性能比較 その1

CPU CINEBENCH R15のCPUスコア
Core i7-8700
1419
Inspiron スモールデスクトップ(Core i5-8400)
928
Core i7-7700
862
Core i3-8100
596
Core i5-7400
551
Core i3-7100
419

※ほかのCPUの結果は当サイト計測の平均値

CPUの性能比較 その2

CPU PassMark PerformanceTestのCPU Markスコア
Core i7-8700
16091
Inspiron スモールデスクトップ(Core i5-8400)
11263
Core i7-7700
10904
Core i3-8100
7833
Core i5-7400
7463
Core i3-7100
6114

※ほかのCPUの結果は当サイト計測の平均値

3D性能

グラフィックス機能として使われるCPU内蔵のIntel UHD Graphics 630は、3D性能が高くありません。軽めのゲームであればなんとかプレーできますが、本格的なゲームは考えないほうがいいでしょう。

3D機能の性能比較

GPU 3DMark Fire Strikeのスコア
GeForce GTX 1050
6237
Inspiron スモールデスクトップ(UHD Graphics 630)
953
UHD Graphics 630(Core i3)
596

※ほかのGPUの結果は当サイト計測の平均値

ゲーム系ベンチマーク結果(フルHD)

FF14ベンチ FF14:紅蓮のリベレーター(DX11) ※中規模
最高品質 高品質(デスクトップPC) 標準品質(デスクトップPC)
896(動作困難)※5.212 FPS 1008(設定変更が必要)※6.011 FPS 1842(設定変更を推奨)※11.799 FPS
ドラゴンクエストX ドラゴンクエストX ※軽い
最高品質 標準品質 低品質
4444(普通) 5924(快適) 7191(とても快適)

クリエイティブ性能

Core i5-8400のグラフィックス性能は低いもののCPUの計算性能が高いため、動画変換や写真加工、RAW現像などにもある程度活用できます。動画変換にかかった時間は、前世代のCore i7-7700と同等レベル。より快適に利用したい場合は、GeForce GTX 1050以上を搭載したデスクトップPCをおすすめします。

動画変換にかかった時間

X264 7分42秒
QSV 5分47秒

※5分間の4K映像(XAVC-S、3.51GB)をYouTube向けの1080p(1920×1080ドット)映像に変換するのにかかった時間

小さくて安いのに高性能!

Inspiron スモールデスクトップはスリム型PCのなかでも特にコンパクトで、設置に場所を取らない点が特徴です。そのぶん拡張性は控えめですが、パーツを追加しないなら問題ありません。

そしてなにより、CPUがCore i5でありながら非常に高性能である点が魅力です。性能的には、前世代のCore i7-7700を上回るレベル。それでいて価格が安く、今回試用したプレミアム・SSDデュアルドライブモデルなら税込6万6995円(2018年6月14日時点)! 前世代のCore i7-7700搭載モデルなら10万円前後だったことを考えると、コスパが非常に高いモデルと言えます。

それほど高性能でなくてもいいという人には、税込4万6149円(2018年6月14日時点)で買えるCore i3-8100搭載のスタンダードモデルがおすすめです。

Inspiron 3470まとめ

従来機種に比べてワンランク上の性能でありながら、とってもリーズナブル!

Inspiron スモールデスクトップまとめ

  • 税込でも4~6万円程度と安い
  • スリム型のなかでも特に小さい
  • パーツ追加が面倒

Inspiron スモールデスクトップ

Inspiron スモールデスクトップ

税込4万円台から

※記事中の価格や構成は、記事執筆時のものです。予告なく変更される場合もございますので、あらかじめご了承ください。

デルのデスクトップPCおすすめ機種&セール情報まとめ
高品質&高コスパでなデル製デスクトップPCのなかからおすすめモデルと、現在実施中のセール価格を紹介します。 ※夏のボーナスセール実施中! ……

お得なキャンペーン実施中!

楽天ポイントプレゼントキャンペーン

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました