デル Inspironデスクトップ レビュー:シンプルで価格の安いデスクトップPC

デル Inspironデスクトップ レビューデルのInspironデスクトップは、第9世代のCore iプロセッサーを搭載したミニタワー型のデスクトップPCです。十分な拡張性を備えながらも、本体がコンパクトである点が特徴。またグラフィックス機能を強化する外付けGPU (グラボ)にも対応しています。

Inspironデスクトップ

Inspironデスクトップ

この記事ではメーカーからお借りしたInspironデスクトップの実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

※今回のレビューでは旧モデルのInspironデスクトップ (3670)を試用しています。現在発売中のInspironデスクトップ (3671)とサイズや機能面、スペックもほぼ同様ですので、最新モデル購入の際の参考にしてください。

当サイト限定キャンペーン実施中

デルの公式サイトで税別8万円以上のお買い物をすると、3000円ぶんの楽天スーパーポイントをもらえるキャンペーンが実施されています。詳しくは以下のリンクから、キャンペーン詳細をご確認ください。
税別8万円以上の購入で3000ポイントプレゼント

Inspironデスクトップ

Inspironデスクトップ

税込5万9651円~

※※2019年10月8日時点

Inspironデスクトップのスペック

CPU ・Core i3-9100
・Core i5-9400
・Core i7-9700
メモリー ・4GB
・8GB
ストレージ ・1TB HDD
・1TB HDD + Optane
・256GB SSD + 1TB HDD
HDD ・なし
・1TB HDD
グラフィックス ・UHD 630
・GeForce GTX 1650
チップセット B365
電源 290W

※2019年10月8日時点。構成は変更される場合があります


フォームファクター ミニタワー
SATAポート 3
M.2スロット 2
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
ドライブベイ 3.5インチ×1
拡張スロット PCIe x16 ×1、PCIe x1 ×2
有線LAN 1000Mbps
無線LAN IEEE802.11b/g/n
Bluetooth 4.0
USB3.1 Gen1×2 (前面)
USB3.0
USB2.0 4 (背面)
USB Type-C
Thunderbolt 3
メモリーカード SD
HDMI 1
VGA (D-sub15) 1
DisplayPort
DVI
サイズ 幅160mm
奥行き294mm
高さ373.7mm
重量 約5.27kg

Inspironデスクトップ 付属品

付属のUBSキーボードとUSBマウス

Inspiron 3471の外観と内部

外観について

Inspironデスクトップは、ミニタワー型のデスクトップPCに分類されます。一般的なミニタワー型に比べて幅が10~30mm程度短く、そのぶん接地面積が少なくてすむのがポイント。拡張性もやや低めではあるものの十分で、将来的なパーツ交換にも対応しています。

デスクトップの主な分類

ミドルタワー型 ミニタワー型 スリム型 コンパクト型
デスクトップのサイズ比較
機能:◎
拡張性:◎
省スペース性:×
冷却性能:◎
機能:◎
拡張性:○
省スペース性:△
冷却性能:○
機能:○
拡張性:△
省スペース性:○
冷却性能:△
機能:△
拡張性:×
省スペース性:◎
冷却性能:△

Inspironデスクトップ 設置イメージ

設置イメージ。液晶ディスプレイは23.8インチ

Inspironデスクトップ 外観

Inspironデスクトップの外観。フロントパネルは光沢ありのピアノブラック

Inspironデスクトップ 前面と背面

前面 (左)と背面 (右)。本体の幅は160mm

Inspironデスクトップ 側面

左側面 (左)と右側面 (右)。奥行きは294mmで、高さは373.7mm

インターフェースについて

インターフェースは多くはありませんが、普通に利用するぶんには十分な構成です。USB端子は合計6ポートと多いのですが、USB3.0は前面の2ポートのみ。また映像出力にはVGA (D-sub15ピン)とHDMIに対応しています。

Inspironデスクトップ 前面

前面のインターフェース

  • ① 光学ドライブ
  • ② 電源ボタン
  • ③ SDカードスロット
  • ④ ヘッドセット端子
  • ⑤ USB3.1

Inspironデスクトップ 光学ドライブ

DVDの再生と書き込みが可能なDVDスーパーマルチドライブを搭載

Inspironデスクトップ 背面

背面I/Oパネルのインターフェース

  • ① オーディオ端子類
  • ② VGA (D-sub15ピン)
  • ③ HDMI
  • ④ USB2.0
  • ⑤ 有線LAN

拡張性について

Inspironデスクトップの本体内部は比較的余裕があります。ドライブベイは3.5インチ用がひとつしかありませんが、ストレージ用のM.2スロットがありますので特に問題ではないでしょう。拡張スロット周りも大きく空いていますが、大きな拡張ボードは避けてロープロファイルのものを使ったほうがいいかもしれません。

Inspironデスクトップ 本体内部

左側面のパネルを外した状態

Inspironデスクトップ 拡張スロット

拡張スロットの構成

  • ① M.2スロット (PCIe対応)
  • ② PCIExpress x1
  • ③ PCIExpress x16

Inspironデスクトップ 電源

電源は290W

Inspironデスクトップ ドライブベイ

ドライブベイは3.5インチ用がひとつのみ

Inspironデスクトップ CPUとメモリー

CPUとメモリー周り。メモリースロットは2基

Inspironデスクトップのベンチマーク結果

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-9700
メモリー 8GB
ストレージ 1TB HDD + Optaneメモリー
グラフィックス UHD Graphics 630

※今回のレビューでは旧モデルのInspironデスクトップ (3670)を試用しています。現在発売中のInspironデスクトップ (3671)とはスペックはほぼ同様ですので、最新モデル購入の際の参考にしてください。

ストレージ性能

ストレージには1TB HDDと256GB SSD + 1TB HDDのデュアル構成、そして1TB HDD + Optaneメモリーの3種類が用意されています。OptaneメモリーとはHDDのアクセスを高速化するパーツのこと。HDDの大容量とSSD並みの快適さで利用可能です。

Inspironデスクトップ Optaneメモリー

HDDに高速化用メモリーを追加することで、SSD並みの快適さを実現します

ストレージのアクセス速度

ストレージのアクセス速度

試用機では1TB HDD + Optaneメモリーのストレージが使われていました。アクセス速度を計測したところ、確かにSSD並みの速度が出ています。ウィンドウズの起動時間も速く、HDD特有のもったりとした遅さは感じられません。

Inspironデスクトップ アクセス速度

1TB HDD + Optaneメモリーのアクセス速度

CPU性能

Core i7-9700搭載の試用機でCPU性能を計測したところ、前世代のCore i7-8700よりも若干低い結果となりました。ただしこれはCore i7-8700が6コア / 12スレッドで動作するのに対して、Core i7-9700は8コア / 8スレッドでスレッド数が少ないためです。それにしてもパフォーマンスが伸びていないようにも思えますが、十分高性能ですので問題はないでしょう。

なお下位モデルで使われているCore i3-9100やCore i5-9400も十分な性能です。軽めの作業にはCore i3、少し重めの作業にはCore i5を選ぶことをおすすめします。

CPUの性能比較

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i7-9700K
17208
Core i7-8700
15412
Inspironデスクトップ (Core i7-9700)
14191
Core i5-8400
11229
Core i3-9100
8784
Core i3-8100
8026

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

3D性能

CPU内蔵のグラフィックス機能は、性能は高くありません。ゲームについては、軽めのタイトルを画質や解像度を調整することでなんとか遊べる程度です。動画編集などへの効果も期待できないでしょう。

GTX1650であれば、多少はゲームや動画編集などに有利です。当サイトではまだベンチマークテストを行なっていないのですが、同じエントリークラスである前世代のGTX 1050の2~3割増し程度と考えていいでしょう。GPUなしのモデルよりは有利ですが、劇的に変わるほどではないと思います。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 2080
25484
RTX 2070
22856
GTX 1660 Ti
15952
GTX 1050
6945
UHD 630 (Core i7)
1359
Inspironデスクトップ (Core i7-9700)
1192
UHD 630 (Core i5)
1051

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

安さとシンプルさが魅力

ということで、今回はInspironデスクトップのレビューをお届けしました。

Inspironデスクトップは機能をシンプルにまとめることで、価格を抑えたモデルです。外観はちょっと地味ですが、そのぶん安いことを考えれば納得できるでしょう。ただゲーミングモデルではないため、高い冷却性能を備えているわけではありません。日常的な作業やビジネス、あるいはWeb制作や写真加工などクリエイティブな作業に向いています。

Inspironデスクトップ 感想

シンプルで価格が安い点が魅力

Inspironデスクトップ

Inspironデスクトップ

税込5万9651円~

※※2019年10月8日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました