デル Inspiron 13 7000(7380)2018年モデル レビュー:やたら薄くて高性能な13.3インチモバイル

デル Inspiron 13 7000(7380)2018年モデル レビュー

デルのInspiron(インスパイロン) 13 7000(7380、2018年モデル)は、13.3インチタイプのモバイルノートPCです。特徴はアルミ素材を使った高品質なデザインを採用している点と、パフォーマンスに優れる点。特に性能面は優秀で、同じCPUを搭載したほかの機種よりも優れたベンチマーク結果が出ています。

Inspiron 13 7380 スペック概要

【主なスペック】CPU:Core i5-8265U/Core i7-8565U、メモリー:8/16GB、ストレージ:SSD、画面:13.3インチ フルHD 光沢

Inspiron 13 7000の注目ポイント

質感と堅牢性に優れるアルミボディ

Inspiron 13 7380 質感と堅牢性に優れるアルミボディ

ボディの素材には堅牢性(壊れにくさ)と質感(見た目や手触り)に優れるアルミニウムを使用。長期間使っても色がハゲることがなく、キズが付きにくい点も魅力です。

Whisky Lake世代の高性能CPU搭載

Inspiron 13 7380 Whisky Lake世代の高性能CPU搭載

CPUは第8世代のCore i5/i7です。優れた冷却性能によりCPUの実力が十分に引き出され、高いパフォーマンスを実現しています。

Inspiron 13 7000の評価

Inspiron 13 7380 評価

総合評価: 3.9/5.0

(評者:こまめブログ)

デザイン アルミボディは質感が高く、とてもスリム。本体カラーもいい
性能 Whisky Lake世代のCore i5/i7を搭載。ベンチマーク結果は非常に優秀
使いやすさ キー配列に少しクセがある。モバイル向けとしては十分な機能
軽さ 13インチタイプとしては重い
画面 IPSパネルによる映像は色鮮やか。光沢タイプなので映り込みがある

今回はメーカーからお借りしたInspiron 13 7000の実機を使って、本体デザインや使い心地、ベンチマーク結果などをレビューします。

Inspiron 13 7000(7380)

Inspiron 13 7000(7380)

税込10万円台から

※価格や構成は変更される場合があります

関連記事

Inspiron 13 7000(7380)のスペック

OS Windows 10 Home / Pro
CPU Core i5-8265U / Core i7-8565U
メモリー 8 / 16GB
ストレージ 256 / 512GB SSD(PCIe)
グラフィックス Intel UHD Graphics 620 または GeForce MX150(2GB)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 13.3インチ、1920×1080ドット、IPS、光沢、ペン/タッチ非対応
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 5.0
インターフェース USB3.0 (フルサイズ)×2、USB3.1 Gen1(Type-C)×1、HDMI、SDカードスロット、ヘッドホン出力
セキュリティー 指紋センサー、セキュリティースロット、マカフィー リブセーフ 12ヵ月版、TPM2.0
カメラ 720p(92万画素)
サイズ/重量 幅309.66×奥行き215.7×高さ15.19mm/約1.33kg
バッテリー 最長9時間31分
オフィス ※オプション(付属モデルあり)
サポート メーカー保証1年間

※2018年11月29日時点。構成は変更される場合があります

Inspiron 13 7000(7380)のラインナップ

Inspiron 13 7000(7380)には、パーツ構成やオフィスの有無が異なるモデルが用意されています。主なラインナップは以下の5種類。このほかに納期の早い「即納モデル」や期間限定の特別モデルなども用意されています。

ラインナップ

プレミアム
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD 税込10万円台
プレミアム Office付
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD Office Personal 税込11万円台
プラチナ
Core i7 8GBメモリー 256GB SSD 税込11万円前後
プラチナ Office
Core i7 8GBメモリー 256GB SSD Office Personal 税込12万円台
プラチナ ハイエンド
Core i7 16GBメモリー 512GB SSD 税込15万円台

※2018年11月29日時点

価格は、そのとき実施されているセールやキャンペーンによって変わります。最新のセール情報については、以下の記事でご確認ください。

関連記事

Inspiron 13 7000 セール情報

本体の大きさやデザイン

Inspiron 13 7000は、13.3インチの液晶ディスプレイを搭載したモデルです。このサイズはモバイル向けとして人気が高く、デザインや性能に優れるハイエンド向け製品が多いのが特徴。Inspiron 13 7000もデル製ノートPCのなかでは、ハイエンドモバイルとして位置づけられています。

Inspiron 13 7380 位置づけ

モバイル向けとして人気の高い13.3インチのハイエンドモデル

本体カラーは、プラチナシルバーとピンクシャンパンの2色です。シルバーは明るくメタリックな色合いで、いわゆるガジェット風。ピンクシャンパンは上品でエレガントな雰囲気が感じられました。

Inspiron 13 7380 本体カラー

ピンクシャンパンの本体カラー。明るい場所ではとても華やかに見えます

Inspiron 13 7380 本体カラー

光の当たり方によっては、落ち着いた雰囲気にも

Inspiron 13 7380 本体カラー

ピンクシャンパン(左)とプラチナシルバー(右)

Inspiron 13 7380 天板

天板(画面の裏)はアルミ製。ツヤ消しでサラサラとした手触りが心地いい!

Inspiron 13 7380 アンテナライン

天板にうっすらとある線は、Wi-Fiの電波を通すためのアンテナライン

Inspiron 13 7380 キーボード面

キーボード面も天板と同じ仕上がり

Inspiron 13 7380 パームレスト

パームレストの質感(手触りや見た目)も上々

Inspiron 13 7380 タッチパッド

タッチパッドの周囲にはダイヤモンドカット加工が施されおり、きらびやかな印象です

Inspiron 13 7380 ベゼル幅

ベゼル幅は実測で左右7.5mm、上部12.5mm

Inspiron 13 7380 底面部

底面部もアルミ製

Inspiron 13 7380 フォルム

シンプルながらもスタイリッシュなフォルム

Inspiron 13 7380 本体サイズ

本体サイズ

Inspiron 13 7380 サイズ感

A4用紙よりもやや大きい程度

Inspiron 13 7380 前面と背面

前面と背面

Inspiron 13 7380 厚さ

高さは公称値で15.19mm。ゴム足を含めた設置時の高さは実測で19mmでした

Inspiron 13 7380 ゴム足

底面部のゴム足。本体を保護するほか、接地面とのあいだにすき間を作ることで、冷却効果を高める役割があります

Inspiron 13 7380 薄さ

実際に手に持ってみるととてもスリムに感じました

Inspiron 13 7380 薄さ

各部の見た目もスリム

Inspiron 13 7380 重さ

重量は公称値で1.33kg、実測では1.321kg、少しズッシリと感じます

ノートPCの平均重量

画面サイズ 平均重量
11.6インチ 1.126kg
12.5インチ 1.131kg
13.3インチ 1.253kg
14インチ 1.518kg
15.6インチ 2.174kg
ノートPC全体 1.551kg

※2017年12月~2018年5月に当サイトが検証したノートPC(2-in-1を含む) 50台ぶんの実測値より

Inspiron 13 7380 電源アダプター

付属の電源アダプター。重さは実測で274g

画面の色と見やすさ

画面サイズは13.3インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHDです。ハイエンド向けのモバイルノートPCとしては標準的なスペック。デフォルトでは画面の拡大率が150%に設定されているため文字やアイコンが大きく表示されますが、見やすい範囲で拡大率を下げるといいでしょう。

Inspiron 13 7380 液晶ディスプレイ

画面の大きさは13.3インチで解像度は1920×1080ドット

液晶パネルはIPS方式で、コントラストが高く自然な色合いです。また表面が光沢ありのグレアタイプなので、非光沢のノングレアよりも映像が鮮やか。ただし光が映り込むので、必要に応じて画面の角度を変えるといいでしょう。

Inspiron 13 7380 映像品質

IPSパネル+グレア液晶の組み合わせにより、映像は非常に色鮮やか

Inspiron 13 7380 ガンマカーブ

i1Display Proによるガンマカーブ。色のバランスは良好です

Inspiron 13 7380 画面の明るさ

画面の輝度は300nit。ノートPCとしては明るく感じます

Inspiron 13 7380 グレアパネル

非光沢と光沢の違い。光の映り込みは集中力低下や眼精疲労の原因のひとつと言われています

キーボードの使いやすさ

キーボードはテンキーなしですが、バックライトには対応しています。防滴キーボードということで水のしずくなどがこぼれても壊れにくい仕様ですが、コーヒーなどの飲み物を盛大にこぼした場合には壊れる可能性があるので注意してください。

キーピッチ(キーとキーの間隔)は実測で19mmと理想的なサイズでした。カーソルキーは大きくて使いやすいのですが、Enterキー周辺で一部のキーが隣接しています。特に右上の「¥」キーを押そうとしてBackSpaceキー押してしまうことがありますが、慣れれば問題なく使えるようになるでしょう。

Inspiron 13 7380 キーボード

Inspiron 13 7380のキーボード

Inspiron 13 7380 配列で気になる部分

キー配列で気になる部分

キーストローク(キーを押し込む深さ)は実測で1mm強でした。正確にはおそらく1.2~1.3mm程度だと思われます。キーを押した瞬間にカクっとした手応えがありますが、ストロークが浅いので板を叩いているような底打ち感があります。軽めのタイピングを意識するといいでしょう。

Inspiron 13 7380 タイプ感

キーストロークは1.2~1.3mm程度。ストロークが浅く、底打ち感がありました

Inspiron 13 7380 タイプ音

タイプ音は静かで、軽めのタッチならほとんど気になりません

Inspiron 13 7380 タッチパッド

タッチパッドはボタン一体型

端子類の種類と使いやすさ

USB端子はType-Cを合わせると合計3ポート。インターフェース(端子類)はモバイルノートPCとしては十分な構成です。一般的なモバイルタイプと同様、有線LANや光学ドライブには対応していません。

Inspiron 13 7380 左側面

左側面のインターフェース

  • ① 電源コネクター
  • ② USB3.1 Gen1 Type-C
  • ③ HDMI
  • ④ USB3.0
  • ⑤ ヘッドホン出力/マイク入力

Inspiron 13 7380 右側面

右側面のインターフェース

  • ① SDカードスロット
  • ② USB3.0
  • ④ セキュリティースロット(盗難防止用)

ベンチマーク結果

今回の検証では、最上位のプラチナ ハイエンドモデルを試用しました。主なスペックは以下のとおりです。なお検証結果はパーツ構成や個体差、環境、タイミングなどによって大きく変わる点をあらかじめご了承ください。

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-8565U
メモリー 16GB
ストレージ 512GB SSD
グラフィックス Intel UHD Graphics 620

ストレージ性能

Inspiron 13 7000ではストレージにPCIe接続のSSDが使われています。プラチナ ハイエンドモデルの512GB SSDはPCIe GEN3 x2タイプで、試用機では東芝製のBG3シリーズが使われていました。

Inspiron 13 7380 ストレージのアクセス速度(CrystalDiskMark)

512GB SSDのアクセス速度(CrystalDiskMark)

ストレージのアクセス速度

ストレージのアクセス速度の違い

高速なSSDが使われているだけあって、ファイルのやり取りは非常に速くストレスを感じません。またウィンドウズの起動時間は平均14.6秒とこちらも高速です。

起動時間の計測結果(手動による計測)

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
13.5秒 12.8秒 12.7秒 21.2秒 12.8秒 14.6秒

CPU性能

CPU性能を計測するベンチマークテストでは、非常に優れた結果が出ました。

試用したプラチナ ハイエンドモデルのCore i7-8565Uは、開発コード「Whisky Lake」こと第8世代のCPUです。同じ第8世代でもひと世代前Core i7-8550U(開発コード「Kaby Lake-R」)との違いは、最大動作周波数がわずかに高い程度。しかしベンチマークテストでは、Core i7-8550Uの平均値を大きく上回っています。

CPU性能比較(CPU Mark)

CPU PassMark CPU Markスコア
Inspiron 13 7000(Core i7-8565U)
10283
Core i7-8550U
9077
Core i5-8250U
8489
Core i7-7500U
5564
Core i5-7200U
4949

※そのほかのスコアは当サイト計測の平均値

これはCore i7-8565Uのパフォーマンスが大きく向上したわけではなく、Inspiron 13 7000がCPU性能を十分に引き出せる設計になっているためだと思われます。

たとえば本体が薄すぎたりボディに熱を通しにくい素材を使っていたり、あるいは内部の空冷ファンの性能が低かったりすると、本体内部の熱が上がりすぎないようにわざとパフォーマンスが抑えられることがあります。

参考記事

Inspiron 14 5000のCPU性能について

しかしInspiron 13 7000のベンチマーク結果を見る限りでは、温度調節によるパフォーマンス低下の兆候が見られません。おそらくボディの素材に熱伝導率の高いアルミ素材を使っていることや、ファンやヒートシンクなどの冷却パーツが効果的に機能していることが影響しているのでしょう。XPS 13の2018年モデル(9370)でも同じ兆候が見られましたので、同じ技術が採用されているのかもしれません。

ただしそのぶん高負荷時の表面温度が高く、騒音も少し大きめです。特に底面部は50度近くに達するため、低温やけどを防ぐためにもヒザの上に載せた状態で重い処理は行なわないでください。

表面温度(室温23.0℃) ※画像クリックで拡大

待機時 動画視聴 動画変換 3Dゲーム
キーボード面キーボード面の温度最大26.0℃ キーボード面キーボード面の温度最大30.5℃ キーボード面キーボード面の温度最大39.0℃ キーボード面キーボード面の温度最大36.8℃
底面底面部の温度最大28.1℃ 底面底面部の温度最大37.8℃ 底面底面部の温度最大49.2℃ 底面底面部の温度最大49.0℃

駆動音の計測結果(室温23.0℃)

電源オフ 36.7dBA
待機中 36.8dBA ほぼ無音
動画視聴 36.8dBA 同上
動画変換 45.0dBA ファンの回転音がけっこう目立つ
3Dゲーム 48.2dBA 同上

3D性能

グラフィックス機能はCPU内蔵のIntel UHD Graphics 620が使われます。内蔵GPUとしては性能が高いのですが、重い3Dゲームを快適に遊べるほどではありません。軽めの3Dゲームや2D描画主体のゲーム、ブラウザーゲームなどなら問題ないでしょう。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strikeのスコア
GTX 1050
5275
Inspiron 13 7000(Intel UHD Graphics 620)
1225
Intel UHD Graphics 620(Core i7)
1067

※そのほかのGPUのベンチマーク結果は当サイト計測の平均値

ゲーム系ベンチマーク結果

FF14ベンチ
FF14:紅蓮のリベレーター(DX11) ※中量級
1920×1080 (フルHD) 最高品質 1185(設定変更が必要) ※7.280 FPS
高品質(ノートPC) 1807(設定変更を推奨) ※11.680 FPS
標準品質(ノートPC) 2716(やや快適) ※18.051 FPS
ドラゴンクエストX
ドラゴンクエストX(DX9) ※軽量級
1920×1080 (フルHD) 最高品質 5451(快適)
標準品質 6936(快適)
低品質 8027(とても快適)

バッテリー性能

バッテリー駆動時間のテスト結果は最長7時間1分で、公称値には届きませんでした。これは、メーカーのテストとは検証方法が異なるため。それでも実利用での駆動時間は、あまり長くなさそうです。パフォーマンスが高いこと考えれば、駆動時間が少し短くなってしまうのは仕方ないかもしれません。

バッテリー駆動時間のテスト結果

公称値 最長9時間31分
BBenchによる計測 7時間1分
PCMark 8による計測 4時間26分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

クリエイティブ性能

アドビのクリエイティブ系ソフトを使ったところ、動きはキビキビとしていて快適に使えました。ファイルの出力はもちろん、プレビュー表示や特殊効果の反映も非常にスムーズです。さすがにウルトラハイスペックなPCほどではありませんが、モバイルノートPCとしてはまったく問題のないパフォーマンスでした。

Inspiron 13 7380 クリエイティブ性能

重いクリエイティブソフトでも動きがスムーズ!

ただしこれはメモリー容量が16GBであるため。8GBメモリーだと処理が多少遅くなる可能性がある点に注意してください。

クリエイティブソフトを使った検証結果

Inspiron 13 7000(Core i7-8565U) LIFEBOOK WU2/C3(Core i7-8565U) Dell G5 15(Core i7-8750H+GTX1060)
動画の書き出し ※1 5分31秒 (ソフトウェア) 6分04秒 (ソフトウェア) 4分12秒 (CUDA)
動画変換 ※2 9分08秒 (ソフトウェア) 9分43秒 (ソフトウェア) 3分10秒 (CUDA)
RAW現像 ※3 1分37秒 1分44秒 1分23秒

※1 Adobe Premiere Pro CC 2018を使って、FF14ベンチをキャプチャーした6分44秒のフルHD動画に画像とテロップ、音声を追加した合計7分のゲーム実況風動画を作成。書き出し設定は「H.264」で、「YouTube 1080p HD」のプリセットを使用したときにファイル出力にかかった時間/※2 Adobe Media Encorder CCで5分間の4K映像(XAVC-S、3.51GB)をプリセット「YouTube 1080p HD」で変換するのにかかった時間/※3 Adobe Photoshop Lightroom Classic CCで5184×3456ドットのRAW画像を長辺1920ドット、画質80%、解像度240、シャープ出力 強のJPEGファイルに出力するのにかかった時間(フィルター類適用なし)

PCMark 10ベンチマーク結果(一部抜粋)

Inspiron 13 7000(Core i7-8565U) LIFEBOOK WU2/C3(Core i7-8565U) Dell G5 15(Core i7-8750H+GTX1060)
Digitala Content Creation(総合スコア) 3076 2744 6435
Photo Editing(写真編集) 3934 3426 7629
Rendering and Visualization(3D制作) 1929 1787 7724
Video Editing(動画編集) 3837 3377 4523

コスパの高いハイパフォーマンスモバイル

デルからは同じ13.3インチのモバイルノートPCとして、XPS 13が発売されています。XPS 13のほうが3万円ほど高いのでInspiron 13 7000のほうが格下だと思っていたのですが、性能面では遜色ないのでビックリしました。

と言ってもXPS 13のほうがコンパクトで軽くバッテリー駆動時間が長いのですが、パフォーマンスを重視するならコチラを選ぶのは大いにアリ。性能面では高級機にも劣らないのに価格が安いという点で、コスパの高いモデルです。外出先でも高いパフォーマンスを活用したい人におすすめします。

Inspiron 13 7380 まとめ

パフォーマンスが高く、外出先でも快適に作業したい人におすすめ!

Inspiron 13 7000(7380)

Inspiron 13 7000(7380)

税込10万円台から

※価格や構成は変更される場合があります

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました