デル Inspiron 15 3000(3567)レビュー:コスパの高いCore i3搭載15.6型ノートPC

Inspiron 15 3000
デルの「Inspiron 15 3000 シリーズ」は、15.6型の液晶ディスプレイを搭載したノートパソコンです。最大の魅力は、コストパフォーマンスが異様に高い点。同価格帯の格安モデルよりも、はるかに高性能なCPUが使われています。

そこで今回はInspiron 15 3000 シリーズのなかでもっとも安い「Inspiron 15 3000 スタンダードモデル」を使って、実際の性能や使いやすさなどを検証します。

New Inspiron 15 3000

New Inspiron 15 3000 シリーズ

税込み4万円台から

デルのノートPCおすすめ機種&セール情報まとめ
【毎週火曜&金曜更新】デル製ノートPCの最新セール価格をお届け! 毎週大きく値段が変わるので、毎週チェックすることをおすすめします。

Inspiron 15 3000の種類

5種類のInspiron 15 3000

デルの公式サイトでは、「Inspiron 15 3000」という名前のモデルが全部で5種類用意されています。それぞれCPUやメモリー容量などが異なりますが、本体デザインはほぼ同じ。呼び方を変えてはいるはものの、非常にわかりづらいので注意してください。

Inspiron 15 3000のラインナップ

同じシリーズの「15インチ」モデルが5種類も存在します ※赤線筆者

Inspiron 15 3000の分類

呼び方 型番 CPU 性能
New 15インチ(エントリー) 3573 Celeron N4000
15インチ 3552 Celeron N3060 極低
New 15インチ(AMD) 3565 E2-9000
New 15インチ 3567 第7世代Core i3/i5
New 15インチ(Intel) 3576 第8世代Core i5/i7

※2018年8月17日時点

この記事で取り上げているのは、「New 15インチ」こと「New Inspiron 15 3000」(型番:3565)です。この記事では便宜上「Inspiron 15 3000」と表記します。

Inspiron 15 3000のスペック

OS Windows 10 Home / Pro
CPU Core i3-6006U / Core i3-7020U / Core i5-7200U
メモリー 4GB
ストレージ 1TB HDD / 128GB SSD
グラフィックス Intel UHD Grahpics 600
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 15.6型、1366×768ドット、非光沢、タッチ非対応
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1/4.2、100BASE-TX対応有線LAN
インターフェース USB3.0(フルサイズ)×2、USB2.0×1、HDMI、有線LAN、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力
セキュリティ機能 セキュリティースロット、マカフィーリブセーフ12ヵ月版
カメラ HD 720p(92万画素)
サイズ/重量 幅380×奥行き260.3×高さ23.65mm/約2.246kg~
バッテリー 40WHr(取り外し可能)※駆動時間は非公開

※2018年8月17日時点。構成は変更される場合があります

Inspiron 15 3000のラインナップ

Inspiron 15 3000には全部で17種類のモデルが用意されていますが、基本となるのは以下の6種類です。あとはそれぞれに納期の早い「即納モデル」や、Office Pesronalが付属する「Office付」モデルが用意されています。

なおCore i3-6006U/Core i3-7020U搭載のモデルはどちらも「スタンダード」モデルという名称です。非常にわかりづらいので、購入する際はCPUの種類に注意してください。

ラインナップ

スタンダード(Core i3-6006U)
Core i3 4GBメモリー 1TB HDD 4万円台半ば
スタンダード(Core i3-7020U)
Core i3 4GBメモリー 1TB HDD 4万円台
スタンダード・SSD搭載(Core i3-6006U)
Core i3 4GBメモリー 128GB SSD 5万円台前半
スタンダード・SSD(Core i3-7020U)
Core i3 4GBメモリー 128GB SSD 5万円台前半
プレミアム
Core i5 8GBメモリー 1TB HDD 6万円台前半
プレミアム フルHD (8GBメモリ搭載)
Core i5 8GBメモリー 1TB HDD 1920x1080ドット 5万円台後半

※2018年8月17日時点。価格はタイミングによって変わります

価格は、そのとき実施されているセールやキャンペーンによって変わります。最新のセール情報については、以下の記事でご確認ください。

デルのノートPCおすすめ機種&セール情報まとめ
【毎週火曜&金曜更新】デル製ノートPCの最新セール価格をお届け! 毎週大きく値段が変わるので、毎週チェックすることをおすすめします。

ベンチマーク結果をチェック

Inspiron 15 3000が実際にどれくらいの性能なのか、ベンチマーク結果を交えながら紹介しましょう。今回はCore i3搭載でもっとも安い、Inspiron 15 3000 スタンダードモデルを使っています。比較用に、3~4万円台の格安モデルでよく使われるCeleron N3350を搭載した「Inspiron 14 3000 エントリーモデル」と、同じく格安モデルに多いCeleron 3855Uを搭載した「Lenovo V310」の結果もまとめました。それぞれのスペックは、以下の表のとおりです。

Inspiron 15 3000 スタンダードモデル Inspiron 14 3000 エントリーモデル Lenovo V310
CPU Core i3-6006U Celeron N3350 Celeron 3855U
メモリー 4GB 4GB 4GB
ストレージ 1TB HDD 1TB HDD 500GB HDD

Windows 10の快適さ

Windowsエクスペリエンスインデックス(システム評価ツールの結果)
Inspiron 15 3000 スタンダードモデル Inspiron 14 3000 エントリーモデル Lenovo V310
プロセッサ 7.1 5.9 6.3
メモリ 5.9 5.9 5.9
グラフィックス 4.2 4.1 4.5
プライマリハードディスク 5.9 5.9 5.9

それぞれのWindowsエクスペリエンスインデックスは、上記の表のとおり。「メモリ」と「プライマリハードディスク(ストレージ)」は変わりませんが、CPU性能を表わす「プロセッサ」では、Inspiron 15 3000 スタンダードモデルでダントツの結果が出ています。

CPUの性能

CINEBENCH R15

CPUの計算性能を計測する「CINEBENCH R15」では、下記の表の結果となりました。格安ノートパソコンのなかでも比較的高いCPU性能を持つLenovo V310を大きく上回っています。

CINEBENCH R15ベンチマーク結果
Inspiron 15 3000 スタンダードモデル Inspiron 14 3000 エントリーモデル Lenovo V310
CPU 212cb 94cb 125cb
CPU(シングルコア) 81cb 50cb 67cb
ノートPC向けCPUのベンチマーク結果比較表
ノートPCで使われているCPUのベンチマーク結果をまとめました。CPUの性能を知りたいときにどうぞ

HDDのアクセス速度

CrystalDiskMark

1TB HDDのアクセス速度を計測してみたところ、HDDとしては平均的な結果となりました。ただしSSDよりはアクセス速度が劣りますので、ファイル操作やWindows 10のアップデート時などで、ちょっと待たされるかもしれません。

Windows 10のアップデートやアプリの更新、ウイルスチェックなどが実行されると、ファイルの読み込みが極端に遅くなることがあります ※クリックで拡大

ただし容量的には十分です。スマホで撮影した写真や動画を大量に保存するのに向いています。

Cドライブの空き容量

Cドライブには893GBのの空き容量。アップデートやアプリの更新で、容量が増減する場合があります

パソコンとしての総合性能

総合的なパフォーマンスを計測する「PCMark 8」では、格安モデルとしては優れた結果が出ています。動画のエンコード(変換)など負荷の高い処理には向きませんが、動画の視聴やネットの閲覧にはまったく問題ありません。

「PCMark 8」の「Home accelerated」ベンチマーク結果

「PCMark 8」の「Home accelerated」ベンチマーク結果

「PCMark 8」の「Creative accelerated」ベンチマーク結果

「PCMark 8」の「Creative accelerated」ベンチマーク結果

PCMark 8ベンチマーク結果
Inspiron 15 3000 スタンダードモデル Inspiron 14 3000 エントリーモデル Lenovo V310
Home accelerated 2737 1744 2435
Creative accelerated 2883 1697 2558

下位23%以内の性能

「PCMark 8」でテストを行なったパソコン全体のなかでは、下位23%以内の結果。デスクトップパソコンも含まれているので、それほど悪い結果でもありません ※クリックで拡大

同じく総合的なパフォーマンスを計測する「PassMark PerformanceTest 8.0」でも、なかなか健闘しています。

「PassMark PerformanceTest 8.0」ベンチマーク結果

「PassMark PerformanceTest 8.0」ベンチマーク結果 ※クリックで拡大

PassMark PerformanceTest 8.0ベンチマーク結果
Inspiron 15 3000 スタンダードモデル Inspiron 14 3000 エントリーモデル Lenovo V310
CPU Mark 3106 1317 1875
2D Graphics Mark 355.4 200.6 290.9
3D Graphics Mark 739 329.9 545
Memory Mark 1383 938 1243
Disk Mark 791 568 721

CPUにCore i5やCore i7を搭載した高級モデルにはかなわないものの、5万円以内で買える格安ノートパソコンのなかでは優秀な結果です。オフィスを使った文書作成はもちろん、ちょっとした写真管理/画像加工であれば問題なくこなせるでしょう。

ゲーム性能をチェック

Inspiron 15 3000はCPU内蔵のグラフィックス機能を使うため、ゲーム性能はそれほど高くありません。しかし軽めのゲームであれば、解像度や画質を調整することで楽しむことができます。

3DMarkベンチマーク結果

総合的な3D性能を計測する「3DMark」の結果は、以下の表のとおり。格安モデルのなかではかなり高めのパフォーマンスではあるものの、3Dゲームを高画質&高解像度で楽しめるほどの性能ではありません。あくまでも「軽めのゲームを息抜き程度に楽しむ」レベルです。

3DMarkベンチマーク結果
Inspiron 15 3000 スタンダードモデル Inspiron 14 3000 エントリーモデル Lenovo V310
3dmark firestrikeFire Strike 536 294 395
3dmark skydiverSky Diver 2561 1070 1842
3dmark cloudgateCloud Gate 3837 2017 2632
3dmark icestormIce Storm 34350 22535 24421

ドラクエ10ベンチ

ドラゴンクエストXベンチマークソフト

「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」では、解像度1280×720ドットの標準品質で「快適」という評価でした。低めの解像度に限定されますが、問題なくプレーできるでしょう。

FF14ベンチ

ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク

「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク」では、解像度1280×720ドットの標準品質で「やや快適」という評価です。平均FPSは24.1ですので、シーンによっては画面がかなりカクカクしてしまうかもしれません。このゲームについては、プレーしないほうが無難です。

マインクラフト Windows 10 エディション

minecraft

パソコン版(Java版)のマインクラフトをプレーするには少々性能的に厳しいのですが、UWPアプリ(Windows 10用アプリ)のマインクラフト(マインクラフトPE相当)であれば、問題なくプレーできました。木や建物が多い場所では若干カクカクしているように見えるものの、フルスクリーンでも普通に遊べます。

本体の大きさと重さ

ここからは、Inspiron 15 3000の外観について紹介します。

標準的な大きさのノートパソコン

15.6型の液晶ディスプレイを搭載した、もっともよく使われている大きさのノートパソコンです

本体の大きさは、幅380×奥行き2260.3×高さ23.65mm。それなりに存在感のあるサイズです。

大きさの比較

A4用紙とB5ノートとの大きさ比較

本体の素材には、樹脂(プラスチック)が使われています。高級感はありませんが、格安モデルとしては標準的な質感です。

プラスチックを使ったボディ

プラスチックを使ったボディ

天板のデザイン

天板にはドットテクスチャーが刻み込まれています

パームレスト部分も同じ加工

ゴム足を含めた高さ

ゴム足を含めた高さは、実測で27mmでした。15.6型としては平均的な厚みです

天板部分

天板部分

底面部分

底面部分

バッテリーは取り外し可能

バッテリーは取り外し可能です

重量の実測

重さは実測で2254gでした。電源アダプター込みだと2515gです

液晶ディスプレイの映像品質

液晶ディスプレイの映像は、格安モデル相当です。色合いは青みが強調され、コントラストはかなり低めに抑えられていました。ただ実際に写真を見てみると、それほど違和感を感じないのでフシギです。

液晶ディスプレイに映し出した写真

液晶ディスプレイに映し出した写真

オリジナルとの比較

元の写真(右)と比べると色がだいぶ違いますが、単体で見ればそれほど違和感はありません

液晶ディスプレイのガンマカーブ。赤青緑の3色が重なっている状態が理想ですが、Inspiron 15 3000では青が強調されています(下方向に飛び出ている)

視野角は広くなく、映像を斜めから見ると色がだいぶ変わってしまいます。格安モデルであることを考えれば、しょうがないでしょう。解像度は1366×768ドットのモデルは液晶ディスプレイの表面が光沢のあるグレア仕上げですので、光の映り込みが目立ちます。気になる場合は、角度を変えて調整しましょう。

液晶ディスプレイの視野角

液晶ディスプレイを上下左右60度の角度からみた様子。視野角はかなり狭め

グレアディスプレイ

光沢のあるグレアディスプレイのため、光の映り込みが目立ちます。気になる場合は角度を変えて対処すればOKです

キーボードの使いやすさ

Inspiron 15 3000のキーボードは、数値入力に便利なテンキー付きです。キーピッチ(キーとキーの間隔)は実測で19mmと、理想的な大きさでした。Enterキー周辺がやや小さいのですが、慣れれば問題なく使えるでしょう。

テンキー付きのキーボード

テンキー付きのキーボード

余裕のあるキーボード

キーピッチは19mmと理想的な大きさ。だいぶ余裕がある作りです

キーのたわみ

ホームポジション周辺では、キーがたわみます

キーストロークは実測で1.5mm。標準的な深さです

キーのタイプ音は「タタタタ」と控えめなタイプ。しかし強めに入力するとかなり音が響く上に、どこかが振動しているような音が聞こえました。静音性についてはそれほど高くありませんが、格安モデルとしては妥当な品質でしょう。

タッチパッドはボタン一体型

タッチパッドはボタン一体型

端子類・拡張性について

周辺機器接続用の端子類としては、USB3.0×2、USB2.0×1、HDMI、有線LAN(100BASE-TX)、SDメモリーカードスロット、ヘッドホン出力などが用意されています。アナログRGB(VGA)には対応していませんが、普通に使える構成です。

左側面

左側面には電源コネクター、有線LAN、HDMI、USB3.0×2 ※クリックで拡大

右側面

右側面はSDメモリーカードスロット、ヘッドホン出力、USB2.0、光学ドライブ ※クリックで拡大

DVDスーパーマルチドライブ

DVDの再生と書き込みが可能なDVDスーパーマルチドライブ

メモリーカードスロット

メモリーカードスロットはSDサイズのカードが1.5cm程度はみ出ます

Webカメラ

液晶ディスプレイ上部には、92万画素の720p HDカメラ

電源ボタンはキーボード右上

電源ボタンはキーボード右上

HDDからSSDへの交換が可能

Inspiron 15 3000は、HDDからSSDへの交換が可能です。ただし自分で作業を行なうと、メーカー保証のサポート外となってしまう点に注意してください。くれぐれも、自己責任の上でお願いします。

HDDからSSDへの交換には底面部のカバーを開ける必要があるのですが、カバーを開けるまでが面倒です。慣れていない人、もしく十分な機材がない場合は、事前にしっかり準備をしておきましょう。

なお、詳しい交換方法については、デルのサービスマニュアルを確認してください。

SSDのクローン

HDDの内容をSSDにコピー

HDDの取り外し

Inspiron 15 3000に取り付けられている1TB HDD

本体にセット

HDDの代わりにSSDを取り付けます

SSDの交換したところ、ファイルのアクセスが高速になったのはもちろん、起動直後のモッサリ感が低減しました。バックグラウンドでウイルス対策ソフトによるスキャンやアプリの更新が行なわれていても、HDDのように長く待たされることはありません。もうちょっと高品質なSSDを使えば、より快適になるでしょう。今回は120GBのSSDを使いましたが、容量的には240GB以上がおすすめです。

SSD換装後のアクセス速度

SSD換装後のアクセス速度

メモリーの最大容量は16GB

Inspiron 15 3000は、最大16GBまでメモリーを増設できます。メモリースロットは2ポートですので、8GB×2枚の組み合わせがベストでしょう。8GBでいいのであれば、4GB×2または8GB×1の構成でOKです。なおメモリー規格はSO-DIMMのPC4-19200(DDR4-2400 )ですので、対応するメモリーを用意してください。

メモリースロット

メモリースロットは2ポート。実機では4GBのメモリーが1枚ささっていました

実際にHDDやメモリーを交換した様子や交換後の結果については、下記の記事にまとめています。

クーポン利用でお得に購入!

Inspiron 15 3000は、なんらかのキャンペーンにより常に割り引き価格で販売されています。当サイトではデルのセール情報を随時更新していますので、そちらを定期的にチェックするとお得に購入できるはずです。

やっぱりCeleronよりCore i3!

ということで、今回はデルのInspiron 15 3000のレビューをお届けしました。本体のデザインや使い勝手については格安モデル相当ですが、性能面でのコストパフォーマンスは高めです。格安モデルでよく使われるCeleronやPentiumより高性能なCPUを搭載していますので、普段の作業をより快適にこなせるでしょう。

最強コスパ

Celeronよりもはるかに高性能なCore i3/Core i5を搭載

Inspiron 15 3000は、デルの公式サイトで販売されています。このモデルを購入される方や支払い方法や納期などを知りたい方は、公式サイトの商品ページをご確認ください。

New Inspiron 15 3000

New Inspiron 15 3000 シリーズ

税込み4万円台から

なお当サイトでは、ほかにも15.6型ノートパソコンをレビューしています。Core i3搭載のInspiron 15 3000 スタンダードモデルでも十分な性能ですが、作業をより快適にこなしたいなら、下記のモデルがおすすめです。

■高性能な15.6型ノートパソコン

ThinkPad E570 HP Pavilion Power 15 Inspiron 15 5000
最強の15.6型! GTX1050搭載 おまけソフトが多い
レビュー レビュー レビュー

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました