デル Inspiron 15 Plus(7510)レビュー:RTX 3050搭載でスリムなクリエイティブワーク用ノートPC

デル Inspiron 15 Plus(7510)レビュー

デルのInspiron 15 Plus(7510)(以下、”Inspiron 15 Plus”)は、15.6インチディスプレイを搭載するスタンダードタイプのノートPCです。第11世代Coreプロセッサ(H45)とGeForce RTX 30シリーズを搭載しながらも、スリムでスタイリッシュな外観が特徴。特に画像加工や軽めの動画編集などに向いています。

Inspiron 15 Plus(7510)

Inspiron 15 Plus(7510)

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

※2021年11月11日時点

Inspiron 15 Plus(7510)のスペック

OS ・Windows 11 Home
・Windows 11 Pro
・Windows 10 Pro
ディスプレイ 15.6インチ 1920×1080 非光沢
CPU ・Core i5-11400H
・Core i7-11800H
メモリー ・8GB
・16GB
※DDR4-3200、スロット×2
ストレージ 512GB SSD
グラフィックス ・RTX 3050
・RTX 3050 Ti
通信 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2
インターフェース USB3.2 Gen1×2、Thunderbolt 4×1、HDMI2.0、SDカードスロット、マイク入力/ヘッドフォン出力共用端子
サイズ / 重量 幅356.06×奥行き228.9×高さ16.72~18.99mm / 約1.895kg
バッテリー 3セル 56WHr ※駆動時間は非公開

※2021年11月11日時点。構成は変更される場合があります

本体デザイン

Inspiron 15 Plus(7510)

Inspiron 15 Plusには高性能CPU&GPUが搭載されていますが、見た目は一般的なスタンダードノートPCと変わりません。むしろ並みのPCよりもスリム&スタイリッシュです。

Inspiron 15 Plus(7510)

Inspiron 15 Plusの外観。本体カラーは明るいシルバー

Inspiron 15 Plus 外観

普通のノートPCと変わらないスリムなフォルム

Inspiron 15 Plus 薄さ

高性能なCPUとGPUが入っているとは思えないほど薄い!

Inspiron 15 Plus パームレスト

パームレストはアルミ製

Inspiron 15 Plus エッジ

エッジとタッチパッドには高級感を演出するダイヤモンドカット加工

Inspiron 15 Plus ベゼル

15.6インチタイプとしては超細身のベゼル。画面周りがスッキリとしています

Inspiron 15 Plus 排気口

排気口は本体側面とヒンジ脇に配置されています

Inspiron 15 Plus 底面部

底面

Inspiron 15 Plus インターフェース

インターフェース累は必要十分な構成

Inspiron 15 Plus 電源アダプター

電源アダプターは130Wの丸口タイプ。重さは493gとやや大型

Inspiron 15 Plus スピーカー

スピーカーは底面配置。低音域に比較的厚みがあり、解像感は高め。中音域はややこもった感がありますが、気になりません。総合的にはノートPCとしては高音質です

Inspiron 15 Plus 指紋センサー

指紋センサーを搭載

Inspiron 15 Plus カメラ

カメラはプライバシーシャッター付き

サイズと重量

Inspiron 15 Plus サイズ

大きさは幅(横方向)356.06mm×奥行き(縦方向)228.9mm

Inspiron 15 Plus 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。一般的な15.6インチタイプよりもややコンパクトです

Inspiron 15 Plus 厚さ

厚さは実測で18.8mm、ゴム足を含めた設置時の高さは19.8mm

Inspiron 15 Plus 前面

前面からの見た目は非常にスリム

Inspiron 15 Plus 重さ

重さは実測で1.934kg。GPU非搭載機よりもやや重いのですが、GPU搭載機種としては軽量です

ディスプレイについて

Inspiron 15 Plus ディスプレイ

画面の大きさは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD。光沢なしのノングレアタイプで、映り込みが抑えられています

Inspiron 15 Plus デスクトップ

デスクトップの文字は2~2.6mm程度(スケーリングは125%)

Inspiron 15 Plus 映像品質

映像は自然な色合いで違和感はありません。色域の計測値はsRGBカバー率99.7%でした

測定結果

sRGBカバー率 99.7%
Adobe RGBカバー率 78.5%
DCI-P3カバー率 79.7%
輝度 353nit(公称値300nit)
リフレッシュレート 60Hz

Inspiron 15 Plus コントラスト

コントラストが高く、色にメリハリがあります

Inspiron 15 Plus 明るさ

画面はかなり明るく感じましたが、まぶしすぎるほどではありません

キーボードについて

Inspiron 15 Plus キーボード

キーボードは日本語配列。数値入力に便利なテンキー付きです

Inspiron 15 Plus バックライト

バックライト対応

Inspiron 15 Plus 配列

Enterキー周辺で、一部のキーが隣接しています。「¥」キーがやや小さめ

Inspiron 15 Plus タイプ感

キーピッチは18.7mmでキーストロークは実測で平均1.32mm。タイプ感はやや重く、しっかりとした手応えがあります

Inspiron 15 Plus キーボード

重い処理の最中にキーが温かく感じることがありました。指先に熱を感じるかもしれません

Inspiron 15 Plus グリル

キーボード上部はスピーカーではなく、排熱グリルだと思われます

Inspiron 15 Plus タイプ音

軽い力でもタクタクとしたタイプ音が聞こえます

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i7-11800H
メモリー 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
グラフィックス RTX 3050 Ti(4GB) ※最大65W

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、インテル第11世代のCore i5-11400HまたはCore i7-11800Hが使われています。標準TDPが45Wでゲーミング/クリエイター向けノートPC用の、いわゆる「Tiger Lake- H45」シリーズです。

CPU性能を計測するベンチマークテストを試したところ、同じCore i7-11800Hの平均ちをやや下回る結果でした。もしかするとCPUの熱が上がりすぎるのを防ぐために、あえて性能を落としているのかもしれません。Core i5-11400H搭載モデルでも、平均値を下回る可能性があります。

とは言え、性能的には十分です。特に上位のCore i7モデルであれば、動画のエンコードや高度なデータ処理などでも活用できるでしょう。

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Ryzen 9 5900HX
5262
Core i7-11800H
4992
Ryzen 7 5800H
4681
Inspiron 15 Plus(Core i7-11800H)
4417
Ryzen 7 5800U
3829
Ryzen 7 5700U
3512
Core i5-11400H
2992
Ryzen 5 5500U
2817
Core i5-1135G7
2063
Ryzen 3 5300U
2010
Core i7-1165G7
1963
Core i3-1115G4
1314
Ryzen 3 3250U
818
Athlon Silver 3050U
624
Celeron N4500
426
Celeron 6305
416

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、外付けGPUのGeForce RTX 3050またはRTX 3050 Tiが使われます。どちらもエントリー(入門)クラスのGPUのため、ミドルレンジ以上のGPUと比べると性能はそこそこと言った程度。しかし試用機では同じGPUの平均値を上回り、前世代のミドルレンジに迫るスコアが出ています。エントリークラスとしては非常に優秀です。RTX 3050でも、前世代のエントリーを上回るパフォーマンスを期待できるでしょう。

GPUの性能 (DirectX 12、WQHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
RTX 3080
11914
RTX 2080
9599
RTX 3070
8831
RTX 3060
8331
RTX 2070
7660
RTX 2060
5860
GTX 1660 Ti
5626
Inspiron 15 Plus(RTX 3050 Ti)
5303
RTX 3050 Ti
5166
RTX 3050
4120
GTX 1650 Ti
3686
GTX 1650
3178
Iris Xe (Core i7)
1250
Radeon (Ryzen 7)
1000

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUの性能 (DirectX 11、フルHD)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 3080
28566
RTX 2080
25078
RTX 3070
24153
RTX 3060
21725
RTX 2070
20037
RTX 2060
15685
GTX 1660 Ti
14451
Inspiron 15 Plus(RTX 3050 Ti)
13815
RTX 3050 Ti
13385
GTX 1650 Ti
10123
RTX 3050
10056
GTX 1650
8758
Iris Xe (Core i7)
4486
Radeon (Ryzen 7)
3384

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。テスト結果の比較用にGPU非搭載の▶THIRDWAVE DX-T7(Core i7-1165G7+16GBメモリー)と、ミドルレンジクリエイター向けノートPCの▶raytrek R5-CA(Core i7-10875H+16GBメモリー+RTX 3060)の結果もまとめました。

結果は非常に優秀です。快適に使える目安の目標値を大きく上回り、一般的な作業であれば問題なく行なえます。またすべてのテストでRTX 3060搭載機を上回ったのには驚きました。Core i7-11800Hの高い性能が影響しているのかもしれません。

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
Ins15p10276
DX-T79784
raytrek9418
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
Ins15p9426
DX-T76630
raytrek7927
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
Ins15p8707
DX-T74840
raytrek8486

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

クリエイティブ性能

UL Procyonは、アドビ製プロクリエイター向けソフトの快適さを計測するベンチマークテストです。「Photo Editing」ではPhotoshopとLightroom Classicを、「Video Editing」ではPremiere Proを利用します。テスト結果の比較用にエントリークラスのクリエイター向けノートPCの▶IdeaPad Slim 560 Pro(16)(Ryzen 7 5800H+16GBメモリー+GTX 1650)と、ミドルレンジゲーミングノートPCの▶GALLERIA XL7C-R36(Core i7-11800H + 16GBメモリー + RTX 3060)、ハイエンドゲーミングノートPCの▶ROG Strix SCAR 15 G533QS(Ryzen 9 5900HX+ 32GBメモリー+RTX 3080 )の結果もまとめました。

Procyonベンチマーク結果

テスト スコア
Photo Editing
0※エラー
IdeaPad4695
XL7C-R367406
Strix SCAR 156811
Image Retouching
Ins15p7217
IdeaPad4907
XL7C-R366708
Strix SCAR 156896
Batch Processing
0※エラー
IdeaPad4494
XL7C-R368178
Strix SCAR 156728
Video Editing
Ins15p4680
IdeaPad3268
XL7C-R365351
Strix SCAR 155901

一部のテストでエラーが出てしまったものの、画像処理系テストの結果は悪くありません。動画編集では上位GPU搭載機には劣るものの、フルHDクラスの動画編集であれば問題なく快適に行なえるはずです。

起動時間

ウィンドウズの起動時間(バッテリー駆動時)は平均19.2秒でした。最近のSSD搭載ノートPCの平均は15秒前後ですので、起動はやや遅めす。とは言え、待たされている感はあまりありません。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 18.9秒
2回目 19.3秒
3回目 19.2秒
4回目 19.3秒
5回目 19.3秒
平均 19.2秒

バッテリー駆動時間

バッテリーの駆動時間は公開されていません。そこで最大パフォーマンスの状態でビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、3時間59分で休止状態へ移行しました。

かなり短い結果ですが、電力消費の大きいCPUとしてはとGPUが最大パフォーマンスで動作していることを考えればしかたがありません。外出先では電源アダプターを利用するほうがいいでしょう。CPU内蔵グラフィックスを優先したりパフォーマンス設定を低めに変更すれば、駆動時間が多少は伸びる可能性があります。

バッテリー駆動時間の計測結果

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 ※非公開
Modern Office (ビジネス作業) 3時間49分
50%充電までにかかった時間 1時間
フル充電までにかかった時間 2時間51分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

ゲーム性能

RTX 3050 Tiは本来なら、重いゲームでも画質を下げることで普通にプレー(平均60 FPSオーバー)可能です。しかしInspiron 15 Plusではクリエイティブワーク用のRTX Studioドライバーがインストールされているため、ゲーム系ベンチマークでは低いスコアが出ました。ドライバーをゲーム用に変えればスコアは上昇するはずですが、そのままでも中量級タイトルなら普通に楽しめるはずです。

なおCore i5 / RTX 3050搭載モデルでは、スコアがさらに下がる可能性があります。

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 4855 / やや快適
標準品質 5340 / やや快適
軽量品質 5463 / やや快適

※1920×1080ドットの結果。スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 平均FPS
最高品質 13182 / 92 FPS
高品質 16000 / 114.7 FPS
標準品質 19126 / 141.7 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 24131 / すごく快適
標準品質 24262 / すごく快適
低品質 24576 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

画像処理や小規模な動画編集向き

Inspiron 15 Plus 感想
第11世代CoreプロセッサとGeForce RTX 30 シリーズの高いパフォーマンスと、スリムでコンパクトな本体デザインが魅力です。クリエイター向けノートPCはデカくてゴツいタイプが多いのですが、Inspiron 15 Plusならスッキリとしたフォルムで高い満足感を得られるでしょう。

そのぶんパフォーマンスはゴツいPCよりもやや抑えめですが、写真の現像や画像の加工、フルHDクラスの小規模な動画作りであれば快適に使えるはずです。スリムなのにパワフルなノートPCとしておすすめします。

※2021年11月11日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

デルのノートPC「Inspiron」シリーズおすすめ機種&セール情報まとめ
ノートPCのレビュー一覧

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!