デル Inspiron 16 5625レビュー:Zen3 Ryzen搭載16インチスタンダードノートPC

デル Inspiron 16 5625レビュー

デルのInspiron 16 5625は、16インチで1920×1200ドットのディスプレイを搭載するスタンダードタイプ(据え置き向け)のノートPCです。16インチのRyzen搭載機としては最安のシリーズで、高いコスパが魅力。大きな画面でしっかり作業したい人に向いています。

Inspiron 16 5625

Inspiron 16 5625

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

楽天ポイントプレゼント中!

デルの公式サイトにて8万円以上のノートPCを購入すると、3000円相当の楽天ポイントをもらえます。詳しくは以下のリンクから、キャンペーンの詳細をご確認ください。
楽天ポイントキャンペーン

スペック

OS Windows 11 Home / Pro
ディスプレイ 16インチ 16:10 1920×1200 250nit 45% NTSC 非光沢 タッチ非対応
CPU Ryzen 5 5625U / Ryzen 7 5825U
メモリー 8GB(8GB×1) / 16GB(8GB×2) ※DDR4-3200
ストレージ 256GB / 512GB SSD
グラフィックス Radeon Graphics(CPU内蔵)
通信 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2
インターフェース USB3.2 Gen2 Type-C(USB PD充電 / 映像出力対応)×1、USB3.2 Gen1 Type-A×2、SDカードスロット、HDMI1.4(最大1080p/60Hz)、ヘッドフォン出力 / マイク入力
生体認証 指紋センサー
サイズ / 重量 幅356.78mm、奥行き251.9mm、高さ15.67~18.3mm / 約1.87kg
バッテリー ※駆動時間は非公開

本体デザイン

Inspiron 16 5625 外観

Inspiron 16 5625の外観。カラバリはプラチナシルバーとペブルグリーンの2色(写真はプラチナシルバー)

Inspiron 16 5625 デザイン

フットプリントはやや大きめながら、細身でキリッとしたフォルム。エッジの立ったシャープなデザインです

Inspiron 16 5625 天板

天板は(おそらく)アルミ製。表面はツヤ消しのサラサラとした手触りで、指紋の跡はほとんど付きません。ただ肉厚が薄いためか、金属特有の強度や剛性感はあまり感じられませんでした

Inspiron 16 5625 キーボード面

キーボード面はシルバー。どことなくMacB〇〇kを感じさせるようなデザインです

Inspiron 16 5625 ベゼル

ベゼルは全体的に細め。画面周りがスッキリとしています

Inspiron 16 5625 インターフェース

インターフェース構成。種類はそこそこあるものの、据え置き用としては数が少なめです。Type-CはUSB PDと映像出力に対応しています

Inspiron 16 5625 電源アダプター

電源アダプターは65Wの丸口タイプ。重さは346g

Inspiron 16 5625 スピーカー

スピーカーはキーボード両サイドに配置されています。音は解像感が高くクリアーで、その上サラウンド感も上々。ノートPCとしてはかなり高音質な部類に入ります。ただ音量を上げすぎると、キーボード面がブルブル震えるので注意

Inspiron 16 5625 カメラ

ディスプレイ上部のWebカメラは200万画素。ビデオ撮影は1080pの30Hzに対応しています

Inspiron 16 5625 指紋センサー

キーボード右上の電源ボタンは指紋センサー内蔵

Inspiron 16 5625 排気口

排気口はこの部分。排気が直setディスプレイに当たります

Inspiron 16 5625 底面

通気口が設けられた底面部

サイズと重量

Inspiron 16 5625 サイズ

本体サイズは幅356.78mm、奥行き251.9mm

Inspiron 16 5625 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。B4サイズよりもひと回り小さい程度で、16インチタイプとしてはコンパクト

Inspiron 16 5625 厚さ

厚さは実測で18.1mm(突起部を除く)

Inspiron 16 5625 厚さ

底面部のゴム足(突起部)を含めた設置時の高さは20.2mm

Inspiron 16 5625 薄さ

フットプリントがやや大きい影響があるかもしれませんが、16インチタイプとしてはかなり薄く感じます

Inspiron 16 5625 重さ

重さは実測で1.814kg。16インチタイプとしては軽量です

ディスプレイについて

Inspiron 16 5625 画面サイズ

ディスプレイのサイズは16インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD

Inspiron 16 5625 映像品質

公式スペックでは色域はNTSC 45%で輝度は250nit。スペック的には格安ノートPC向けのパネルです。実際の映像はやや暗く感じたものの、ほかの格安ノートPCよりは色が鮮やかに出ているように感じました。ただやはり、高品質というわけではありません

Inspiron 16 5625 視野角

IPS相当の広視野角パネルで、映像を斜めから見ても色や明るさは余り変わりません

Inspiron 16 5625 映像

若干くすんだ印象を受けるものの、作業には問題ないレベルです。写真や動画を扱うなら、色域の広い外部ディスプレイを使ったほうがいいでしょう

キーボードについて

Inspiron 16 5625 キーボード

キーボードは日本語配列でテンキーなし。Enterキー周辺で一部のキーが隣接しています

Inspiron 16 5625 バックライト

バックライトに対応しています

Inspiron 16 5625 キーボード

キーピッチは横19mm縦18mmで若干横長ですが、実際に入力したところ違和感はありませんでした

Inspiron 16 5625 タイプ感

キーのストローク感は一般的なノートPCと同程度。キーを押した瞬間にカクッとした重く固めのクリック感があるので、手応えは感じられます。ただし強めに入力する人には、物足りなく感じるかもしれません

Inspiron 16 5625 タイプ音

タイプ音は軽い力でもタクタクと聞こえます。うるさくはないのですが、タイプ時の低音が響いて聞こえるのが気になりました。底面部のすき間で音が反響しているためでしょう。強く叩くとうるさいので、軽めのタッチ推奨です

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Ryzen 7 5825U
メモリー 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
グラフィックス Radeon Graphics(CPU内蔵)

※ベンチマークテストはまずWindows 11の電源プランを「バランス」に、電源モードを「最適なパフォーマンス」に設定。その上で、標準収録ユーティリティー「My Dell」の「電源マネージャ」からサーマルモードをもっとも高性能な「超高パフォーマンス」に変更。さらに電源アダプターを接続した状態で実施しています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、AMD Zen3世代のリフレッシュ版であるRyzen 7 5825UとRyzen 5 5625Uが使われています。CPU的には旧世代ですが、高度な処理で要求されるマルチコア性能については非常に優秀です。画像処理やCPUエンコードなどで威力を発揮するでしょう。複数のソフトを同時に使うような作業でも有利です。

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R23 CPUスコア
Core i7-1280P
12396
Ryzen 7 6800U
10183
Inspiron 16 5625(Ryzen 7 5825U)
9728
Core i7-1260P
8447
Ryzen 7 5700U
8304
Core i7-1255U
7819
Ryzen 5 5625U
7580
Core i7-1250U
7552
Ryzen 5 5500U
6779
Core i5-1235U
5989
Core i3-1215U
5715
Ryzen 3 5400U
5693
Core i7-1185G7
5668
Ryzen 3 5300U
5140
Core i5-1135G7
4932
Core i7-1165G7
4711
Core i3-1115G4
3378

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

一方軽めの作業に影響するシングルコア性能については、第12世代Coreプロセッサに大きく水をあけられています。ネットの調べものやちょっとした文書作成などの軽い作業であれば、第12世代Coreプロセッサのほうが有利です。

ただしRyzenシリーズはCoreシリーズよりも値段が安いので、コスパで考えるとRyzenシリーズのほうが優秀であるとも言えます。

CPUの性能差 (シングルコア性能)

CPU CINEBENCH R23 CPUスコア
Core i7-1255U
1743
Core i7-1280P
1733
Core i7-1250U
1726
Core i3-1215U
1661
Core i7-1260P
1648
Core i5-1235U
1648
Core i7-1185G7
1484
Ryzen 7 6800U
1471
Inspiron 16 5625(Ryzen 7 5825U)
1433
Core i7-1165G7
1423
Ryzen 5 5625U
1404
Core i5-1135G7
1349
Core i3-1115G4
1329
Ryzen 7 5700U
1254
Ryzen 5 5500U
1177
Ryzen 3 5300U
1125

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵のRadeon Graphicsが使われます。3Dベンチマークテストの結果はRadeon Graphicsとしては優秀。しかしインテルCoreシリーズに搭載されているIris Xeには及びませんでした。ごく軽いゲームや比較的小規模なクリエイティブワークには問題ありませんが、大作ゲームや高度な動画編集を行なえるほどではありません。

GPUの性能差(DirectX 12)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
GTX 1650
3241
Radeon 680M(Ryzen7)
2014
Iris Xe(Core i7+LPDDR4x)
1528
Iris Xe(Core i5+LPDDR4x)
1302
Iris Xe(Core i7+DDR4)
1149
Inspiron 16 5625(Ryzen 7)
1131
Radeon (Ryzen 7)
1000
Iris Xe(Core i5+DDR4)
977
Iris Plus
812
Radeon (Ryzen 5)
784
Radeon (Ryzen 3)
619
UHD
407

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUの性能差(DirectX 11)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8513
Radeon 680M(Ryzen7)
6467
Iris Xe(Core i7+LPDDR4x)
4734
Iris Xe(Core i5+LPDDR4x)
4059
Inspiron 16 5625(Ryzen 7)
3538
Iris Xe(Core i7+DDR4)
3420
Radeon (Ryzen 7)
3384
Iris Plus
2880
Radeon (Ryzen 5)
2652
Iris Xe(Core i5+DDR4)
2474
Radeon (Ryzen 3)
2324
UHD
1335

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能やストレージ性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能とメモリー性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではCPUのマルチコア性能とストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

ベンチマークテストの結果は非常に優秀です。Ryzen 7 + 16GBメモリーを搭載する10万円前後のモデルでありながら、20万円オーバーの高級モデルのスコアを軽く追い越しています。コンテンツ制作のテストではスコアがやや控えめですが、高いCPUパワーでゴリ押しできる場面もあるでしょう。

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
Inspiron169909
Pro 89477
Studio8362
Inspiron9667
R5-CA9418
UL7C10093
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
Inspiron169333
Pro 86534
Studio8253
Inspiron8530
R5-CA7927
UL7C8766
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
Inspiron166154
Pro 85363
Studio6187
Inspiron8109
R5-CA8486
UL7C10284

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック

Surface Pro 8 Core i7-1185G7 / 16GB / Iris Xe
Surface Studio Core i7-11370H / 16GB / RTX 3050 Ti
Inspiron 16 Plus Core i7-11800 / 16GB / RTX 3050
raytrek R5-CA Core i7-10875H / 16GB / RTX 3060
GALLERIA UL7C-R37 Core i7-11800H / 16GB / RTX 3070

コスパの高い16インチ

Inspiron 16 5625 

2022年9月中旬時点での価格はRyzen 5 + 8GBメモリーモデルで7万円台、Ryzen 7 + 16GBメモリーモデルで10万円前後。価格面で考えれば、16インチのRyzen搭載ノートPCとしては最安のシリーズです。

同クラスCPU搭載機のなかでは、値段はやや高めに設定されています。しかしHPやレノボの格安機種よりも、本体が高品質である点がポイント。外観もよく、キーボードの配列にも(あまり)違和感はありません。メモリースロットが2基用意されているので、その気になれば自分で増設できる点も好印象です。

用途としては高い性能を活かした高度な処理に向いていますが、もちろん普段使いにも活用できるでしょう。大きな画面で快適に作業したい人におすすめします。

楽天ポイントプレゼント中!

デルの公式サイトにて8万円以上のノートPCを購入すると、3000円相当の楽天ポイントをもらえます。詳しくは以下のリンクから、キャンペーンの詳細をご確認ください。
楽天ポイントキャンペーン

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ノートPCレビュー記事一覧

HP割引クーポンまとめ HPレビューまとめ

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!