デル Inspiron 17 3000 (3780) レビュー:キレイで見やすい大画面ノートPC

デル Inspiron 17 3000 (3780) レビュー

全モデル大幅値下げで販売中!

4/23に全モデルで1万4000円程度値下げされました。価格は毎週変わるため、現在の価格は別記事でご確認ください。
Inspiron 17 3000のセール情報をチェック

デルのInspiron 17 3000 (7380)は、17.3インチの大画面ディスプレイを搭載したノートPCです。一般的な15.6インチに比べて画面が大きく、文字や写真を見やすいのが特徴。CPUやストレージの性能も高く、ノートPCをデスクトップPC代わりに使いたい人に向いています。

Inspiron 17 3000 (3780) スペック概要

【主なスペック】CPU:Core i5 / i7、メモリー:8GB、ストレージ:HDD または SSD + HDD、ディスプレイ:17.3インチ フルHD 非光沢

Inspiron 17 3000 (3780)の注目ポイント

画面が大きく映像がキレイ

Inspiron 17 3000 (3780) 注目ポイント

画面サイズは17.3インチで、一般的な15.6インチよりもひと回り大きめ。文字やアイコン、ボタンが大きく表示されるので作業しやすい上に、発色にも優れています。

DVDの再生と書き込みが可能

Inspiron 17 3000 (3780) 注目ポイント

光学ドライブとして、DVDスーパーマルチドライブを搭載。市販DVDの再生や、ファイルのバックアップ/DVDビデオの作成などに活用できます。

Inspiron 17 3000 (3780)の評価

Inspiron 17 3000 (3780) 評価

総合評価: 3.4/5.0

(評者:こまめブログ)

デザイン スタンダードなデザインながら、安っぽさはあまり感じられない
性能 高性能な第8世代Core i5 / i7搭載。SSD + HDD構成にも対応
使いやすさ キー配列にややクセはあるがサイズは十分。端子類も充実
軽さ 重さは実測で約2.7kg。ノートPCとしては重い
画面 IPSパネルを使った映像はキレイ。画面が大きいので見やすい

こんな人にオススメ

  • 👍 文字や写真が見やすいノートPCを使いたい
  • 👍 DVDを使う機会が多い
  • 👍 持ち運ばずに自宅や職場で使う

今回はメーカーからお借りしたInspiron 17 3000 (3780) の実機を使って、本体デザインや使い心地、ベンチマーク結果などをレビューします。

※2019年3月22日時点。最新の価格については別記事のセール情報をご確認ください

関連記事

Inspiron 17 3000 (3780)のスペック

OS ・Windows 10 Home
・Windows 10 Pro
CPU ・Core i5-8265U
・Core i7-8565U
メモリー 8GB
ストレージ ・1TB HDD
・128GB SSD (PCIe) + 1TB HDD
グラフィックス ・Intel UHD Graphics 620
・Radeon 520 (2GB)
ディスプレイ 17.3インチ、
1920×1080ドット、
タッチ非対応、非光沢、IPS
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac、
Bluetooth 4.1、
100BASE-TX対応有線LAN
インターフェース USB3.1 Gen1 (フルサイズ) ×2、
USB2.0 ×1、
HDMI、
有線LAN、
SDカードスロット
セキュリティー TPM2.0、
セキュリティースロット、
マカフィーリブセーフ 12ヵ月版
カメラ 92万画素
サイズ 幅415.4×奥行き279.2×高さ25mm
重量 約2.79kg
バッテリー駆動時間 ※非公開
オフィス ※搭載モデルあり
サポート メーカー保証1年間

※2019年3月22日時点。構成は変更される場合があります

スペック上の注意点

  • 有線LANの通信速度は最大100Mbps
  • オフィス付きモデルに付属するのはOffice Personal 2019 ※エディションの変更可能

Inspiron 17 3000 (3780)の価格

Inspiron 17 3000 (3780)には、パーツ構成やオフィスの有無などが異なる複数のモデルが用意されています。主なラインナップは以下のとおり。タイミングによっては期間限定の特別モデルや、納期の早い「即納モデル」などが販売されていることもあります。

主なラインナップと価格の目安

プレミアム
Core i5 8GBメモリー 1TB HDD 8万円前後~
プレミアム・Office付
Core i5 8GBメモリー 1TB HDD Office Personal 9万円台~
プレミアム  128GB SSD+1TB HDD
Core i5 8GBメモリー 128GB SSD 1TB HDD  8万円台後半~
プレミアム  128GB SSD+1TB HDD・Office付
Core i5 8GBメモリー 128GB SSD 1TB HDD  Office Personal 10万円台~
プラチナ 128GB SSD+1TB HDD
Core i7 8GBメモリー 128GB SSD 1TB HDD  9万円台後半~
プラチナ 128GB SSD+1TB HDD・Office付
Core i7 8GBメモリー 128GB SSD 1TB HDD  Office Personal 11万円台~

※2019年4月23日時点

価格は、そのとき実施されているキャンペーンによって大きく変わります。最新価格については別記事にまとめていますので、そちらでご確認ください。

関連記事

Inspiron 17 3000 (3780)のセール情報をチェック

Inspiron 17 3000 (3780)の本体の大きさやデザイン

Inspiron 17 3000 (3780)の特徴は、17.3インチの大型液晶ディスプレイを搭載している点です。ノートPCとしては標準的な15.6インチに比べて画面がひと回り大きく、そのぶん文字やアイコンが大きく表示されます。またソフトのボタンやメニューも大きく表示されるため、操作しやすいのもメリットです。

15.6インチと17.3インチの大きさ比較

15.6インチと17.3インチの大きさの違い

15.6インチと17.3インチの本体サイズの違い

15.6インチのInspiron 15 3000 (左)と、17.3インチのInspiron 17 3000 (右)

文字の大きさの違い

デスクトップの拡大率が同じでも、17.3インチ(左)のほうが15.6インチ(右)よりもわずかに大きく表示されます

本体カラーはプラチナシルバーのみ。ボディの素材は樹脂 (プラスチック)ですが、特に安っぽすぎるというわけでもありません。デル製ノートPCらしい、スタンダードなデザインです。

Inspiron 17 3000 (3780) 本体カラー

プラチナシルバーの本体カラー

Inspiron 17 3000 (3780) 天板

天板はサラサラとした手触り。指紋や油脂の汚れがほとんど目立ちません

Inspiron 17 3000 (3780) キーボード面

キーボード面はブラック

Inspiron 17 3000 (3780) パームレスト

パームレストには格子状のテクスチャー加工。油脂の汚れが少し目立ちますが、軽く拭き取ればキレイになります

Inspiron 17 3000 (3780) ベゼル幅

液晶ディスプレイのベゼル (枠)幅は左右16mm、上部20mm。やや太めです

Inspiron 17 3000 (3780) 底面部

底面部はシルバーで、天板と同じ仕上がり

Inspiron 17 3000 (3780) シルエット

やや厚みはありますが、見た目はスリム

大型の液晶ディスプレイが使われているため、本体サイズもかなり大きめです。サイズ感はA3サイズ (幅420×奥行き297mm)よりやや小さい程度。A4用紙を2枚並べた状態よりもひと回り小さいとイメージするといいでしょう。

Inspiron 17 3000 (3780) 本体サイズ

本体サイズ

Inspiron 17 3000 (3780) 大きさ比較

A4用紙とB5ノートとの大きさ比較

Inspiron 17 3000 (3780) 大きさ比較

15.6インチノートPCとのサイズ比較

Inspiron 17 3000 (3780) 前面と背面

前面と背面

Inspiron 17 3000 (3780) 薄さ

ゴム足を含めた設置時の高さは実測29mm。やや厚みがあります

Inspiron 17 3000 (3780) 重さ

重量は実測で2.682kg。持ち歩きには厳しい重さです

ノートPCの平均重量

画面サイズ 平均重量
11.6インチ 1.06kg
12.5インチ 1.095kg
13.3インチ 1.209kg
14インチ 1.582kg
15.6インチ (スタンダード) 2.131kg
15.6インチ (ゲーミング) 2.413kg
17.3インチ 2.814kg

※2018年1月~12月に当サイトが検証したノートPC(2-in-1を含む) の実測値より

Inspiron 17 3000 (3780)の画面の色と見やすさ

画面サイズは17.3インチで、解像度は1920×1080ドット。標準時のデスクトップの拡大率は100%です。実際にWebページやソフトを見たところ文字は大きく表示され、見づらさは感じませんでした。

Inspiron 17 3000 (3780) 液晶ディスプレイのスペック

液晶ディスプレイの大きさは17.3インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD

映像の色合いは美しく、色鮮やかです。色のメリハリがあり、写真や動画を閲覧したり加工したりするのにも向いています。文字もボンヤリとかすんで見えることはありません。

Inspiron 17 3000 (3780) 映像品質

コントラストが高く、非常に色鮮やか

Inspiron 17 3000 (3780) ガンマカーブ

i1Display Proによるガンマカーブ。色のバランスは良好

Inspiron 17 3000 (3780) 明るさ

輝度は公称値で300nit、実測で346nit。非常に明るく感じます

Inspiron 17 3000 (3780) 色域

スタンダードタイプのモデルとしては色の再現性が高めです。アマチュアレベルなら写真や動画の加工/編集にも向いています

Inspiron 17 3000 (3780)の色域測定結果

sRGBカバー率 92.3%
sRGB比 99.2%
Adobe RGBカバー率 71.5%
Adobe RGB比 73.5%

液晶ディスプレイの表面は、光沢なしのノングレア仕上げです。眼精疲労の原因となる映り込みが抑えられており、長時間の作業にも向いています。

Inspiron 17 3000 (3780) ノングレア

光沢 (左)と非光沢 (右)の違い

Inspiron 17 3000 (3780)のキーボードの使いやすさ

キーボードはエクセルなどで数値入力に便利なテンキー付きで、バックライトには非対応です。キーピッチ (キーとキーの間隔)は横19mmで縦18mm。若干キーが横長ですが、入力時に違和感は感じませんでした。ただし一部のキーが小さいため、使い始めのうちはタイプミスがあるかもしれません。

Inspiron 17 3000 (3780) キーボード

Inspiron 17 3000 (3780) のキーボード。防水対応とのことですが、防水性能がどの程度なのかは不明です

Inspiron 17 3000 (3780) 配列で気になる部分

Enterキーの周辺で、一部のキーが隣接しています

キーのタイプ感は軽めです。キーストローク (キーを押し込む深さ)は実測約1.5mmと標準的なのですが、押し込む力 (押下圧)が低く、スコッと抜けるように感じます。また入力時にたわみと底打ち感が感じられました。格安モデルのInspiron 15 3000シリーズと同じキーボードが使われているようです。

Inspiron 17 3000 (3780) タイプ感

キーストロークは実測で約1.5mm。押した瞬間に軽いクリック感がありますが、押下圧は弱めで手応えはあまり感じられません

タイプ音は軽めに打っても、カチャカチャと聞こえます。強めに打つと音がけっこう目立ちました。全体的にキーボードの仕上がりは、あまりいいわけではありません。普通に入力できるものの、キーボードにこだわらない人向けです。

Inspiron 17 3000 (3780) タイプ音

タイプ音はやや大きめで、カチャカチャという音が響きます

Inspiron 17 3000 (3780) タッチパッド

タッチパッドはボタン一体型。反応は特別スムーズではありませんが、普通に使える仕上がりです

Inspiron 17 3000 (3780)の端子類の種類と使いやすさ

インターフェースは最新の技術には対応していないものの、普通に使える十分な構成です。光学ドライブを搭載しているので、DVDの再生や書き込みに対応している点が魅力。ただし有線LANは転送速度が最大100Mbpsで、1000Mbpsではない点に注意してください。

Inspiron 17 3000 (3780) 左側面

左側面のインターフェース

  • ① 電源コネクター
  • ② HDMI
  • ③ 100BASE-TX対応有線LAN
  • ④ USB3.1 Gen1
  • ⑤ ヘッドセット端子

Inspiron 17 3000 (3780) 右側面

右側面のインターフェース

  • ① SDカードスロット
  • ② USB2.0
  • ③ 光学ドライブ
  • ④ セキュリティースロット ※盗難防止用

Inspiron 17 3000 (3780) 光学ドライブ

光学ドライブはDVDの砕石と書き込みが可能なDVDスーパーマルチドライブ

Inspiron 17 3000 (3780) 電源アダプター

付属の電源アダプター。重さは328g

Inspiron 17 3000 (3780)のベンチマーク結果

今回のテストでは、プレミアム 128GB SSD+1TB HDDモデルを使いました。主なスペックは以下のとおり。ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります。あらかじめご了承ください。

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i5-8265U
メモリー 8GB
ストレージ 128GB SSD (PCIe) + 1TB HDD
グラフィックス Radeon、 520 (2GB)

ストレージ性能

試用機で使われていた128GB SSDと1TB HDDのアクセス速度は以下のとおりです。SSDは高速なPCIe (NVMe)接続とは言え、シーケンシャルライトがHDD並みの速度でした。

試用機で使われていたのは東芝のBG3シリーズで公式スペックによるとシーケンシャルライトは1300MB/秒、シーケンシャルライトは600MB/秒のはずですが、速度があまり出ていません。とは言えウィンドウズの快適さに大きく影響するランダムアクセスはHDDよりもはるかに高速ですので、問題なく利用できるでしょう。ちなみにこのSSDの転送モードはPCIe 3.0 x2ですが、M.2スロットがより高速なPCIe 3.0 x4に対応しているかは不明です。

Inspiron 17 3000 (3780) ストレージのアクセス速度 (Crystal Diskmark)

128GB SSD (左)と1TB HDD (右)のアクセス速度 (Crystal Diskmark)

ストレージのアクセス速度

ストレージのアクセス速度の違い

ウィンドウズの起動時間は、平均17.18秒でした。SATA接続SSD並みの速さですが、HDDのみの場合だと40秒以上かかることもあるので、起動はとても速いと考えていいでしょう。ウィンドウズの快適さを重視するなら、SSD搭載モデルをおすすめします。

起動時間の計測結果(手動による計測)

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
17.3秒 17.2秒 16.9秒 17.3秒 17.2秒 17.18秒

CPU性能

試用機で使われていたCore i5-8565Uは第8世代 (Whisky Lake)の4コア/8スレッドCPUで、性能は高めです。Inspiron 17 3000 (3780)ではベンチマークテストの結果がやや低かったものの、2年前に使われていたCore i7-7500Uを大きく上回っています。ちょっとした写真加工や動画編集、高度なデータ処理などにも利用できるでしょう。普段使いには十分すぎる性能です。重い処理をより快適に行ないたいなら、Core i7-8565U搭載モデルをおすすめします。

CPUベンチマーク結果

CPU PassMark PerformanceTestのCPU Markスコア
Core i7-8565U
9876
Core i7-8550U
9009
Core i5-8250U
8403
Inspiron 17 3780 (Core i5-8265U)
8224
Core i7-7500U
5564
Core i3-8130U
5411
Core i5-7200U
4803
Core i3-7100U
3785

※そのほかのベンチマーク結果は当サイト計測の平均値

Inspiron 17 3000 (3780) のゲーム性能

Inspiron 17 3000 (3780)の一部のモデルでは、専用グラフィックス機能としてAMD Radeon 520が使われています。

ただし専用グラフィックス機能と言っても、性能はごく控えめ。3D性能を計測するベンチマークを試したところ、CPU内蔵のグラフィックス機能であるIntel UHD Graphics 620よりもちょっといい程度の結果でした。ゲームを本格的にプレーするにはパワーがまったく足りません。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strikeのスコア
GeForce MX150
3053
GeForce MX130
1492
Inspiron 17 3780 (Radeon 520)
1489
UHD 620 (Core i7)
1092
UHD 620 (Core i5)
1029

※そのほかのGPUのベンチマーク結果は当サイト計測の平均値

ではなぜこのような機能が使われているかと言うと、Radeon 520に搭載されている2GBのビデオメモリーを利用することで、グラフィックス処理時におけるメインメモリーの消費量を減らすためです。たとえば外付けディスプレイを接続して2画面で利用する際などに効果を発揮します。クリエイティブ系ソフトの処理が体感できるほど改善されるわけではありません。

ゲームについても高い効果は期待できないものの、ごく軽めのゲームや2D描画主体のゲームなら快適にプレーできるでしょう。たとえばドラクエ10やLeague of Legendsなどなら、問題ありません。しかしフォートナイトやFF14など高いグラフィックス性能を必要とするタイトルではかなり厳しそうです。

ゲーム系ベンチマーク結果

FF14ベンチ
FF14:紅蓮のリベレーター(DX11) ※中量級
1980×1080 最高品質 1002(設定変更が必要) ※5.975 FPS
高品質(ノートPC) 1575(設定変更を推奨) ※9.949 FPS
標準品質(ノートPC) 2438(普通) ※16.008 FPS
ドラゴンクエストX
ドラゴンクエストX(DX9) ※軽量級
1920×1080 最高品質 3737(普通)
標準品質 5098(快適)
低品質 6014(快適)

※FF14は平均60FPS以上が理想

バッテリー性能

Inspiron 17 3000 (3780)では、バッテリー駆動時間が公開されていません。そこで実際のバッテリー駆動時間を計測したところ、バッテリー消費の少ないテストでは5時間58分、バッテリー消費がかなり大きいテストでは4時間という結果でした。それほど長持ちするわけではありませんが、そもそも持ち運び向きのモデルではないため気にする必要はありません。

バッテリー駆動時間のテスト結果

公称値 ※非公開
BBenchによる計測 5時間58分
PCMark 8による計測 4時間

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

デスクトップPC代わりのノートPCに最適

ということで、今回はInspiron 17 3000 (3780)のレビューをお届けしました。

やはり特筆すべきは、画面の見やすさです。文字やアイコンが大きく表示されるので作業しやすいというだけなく、映像品質にも優れています。発色の良さを活かして、写真や動画の加工/編集に使うのもいいでしょう。メモリー容量が8GBなので本格的な映像制作には容量不足ですが、ちょっとした趣味のレベルであれば問題ありません。さらにSSD + HDDの両対応モデルであれば、容量不足や待ち時間の長さで困る場面も少ないはず。大きな画面でじっくりと作業したい人におすすめします。

Inspiron 17 3000 (3780) まとめ

大画面と豊富な機能&高いパフォーマンスで、デスクトップPCのように使える!

※2019年3月22日時点。最新の価格については別記事のセール情報をご確認ください

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

\おすすめ記事/

マカフィーリブセーフ
 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました