デルInspiron コンパクト デスクトップ(3891)レビュー:第11世代Core i5搭載で6万円台からの格安デスクトップPC

デルInspiron コンパクト デスクトップ(3891)レビュー
デルのInspiron コンパクト デスクトップ(3891)(以下、”Inspiron 3891″)は、ミニタワー型のデスクトップPCです。一般的なミニタワー型よりもコンパクトな上に、無線LANやBluetoothに標準対応。価格も安く、第10世代のCore i3搭載で5万円台、第11世代のCore i5搭載で6万円台と手頃な値段で入手できます。

Inspiron コンパクト デスクトップ(3891)

Inspiron コンパクト デスクトップ(3891)

主なラインナップ

スタンダード
Core i3 8GBメモリー 1TB HDD 5万3934円
スタンダード(SSD+HDD搭載)
Core i3 8GBメモリー 256GB SSD 1TB HDD 5万9743円
プレミアム
Core i5 8GBメモリー 1TB HDD 6万3894円
プレミアム(SSD+HDD搭載)
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD 1TB HDD 6万8873円
プレミアム(大容量SSD搭載)
Core i5 8GBメモリー 512GB SSD 7万1364円

※2021年10月6日時点

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

※2021年10月6日時点

Inspiron コンパクト デスクトップ(3891)のスペック

OS ・Windows 10 Home
・Windows 10 Pro
CPU ・Core i3-10105
・Core i5-11400
チップセット Intel B560
メモリー 8GB
※スロット2基、最大64GB、DDR4 2666 / 2999
ストレージ ・1TB HDD
・256GB SSD + 1TB HDD
・512GB SSD
グラフィックス ・UHD 630(Core i3)
・UHD 730(Core i5)
・GTX 1650 SUPER
電源 ・260W
・360W(グラボあり)
サイズ 幅154mm
奥行き293mm
高さ324.3mm
重量 最小4.94kg

※2021年10月6日時点。構成は変更される場合があります


フォームファクター ※独自仕様
SATAポート 3
M.2スロット 2 (Wi-Fi用×1、ストレージ用×1)
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
ドライブベイ 3.5インチ×1
拡張スロット PCI Express x16 ×1
PCI Express x1 ×1
有線LAN 1000Mbps
無線LAN Wi-Fi 6
Bluetooth Bluetooth 5.1
USB3.2 3(前面×1、背面×2)
USB3.0
USB2.0 4(前面×2、背面×2)
USB Type-C 1(USB3.2 Gen1 前面)
Thunderbolt 3
メモリーカード SD
HDMI 1
VGA (D-sub15) 1
DisplayPort 1(GTX1650搭載)
DVI 1(GTX1650搭載)
シリアルポート
PS/2
付属品 USBキーボード、USBマウス、電源ケーブルなど
オフィス ※オプションで追加可能

Inspiron 3891 付属品

付属のUSBキーボードとUSBマウス

本体の外観

サイズについて

Inspiron 3891は、デスクトップPCのなかでは標準的なサイズの「ミニタワー型」に分類されます。ただし一般的なミニタワー型と比べて本体がひとまわりコンパクト。通常のミニタワー型よりも接地面積が小さく、外観の圧迫感もありません。

デスクトップの主な分類

ミドルタワー型 ミニタワー型 スリム型 コンパクト型
デスクトップのサイズ比較
機能:◎
拡張性:◎
省スペース性:×
冷却性能:◎
機能:◎
拡張性:○
省スペース性:△
冷却性能:○
機能:○
拡張性:△
省スペース性:○
冷却性能:△
機能:△
拡張性:×
省スペース性:◎
冷却性能:△

Inspiron 3891 外観

Inspiron 3891の外観

Inspiron 3891 大きさ

ボックスティッシュとのサイズ比較

Inspiron 3891 前面と背面

前面と背面。幅は15.4cm

Inspiron 3891 側面

左側面(左)と右側面(右)。奥行きは29.3cmで、高さは32.43cm

Inspiron 3891 設置イメージ

23.8インチディスプレイと組み合わせたときの設置イメージ

インターフェースについて

周辺機器接続用のインターフェース(端子類)は多くはありませんが、十分な構成です。

Inspiron 3891 前面

前面のインターフェース

  • ① DVDスーパーマルチドライブ
  • ② 電源ボタン
  • ③ SDカードスロット
  • ④ ヘッドホン端子
  • ⑤ USB2.0
  • ⑥ USB3.2
  • ④ USB3.2 TypeC

Inspiron 3891 背面

背面のインターフェース

  • ① ヘッドホン端子
  • ② HDMI
  • ③ VGA(D-sub15ピン)
  • ④ USB3.2
  • ⑤ USB2.0
  • ⑥ 有線LAN
  • ⑦ DVI(GTX1650搭載時)
  • ⑧ HDMI(GTX1650搭載時)
  • ⑨ DisplayPort(GTX1650搭載時)

試用機では拡張スロットに、シリアルポートとパラレルポートの拡張ボードが挿されていました。これが標準の機能なのかは不明です。ただ公式サイトでは「実際の商品にはシリアルポートとパラレルポートが実装されています」との表記があるので、もしかすると標準仕様なのかもしれません(そうではない可能性もあります)。

Inspiron 3891 拡張ボード

試用機ではレガシーポートの拡張ボードが使われていましたが、これが標準仕様なのかは不明

分解方法とパーツ交換について

内部へのアクセス方法

側面のパネルを外すと、内部のメンテナンスやパーツ交換などが行なえます。サイドパネルのネジは手でも外せるので、作業は簡単です。ネジで固定するSSDを除いてほとんどの作業はツールレスで、ドライバーなどは必要ありません。

Inspiron 3891 本体内部

側面のパネルを外した状態

Inspiron 3891 フロントパネル

フロントパネルも取り外し可能

各部のパーツ

Inspiron 3891 マザーボード

マザーボード全体

Inspiron 3891 CPU

CPU部分には空冷ファンの効果を高めるファンエアーフローカバーが取り付けられています。カバーは取り外し可能です

Inspiron 3891 CPU

メモリースロットは2基

Inspiron 3891 拡張スロット

拡張スロット類

  • ① PCI Express x1
  • ② PCI Express x16
  • ③ ストレージ用M.2スロット(Type-2230/2280対応)

Inspiron 3891 ドライブベイ

フロント部分に3.5インチドライブベイ

Inspiron 3891 電源

試用機の電源は360W 80PLUS BRONZEでした。現在販売中のモデルは260Wの80PLUS BRONZE

Inspiron 3891 補助電源

補助電源ケーブルは6ピン用

Inspiron 3891 SATA

SATAポートは3基

Inspiron 3891 拡張スロット

拡張スロットにはフルハイトの拡張ボードを使用可能。長さは21cm前後までOKです

Inspiron 3891 ボード

拡張ボードをロック用のパーツで固定可能。ネジ留めは必要ありません

Inspiron 3891 グラボ

試用機で使われていたGTX 1650 SUPERのグラボ。現在グラボ付きモデルは販売停止中です

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i5-11400
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD + 1TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 1650 SUPER

※各種ベンチマークテストは、Windows 10の電源プランを「高パフォーマンス」に設定した上で実施しています
※ベンチマーク結果はパーツ構成やタイミング、環境、個体差などの要因で大きく変わることがあります

ストレージ性能

試用機のストレージ構成は256GB SSD + 1TB HDDでした。アクセス速度はどちらも標準的。実際に使っていて、特に遅く感じる場面はありません。ただし1TB HDDのみのモデルでは、PCの起動やWindowsの更新などに時間がかかるでしょう。SSD付きモデルの利用を、強くおすすめします。

Inspiron 3891 ベンチマーク

256GB SSD(左)と1TB HDD(右)のアクセス速度

CPU性能

CPUとしては、Core i3-10105またはCore i5-11400が使われています。試用機で使われていたCore i5-11400は第11世代の6コア12スレッドCPUで本来なら第10世代のCore i5-10400よりも高性能であるはずですが、CPUベンチマークでは低めのスコアが出ました。Inspiron 3891全体の症状なのか、それとも試用機固有の症状なのかはわかりません。性能は低くはないものの、ちょっと残念な結果です。

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Core i7-11700K
5741
Core i9-11900KF
5345
Ryzen 7 4700G
4953
Core i7-10700KF
4922
Ryzen 7 PRO 4750GE
4093
Core i7-10700
3856
Ryzen 5 PRO 4650GE
3291
Core i5-10400
3176
Inspiron 3891(Core i5-11400)
2846
Ryzen 5 3500
2594
Core i3-9100
1587
Celeron G4930
535

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

試用機では、GeForce GTX 1650 SUPERが使われていました。ただし現在(2021年10月上旬時点)はGPU搭載モデルが販売されていないので注意してください。GPUなしモデルは電源が260Wしかないため、GTX 1650 SUPERの350WやGTX 1650の300Wといった推奨電源容量をクリアーできません。GPUなしの性能はUHD 630よりやや上程度と考えたほうがいいでしょう。

ベンチマークスコア自体は、GTX1650としては妥当な結果です。

GPUの性能 (DirectX 12、WQHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
RTX 3090
18521
RTX 3080
16515
RTX 3070
13072
RTX 2080
10305
RTX 2070
8738
RTX 2060
6754
GTX 1660
5303
GTX 1650 SUPER
4614
Inspiron 3891(GTX 1650 SUPER)
4470
GTX 1650
3383
Radeon(Ryzen 7)
1424
UHD 630
421

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUの性能 (DirectX 11、フルHD)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 3090
44130
RTX 3080
39977
RTX 3070
32448
RTX 2080
25358
RTX 2070
22766
RTX 2060
17645
GTX 1660
13004
GTX 1650 SUPER
11853
Inspiron 3891(GTX 1650 SUPER)
11459
GTX 1650
9005
Radeon(Ryzen 7)
4328
UHD 630
1329

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ゲーム系ベンチマーク結果

GTX1650搭載の試用機でゲーム系ベンチマークテストを試したところ、やや重い程度のゲームでもフルHDの高画質で快適のとの評価でした。ただし現在はGTX 1650 SUPER搭載モデルが販売されておらず、CPU内蔵のUHD 730ではごく軽めのゲームをなんとか楽しめる程度でしかありません。GPUなしモデルではゲームのプレーを考えないほうがいいでしょう。

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 3950 / 普通
標準品質 5434 / やや快適
軽量品質 5559 / やや快適

※1920×1080ドットの結果。スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 平均FPS
最高品質 11725 / 82.5 FPS
高品質 12492 / 88.3 FPS
標準品質 16840 / 126.2 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 22069 / すごく快適
標準品質 21992 / すごく快適
低品質 23088 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

お手ごろな高性能デスクトップPC

Inspiron 3891 まとめ

よかった点

6コア12スレッドの高性能なCore i5-11400を搭載した機種が、6万円台で入手できるのは大きな魅力です。メモリーもストレージも最低限の構成ですが、できるだけ安くて高性能なデスクトップPCが欲しい人に向いています。

気になる点

ベンチマークテストの結果がふるわなかった点が気になります。今回のテストでは一般的なスコアに比べて30%程度低かったのですが、これが試用機固有の症状なのかそれともInspiron 3891全般で見られる症状なのかがわかりません。

またGPUなしモデルでは電源が260Wしかないため、GTX系のグラボを追加できない点も残念です。今後GPU付きモデルが再販されるかもしれませんが、現状ではグラフィックス性能は考えないほうがいいでしょう。メモリーを増設して、事務処理やデータ処理などに使うのに向いています。

※2021年10月6日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのTwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

デスクトップPCレビュー一覧

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!