NEC LAVIE Direct N15(R) レビュー:第3世代Ryzenモバイル4000シリーズ&光学ドライブ搭載の15.6インチノートPC

NEC LAVIE Direct N15(R) レビュー

NECのLAVIE Direct N15(R)は、15.6インチのディスプレイを搭載するスタンダードなノートPCです。特徴は、コスパに優れるAMDのRyzenシリーズと光学ドライブを搭載している点。高い性能が魅力のモデルです。
LAVIE Direct N15(R)

ポイント

  • 高コスパなRyzenシリーズ搭載
  • 光学ドライブを搭載
  • パーツカスタマイズ対応

LAVIE Direct N15(R)のスペック

OS ・Windows 10 Home
・Windows 10 Pro
画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
CPU ・Ryzen 7 Extreme Edition
・Ryzen 7 4700U
・Ryzen 5 4500U
メモリー ・8GB
・16GB
・32GB
SSD ・なし
・256GB~1TB
HDD ・なし
・1~2TB
グラフィックス Radeon
LTE 非対応
堅牢性テスト
色域 ※表記なし
幅×奥行き 362.4×253.8mm
厚さ 22.7mm
重量 約2.2kg
バッテリー 約6.1~6.3時間

※2020年12月24日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー ・パールホワイト
・カームレッド
・ネイビーブルー
・パールブラック
画面の表面 光沢
パネルの種類 ・IPS
・TN
タッチ / ペン
光学ドライブ ・DVDスーパーマルチドライブ
・ブルーレイディスクドライブ
テンキー あり (3列)
有線LAN 1000Mbps
無線LAN Wi-Fi 6 (11a/b/g/n/ac/ax)
Bluetooth 5
USB3.2
USB3.0 2
USB2.0 1
USB Type-C 1(USB3.1 Gen1)
Thunderbolt 3
メモリーカード
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ 92万画素
顔認証カメラ
指紋センサー
付属品 ACアダプターなど
オフィス ※オプションで追加可能

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

LAVIE Direct N15(R)

LAVIE Direct N15(R)

税込11万円台~

※2020年12月24日時点、スペシャル割引クーポン使用時

デザインと使いやすさ

外観について

NEC LAVIE Direct N15(R) 外観

LAVIE Direct N15(R)は15.6インチのスタンダードなノートPCで、外観もごく標準的な仕上がりです。ボディは樹脂(プラスチック)製で高級感があるとは言えませんが、かと言って安っぽすぎるごどでもありません。見た目もサイズも普通クラスと言っていいでしょう。

LAVIE Direct N15(R) 本体カラー

4色の本体カラーを用意

LAVIE Direct N15(R) 本体カラー

今回試用したのはパールブラック。のっぺりとした黒ではなく、パールパウダーのようなきらめきが見える、ややメタリックな色合いです

LAVIE Direct N15(R) 天板

天板はサラサラとした手触り。ブラックのカラーは指紋が目立ちます

LAVIE Direct N15(R) フォルム

エッジの立った仕上がりで、スタイリッシュな印象を受けるフォルム

LAVIE Direct N15(R) パームレスト

パームレストは天板と同じ仕上がり

LAVIE Direct N15(R) ベゼル

ベゼルは左右8.8mm、上部13mm、下部29.2mm。上部と左右に違和感はないのですが、下部がとても太く感じます

LAVIE Direct N15(R) 排気口

排気口はヒンジの裏あたり

LAVIE Direct N15(R) 底面

底面部の吸気口は小さめ

LAVIE Direct N15(R) サイズ

接地面積は幅362.4×奥行き253.8mm

LAVIE Direct N15(R) 大きさ

B4サイズよりもややコンパクト

LAVIE Direct N15(R) 厚さ

厚さは公称値で22.7mm、実測で22.4mm、ゴム足を含めた設置時の高さは24.2mm

LAVIE Direct N15(R) 前面

LAVIE Direct N15(R) 背面

背面

LAVIE Direct N15(R) 重さ

重量は実測で2.073kg

LAVIE Direct N15(R) 電源アダプター

付属の電源アダプターは228g

ディスプレイについて

LAVIE Direct N15(R) ディスプレイ

画面サイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD。ノートPCとしてはもっともスタンダードなスペックです。ディスプレイの表面は光沢のあるグレア仕上げでコントラストが高いのですが、画面への映り込みが生じます。

LAVIE Direct N15(R) 映り込み

光沢ありのグレアパネルで、映り込みが生じます

試用機ではTNパネルが使われており、映像はコントラストが低くやや青みがかっていました。視野角も狭く、画面の角度が変わると内容がわかりづらくなってしまいます。LAVIE Direct N15(R) はそこそこの値段がするのにも関わらず、映像品質がイマイチなのは残念です。ただしRyzen 7 Extreme Edition搭載の最上位モデルだけは、IPSパネルが使われています。

LAVIE Direct N15(R) 映像品質

映像はやや青みが強く、コントラストが低め

LAVIE Direct N15(R) コントラスト

光沢仕上げのグレアタイプなので、ノングレアよりはコントラストが高め

LAVIE Direct N15(R) コントラスト

グレアパネルでコントラストが高いぶん、文字がくっきりと映し出されます。デスクトップの文字は2.2~2.7mm程度

LAVIE Direct N15(R) コントラスト

コントラストが低いTNパネルが使われていますが、グレア仕上げの影響で色にややメリハリが感じられます

キーボードについて

LAVIE Direct N15(R) キーボード

キーボードは、テンキーあり/バックライトなしの日本語配列です。ただしテンキーは一般的な4列構成ではなく、3列構成である点に注意してください。配列に違和感はあまりないのですが、強いて挙げるなら右Shiftキーの位置が少々特殊で残念です。

LAVIE Direct N15(R) テンキー

3列構成のテンキー。4列構成のほうが主流です

LAVIE Direct N15(R) キーピッチ

キーピッチは19mmで自然な大きさ。キートップが若干くぼんでおり、指にフィットしやすいように作られています

LAVIE Direct N15(R) タイプ感

キーストロークは1.7mmで、ストローク感はしっかり感じられました。キーを押してからグッと押し込むとクリック感が生じる独特のタイプ感。タイプ音は聞こえますが、うるさくは感じません

LAVIE Direct N15(R) キーボード

ディスプレイを開くとキーボードが持ち上がるので、手首を自然な角度にキープしたまま作業できます

インターフェースについて

LAVIE Direct N15(R) インターフェース

周辺機器接続用のインターフェース類は、USB端子が合計3ポートでうち1ポートがType-C。映像出力がHDMI、あとは有線LANやヘッドホン端子などが用意されています。SDカードすっとが用意されていない点に注意してください。また光学ドライブとしてDVDスーパーマルチドライブまたはブルーレイディスクドライブを利用できます。

Type-C端子の機能

USB PD 18W充電 ×
USB PD 30W充電 ×
USB PD 45W充電 ×
USB PD 65W充電 ×
USB PD 100W充電 ×
映像出力 ×

LAVIE Direct N15(R) 光学ドライブ

再生と書き込みが可能な光学ドライブを標準搭載

LAVIE Direct N15(R) スピーカー

底面部のスピーカーは音がかなりこもって聞こえました。サラウンド間や音の厚みに欠けるのですが、ビデオ会議などには普通に使えます

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Ryzen 7 4700U
メモリー 8GB(4GB×2)
ストレージ 256GB SSD
グラフィックス Radeon

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります。またグラフィックス機能を内蔵するAMD製プロセッサーは本来「APU」」と呼ばれますが、ここではわかりやすさ優先で「CPU」と表記します

CPU性能

LAVIE Direct N15(R)では3種類のCPUが用意されていますが、このうち現在選択できるのはRyzen 5 4500Uのみです。今回はRyzen 7 4700U搭載モデルを試用しましたが、すでに販売が終了している点に注意してください。

CPU性能を計測するベンチマークテストでは、非常に優れた結果が出ました。ゲーミングノートPC向けCPUには及びませんが、スタンダードノートPC向けとしてはトップクラスのパフォーマンスです。インテルのCore i5/i7を大きく引き離しています。Ryzen 5 4500Uについても、高い性能を期待していいでしょう。

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Ryzen 7 4800H
4307
Ryzen 5 4600H
3309
Core i7-10750H
2861
LAVIE Direct N15(Ryzen 7 4700U)
2849
Ryzen 7 4700U
2805
Ryzen 5 4500U
2259
Core i7-10710U
2214
Core i7-1165G7
2002
Core i7-1065G7
1625
Ryzen 3 4300U
1581
Core i7-10510U
1486
Core i5-1035G4
1480
Core i5-1035G1
1456
Core i5-10210U
1435

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

3Dベンチマークテストでは、そこそこいい結果が出ています。ただし試用機は4GB×2でメモリー容量が大きくないため、スコアがあまり伸びませんでした。8GB×1のシングルチャネルよりも高いスコアが出ていますが、メモリーを交換して8GB×2のデュアルチャネルにしたほうがより快適に使えそうです。Ryzen 5モデルでも、同様の結果となるでしょう。

GPUの性能差

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8513
Iris Xe (Core i7)
5028
MX250
3400
Radeon (Ryzen 7 8GB×2)
3384
Iris Plus(Core i7)
2880
LAVIE Direct N15(Ryzen 7 4GB×2)
2840
Radeon (Ryzen 5 4GB×2)
2652
Radeon (Ryzen 7 8GB×1)
2364
Radeon (Ryzen 3)
2324
Iris Plus(Core i5)
2236
UHD (Core i7)
1335
UHD (Core i5)
1273

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

テスト スコア
Essentials (一般的な利用)
目標値4100
スコア7869
Productivity (ビジネス利用)
目標値4500
スコア7087
Digital Contents Creation (コンテンツ制作)
目標値3450
スコア4943

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

PCを使った作業の快適さを計測するPCMark 10のテストでは、すべてのテストで快適に使えるとされる目安をクリアーしました。普通の利用であれば問題なく使えるはずです。Ryzen 5モデルではスコアが多少下がるものの、すべてのテストをクリアーできるはずです。

ストレージのアクセス速度

ストレージはSSDまたはHDD、もしくはSSD+HDDのデュアルストレージ構成を選択できます。HDDのみではWindows 10の反応が極端に鈍くなるので、SSDを利用することを強くおすすめします。

試用機の256GB SSDを計測したところ、単発の測定ではそこそこ優秀な結果が出ました。しかし負荷の高いテストを連続で行なったところ、シーケンシャルライトの速度が大きく下がっています。おそらくね熱によって性能が低下しているのかもしれません。

LAVIE Direct N15(R) ストレージ

通常のアクセス速度計測結果(左)と高負荷時のアクセス速度計測結果(右)

お得なクーポンについて

NECの直販サイトでパソコンを購入するなら、一般公開されていない特別クーポンの利用をおすすめします。通常のクーポンよりも割引き率が高く、お得に購入できるからです。

クーポンには登録なしで使える「広告限定優待クーポン」と、無料のメルマガ会員に登録することで利用できる「スペシャルクーポン」の2種類があります。それぞれのクーポンページから購入したいモデルを選ぶとクーポン割引が自動的に適用されますが、一部のモデルでは手動で入力する必要があるので注意してください。

NEC クーポン

クーポンページで購入したい機種を選択

NEC クーポン

注文画面でクーポン割引が自動的に適用されます

LAVIE Direct N15(Rの割引率

種類 割引率
通常クーポン(販売ページに掲載) 24%オフ
広告限定優待クーポン(下記リンク先に掲載) 25%オフ
スペシャルクーポン(メルマガ登録で利用可能) 26%オフ

※2020年12月24日時点

Ryzen+光学ドライブの組み合わせで使いたい人に

LAVIE Direct N15(R) 感想

よかった点

第3世代Ryzenモバイル4000シリーズによる高い性能が魅力です。またDVDやブルーレイの再生/書き込みが可能な光学ドライブを搭載している点もポイント。実はRyzen+光学ドライブの組み合わせは珍しく、特に海外メーカーの製品ではほとんど見かけません。DVDやブルーレイを使いたい人におすすめです。

気になる点

ディスプレイに、映像品質がイマイチなTNパネルが使われている点が残念です。格安モデルなら仕方がないなと思えるのですが、10万円オーバーの機種で画面が見づらいのはいかがなものでしょうか。せめてIPSパネルを使うか、値段をもっと下げていただきたいところです。

LAVIE Direct N15(R)

LAVIE Direct N15(R)

税込11万円台~

※2020年12月24日時点、スペシャル割引クーポン使用時

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いいたします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!