NEC LAVIE Direct NEXT レビュー:高性能&スタイリッシュなスタンダードノートPC

NEC LAVIE Direct NEXT レビュー

NECのLAVIE Direct NEXTは、非常にパワフルなスタンダードタイプ(15.6インチ)のノートPCです。CPUは第8世代のCore i5/i7でメモリー容量は最大32GB、ストレージは512GB SSDやHDD+SSDのデュアルストレージ構成に対応しています。大量のデータを扱う作業でも、快適にこなせるでしょう。

LAVIE Direct NEXTの概要

【主なスペック】CPU:第8世代Core i5/i7 / メモリー:4~32GB / ストレージ :SSD/HDD(デュアル可)/液晶ディスプレイ:15.6型 フルHD

また、本体がスタイリッシュな点もポイント。狭額デザインを採用することで、同クラスの他社製品よりもコンパクトなボディを実現しています。

今回はメーカーからお借りした実機を使って、LAVIE Direct NEXTの本体デザインや使い勝手、性能などをレビューします。

LAVIE Direct NEXT

LAVIE Direct NEXT

税込14万円台から

限定クーポン利用時

NECのパソコン LAVIEシリーズ おすすめ機種まとめ&セール・クーポン情報
NECの直販サイト「NECダイレクト」で実施されているお得なセール/キャンペーン情報をまとめています。特別価格で買えるクーポンも!

スペックとラインナップ

LAVIE Direct NEXTのスペック

OS Windows 10 Home / Pro
CPU Core i5-8250U / Core i7-8550U
メモリー 4 / 8 / 16 / 32GB
ストレージ 256 / 512 GB SSD または 1 / 2TB HDD ※デュアルストレージ対応
グラフィックス Intel UHD Graphics 620
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ / ブルーレイディスクドライブ
ディスプレイ 15.6型、1920×1080ドット、IPS、光沢、タッチ非対応
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1 ※オプションのアダプター利用で有線LAN対応可
インターフェース USB3.0(フルサイズ)×2、USB3.1 Gen1 (Type-C)✕1、HDMI、SDメモリーカードスロット、ヘッドホン出力
セキュリティ機能 TPM 2.0、指紋センサー
カメラ HD 720p(92万画素)
サイズ/重量 幅361×奥行き243×高さ25mm/約2.3kg
バッテリー駆動時間 6.8時間(Core i7) / 6.9時間(Core i5)

※2018年3月22日時点。構成や価格は変更される場合があります

LAVIE Direct NEXTのカスタマイズ例

LAVIE Direct NEXTは、CPUの種類やメモリー/ストレージの容量によって価格が大きく変わります。以下の構成例を参考に、自分にあったパーツを選んでください。

構成例(限定クーポン利用時)

最安構成
Core i5 4GBメモリー 1TB HDD 税込14万円台
おすすめ構成
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD 1TB HDD 税込16万円台半ば
高性能構成
Core i7 16GBメモリー 512GB SSD 税込19万円前後
超ハイエンド構成
Core i7 32GBメモリー 512GB SSD HDD 2TB ブルーレイディスクドライブ 税込22万円台

※2018年3月22日時点。構成や価格は変更される場合があります

「ソフトウェアパック」として用意されている「標準ソフトウェアパック」を選ぶと、はがき作成ソフトやデータ移動ソフト、バックアップ用ソフトなどを利用できます。価格は2000円(税別)程度なので、追加することをおすすめします。標準ソフトウェアパックの内容については、以下の関連記事をご覧ください(機種は異なりますが、ソフトの構成はほぼ同じです)。

NEC LAVIEシリーズの標準ソフトウェアパックとミニマムソフトウェアパックの違いについて
NECのノートパソコンでは、購入時に「標準ソフトウェアパック」か「ミニマムソフトウェアパック」のどちらかを選ぶことで、インス……

NECらしくない本体デザイン


LAVIE Direct NEXTの本体デザイン

スタイリッシュなボディ

本体カラーはグレイスホワイトとグレイスシルバー、グレイスレッド、グレイスゴールドの4色。底面と側面はブラックで、基本色とのツートンカラー構成になっています。これまでのNEC製ノートPCには見られない、スタイリッシュなデザインです。

本体カラー

グレイスホワイトの本体カラー

底面部

底面部と側面はブラック

本体の素材には、樹脂(プラスチック)が使われています。一般的に樹脂は質感や強度が高くないのですが、LAVIE Direct NEXTは頑丈に作られており、ボディを強く押してもたわみやゆがみは見られませんでした。

天板のデザイン

天板が樹脂製。ツヤ消しのサラサラとした手触りで、安っぽさは感じられません。左側にはLAVIEシリーズのロゴがエンボス加工で配置されています

キーボード面

キーボード面も天板部分と同じ仕上がり

コンパクトだけど厚い

接地面積は幅361×奥行き243mmで、B4サイズ(幅364×奥行き243mm)よりもひと回り小さい程度。15.6インチタイプとしては、かなりコンパクトです。

A4用紙とB5サイズノートとの比較

A4用紙とB5サイズノートとの比較

B4サイズとの比較

B4サイズ(364×257mm)よりも若干コンパクト

高さの公称値は25mmですが、実測では最薄部で26mm、最厚部で37mmでした。これだけの差が出ているのは、バッテリーの突起とゴム足が含まれていないため。計測方法としては標準的なのですが、これほど大きな違いがあるのならカタログスペックに明記するべきだと思います。

最厚部の実測値

最厚分となる背面の高さは実測で37mm

底面部の突起

底面部の突起(おそらくバッテリー)で8mm、ゴム足で2mmありますが、公称値にはこの高さが含まれていません

厚みがわからない

この角度からだと突起が隠れるので、厚みがあることに気が付きません

標準的な重さ

重量の公称値は2.3kgで、実測では2.273kgでした。15.6インチタイプのノートPCとしては標準的です。持ち歩きにはちょっと厳しいでしょう。

重量の実測値

重量は実測で2.273kg

アクセサリー類の重さ(実測値)

電源アダプター 289g

スッキリとした見やすい画面


LAVIE Direct NEXTの液晶ディスプレイ

挟額デザイン採用のフルHDディスプレイ

液晶ディスプレイの大きさは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHDです。ベゼル(液晶ディスプレイの枠)が狭い「挟額デザイン」を採用しているため、画面周りがとてもスッキリしています。

液晶ディスプレイのサイズと解像度

液晶ディスプレイの大きさは15.6インチで、解像度は1920×1080ドット。ハイエンドモデルとしては標準的なスペックです

ベゼル幅

ベゼル幅は左右8mm、上部14.5mm

発色がよく自然な色合い

液晶ディスプレイの色合いは自然で、違和感を感じさせません。写真や動画を、本来の美しさで楽しめます。コントラストが高いので色にメリハリがあり、文字もハッキリと表示されました。

写真を表示

写真は自然な色合いで表示されました。画面は特別明るいわけではありませんが、作業には十分な明るさです

ガンマカーブ

i1 Display Proで計測した液晶ディスプレイのガンマカーブ。目視では緑がやや強いように感じたものの、計測値での色のバランスは良好です

グレアパネルで映り込みあり

液晶ディスプレイの表面は光沢ありのグレア仕上げで、映り込みがそれなりに生じます。気になる場合は映り込まないように液晶ディスプレイの角度を変えたり、低反射フィルムを貼るなどするといいでしょう。

光の映り込み

液晶ディスプレイ表面は光沢ありで、映り込みが生じます

ややクセのあるキーボード

LAVIE Direct NEXTのキーボード

テンキー以外は標準的な配列

キーボードのキーピッチ(キーとキーの間隔)は18.7mmで、理想とされる19mmよりもやや小さめ。とは言うものの実際に使ってみても、特に窮屈には感じませんでした。

LAVIE Direct NEXTのキーボード

LAVIE Direct NEXTのキーボード。キーピッチは18.7mm

キーボードの傾斜

キーボード全体が斜めに傾いているので、手首を自然な角度に保ったまま作業できます

ちょっと気になったのは、テンキーが3列構成である点です。一般的には4列構成の場合が多く、使っていて違和感を感じました。テンキーを計算機のように使う人は注意が必要ですが、使い続けるうちに慣れてくるでしょう。

3列構成のテンキー

3列構成のテンキー。標準的な4列構成とキー配置が異なります。テンキーの上部にある「Tab」キーの存在が謎です

4列構成のテンキー

4列構成のテンキー ※写真は別の機種

キーボードの静音性に優れる

キーストローク(キーを押し込む深さ)は1.7mm、ノートPCの標準値である1.5mmよりも深く作られています。一般的にキーストロークが深いほどタイプ感に優れると言われていますが、LAVIE Direct NEXTは入力時のクリック感が軽く、あまり手応えを感じられませんでした。

キーボードのタイプ感

キーストロークは1.7mm。標準よりも深いのですがクリック感が軽めで、手応えがあまり感じられません

その代り、タイプ音はかなり静かです。指を横にすべらせるようにして打つと「タクタクタク」という控えめな音がする程度で、ほとんど気になりません。指を打ち下ろすようにして強く入力しても、「トストストス」とわずかに響く程度です。

タイプ音

タイプ音は控えめ。多少強いタッチでも音は気になりません

ちょっと小さいNXパッド

NXパッド(タッチパッド)はツルツルとした手触り。カーソルやマルチジェスチャーはキビキビと動作します。ボタンはわずかに固めでクリック時に「カチッ」と音がしますが、誤動作を防止するためでしょう。

少し気になるのは、奥行きが若干狭い点です。横方向にはダイナミックに操作できるのですが、縦方向の操作は指の動きを何度か繰り返す必要がありました。とは言っても、普通に使える範囲内です。

タッチパッド

NXパッド(タッチパッド)は奥行きがやや狭く、縦方向の動きは何度か繰り返す必要がありました

端子類と拡張性について

LAVIE Direct NEXTのインターフェース

インターフェースはちょっと少ない

インターフェース(端子類)はUSB3.0(フルサイズ)×2、USB3.1 Gen1 (Type-C)✕1、HDMI、SDメモリーカードスロット、ヘッドホン出力の構成です。15.6インチのスタンダードタイプでは有線LANやVGA(D-sub15ピン)などに対応しているモデルが多いことを考えると、ちょっと物足りなさを感じます。ただし、家庭で使うには十分でしょう。

光学ドライブは標準ではDVDスーパーマルチドライブですが、購入時のオプションでブルーレイディスクドライブに変更できます。

左側面

左側面には電源コネクター、HDMI、USB3.1 Gen1(Type-C)、メモリーカードスロット、ヘッドホン出力

右側面

右側面は指紋センサー内蔵電源ボタン、USB 3.0×2、光学ドライブ

光学ドライブ

光学ドライブは標準ではDVDスーパーマルチドライブですが、購入時のオプションでブルーレイディスクドライブにアップグレードできます

指紋センサーを標準搭載

セキュリティー機能としては、電源ボタンに指紋センサーが内蔵されています。あらかじめ指紋を登録しておくと、センサーに触れるだけでサインインできるので便利です。

ただ電源ボタンの位置が角にあり、本体を持ち上げるときに誤って押してしまう場面が何度かありました。

指紋センサー

指紋センサー内蔵の電源ボタン

Windows Hello対応

センサーを指で軽く触れるだけで、すばやくサインインできます

サウンドは動画視聴向き

スピーカーは底面部に用意されています。実際に音楽を聞いてみたのですが、音がわずかにこもった印象を受けました。全体的に音の厚みが物足りません。動画視聴やビデオチャットには十分ですが、音楽をジックリ楽しみたいならヘッドセットや外付けスピーカーの利用をおすすめします。

底面部のスピーカー

底面部のスピーカー

メモリー増設やSSD換装が簡単

底面部の小さなカバーを外すと、ストレージやメモリーを交換できます。使っているうちに動作が遅く感じてきたら、自分でパーツをアップグレードするといいでしょう。ただしパーツを交換するとメーカー保証のサポート外になる点に注意してください。

底面部のカバーを開けた状態

底面部のカバーを開けた状態

メモリースロット

メモリースロットは2ポート

2.5インチのHDD

2.5インチのHDD

M.2スロット

M.2スロットはPCIe接続対応

ベンチマーク&検証結果


LAVIE Direct NEXTのパフォーマンス

LAVIE Direct NEXTのベンチマーク結果

今回のテストでは、以下のスペックの試用機を使いました。メモリー容量が32GBとかなりの大容量で、標準的な構成よりもだいぶベンチマーク結果がよくなっているはずです。なおベンチマーク結果はパーツ構成や環境、個体差、タイミングなどによって大きく変わることがある点をあらかじめご了承ください。

テスト機の主なスペック

CPU Core i7-8550U
メモリー 32GB
グラフィックス Intel UHD Graphics 620(CPU内蔵)
ストレージ 512GB SSD(PCIe)+2TB HDD

CrystalDiskMark

512GB SSDのアクセス速度

CINEBENCH R15

CPU性能を計測する「CINEBENCH R15」の結果

PassMark PerformanceTest 9.0

基本性能を計測する「PassMark PerformanceTest 9.0」の結果。上位14%以内との評価

3DMark

3D性能を計測する「3DMark」の結果

PCMark 10

作業の快適さを計測する「PCMark 10」の結果

バッテリー駆動時間は数時間程度?

バッテリー駆動時間の公称値はCore i7搭載時で6.9時間、Core i5搭載時で6.8時間です。今回はバッテリー検証時の結果を紛失してしまったため通常2種類のテスト結果のうち1種類しか掲載できませんが、過去のデータを参照するとBBenchの結果はおよそ6時間前となりそうです。決して駆動時間が長いわけではありませんが、据え置き利用が主体のモデルですので特に問題はないでしょう。

バッテリー駆動時間のテスト結果

BBenchによる計測 ※未計測
PCMark 8による計測 3時間34分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

本体の熱は気にならない

検証/ベンチマーク中のCPU最大温度は83度でした。高温ではあるものの、CPUの限界温度(100度)までにはまだ余裕があります。

CPUの最大温度

PCMark 10実行時にCPU温度が最大83度に達しました

キーボード面の温度は、かなり低めです。CPUは高温ですが、冷却性能がしっかりしているので、ほかのパーツへの影響は少ないと思われます。

キーボード面の温度

キーボード面の温度

※本体温度の計測方法はコチラ

通常利用時は騒音控えめ

駆動音(ファンの回転音や通気口からの排気音など)を確認したところ、常時「キーン」という高い回転音が聞こえました。とは言うものの音自体は控えめで気になるほどではありません。ただし高負荷時にはファンが高速に回転しているようで、それなりの音が聞こえます。

駆動音の計測結果(室温20度前後)

電源オフ時 36.6dBA
待機中 38.2dBA 高い回転音が聞こえるが、それほど気にならない
動画視聴 40.2dBA 排気音が少し聞こえる
動画変換 ※未計測
3Dゲーム 44.2dBA 排気音と高い回転音がけっこう目立つ

※駆動音の計測方法はコチラ

SSDなら起動時間は早い

起動時間(電源ボタンを押してからデスクトップが表示されるまで)は、平均で11.6秒と非常に優れた結果でした。ただしこれはシステムストレージにSSDを使っているため。HDDだともっと遅くなるはずです。快適に使いたいなら、SSDの利用をおすすめします。

起動時間の計測結果(手動による計測)

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
11.7秒 11.5秒 11.7秒 11.6秒 11.5秒 11.6秒

次世代を感じさせるNECの意欲作

ということで、今回はLAVIE Direct NEXTのレビューをお届けしました。

スリムそうに見えて実はスリムじゃなかったという点は残念ですが、従来モデルと比べれば格段にデザインがよくなっています。またパフォーマンス面も上々で、試用中の作業は快適でした。負荷の高い作業でも、楽々とこなせるはずです。

もっとも、試用機では32GBメモリーを搭載していたからという理由もあります。しかし従来モデルよりもはるかにパワフルな構成が可能となったのは、大きな進化と言えるでしょう。その意味で、モデル名に”NEXT”が付いているのかもしれません。今後のモデルにも期待できそうな出来栄えです。

LAVIE Direct NEXTの感想

従来モデルから大きな進化を遂げたLAVIE Direct NEXT

LAVIE Direct NEXTのまとめ

  • 従来よりもスタイリッシュ
  • 高スペック構成に対応
  • 本体が公称値よりも厚い

限定クーポンで特別割引!

通常のクーポンよりも割引率が高い限定クーポンを利用することで、NECのパソコンをより安く購入できます。無料のメルマガ会員に登録すれば、さらにお得なスペシャルクーポンも利用可能! 限定クーポンとメルマガ会員の登録については、以下のリンクから公式サイトをご確認ください。

LAVIE Direct NEXT

LAVIE Direct NEXT

税込14万円台から

限定クーポン利用時

※記事中の価格や構成は、2018年3月22日時点のものです。予告なく変更される場合もございますので、あらかじめご了承ください。

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました