NEC LAVIE Direct NS(R):Ryzen搭載の15.6インチハイエンドノートPC

NEC LAVIE Direct NS(R)

NECのLAVIE Direct NS(R)は、15.6インチのフルHD液晶ディスプレイを搭載したスタンダードタイプのノートPCです。このモデルのポイントは、CPUにコスパに優れるAMDのRyzen 5/7が使われている点。比較的高い性能でありながら、同クラスのほかのノートPCよりも安く購入できます。

NEC LAVIE Direct NS(R)スペック概要

【主なスペック】CPU:Ryzen 5/7 メモリー:4~12GB ストレージ:SSD/HDD ディスプレイ:15.6インチフルHD(光沢)

今回は、LAVIE Direct NS(R)のスペックや特徴などについて解説&考察します。実機はまだ検証していませんが、検証する機会があればより詳細なレビュー記事を公開するつもりです。

LAVIE Direct NS(R)

LAVIE Direct NS(R)

税込10万円台~

スペシャルクーポン利用時

※価格や構成は変更される場合があります

LAVIE Direct NS(R)のスペック

OS Windows 10 Home / Pro
CPU Ryzen 5 2500U / Ryzen 7 2700U
メモリー 4GB / 8GB /12GB ※オンボード4GB+メモリーモジュール
ストレージ 256GB SSD(SATA)または 500GB / 1TB / 2TB HDD
グラフィックス Radeon Vega 10 Graphics / Radeon Vega 8 Graphics
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ / ブルーレイディスクドライブ
ディスプレイ 15.6インチ、1920×1080ドット、光沢、タッチ非対応
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1、1000BASE-T対応有線LAN
インターフェース USB3.0(フルサイズ)×2、USB3.0(Type-C)×1、HDMI、有線LAN、SDメモリーカードスロット、ヘッドホン出力
セキュリティー TPM 2.0、ウイルスバスター クラウド90日版
カメラ 92万画素
サイズ/重量 幅378×奥行き260×高さ22.9mm/約2.2kg
バッテリー駆動時間 約6.1時間(Ryzen 7)/ 約5.5時間(Ryzen 5)

※2018年8月27日時点。構成や価格は変更される場合があります

構成例と価格の目安

LAVIE Direct NS(R)は購入時に、CPUやメモリー容量などを自分で選択します。用途や予算に応じて、必要なパーツを選びましょうパーツの選び方がわからない場合は、以下の構成例を参考にしてください。

構成例

最安構成
4GBメモリー 500GB HDD 税込10万円台後半~
おすすめ構成
8GBメモリー 256GB SSD 税込12万円前後~
オフィス付き構成
8GBメモリー 1TB HDD Office Personal 税込12万円台後半~
最強構成
12GBメモリー 256GB SSD ブルーレイディスクドライブ 税込13万円台後半~

※2018年8月27日時点。価格はスペシャルクーポン適用時

購入時のオプションとして用意されている「標準ソフトウェアパック」を追加すると、以下のソフトがプリインストールされます。

標準ソフトウェアパック選択時に追加されるソフト

  • ・筆ぐるめ 25 for NEC(はがき作成ソフト)
  • ・パソコンのいろは(初心者向け学習ソフト)
  • ・ファイナルパソコンデータ引越し for NEC
  • ・おてがるバックアップ

価格はそのとき実施されているキャンペーンに応じて変わります。現在の価格については、当サイトのセール情報記事をご確認ください。タイミングによってはパーツアップグレードやオフィスの料金が安くなっていることもあるので、こまめにチェックすることをおすすめします。

CPU性能について

※グラフィックス機能を内蔵したCPUのことをAMDは「APU」と呼んでいますが、この記事では便宜上「CPU」と表記します。

LAVIE Direct NS(R)ではCPUに、Ryzen 7 2700UまたはRyzen 5 2500Uが使われています。当サイトではこのCPUをまだ検証していないため、実際のベンチマーク結果はわかりません。しかしベンチマーク結果をまとめた情報サイトNOTEBOOKCHECKのデータを参照したところ、マルチコア性能を計測するベンチマークテストでCore i7-8550Uを上回る結果とのことでした。

CPUベンチマーク結果

CPU CINEBENCH R15のCPU(マルチコア)スコア
Ryzen 7 2700U ※2
628
Ryzen 5 2500U ※2
589
Core i7-8550U
569
Core i5-8250U
566
Core i7-7500U
342
Core i5-7200U
328
Core i3-7100U
253
Celeron 3865U
138

※ベンチマーク結果は当サイト計測の平均値 ※2 NOTEBOOKCHECKのデータを参照したもので、LAVIE Direct NS(R)の性能を計測したものではありません

しかし総合的なCPU性能を計測するPassMark PerforomanceTestでは、Ryzen 5/7の両方ともCore i5-8250Uを下回っています。

CPUベンチマーク結果

CPU PassMark PerformanceTestのCPU Markスコア
Core i7-8550U
9127
Core i5-8250U
8226
Ryzen 7 2700U ※2
7570
Ryzen 5 2500U ※2
7525
Core i7-7500U
5564
Core i5-7200U
4803
Core i3-7100U
3785
Celeron 3865U
2035

※ベンチマーク結果は当サイト計測の平均値 ※2 PassMark CPU Marksのデータを参照したもので、LAVIE Direct NS(R)の性能を計測したものではありません

このことから、Ryzen 5/7は3Dレンダリングや動画変換などCPUをマルチコア(マルチスレッド)で使う処理には適しているものの、汎用性では第8世代Core i5/i7のほうが上と言えるでしょう。Ryzen搭載モデルはCore i5/i7搭載機に比べて安いことは安いのですが、かならずしもパフォーマンス面で上回っているわけではありません。

3D性能について

LAVIE Direct NS(R)ではグラフィックス機能として、CPU内蔵のRadeon Vega 8 Graphics(Ryzen 5) / Radeon Vega 10 Graphics(Ryzen 7)を使います。前述のとおり当サイトではまだこのCPUを検証していませんので、実際のベンチマーク結果についてはわかりません。しかし日本HPの公式サイトで、Radeon Vega 8 Graphicsのベンチマーク結果(3DMark Fire Strike)についての解説がありました。

Radeon Vega 6/8の性能

日本HP公式サイトに掲載されているRadeon Vega 6/8の性能について

当サイトで計測したIntel UHD Graphics 620の平均値は1051です(Core i5/i7を含む全25台)。この結果と公式サイトの情報を統合すると、Radeon Vega 8 Graphics のFire Strikeスコアは1881あたりだと予想できます。Radeon Vega 10 Graphicsについては不明のままですが、Ryzen 5 2500UとRyzen 7 2700Uのパフォーマンス差を考えれば、劇的にはね上がることはないでしょう。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strikeのスコア
GTX 1060
9701
GTX 1050
5275
Radeon Vega 8 Graphics ※予測値
1881
Intel UHD Graphics 620
1051

※ベンチマーク結果は当サイト計測の平均値

確かにRadeon Vega 8/10 GraphicsはIntel UHD Graphics 620よりもベンチマークスコアが高いと予想されるものの、だからと言って重いゲームが快適に動くわけではありませんし、グラフィックソフトが驚くほど高速化されるわけではありません。ゲームやクリエイティブ系のソフトを快適に使うには、最低でもGTX 1050あたりは必要です。

またRadeon Vega 8/10 Graphicsではメインメモリーの一部をビデオメモリーとして利用する点も、Intel UHD Graphics 620と同じです。高度な作業やゲームではビデオメモリーの容量が大きいほど有利になるのですが、Radeon Vega 8/10 Graphicsではあまり期待できないと考えていいでしょう。軽めのゲームがIntel UHD Graphics 620では「なんとか遊べる」レベルだったのが、Radeon Vega 8/10 Graphicsでは「まあ遊べる」レベルになる程度だと思われます。

とは言え、Core i5/i7と(ある範囲では)同レベルの性能であるにも関わらず、価格が安い点は魅力です。性能を期待するよりも、価格の安さで考えたほうがいいでしょう。

LAVIE Direct NS(R)とLAVIE Direct NSの違い

NECからはLAVIE Direct NS(R)と同じ2018年の夏モデルとして、Intel製CPUを搭載したLAVIE Direct NSが発売されています。名前が似ているのでまぎらわしいのですが、「無印がIntelで、RはRyzen搭載」と捉えると覚えやすいでしょう。

LAVIE Direct NS 2018年夏モデル

LAVIE Direct NS 2018年夏モデル

LAVIE Direct NS(R)とLAVIE Direct NSの違い

LAVIE Direct NS(R)
LAVIE Direct NS(R)
LAVIE Direct NS
LAVIE Direct NS
発売 2018年7月 2018年8月
本体カラー ブラック ホワイト
レッド
ブラック
実売価格 税込11万円台~ 税込9万円台~
ディスプレイ 15.6インチ
1920×1080ドット
光沢
15.6インチ
1366×768/1920×1080ドット
光沢
CPU Ryzen 5 2500U
Ryzen 7 2700U
Celeron N4000
Pentium N5000
Core i3-7020U
Core i5-8250U
Core i7-8550U
メモリー 4/8/12GB 4/8/12/20GB
グラフィックス Radeon Vega 8/10 Graphics Intel UHD Graphics 600/605/620
ストレージ 256GB SSD(SATA)または 500GB / 1TB / 2TB HDD 500GB / 1TB HDD または 1TB SSHD(Celeron/Pentium)
256GB SSD(SATA)または 500GB / 1TB HDD または 1TB SSHD(Core i)
USB USB3.0×2+USB3.0 Type-C×1 USB3.0×1+USB2.0×1(Celeron/Pentium)
USB3.0×2+USB3.0 Type-C×1(Core i)
大きさ 幅378mm
奥行き260mm
高さ22.9mm
幅378mm
奥行き260mm
高さ22.9mm
重さ 2.2kg 2.2kg
駆動時間 5.5~6.1時間 7.0~7.9時間(Celeron/Pentium)/5.7~5.8時間(Core i)

スペック的にはいろいろ異なりますが、サイズと重量は同じです。それぞれの写真を見比べてみましたが、ほぼ同じに見えます。ヒンジ部分のデザインが若干異なりますが、どちらも同じ筐体を使っていると考えていいでしょう。ただしLAVIE Direct NSでは3色のカラーバリエーションが用意されている点が異なります。

デザインの違い

キーボードや液晶ディスプレイはほぼ同じ。画面はどちらも光沢タイプのようです ※クリックで拡大

デザインの違い

天板のデザインもほぼ同じ ※クリックで拡大

デザインの違い

インターフェースの構成、配置も同じ(Celeron/Pentiumモデルは若干異なります) ※クリックで拡大

LAVIE Direct NSのほうが安いように見えますが、これはCeleronやPentiumなどの下位CPUが用意されているため。Core i3/i5/i7搭載のフルHDモデルは税込み11万円台からと、LAVIE Direct NS(R)とほぼ同じ価格帯です。安さや性能の高さを重視するならLAVIE Direct NS、コスパを重視するならLAVIE Direct NS(R)を選ぶといいでしょう。

関連記事

LAVIE Direct NS(R)のそのほかのポイント

キーボードはテンキー付きで標準的な配列

LAVIE Direct NS(R)には、数値入力に便利なテンキーが付いています。キーピッチは19mmで、理想的なサイズ。標準的な配列ですので、違和感なく利用できるでしょう。

LAVIE Direct NS(R)キーボード

キーピッチは19mmで、キーストロークは1.5mm

有線LANやUSB Type-Cに対応

USB端子は3ポート(フルサイズ×2+Type-C×1)でそれほど多くはありません。そのほかの端子としてはHDMIや1000BSE-T対応の有線LANなどが用意されています。

LAVIE Direct NS(R)インターフェース

左側面

LAVIE Direct NS(R)インターフェース

右側面

値段はCore i3クラスでも性能はCore i5/i7クラス

ということで、今回はLAVIE Direct NS(R)のスペックや特徴について解説しました。ベンチマーク結果はほかの機種を使ったものですが、実際に検証する機会があればレビュー記事を公開する予定です。記事を公開しだい当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。

最大のポイントは、インテル製CPUを搭載したモデルよりも価格が安い点です。一部のベンチマークテストではCore i5/i7並みの結果が出ているにも関わらず、値段はCore i3相当。コスパの高さを重視したい人におすすめします。

特別クーポンでさらにお得に!

NECの直販サイトでパソコンを購入するなら、一般公開されていない特別クーポンの利用をおすすめします。通常のクーポンよりも割引き率が高く、お得に購入できるからです。

クーポンには登録なしで使える「広告限定優待クーポン」と、無料のメルマガ会員に登録することで利用できる「スペシャルクーポン」の2種類があります。それぞれのクーポンページから購入したいモデルを選ぶとクーポン割引が自動的に適用されますが、一部のモデルでは手動で入力する必要があるので注意してください。

機種を選択

クーポンページで購入したい機種を選択

クーポンが自動適用

注文画面でクーポン割引が自動的に適用されます

LAVIE Direct NS(R)の割引率

種類 割引率
通常クーポン(販売ページに掲載) 12%オフ
広告限定優待クーポン(下記リンク先に掲載) 13%オフ
スペシャルクーポン(メルマガ登録で利用可能) 15%オフ

※2018年8月27日時点

LAVIE Direct NS(R)

LAVIE Direct NS(R)

税込10万円台~

スペシャルクーポン利用時

※価格や構成は変更される場合があります

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました