レノボ Legion C530 レビュー:コンパクトで斬新デザインのゲーミングPC

Legion C530 (2019年モデル) レビュー

レノボのLegion C530は、本体サイズがコンパクトなゲーミングデスクトップPCです。接地面積が小さいので置き場所に困ることがないにも関わらず、人気ゲームを十分快適に楽しめるパフォーマンスが魅力です。

Legion C530 (2019年モデル)

Legion C530 (2019年モデル)

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

Legion C530

Legion C530

税込10万1728円~

※2019年10月22日時点

Legion C530のスペック

CPU ・Core i5-9400F
・Core i7-9700
メモリー ・8GB
・16GB
※最大32GB
ストレージ ・512GB SSD
・1TB SSD
・512GB SSD + 1TB HDD
・1TB SSD + 1TB HDD
グラフィックス ・GeForce GTX 1650
・GeForce GTX 1660 Ti
チップセット B360
電源 500W (80PLUS BRONZE)

※2019年10月22日時点。構成は変更される場合があります


フォームファクター ※独自仕様
SATAポート 3
M.2スロット 2 (Wi-Fi用 + ストレージ用)
光学ドライブ
ドライブベイ 3.5インチ×2
拡張スロット PCI Express x16 ×1
有線LAN 1000Mbps
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
USB3.1 Gen2×2 (背面)
USB3.0 4 (前面2 + 背面2)
USB2.0 2 (背面)
USB Type-C
Thunderbolt 3
メモリーカード
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort ・1 (GTX1660Ti)
・2 (GTX1650)
DVI ・1 (GTX1660Ti)
・0 (GTX1650)
サイズ 幅238mm
奥行き358mm
高さ305mm
重量 約11kg

スペック上の注意点

  • キーボード/マウスなし
  • SDカードスロット非搭載
  • パーツカスタマイズ非対応

本体の外観と内部

場所を取らないコンパクトな本体

Legion C530は「キューブ型」と呼ばれるデスクトップPCで、標準的なミニタワー/ミドルタワー型よりもコンパクトな点が特徴です。設置面積が小さいので置き場所に困ることがなく、また高さも低いためデスクの上に置いても圧迫感がありません。

Legion C530 設置イメージ

Legion C530の設置イメージ ※液晶ディスプレイは23.8インチ

Legion C530

幅と高さが小さいキューブ型のPCケース

Legion C530 フロントパネル

前面。幅は238mmで、高さは305mm

Legion C530 背面

背面

Legion C530 側面

左側面 (左)と右側面 (右)。奥行きは358mm

Legion C530 天面

天面部はアクリル製。持ち運びに便利な取っ手がついています

Legion C530 LED

電源を入れると内部で赤いLEDが点灯

Legion C530 LED

フロントのロゴも一部だけ光ります

Legion C530 電源ボタン

電源ボタンは天面右側

Legion C530 ケーブル

背面にはケーブルをまとめられるゴムバンド

Legion C530 底面部

底面部には通気口。ゴム足には空気を流れやすくするほか、本体の振動を抑える役割があります

周辺機器接続用のインターフェースは、USBポートが合計8ポート (前面2 + 背面6)に有線LANなど。映像出力はGPU (グラフィックボード)の種類によって変わります。種類はそれほど多くありませんが、十分な構成です。ただし光学ドライブとSDカードスロットには非対応である点に注意してください。

Legion C530 インターフェース

前面のインターフェース

  • ① マイク入力 / ヘッドホン出力
  • ② USB3.0

Legion C530 I/Oパネル

背面I/Oパネルのインターフェース

  • ① DVI-D
  • ② DisplayPort
  • ③ HDMI
  • ④ ライン出力
  • ⑤ 1000BASE-T対応有線LAN
  • ⑥ USB2.0
  • ⑦ USB3.1 Gen2
  • ⑧ USB3.0

本体内部とパーツ交換について

Legion C530はコンパクトなキューブ型であるため、内部の拡張性はそれほど高くありません。ドライブベイや拡張スロットは用意されているものの、基本的にはパーツの追加なしで使う人向けです。

Legion C530 左側面

左側面のパネルを外した状態

Legion C530 ドライブベイ

ドライブベイは引き出し式。3.5インチサイズのストレージをふたつ利用できます

Legion C530 電源

電源は500W (80PLUS BRONZE)

Legion C530 本体内部

右側面のパネルを外した状態

Legion C530 グラボ

グラフィックボードはプラスチックのパーツで支えられています

Legion C530 グラボ

パーツとグラフィックボードを外した状態

Legion C530 マザーボード

マザーボードはサイズ的にはMicro-ITXですが、オリジナル仕様のようです

Legion C530 グラボ

試用機で使われていたGTX 1660 Tiのグラフィックボード

Legion C530のベンチマーク結果

試用機のスペック

モデル名 アイアングレー (90L2003TJM)
CPU Core i7-9700
メモリー 16GB
ストレージ 1TB SSD + 1TB HDD
グラフィックス GTX 1660 Ti (6GB)

ストレージ性能

試用機ではPCIe 3.0 x4接続の1TB SSDと1TB HDDが使われていました。SSDのアクセスは非常に高速で、ゲームの読み込みやファイルのやり取りが爆速です。容量も十分で、512GBあれば当面は空き容量不足で困ることはないでしょう。

XPSタワー (8930) アクセス速度

256GB SSDのアクセス速度

ストレージのアクセス速度

ストレージのアクセス速度

CPU性能

試用機では使われているCore i7-9700のベンチマークテストを行なったところ、同じCore i7-9700のスコアを5.8%ほど上回りました。熱などでパフォーマンスが低下している様子は見られません。非常に高性能なCPUです。

下位モデルで使われているCore i5-9400FはCore i7-9700よりもパフォーマンスが劣るものの、PCとしては十分高性能です。ゲームで利用するには問題ないでしょう。

CPUの性能比較

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Legion C530 (Core i7-9700)
3398
Core i7-9700
3211
Core i7-8700
3009
Core i5-9400F
2334

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

FF15ベンチを30分間実施してCPUのクロックと温度を計測したところ、クロックは平均4.4GHzと高めで推移していました。温度も平均82.1℃と低めに抑えられています。CPUの発熱によるパフォーマンスの低下や不具合、熱によるパーツの劣化は心配なさそうです。

Legion C530 クロック

FF15ベンチ時におけるCPUクロックとCPU温度の推移

CPU温度は低めではあるものの、高負荷時の駆動音 (空冷ファンの回転音や通気口からの風切り音)はかなり大きめでした。夜中に最大出力で利用するとほかの部屋にまで音が聞こえる可能性があるため、多少パフォーマンスを調整してファンの回転を抑えたほうがいいかもしれません。

駆動音の計測結果

電源オフ 37.4dBA
待機中 45.3dBA ファンの回転音が少し聞こえるが気にならない
FF15ベンチ時 65.7dBA 排気音と回転音がかなり大きい

※駆動音の計測方法はコチラ

3D性能

GPUとしてはエントリー (入門)クラスのGeForce GTX 1650と、ミドルレンジ (中級)クラスのGeForce GTX 1660 Tiが用意されています。パフォーマンスについてはGTX 1660 Tiのほうが上で、ベンチマーク結果では優れた結果が出ました。

ただGTX 1650でも、画質や解像度を調整することでゲームを快適に楽しめます。重いゲームを高画質&なめらかな動きで楽しみたいならGTX 1660 Ti、画質や動きにこだわらないならGTX 1650を選ぶといいでしょう。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 2080
25484
RTX 2070
22856
GTX 1660 Ti
15952
Legion C530 (GTX 1660 Ti)
15621
GTX 1060
12415
GTX 1650
8059
GTX 1050
6945
UHD 630 (Core i7)
1359
UHD 630 (Core i5)
1051

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ゲーム系ベンチマーク結果

ゲーム系ベンチマークや実際のプレーにおけるFPS (画面の滑らかさを表わす目安)計測結果は以下のとおりです。なお今回は比較用に、Legion T530 (Core i7-9700 + GTX 1650)の結果もまとめました。厳密には違う機種なのですが、Legion C530でGTX 1650を選ぶ際の参考にしてください。

結果からザックリ言うと、ミドルレンジのGTX 1660 Tiは重量級以上のゲームを快適に楽しむのに向いています。また120Hz以上の高リフレッシュレート対応ディスプレイを使えば、人気のシューター系ゲームを非常になめらかな動きでプレー可能です。

GTX 1650は重量級タイトルは少し厳しいものの、中量級タイトルまでならストレスなく楽しめるでしょう。ただし一般的な60Hzのディスプレイでカジュアルにプレーするのに向いています。

※テストはすべてフルHDで実施

FF15ベンチ (重量級 / DX11)

FF15ベンチ

GTX 1660 Ti

画質 スコア / 評価
高品質 6110 / 快適
標準品質 8694 / 快適
軽量品質 11376 / とても快適

※スコアが6000以上で「快適」

GTX 1650 (T530)

画質 スコア / 評価
高品質 3467 / 普通
標準品質 4888 / やや快適
軽量品質 6445 / 快適

※スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (中量級 / DX11)

FF14ベンチ

GTX 1660 Ti

画質 スコア / 評価 / 平均FPS
最高品質 15004 / 非常に快適  / 104FPS
高品質 15768 / 非常に快適 / 112.6FPS
標準品質 19270 / 非常に快適 / 162.0FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GTX 1650 (T530)

画質 スコア / 評価 / 平均FPS
最高品質 9185 / 非常に快適  / 61.7FPS
高品質 10433 / 非常に快適 / 69.9FPS
標準品質 16154 / 非常に快適 / 115.8FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

リーグ・オブ・レジェンド (超軽量級 / DX9)

リーグ・オブ・レジェンド

GTX 1660 Ti

モード 平均FPS / 最低FPS
通常 286.3 FPS / 230 FPS
TFT 117.6 FPS / 98 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GTX 1650 (T530)

モード 平均FPS / 最低FPS
通常 283.3 FPS / 217 FPS
TFT 104.5 FPS / 67 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽量級 / DX9)

ドラクエXベンチ

GTX 1660 Ti

画質 スコア / 評価
最高品質 22540 / すごく快適
標準品質 22662 / すごく快適
低品質 23551 / すごく快適

GTX 1650 (T530)

画質 スコア / 評価
最高品質 22073 / すごく快適
標準品質 22284 / すごく快適
低品質 23342 / すごく快適

フォートナイト (中量級 / DX11)

フォートナイト

GTX 1660 Ti

画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 105.4 FPS / 92 FPS
143.6 FPS / 124 FPS
242.3 FPS / 196 FPS
351.8 FPS / 281 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GTX 1650 (T530)

画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 63.9 FPS / 56 FPS
86.6 FPS / 79 FPS
246.4 FPS / 215 FPS
441.1 FPS / 332 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

PUBG (中量級 / DX11)

PUBG

GTX 1660 Ti

画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 95.6 FPS / 88 FPS
125.4 FPS / 99 FPS
127 FPS / 88 FPS
146.9 FPS / 127 FPS
非常に低い 153.5 FPS / 124 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GTX 1650 (T530)

画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 47.8 FPS / 48 FPS
69.6 FPS / 60 FPS
77.4 FPS / 69 FPS
92.9 FPS / 81 FPS
非常に低い 112.6 FPS / 96 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

オーバーウォッチ (軽量級 / DX10)

オーバーウォッチ

GTX 1660 Ti

画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 90.3 FPS / 78 FPS
ウルトラ 125 FPS / 113 FPS
153.3 FPS / 133 FPS
NORMAL 189.2 FPS / 165 FPS
240.5 FPS / 209 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GTX 1650 (T530)

画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 84.5 FPS / 75 FPS
ウルトラ 118.2 FPS / 110 FPS
139.1 FPS / 122 FPS
NORMAL 181.9 FPS / 152 FPS
245.4 FPS / 213 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

エーペックスレジェンズ (中量級 / DX11)

Apex Legends

GTX 1660 Ti

画質 平均FPS / 最低FPS
最高設定 121.7 FPS / 108 FPS
最低設定 143.8 FPS / 143 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GTX 1650 (T530)

画質 平均FPS / 最低FPS
最高設定 67.7 FPS / 60 FPS
最低設定 135.9 FPS / 111 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

アサシンクリード オデッセイ (超重量級 / DX11)

アサシンクリード オデッセイ

GTX 1660 Ti

画質 平均FPS / 最低FPS
最高 53 FPS / 31 FPS
92 FPS / 26 FPS
103 FPS / 52 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GTX 1650 (T530)

画質 平均FPS / 最低FPS
最高 31 FPS / 21 FPS
62 FPS / 41 FPS
73 FPS / 47 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー (重量級 / DX12)

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー

GTX 1660 Ti

画質 平均FPS
最高 78 FPS
92 FPS
最低 135 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GTX 1650 (T530)

画質 平均FPS
最高 46 FPS
55 FPS
最低 71 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ファークライ ニュードーン (中重量級 / DX11)

ファークライ ニュードーン

GTX 1660 Ti

画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 88 FPS / 71 FPS
102 FPS / 88 FPS
111 FPS / 94 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GTX 1650 (T530)

画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 54 FPS / 43 FPS
63 FPS / 53 FPS
82 FPS / 34 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

価格について

Legion C530には、パーツ構成の異なる4種類のモデルが用意されています。それぞれのスペックと価格は以下のとおり。なお販売ページには第8世代のCore i7-8700 + GTX 1060搭載の旧モデルも含まれている点に注意してください (以下の表には含まれていません)。

ラインナップ

90L2003QJM 90L2003RJM 90L2003SJM 90L2003TJM
Core i5-9400F Core i7-9700
8GBメモリー 16GBメモリー
GTX 1650 GTX 1660 Ti GTX 1650 GTX 1660 Ti
512GB SSD 512GB SSD + 1TB HDD 1TB SSD 1TB SSD + 1TB HDD
10万1728円 12万5356円 13万2363円 15万5727円

※2019年10月22日時点

コンパクトなのにパワフル!

ということで、今回はLegion C530 2019年モデルのレビューをお届けしました。

拡張性はあまり高くないものの、本体が小さい点はなによりの魅力です。小さくても大型デスクトップPC並みの性能で、ゲームを快適に楽しめます。ゲーミングPCで省スペース性を重視したい人におすすめです。

Legion C530 感想

小さくてもゲームをしっかり遊べるパフォーマンス

Legion C530

Legion C530

税込10万1728円~

※2019年10月22日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能PCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました