レノボLegion Slim 770i 16型レビュー:スリムでパワフルだけど排気音がやや大きい

Legion Slim 770i 16型

レノボのLegion Slim 770i 16型は、第12世代CoreプロセッサとRTX 30シリーズを搭載するゲーミングノートPCです。ディスプレイはやや大きめの16インチで、解像度は最大2560×1600ドット。165HzのリフレッシュレートやHDR400、G-SYNCにも対応しています。パワフルなのに、本体がスリムな点もポイントです。

Legion Slim 770i

Legion Slim 770i

価格は最安モデルで20万円から。GPU性能がエントリー~ミドルレンジあたりなので、値段としてはやや高めです。また高負荷時の駆動音はやや大きめでした。しかしCPU性能が非常に高い上に、スペック以外の細かな部分でゲーマー向けの配慮が感じられます。総合的には仕上がりに優れた、満足感の高い機種と言えるでしょう。

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

Legion Slim 770i

Legion Slim 770i

※製品ページが開かない場合は、上記リンクを再度開き直してください

スペック

OS Windows 11 Home / Pro
ディスプレイ 16インチ 非光沢 タッチ非対応 IPS 100%sRGB
パネル 1920×1200 165Hz 350nit / 2560×1600 165Hz 500nit HDR400 G-SYNC対応
CPU Core i5-12500H / Core i7-12700H / Core i9-12900H
メモリー 8GB(オンボード8GB×1) / 16GB(オンボード8GB+DIMM 8GB) ※DDR5-4800
ストレージ 512GB / 1TB NVMe SSD ※デュアル構成対応
グラフィックス RTX 3050 Ti(4GB)/RTX 3060(6GB)
通信 Wi-Fi 6 / 6W、Bluetooth
インターフェース Thunderbolt 4(映像出力対応、USB PD対応)×1、USB3.2 Gen2 Type-C(映像出力対応、USB PD対応)×1、USB3.2 Gen2×1、USB3.2 Gen1×2、HDMI、SDカードスロット、ヘッドセット端子
生体認証 指紋センサー
サイズ / 重量 幅357.7×奥行き260×高さ16.9~21mm / 約2.23kg
バッテリー 約9時間

本体デザイン

Legion Slim 770i 外観

本体カラーはオニキスグレー。実際の色合いはグレーに近いブラックで、落ち着いた雰囲気です

Legion Slim 770i 本体

ゲーミングノートPCとしてはスリムなデザイン。同じレノボのゲーミングノートPCと比べて3~5mm程度薄く作られています

Legion Slim 770i ボディ

ボディはアルミ製。表面はツヤ消しで、ややザラつきのある手触りです。指紋の跡が少し残ります

Legion Slim 770i 外観

ディスプレイを開いた状態

Legion Slim 770i キーボード面

キーボード面

Legion Slim 770i バックライト

キーボードはバックライト対応。ホワイト1色タイプとPer Key RGBタイプが用意されています(写真はPer Key RGB)

Legion Slim 770i ベゼル

ディスプレイのベゼルはかなり細く作られていますが、Webカメラが配置されている部分は微妙に飛び出ています

Legion Slim 770i カメラ

ディスプレイ上部のカメラは写真撮影が1920×1080の約200万画素、動画撮影が1080p 30Hz

Legion Slim 770i インターフェース

つなぎっぱなしで使う端子類は背面側にあるので、キーボードの両サイドがケーブルでゴチャつくことがありません。ただしType-Aの抜き差しは背面を確認しなければならないのがやや面倒。またゲーミングとしては珍しく、有線LANには非対応です

Legion Slim 770i 電源アダプター

電源アダプターは230Wの角口タイプ。重さは866g(ケーブル込み)でけっこう大きめ

Legion Slim 770i ヒンジ

ヒンジを背面ではなく、天板側に配置。そのぶん本体は大きくなりますが、内部の空きスペースに余裕ができるので冷却性能が高まります

Legion Slim 770i 排気口

排気口は左右側面と背面

Legion Slim 770i 底面

吸気は底面部の通気口とキーボード面のキーのすき間から行なわれます

サイズと重量

Legion Slim 770i サイズ

設置面積は幅357.7mm×奥行き260mm

Legion Slim 770i 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。B4サイズよりもひと回り大きめです

Legion Slim 770i 厚さ

厚さは実測で19.6mm(突起部を除く)

Legion Slim 770i 厚さ

底面部のゴム足(突起部)を含めた高さは25.3mm。設置時にはやや厚みを感じますが、それでもゲーミングノートPCとしてはスリムです

Legion Slim 770i 重さ

重さは実測で2.259kg。ゲーミングノートPCとしては標準的ですが、やや大きめの16インチであることを考えれば比較的軽いとも言えます

ディスプレイについて

Legion Slim 770i 画面サイズ

ディスプレイは16インチ。解像度は1920×1200ドットと2560×1600ドットの2種類が用意されています。今回試用したのは、2560×1600ドットのモデル

Legion Slim 770i 色域

色域はどちらもsRGB 100%。ノートPCとしては比較的高品質なパネルです。スマホやタブレットほどの鮮やかさはないものの、色に違和感はありません

Legion Slim 770i HDR

2560×1600ドットのパネルは、HDR400に対応しています。HDRをオンにすると白と黒の階調表現が豊かになり、より明るく鮮やかな映像でゲームを楽しめます

Legion Slim 770i HDR

同じ輝度で、HDRをオフにした状態

Legion Slim 770i リフレッシュレート

リフレッシュレートは最大165Hz。エントリー~ミドルレンジクラスでは十分なスペックです。描画の遅延が軽減される上に、画面の動きが非常になめらか

Legion Slim 770i 残像

シャッター速度1/1600で撮影した映像。2フレーム目までの残像がうっすらと確認できます。ゲーミングノートPC向けとしては一般的なレベルです

キーボードについて

Legion Slim 770i キーボード

キーボードはテンキー付きの日本語配列

Legion Slim 770i 配列

Enterキー周辺で、一部のキーが隣接しています。特に「¥」キーがかなり小さめです。ほかのキーは比較的入力しやすく、特にカーソルキーが使いやすいのは好印象

Legion Slim 770i タイプ感

キーストロークはやや浅め。薄型ノートPCならよくある浅さですが、ゲーミングとしてはやや物足りません。ただし入力時にカクッとしたクリック感があり、手応えはしっかりと感じられます

Legion Slim 770i タイプ音

タイプ音は軽い力でもカタカタと聞こえます。特にうるさくはないものの、静かな場所では周囲へ配慮したほうがいいかもしれません

IdeaPad Gaming 370(16型 AMD) タイプ音

タイプ音は軽い力でも聞こえますが、低音中心でうるさくは感じません。ただし強く打つとパチパチと響くので注意

Legion Slim 770i キーの同時押し

キーの同時押し認識数を確認している様子。すべてのキーを押せているわけではありませんが、このパターンはNキーロールオーバー相当です。アンチゴーストにも対応しており、しかっりゲーム用に特化したキーボードが使われています

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i7-12700H(Pコア6+Eコア8)
メモリー 16GB
ストレージ 1TB NVMe SSD
グラフィックス RTX 3060(6GB)
最大グラフィックスパワー 100W

※ベンチマークテストはWindows 11の電源プランを「バランス」、電源モードを「最適なパフォーマンス」に設定した上で、標準収録ユーティリティー「Lenovo Vantage」の「サーマル・モード設定」を「パフォーマンス・モード」に設定。さらに電源アダプターを接続した状態で実施しています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、第12世代CoreプロセッサのHシリーズ(ゲーミングPC / クリエイター向けPC用)が使われています。Core i7-12700H搭載の試用機ではマルチコア性能のテストで、非常に優秀な結果が出ました。同CPUの平均値を大きく上回っていることからも、内部の冷却性能やチューニングが優れていることがわかります。

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R23 CPUスコア
Core i9-12900HX
21119
Legion Slim 770i(Core i7-12700H)
17012
Core i7-12700H
16039
Ryzen 7 6800H
13673
Ryzen 9 5900HX
12654
Ryzen 7 5800H
11346
Core i7-11800H
11123
Ryzen 5 5600H
8901
Core i5-11400H
7529

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

CPUの性能差 (シングルコア性能)

CPU CINEBENCH R23 CPUスコア
Core i9-12900HX
1906
Core i7-12700H
1804
Legion Slim 770i(Core i7-12700H)
1801
Ryzen 7 6800H
1532
Core i7-11800H
1502
Core i5-11400H
1461
Ryzen 9 5900HX
1459
Ryzen 7 5800H
1375

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、エントリー(入門)向けのRTX 3050 Tiまたはミドルレンジ(中級)向けのRTX 3060が使われています。

RTX 3060搭載の試用機で3Dベンチマークテストを行なったところ、当サイトの平均値をやや下回る結果が出ました。試用機の最大グラフィックスパワーは100Wで、仕様上の上限は115Wです。特別低く設定されているわけではないものの、本体内部の熱が上がりすぎるのを防ぐために、あえてパフォーマンスを抑えているのかもしれません。

とは言え性能的には十分ミドルレンジの範囲内で、普通にゲームを楽しめます。

GPUの性能 (DirectX 12、WQHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
RTX 3080 Ti
13493
RTX 3080
11612
RTX 3070 Ti
10357
RTX 3070
9707
RTX 3060
8297
Legion Slim 770i(RTX 3060)
7918
RTX 3050 Ti
5207
RTX 3050
4426
GTX 1650
3178
Iris Xe (Core i7)
1250

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUの性能 (DirectX 11、フルHD)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 3080 Ti
30787
RTX 3080
28274
RTX 3070 Ti
25538
RTX 3070
25161
RTX 3060
21476
Legion Slim 770i(RTX 3060)
20343
RTX 3050 Ti
13528
RTX 3050
11051
GTX 1650
8758
Iris Xe (Core i7)
4486

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUの性能 (レイトレーシング)

GPU 3DMark Port Royal Graphicsスコア
RTX 3080 Ti
8527
RTX 3080
7148
RTX 3070
5957
RTX 3060
4909
Legion Slim 770i(RTX 3060)
4601
RTX 3050 Ti
585
RTX 3050
537

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能やストレージ性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能とメモリー性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではCPUとストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

ベンチマークテストの結果は非常に優秀です。特にコンテンツ制作のテストでは、旧世代のCPUを搭載したRTX307搭載機のスコアを上回っています。ゲームだけでなく、さまざまなシーンで従来機よりも快適に活用できるでしょう。

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
Legion10659
Pro 89477
Studio8362
Inspiron9667
R5-CA9418
UL7C10093
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
Legion10494
Pro 86534
Studio8253
Inspiron8530
R5-CA7927
UL7C8766
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
Legion11614
Pro 85363
Studio6187
Inspiron8109
R5-CA8486
UL7C10284

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック

Surface Pro 8 Core i7-1185G7 / 16GB / Iris Xe
Surface Studio Core i7-11370H / 16GB / RTX 3050 Ti
Inspiron 16 Plus Core i7-11800 / 16GB / RTX 3050
raytrek R5-CA Core i7-10875H / 16GB / RTX 3060
GALLERIA UL7C-R37 Core i7-11800H / 16GB / RTX 3070

ゲーム性能

RTX 3060モデルでゲーム系ベンチマークを試したところ、1920×1200ドットであれば重いゲームでも快適に(平均60FPS以上)楽しめそうな結果が出ました。ただし2560×1440ドットは、動作が軽い競技FPS以外は厳しいと考えたほうが良さそうです。

RTX 3050 Tiモデルでも、基本的にはゲームは快適に楽しめます。ただしRTX 3060よりは性能が低く、快適にプレー / 高フレームレートを実現するには画質を調整する必要があるでしょう。予算があるなら、RTX 3060モデルをおすすめします。

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

エーペックスレジェンズ 射撃訓練場(中量級)

エーペックスレジェンズ

画質 平均FPS / 低位1%
最高画質 84.6 / 65.2
最低画質 164.6 / 126.6

※実際のプレーではこの結果よりもFPSが低下します

CS:GO FPS Benchmark(軽い)

CS:GO

画質 平均FPS
最高画質 411.9
最低画質 554.29

※ワークショップ内のマップ「FPS Benchmark」を使用

レインボーシックス シージ(軽い)

レインボーシックス シージ

設定 平均FPS / 最低FPS
最高画質 308 / 249
最高画質 397 / 333

※ゲーム内ベンチマークの結果

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ

画質 スコア / 評価
高品質 7703 / 快適
標準品質 10869 / とても快適
軽量品質 13544 / 非常に快適

※スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ

画質 スコア / 平均FPS
最高品質 17832 / 123.5 FPS
高品質 21537 / 153 FPS
標準品質 25449 / 185.1 FPS

ファークライ6(ちょっと重い / DX12)

ファークライ6

設定 平均FPS / 最小FPS
レイトレ最高画質 67 / 61
最高画質 82 / 71
最低画質 115 / 96

アサシン クリード ヴァルハラ (重い)

アサシン クリード ヴァルハラ

設定 平均FPS / 低位1%
最高画質 77 / 43
最低画質 146 / 110

Marvel’s Spider-Man Remastered(ちょっと重い)

設定 ※レイトレ無効 平均FPS / 低位1%
レイトレ最高画質 68.2 / 34.1
最高画質 84.8 / 45.9
最低画質 102.2 / 54.1

薄いけど排気音がやや大きい

Legion Slim 770i 

試用機を検証した限りでは、性能や品質面での不満は感じられませんでした。ベンチマークテストの結果を見るとGPU性能がやや抑えられている印象ですが、実際のゲームプレーでは気になりません。むしろアンチゴースト対応のキーボードやHDR / G-SYNC対応のディスプレイなど、ゲーマー向けのパーツがしっかり使われている点に好感を覚えます。またパワフルなゲーミングノートPCでありながら、本体がスリムな点も魅力です。

Legion Slim 770i 

ゲーム用に最適化されたキーボードやディスプレイを採用している点が好印象

ただしそのぶん、値段がけっこう高めです。試用したRTX 3060搭載モデルの価格は、記事執筆時点(2022年11月上旬)で22万円台。ミドルレンジクラスのゲーミングノートPCが13万円あたりから入手できることを考えると、GPU性能以外の仕上がりをどう考えるかこの機種のキモと言えるでしょう。確かに仕上がりはいいのですが、もう少し安ければというのが正直な感想です。

あと、排気音がやや大きい点が気になりました。環境や計測機器によって結果が大きく異なるため駆動音は計測していないのですが、ほかのレノボ製ゲーミングノートPCと比べて明らかに排気音が大きく聞こえます。耐えられないほどうるさいわけではないものの、ヘッドホンを使わずにゲームをしていると音がよく聞き取れないことがあるほどです。

Legion Slim 770i 排気口

排気音がやや大きく聞こえます。と言っても特別うるさいわけではなく、これよりも大きな音の他社製品はいくらでもあるレベル

排気音が大きく聞こえるのは、筐体がスリムなため内部に熱がこもりやすいからでしょう。ノートPC冷却台などで熱対策を行なえば、ある程度は抑えられるかもしれません。ゲーミングノートPCである以上ある程度の音はしょうがないのですが、それでもできるだけ音を抑えたいのであれば、もっと厚くてゴツい機種を選ぶべきだと思います。

Legion Slim 770i

Legion Slim 770i

※製品ページが開かない場合は、上記リンクを再度開き直してください

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ゲーミングノートPC関連記事一覧

HP割引クーポンまとめ HPレビューまとめ

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!