レノボLegion T570iレビュー:Core i5+RTX 3060が狙い目のエントリー/ミドルレンジ向けゲーミングPC

Legion T570i
レノボのLegion T570iは、第12世代CoreプロセッサとGeForce GTX / RTXシリーズを搭載するゲーミングPCです。グレードとしては、エントリー(入門)からミドルレンジ(中級)クラス。ミニタワー型ながら拡張性とエアフローが優秀で、自分でパーツを追加 / 交換して使うのにも向いています。

Legion T570i

Legion T570i

今回はGTX 1660 SUPER搭載モデルを検証したのですが、旧世代のGPUだけあって性能的にはイマイチです。いま購入するなら、RTX 3060以上を選んでください。ただし電源容量が500Wで固定のため、上位CPU / GPUを使うには少々不安があります。

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

※製品ページが開かない場合は、上記リンクを再度開き直してください

スペック

OS Windows 11 Home / Pro
CPU Core i5-12400 / Core i5-12400F / Core i7-12700 / Core i7-12700F / Core i9-12900 / Core i9-12900F
チップセット B660
グラフィックス GTX1650 / GTX1660 SUPER / RTX 3050 / RTX 3060 / RTX 3060 Ti / 3070
メモリー 8~32GB ※DDR5-4800、最大128GB、スロット×4
ストレージ SSD + HDD
拡張スロット PCI Express 4.0 x16×1、PCI Express 3.0 x4×1、M.2×2(Wi-Fi用×1、ストレージ用×1)
ドライブベイ 3.5インチ×2、2.5インチ×1
通信 Wi-Fi 6、Bluetooth5.1、有線LAN(1Gbps)
サイズ / 重量 幅205×奥行き420×高さ395mm / 約14kg
電源 500W

本体デザイン

本体の外観

Legion T570i 外観

Legion T570iはデスクトップPCのなかでは標準的なサイズの”ミニタワー型”に分類されます。ただし「ミニ」とは言ってもサイズはそれなりに大きく(容積26L)、重量は約14kgと重めです

Legion T570i サイズ感

Legion T570iのサイズ感 ※ディスプレイは24.5インチ

Legion T570i

前面と背面。幅は20.5cmで、高さは39.5cm

Legion T570i 側面

左右側面。奥行きは42cm

Legion T570i 底面

底面部には電源ユニット用の通気口と取り外し可能なダストフィルター

LEDイルミネーション

Legion T570i イルミネーション

Legion T570iのRGBイルミネーションは、フロントのエンブレムのみ。ハデに光らせたい場合は、自分でLED搭載パーツを組み込むといいでしょう

インターフェースについて

Legion T570i インターフェース

上面手前部分にUSB端子やヘッドホン端子など

Legion T570i インターフェース

背面のI/Oパネルは標準的な構成です。映像入力端子は、グラボの種類によって異なります

分解方法とパーツ交換について

右側面(裏配線)

Legion T570i 本体内部

右側面のパネルを外した状態

Legion T570i ドライブベイ

2.5インチドライブベイがひとつ

Legion T570i ドライブベイ

3.5インチドライブベイはふたつ

Legion T570i 電源

電源は500Wの80PLUS。エントリー~ミドルレンジのGPUなら問題ありませんが、Core i7やCore i9とRTX 3070(推奨650W)の組み合わせで使うには不安が残ります。普通のATX電源なので、自分で交換するといいでしょう

左側面

Legion T570i 本体内部

左側面のパネルを外した状態

Legion T570i グラボ

試用機で使われていたGTX 1660 SUPERのグラボ

Legion T570i マザーボード

マザーボードは一般的なmicroATXタイプのように見えます

Legion T570i CPUクーラー

CPUクーラーは空冷式のサイドフロータイプ

Legion T570i メモリースロット

メモリースロットは4基。規格はDDR5-4800で最大容量は128GB

Legion T570i 拡張スロット

拡張スロットはPCIe 4.0 x16が1基、PCIe 3.0 x4が1基。M.2スロットは2基で、ひとつは拡張スロットの上、もうひとつはPCIe 3.0 x4の右側

Legion T570i 空冷ファン

メッシュパネルのフロント部分に空冷ファンはありませんが、12cmタイプと取り付けられそうなネジ穴が用意されています

Legion T570i 天面

天面も同様にメッシュパネルで、空冷ファン用のネジ穴が用意されていました

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i5-12400F
メモリー 16GB(8GB×2)
ストレージ 512GB SSD + 1TB HDD
グラフィックス GTX 1660 SUPER(6GB)

※各種ベンチマークテストは、Windows 10の電源プランを「高パフォーマンス」に設定した上で、標準収録ソフト「Lenovo Vantage」の「サーマル・モード」を「パフォーマンス・モード」に設定して実施しています
※ベンチマーク結果はパーツ構成やタイミング、環境、個体差などの要因で大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしてはインテル第12世代のCore i5 / i7 / i9が使われています。試用機で使われていたCore i5-12400Fは、ゲーミングPC向けCPUとしては中位クラス。高度な動画編集などには向きませんが、エントリ~ミドルレンジクラスのゲーマー向けとしては十分です。

より重い処理をこなしたい、あるいは高性能なCPUとGPUでeスポーツレベルのプレーに使いたいのであれば、Core i7やCore i9などの上位CPUを選ぶといいでしょう。ただし電源容量が500Wまでなので、パーツの組み合わせによっては不安があります。CPUならCore i7まで、GPUはミドルレンジまであたりに留めておいたほうが無難です。

CPUの性能(マルチコア)

CPU CINEBENCH R23スコア
Core i9-12900K
25869
Core i7-12700K
20823
Core i7-12700KF
20276
Core i7-12700
15938
Ryzen 7 5700G
14319
Core i7-11700K
13568
Core i5-12400F
12381
Legion T570i(Core i5-12400F)
12380
Core i5-12400
11524
Ryzen 5 5600G
10414
Core i5-11400
7831

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

CPUの性能(シングルコア)

CPU CINEBENCH R23スコア
Core i7-12700
1893
Core i7-12700K
1836
Core i9-12900K
1850
Core i7-12700KF
1786
Core i5-12400
1712
Legion T570i(Core i5-12400F)
1710
Core i5-12400F
1710
Core i7-11700K
1572
Ryzen 7 5700G
1497
Ryzen 5 5600G
1431
Core i5-11400
1404

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としてはGeForce GTX / RTXのエントリー~ミドルレンジクラスが使われています。試用機で使われていたGTX 1660 SUPERは価格が安いメリットはあるものの、現在のゲーミングPCのなかでは性能がかなり低めです。ゲームを本格的に楽しみたいのであれば、RTX 3060以上のモデルを選んでください。

ただし前述のとおりLegion T570iは電源容量が500Wで、RTX 3070などの上位GPUを使うにはかなり不安があります。自分で電源ユニットを交換することもできますが、どうしてもLegion T570iを選びたいのであれば、RTX 3060あたりに留めておいたほうがいいでしょう。

GPU性能(DirectX 12,WQHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphics
RTX 4090
35400
RTX 3090 Ti
21686
RTX 3090
20531
RTX 3080 Ti
19908
RTX 3080
17658
RTX 3070 Ti
14821
RTX 3070
13680
RTX 3060 Ti
11769
RTX 3060
8744
RTX 3050
6202
GTX 1660 SUPER
6087
Legion T570i(GTX1660S)
5889
GTX 1650
3548

※スコアはUL Solutionsによる平均値

GPU性能(DirectX 11,FHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphics
RTX 4090
77228
RTX 3090 Ti
52350
RTX 3080 Ti
47769
RTX 3090
47321
RTX 3080
42185
RTX 3070 Ti
37126
RTX 3070
33829
RTX 3060 Ti
29415
RTX 3060
22257
Legion T570i(GTX1660S)
16303
GTX 1660 SUPER
16154
RTX 3050
15973
GTX 1650
9543

※スコアはUL Solutionsによる平均値

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能やストレージ性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能とメモリー性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではCPUとストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

ベンチマークテストの結果は、全体的に非常に優秀です。しかしコンテンツ制作のテストでスコアが低めに出ているのが気になります。軽めのゲーム用には十分ですが、そのほかの用途で使うなら上位CPU / GPU搭載モデルを選んでください。

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
T570i10683
M75q10256
Neo 50t11430
XPS11660
AW Aurora10840
T770i11134
OMEN45L11414
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
T570i10409
M75q9930
Neo 50t7865
XPS10561
AW Aurora10397
T770i10762
OMEN45L10614
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
T570i9624
M75q5707
Neo 50t6313
XPS10484
AW Aurora13307
T770i15076
OMEN45L15410

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック

▶ThinkCentre M75q Gen2 Ryzen 7 PRO 5750GE / 32GB / Radeon
▶ThinkCentre Neo 50t Core i7-12700 / 16GB / UHD 770
▶XPS 8950 Core i7-12700 / 16GB / GTX 1650S
▶Alienware Aurora R13 Core i7-12700KF / 16GB / RTX 3070
Legion T770i Core i7-12700K / 32GB / RTX 3080
OMEN 45L Core i9-12900K / 32GB / RTX 3090

ゲーム性能

試用機で使われているGTX 1660 SUPERは旧世代のミドルレンジGPUですが、現行世代ではエントリークラスの性能です。処理がやや重い程度の中量級タイトルなら普通に楽しめるものの、非常に重いタイトルだと画質を落とさないとプレーは厳しいでしょう。中量級FPSならフルHDの最低画質で144Hzターゲット、競技系FPSで240Hzターゲットあたりと考えてください。

エントリークラスとしては妥当なところですが、現在のPCゲーミング事情を考えるとやや物足りなさがあります。GTX 1660 SUPERだとコスパもよくないので、RTX 3060以上のモデルを選んでください。

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ

解像度 スコア / 平均FPS
フルHD 15950 / 109.6

※画質は「最高品質」

ファークライ6(そこそこ重い / DX12)

ファークライ6

レイトレ無効

解像度 平均FPS / 最小FPS
フルHD 72 / 64

※画質は「最高」

アサシン クリード ヴァルハラ (激重)

アサシン クリード ヴァルハラ

解像度 平均FPS / 低位1%
フルHD 49 / 38

※画質は「最高」

エーペックスレジェンズ 射撃訓練場(中量級)

エーペックスレジェンズ

画質 平均FPS / 低位1%
最高画質 65.2 / 49.9
最低画質 196.8 / 128.9

※解像度はフルHD。実際のプレーではこの結果よりもFPSが低下します

レインボーシックス シージ(軽い) ※DirectX

レインボーシックス シージ

解像度 平均FPS / 最低FPS
フルHD 278 / 217

※画質は最高設定。ゲーム内ベンチマークの結果

CS:GO FPS Benchmark(軽い)

CS:GO

解像度 平均FPS
フルHD 346.07

※ワークショップ内のマップ「FPS Benchmark」を使用、画質は最高設定

ヴァロラント 屋外射撃場(軽い)

ヴァロラント

解像度 平均FPS / 低位1%
フルHD 362.8 / 211.1

※画質は最高設定、屋外射撃場で武器を使用しながら走り回った結果。実際のプレーではこの結果よりもFPSが10%程度低下します

Core i5 + RTX 3060モデルが狙い目

2022年11月上旬時点でいくつかのモデルが販売されていますが、狙い目はCore i5 + RTX 3060モデルです。相場的にはそこそこ安く、スペックも十分。今回試用したGTX 1660 SUPERモデルはコスパが相当悪く、上位GPU搭載モデルには電源容量(500W)的な不安があります。

おすすめモデル(公式サイト)

スペック 価格
Core i5-12400F / 16GB / GTX 1660S 15万6418円
Core i5-12400F / 16GB / RTX 3060 15万6530円
Core i7-12700F / 16GB / RTX 3060 17万6220円
Core i7-12700F / 16GB / RTX 3060 Ti 19万5910円
Core i7-12700F / 32GB / RTX 3070 23万4960円

※2022年11月13日時点

よりパワフルなゲーミングPCを希望するなら、同じレノボのほかの機種をおすすめします。

レノボLegion T770iレビュー:Core i9+RTX 3080で32万円台のハイエンドゲーミングPC
レノボのLegion T770iは、第12世代CoreプロセッサとGeForce RTX 30シリーズを搭載するゲーミングPCです。20……
レノボLegion T550レビュー:お手ごろ価格の高性能ゲーミングPC
レノボのLegion T550は、Zen3世代のRyzen5000シリーズを搭載するゲーミングPCです。2022年9月中旬時点ではかなり……

CPUがCore i5であるなら、熱に対しての不安はあまりないでしょう。気になるなら、トップやフロントに、空冷ファンを取り付けてください。エアフローや拡張性もなかなかいいので、パーツを追加 / 交換しながら長く使うのもアリです。

※製品ページが開かない場合は、上記リンクを再度開き直してください

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのTwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ゲーミングPC関連記事一覧

HP割引クーポンまとめ HPレビューまとめ

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!