レノボLegion T770iレビュー:Core i9+RTX 3080で32万円台のハイエンドゲーミングPC

レノボLegion T770iレビュー
レノボのLegion T770iは、第12世代CoreプロセッサとGeForce RTX 30シリーズを搭載するゲーミングPCです。2022年11月上旬時点ではCore i9-12900K / 32GBメモリー / RTX 3080の構成で32万円台で販売されており、同構成のPCのなかでは最安クラス。コスパの高いハイエンドモデルとしておすすめします。

Legion T770i

Legion T770i

ただし高負荷時にはCPUやGPUが、そこそこ高めの温度に達しました。パーツ的なポテンシャルは高いものの、最大パフォーマンスで使うのではなく、標準設定でパワーをやや抑えながら長く大切に使う機種のようです。

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

※製品ページが開かない場合は、上記リンクを再度開き直してください

スペック

OS Windows 11 Home / Pro
CPU Core i7-12700KF / Core i7-12700K / Core i9-12900KF / Core i9-12900K
チップセット Z690
グラフィックス RTX 3060 Ti / 3070 / 3070 Ti / 3080 / 3080 Ti
メモリー 16~64GB ※DDR5-4800、最大128GB、スロット×4
ストレージ SSD + HDD
拡張スロット PCI Express 5.0 x16×1、PCI Express 4.0 x16×1(4レーン)、PCI Express x1×2、M.2×4(Wi-Fi用×1、ストレージ用×3)
ドライブベイ 3.5インチ×2(空き1)
通信 Wi-Fi 6、Bluetooth5.0、有線LAN(2.5Gbps)
サイズ / 重量 幅211×奥行き483×高さ450mm / 約15kg
電源 850W

本体デザイン

本体の外観

Legion T770i 外観

Legion T770iはデスクトップPCのなかでもかなり大型の”ミドルタワー型”に分類されます。サイズも大きく(容量34L)、重量は約15kgと重めです

Legion T770i サイズ

Legion T770iのサイズ感 ※ディスプレイは24.5インチ

Legion T550 サイズ感

ひと回り小さいミニタワー型だとこのくらい ※写真はLegion T550

Legion T770i

前面と背面。幅は21.1cmで、高さは45cm

Legion T770i 側面

左右側面。奥行きは48.3cm

Legion T770i ガラスパネル

左側面には強化ガラスによるパネル。取り外しにドライバーが必要な点が少し面倒です

Legion T770i 上面

上面はメッシュパネル。120mmの空雷ファンが2基取り付けられています

Legion T770i フロント

フロント部分も通気性の高いメッシュパネル

Legion T770i エアフロー

底面部にある電源ユニットの通気口には、取り外し可能なメッシュフィルター

LEDイルミネーション

Legion T770i イルミネーション

電源を入れるとRGBイルミネーションが点灯します

Legion T770i イルミネーション

フロント部分はエンブレムとCPUクーラーの3連ファン(ARGB)が点灯

Legion T770i イルミネーション

内部は上面ファンと背面ファン(いずれもARGB)、フレーム上部のLEDバーが点灯

Legion T770i イルミネーション

CPUクーラーのエンブレムも点灯します

インターフェースについて

Legion T770i インターフェース

上面手前部分にUSB3.2 Gen1×2、USB2.0×2、ヘッドホン出力、マイク入力、電源ボタン

Legion T770i インターフェース

背面のI/Oパネル。有線LANは高速な2.5Gbps対応でオーディオ端子が7.1chサラウンドに対応しているあたりがハイエンド仕様です

分解方法とパーツ交換について

右側面(裏配線)

Legion T770i 本体内部

右側面のパネルを外した状態

Legion T770i ドライブベイ

この部分には2.5インチ用のドライブベイ×2

Legion T770i 電源

電源は850W。型番や80PLUSの種別を確認できませんでした

Legion T770i ドライブベイ

3.5インチドライブベイ×2

左側面

Legion T770i 本体内部

左側面のパネルとカバーを外した状態

Legion T770i ケーブル

試用機ではケーブル類が結束バンドでグラボに固定されていました。そのため今回はグラボをマザーボードから取り外さない状態でチェックしています

Legion T770i CPUクーラー

CPUクーラーは簡易水冷式。動作音は静かではあるものの、水冷式ならではの音は聞こえます

Legion T770i M.2スロット

ストレージ用のM.2スロットは合計3基。空きの1基はCPUクーラーの下部に配置されています

Legion T770i 

もうひとつのM.2スロットの空きはグラボの下のこの部分。拡張スロットはx16×2とありますが、5.0を使うと4.0(4レーン)は空きスペースが小さく使いづらいので、事実上は1基と考えたほうがいいでしょう(拡張ボードの種類によって使えるかもしれませんが)

Legion T770i メモリー

メモリースロットは4基。対応メモリーの規格はDDR5-4800で、最大容量は128GB。試用機ではヒートシンクなしのものが使われていました

Legion T770i グラボ

試用機で使われていたRTX 3080搭載のグラボ。標準ストレージのSSDは、おそらくこのグラボのスロット付近にあると思われます

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i7-12700K
メモリー 32GB(16GB×2)
ストレージ 512GB SSD + 2TB HDD
グラフィックス RTX 3080(10GB)

※各種ベンチマークテストは、Windows 10の電源プランを「高パフォーマンス」に設定した上で、標準収録ソフト「Lenovo Vantage」の「サーマル・モード」を「パフォーマンス・モード」に設定して実施しています
※ベンチマーク結果はパーツ構成やタイミング、環境、個体差などの要因で大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしてはインテル第12世代のCore i7またはCore i9が使われています。Core i7-12700K搭載の試用機でCPUベンチマークテストを行なったところ、組み立て済みモデルのなかではかなり優秀な結果が出ました。組み立て済みモデルはBTO PCや自作PCに比べてスコアがやや劣る場合が多いのですが、Legion T770iは同等クラスの結果です。おそらく高い冷却性能によって、CPU性能が十分に発揮されているのでしょう。

CPUの性能(マルチコア)

CPU CINEBENCH R23スコア
Core i9-12900K
25869
Legion T770i(Core i7-12700K)
22267
Core i7-12700K
20823
Core i7-12700KF
20276
Core i7-12700
15938
Ryzen 7 5700G
14319
Core i7-11700K
13568
Core i5-12400F
12381
Core i5-12400
11524
Ryzen 5 5600G
10414
Core i5-11400
7831

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

CPUの性能(シングルコア)

CPU CINEBENCH R23スコア
Legion T770i(Core i7-12700K)
1925
Core i7-12700
1893
Core i7-12700K
1836
Core i9-12900K
1850
Core i7-12700KF
1786
Core i5-12400
1712
Core i5-12400F
1710
Core i7-11700K
1572
Ryzen 7 5700G
1497
Ryzen 5 5600G
1431
Core i5-11400
1404

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としてはGeForce RTX 30シリーズのうち、ミドル~ミドルハイクラスのRTX 3060 Ti / RTX 3070 / RTX 3070 TiまたはハイエンドクラスのRTX 3080 / 3080 Tiが用意されています。

すでにRTX 40シリーズがリリースされており、30シリーズはひと世代前のGPUとなってしまいました。しかし2022年11月時点ではまだメインで稼働しているシリーズであり、十分現役レベルの性能です。

RTX 3080搭載の試用機ではDirect X12のテストでやや低め、Direct X11のテストではかなり高めのスコアが出ました。組み立て済みモデルでは3DMarkの平均値を大きく下回ることが多いので、非常に優秀な結果です。ほかのGPUでも、相応の結果が出ると思われます。

GPU性能(DirectX 12,WQHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphics
RTX 4090
35400
RTX 3090 Ti
21686
RTX 3090
20531
RTX 3080 Ti
19908
RTX 3080
17658
Legion T770i(RTX3080)
17170
RTX 3070 Ti
14821
RTX 3070
13680
RTX 3060 Ti
11769
RTX 3060
8744
RTX 3050
6202
GTX 1650
3548

※そのほかのスコアはUL Solutionsによる平均値

GPU性能(DirectX 11,FHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphics
RTX 4090
77228
RTX 3090 Ti
52350
RTX 3080 Ti
47769
RTX 3090
47321
Legion T770i(RTX3080)
44099
RTX 3080
42185
RTX 3070 Ti
37126
RTX 3070
33829
RTX 3060 Ti
29415
RTX 3060
22257
RTX 3050
15973
GTX 1650
9543

※そのほかのスコアはUL Solutionsによる平均値

レイトレーシング性能についても、十分なテスト結果です。WQHD時のレイトレでスコア1万オーバーなら、フルHD~WQHDでは問題なくプレーできるでしょう。ただし4Kではちょっと厳しいかもしれません。

GPU性能(レイトレーシング性能)

GPU 3DMark Port Royalスコア
RTX 3090
12485
Legion T770i(RTX3080)
11176
RTX 3080
10813
RTX 3070
8109
RTX 3060
5265

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能やストレージ性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能とメモリー性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではCPUとストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

ベンチマークテストの結果は、全体的に非常に優秀です。ただし一般用途やビジネス作業での体感速度は、dGPUなしのPCと変わりません。コンテンツ制作に関しては十分すぎるほどの結果が出ています。ゲーム以外の用途でも、十分活用可能です。

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
T770i11134
M75q10256
Neo 50t11430
XPS11660
AW Aurora10840
OMEN40L11107
OMEN45L11414
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
T770i10762
M75q9930
Neo 50t7865
XPS10561
AW Aurora10397
OMEN40L10242
OMEN45L10614
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
T770i15076
M75q5707
Neo 50t6313
XPS10484
AW Aurora13307
OMEN40L13811
OMEN45L15410

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック

▶ThinkCentre M75q Gen2 Ryzen 7 PRO 5750GE / 32GB / Radeon
▶ThinkCentre Neo 50t Core i7-12700 / 16GB / UHD 770
▶XPS 8950 Core i7-12700 / 16GB / GTX 1650S
▶Alienware Aurora R13 Core i7-12700KF / 16GB / RTX 3070
OMEN 40L Core i7-12700K / 16GB / RTX 3070 Ti
OMEN 45L Core i9-12900K / 32GB / RTX 3090

ゲーム性能

試用機で使われているRTX 3080は、4KターゲットのハイエンドGPUです。中量級あたりまでのタイトルなら、4Kでも120~144Hzでプレーできるでしょう。重いタイトルだと、4Kで平均60FPSあたりです。

FPS系なら中量級でフルHDの240Hzあたり、競技系でフルHDの500Hzまでは出るはずです。ハイエンド向けのゲーミングディスプレイを使えば、e-sportsレベルの遅延のないプレーを楽しめます。

なおそのほかのGPUについては、RTX 3070シリーズでWQHD(2560×1440ドット)ターゲット、RTX 3060シリーズでフルHD(1920×1080ドット)ターゲットと考えてください。

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ

解像度 スコア / 平均FPS
フルHD 28058 / 202.5
4K 14499 / 97.4

※画質は「最高品質」

ファークライ6(そこそこ重い / DX12)

ファークライ6

レイトレ無効

解像度 平均FPS / 最小FPS
フルHD 142 / 67
4K 74 / 67

※画質は「最高」

レイトレ有効

解像度 平均FPS / 最小FPS
フルHD 111 / 96
4K 63 / 57

※画質は「最高」

アサシン クリード ヴァルハラ (激重)

アサシン クリード ヴァルハラ

解像度 平均FPS / 低位1%
フルHD 110 / 78
4K 59 / 45

※画質は「最高」

エーペックスレジェンズ 射撃訓練場(中量級)

エーペックスレジェンズ

解像度 平均FPS / 低位1%
フルHD 276.7 / 164.9
4K 135.2 / 97.8

※画質は最高設定。実際のプレーではこの結果よりもFPSが低下します

レインボーシックス シージ(軽い) ※DirectX

レインボーシックス シージ

解像度 平均FPS / 最低FPS
フルHD 518 / 335
4K 255 / 218

※画質は最高設定。ゲーム内ベンチマークの結果

CS:GO FPS Benchmark(軽い)

CS:GO

解像度 平均FPS
フルHD 644.45
4K 351.96

※ワークショップ内のマップ「FPS Benchmark」を使用、画質は最高設定

ヴァロラント 屋外射撃場(軽い)

ヴァロラント

解像度 平均FPS / 低位1%
フルHD 479.4 / 226.3
4K 434.8 / 224.6

※画質は最高設定、屋外射撃場で武器を使用しながら走り回った結果。実際のプレーではこの結果よりもFPSが10%程度低下します

発熱について

CPU温度

ベンチマーク時におけるCPUの温度は概ね93度前後です。CPUベンチマークテストでは優れた結果が出ていましたが、熱もそれなりに生じているようです。高いパフォーマンスが出るのはありがたいことですが、パーツの劣化が進む可能性もあるのでパフォーマンス設定を下げたほうが長期的には好ましいでしょう。

Legion T770i CPU

CINEBENCH R23を10分間実行し続けた際のCPUの状態

GPU温度

GPUに高い負荷がかかるストレステストを行なったところ、GPU全体の温度を表わす”GPU温度”は最終的に73度あたりを推移していました。この数値だけを見ると問題ないようですが、部分的な最大温度である”GPUホットスポット温度”は83度前後を推移しており、さらにグラボのメモリー(VRAM)温度を表わす”GPUメモリジャンクション温度”は90度にまで達しています。

この程度なら問題ないと判断するケースもあるかもしれません。しかし可能ならもう少し、温度を低く抑えたいものです。標準収録ユーティリティで「サーマル・モード設定」を「バランス・モード」に変更したり、「MSI Afterburner」などのソフトでGPUのクロックやファン速度を調整するといいでしょう。

Legion T770i GPU

3DMark Time Spyのストレステストを10分間実行し続けた際のGPUの温度

第12世代Core i9 + RTX3080では最安

Legion T770i イルミネーション

2022年11月上旬時点ではいくつかのモデルが販売されていますが、もっとも安いのはCore i9 + RTX 3080です。そのほかのモデルはランクの低いパーツが使われているのに、Core i9 + RTX 3080モデルよりも高い値段が設定されています。実質的に、選ぶべきなのはこのモデルのみ。同構成の他社製品なら相場は安くても36万円前後なので、32万円台はけっこうお買い得です。

おすすめモデル(公式サイト)

スペック 価格
Core i9-12900K / 32GB / RTX 3080 32万8574円

※2022年11月11日時点

ただし前述のように、CPUとGPUの熱が若干気になります。おそらく最大パフォーマンスでぶん回す機種ではなく、標準設定でパフォーマンスを抑えて使うのが最適解なのでしょう。それでもミドルレンジ機より高い性能を発揮できるので、普通に使うには十分です。電源容量が850Wというのもわりとギリギリな印象ですが、標準設定で利用する限りなら問題ないのかもしれません。

最新&最強にこだわらないなら、非常にお買い得です。コスパの高いゲーミングPCとしておすすめします。

※製品ページが開かない場合は、上記リンクを再度開き直してください

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのTwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ゲーミングPC関連記事一覧

HP割引クーポンまとめ HPレビューまとめ

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!