レノボ Legion Y540 (15) レビュー:圧倒的なコスパを誇るゲーミングノートPC

レノボ Legion Y540 (15) レビュー

レノボのLegion Y540 (15)は、15.6インチの液晶ディスプレイを搭載するゲーミングノートPCです。大きな特徴は、高性能パーツを搭載しながらも価格が安い点。同クラスの他社メーカー製品に比べて1~2万円程度安く購入できます。

主なラインナップ

スタンダード パフォーマンス プレミアム ブラック
※カスタマイズ非対応
Core i5-9300H Core i7-9750H Core i5-9300H Core i7-9750H
8GBメモリー 16GBメモリー
256GB SSD 256GB SSD + 1TB HDD 1TB SSD
GTX 1650 GTX 1660 Ti
11万6251円 12万9254円 14万1847円 16万9504円

※2019年8月5日時点

Legion Y540(15)

Legion Y540 (15)

単に安いだけではありません。すべてのモデルについて、ハイエンドゲーミングノートPC並みの機能を備えています。ゲーム用としては非常に完成度の高いモデルです。

今回はメーカーからお借りしたLegion Y540 (15)の実機を使って、デザインや性能などをレビューします。

Legion Y540 (15)

Legion Y540 (15)

税込11万6251円~

※価格や構成は変更される場合があります

関連記事

Legion Y540 (15)のスペック

画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
CPU ・Core i5-9300H
・Core i7-9750H
メモリー ・8GB
・16GB
SSD ・256GB
・512GB
・1TB
HDD ・なし
・1TB
・2TB
グラフィックス ・RTX 2060
・GTX 1650
・GTX 1660Ti
幅×奥行き 360×267mm
厚さ 24.2mm
重量 最大2.3kg
バッテリー 約6.8時間

※2019年6月10日時点。構成は変更される場合があります


リフレッシュレート 144Hz
表面処理 非光沢
パネルの種類 IPS
光学ドライブ
テンキー あり
有線LAN 1000Mbps
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
USB3.1
USB3.0 3
USB2.0
USB Type-C 1 (USB3.0)
Thunderbolt 3
メモリーカード
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort 1 (Mini)
Webカメラ 720p (92万画素相当)
顔認証カメラ
指紋センサー

ベンチマーク結果

まずはLegion Y540 (15)の性能について紹介します。検証で使った試用機のスペックは以下の表のとおり。なおベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがある点をあらかじめご了承ください。

試用機のスペック

モデル名 ブラック (81SX0076JP) ※最上位モデル
CPU Core i7-9750H
メモリー 16GB
SSD 1TB
HDD なし
グラフィックス GTX 1660Ti
税込価格 16万9504円

3Dグラフィックス性能

Legion Y540 (15)ではGPU (グラボ)として、GeForce GTX 1650 / 1660 TiとGeForce RTX 2060の3種類が用意されています。※RTX 2060はアップグレードオプションから選択可能

試用機で使われていたGTX 1660 Tiのベンチマーク結果は平均値にはやや及ばなかったものの、十分高い性能です。上位のRTX 2060との差はわずかで、さらに前世代のハイエンド向けであるGTX 1070にも迫るほどでした。

GPUの性能比較

GPU 3DMark FireStrikeスコア
RTX 2070
17122
RTX 2070 Max-Q
15368
GTX 1070 Max-Q
13461
RTX 2060
13121
GTX 1660 Ti
12909
Legion Y540(GTX 1660 Ti)
12528
GTX 1060
10100
GTX 1650
7974
GTX 1050 Ti
6660
GTX 1050
5375

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

下位モデルで使われているGTX 1650はエントリー (初心者)向けですが、前世代のエントリー向けであるGTX 1050 / 1050 Tiを上回る性能です。重くないゲームであれば、十分快適にプレーできます。

ゲーム系ベンチマーク結果

個別タイトルごとのベンチマークテストを実施したところ、重いゲームでも画質を調整すれば快適に遊べるとの評価でした。FF14など中量級クラスならフルHDの最高画質でストレスなく楽しめます。

FF15ベンチ
FF15 (DX11) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 高品質 5566(やや快適)
標準品質 7702(快適)
軽量品質 9894(とても快適)
FF14ベンチ
FF14:漆黒のヴィランズ (DX11) ※中量級
フルHD 最高品質 13822(非常に快適) ※94.58718 FPS
高品質 15733(非常に快適) ※118.2734 FPS
標準品質 17795(非常に快適) ※149.0574 FPS
Assassin's Creed Odyssey
アサシンクリード オデッセイ (DX11) ※重量級
フルHD 最高 45 FPS
78 FPS
89 FPS
SOTTR
シャドウ オブ ザ トゥームレイダー(DX12) ※重量級
フルHD 最高 ※起動しなかったため未計測

※平均60FPS以上が快適に遊べる性能の目安

フォートナイト

フォートナイトのFPS(描画速度の目安)計測結果は以下の表のとおり。最高画質でも平均100 FPS近くのなめらかな動きで楽しめます。Legion Y540 (15)は最大144Hzまで対応しているので、「高」画質に変更すればさらになめらかな動きでプレー可能です。

Legion Y540(15) フォートナイトFPS計測結果

フォートナイトFPS計測結果

画質 平均FPS 最低FPS
エピック(最高画質) 96.48 FPS 80 FPS
121.76 FPS 109 FPS
227.06 FPS 197 FPS
低(最低画質) 302.53 FPS 241 FPS

PUBG

PUBGは最高画質で平均86.13 FPSという結果でした。フォートナイトよりは若干重いためFPSが下がっていますが、これでも十分動きのなめらかさを感じられます。

Legion Y540(15)PUBG FPS計測結果

PUBG FPS計測結果

画質 平均FPS 最低FPS
ウルトラ(最高画質) 86.13 FPS 75 FPS
102.91 FPS 75 FPS
111.66 FPS 95 FPS
127.5 FPS 93 FPS
非常に低い(最低画質) 128.88 FPS 96 FPS

リーグ・オブ・レジェンド

動作の軽いリーグ・オブ・レジェンド (LoL)では、トレーニングモードで平均286.61 FPSとじゅうぶんすぎる結果でした。新モードのチームファイト・タクティクス (TFT)のほうが若干重いためFPSは下がっていますが、まったく問題ない範囲です。

Legion Y540(15)LoL FPS計測結果

リーグ・オブ・レジェンド計測結果

画質 平均FPS 最低FPS
通常モード (最高画質) 286.61 FPS 236 FPS
TFT (最高画質) 127.51 FPS 106 FPS

CPU性能

CPUには第9世代のCore i7-9750HまたはCore i5-9300Hが使われています。試用機ではCore i7-9750Hの平均値とほぼ同程度の結果となりました。大きなパフォーマンス低下は見られないようです。

下位モデルで使われているCore i5-9300Hは上位のCore i7-9750Hには及ばないものの、スタンダードノートPCで使われているCore i7-8565Uを大きく上回っています。GTX 1650あたりを使うのであれば、Core i5でも十分でしょう。

CPUの性能比較

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Legion Y540 (Core i7-9750H)
2713
Core i7-9750H
2693
Core i7-8750H
2215
Core i5-9300H
1947
Core i7-8565U
1193

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ストレージ性能

Legion Y540 (15)ではストレージとしてSSD単体構成、またはSSD + HDDのデュアル構成が用意されています。パーツカスタマイズでそれぞれの容量を変更することが可能です。

試用した最上位モデルでは、1TBの大容量SSDが使われていました。PCIe 3.0 x4の超高速タイプです。SSDは容量が大きいほどアクセス速度がアップする傾向にあり、テストでは爆速と言っていいほどの結果が出ています。

Legion Y540 (15) アクセス速度

1TB SSDのアクセス速度

実際にどのくらいの容量が必要かと言う点ですが、正直なところ256GBだけではギリギリかなと思います。たとえばフォートナイトとPUBGとリーグ・オブ・レジェンドの3本だけでも90~100GB程度は必要です。ちょっと重めのゲームになると、40GB以上の容量が必要になることもあります。

プレーしなくなったゲームはスグにアンインストールするのであれば問題ありませんが、いくつか同時に進行で楽しみたいのであればSSDだけなら512GB以上、もしくはSSDとHDDのデュアル構成をおすすめします。

CPUの温度について

Legion Y540 (15)では、標準収録アプリ「Lenovo Vantage」でさまざまな設定を行なえます。ただしパフォーマンスに関する設定はファンの強弱のみ。他社メーカーのモデルに比べてやや物足りない感じもありますが、逆に面倒な設定が必要ないという考え方もできるでしょう。

Legion Y540(15)Lenovo Vantage

標準収録のLenovo Vantage

Legion Y540(15)ファンの調整

メイン画面の「サーマル」で、ファンの強弱を変更できます

ファンの動作モードを「性能 (最大パフォーマンス)」に変更した状態で、FF15ベンチを30分間実行し、CPUクロックとCPU温度を計測しました。

平均クロックは3.85GHzで、それほど高いわけではありません。熱については平均92.2℃とやや高めでした。とは言えグラフを見る限りではけっこう頻繁に90℃以下にまで下がっていますので、熱が高すぎるというほどではないでしょう。

Legion Y540(15)CPU温度

FF15ベンチを30分間実行したときのCPUクロックろとCPU温度

デザインと使いやすさ

高級感のある外観

Legion Y540 (15)の本体カラーはブラックです。ボディの素材には樹脂 (プラスチック)が使われていますが、見た目と手触りからは安っぽさは感じられません。むしろリーズナブルなのに高級感があることに驚きです。

Legion Y540 (15) 本体カラー

本体カラーはブラック

Legion Y540 (15) 天板

ボディの素材は樹脂

Legion Y540 (15) 天板

天板にはLegionのロゴ。「O」の文字を中心に円心状のテクスチャー加工が施されています

Legion Y540 (15) ヒンジ

液晶ディスプレイが前方向にズレ込んだ独特のヒンジ

Legion Y540 (15) 厚さ

高さは公称値で24.2mm。ゲーミングノートPCとしてはスリムです

Legion Y540 (15) キーボード面

キーボード面もブラックで、個々のキーが識別しやすいようにキーサイドが白で塗られています。パームレストはシリコンコーティング風の加工で心地よい手触り

Legion Y540 (15) ベゼル

液晶ディスプレイのベゼル (枠)は左右上部ともに6mm。超細い!

Legion Y540 (15) 底面部

底面には大きめの通気口。CPUとGPUそれぞれにファンを用いたデュアルファン仕様です

144HzのフルHDディスプレイ

液晶ディスプレイのサイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD。ゲーミングノートPCとしては、標準的なスペックです。液晶パネルには自然な発色と視野角の広さが特徴のIPSパネルが使われています。ただほかのIPSパネルに比べて、わずかに青みが強い印象でした。これはゲーム用にチューニングされているからかもしれません。

Legion Y540 (15) 液晶ディスプレイ

画面の大きさは15.6インチで解像度は1920×1080ドット

Legion Y540 (15) IPSパネル

自然な色合いが特徴のIPSパネルを使用

液晶ディスプレイのリフレッシュレート (画面の書き換え速度の目安)は144Hzです。一般的な60Hzに比べて、画面の動きが非常になめらか。コマ送りのような画面のカクカク感はなく、画面がとてもスムーズに動きます。

Legion Y540 (15) リフレッシュレート

リフレッシュレートは144Hz ※ウィンドウズの仕様上、設定画面では143Hzと表示されています

Legion Y540 (15) 高リフレッシュレート

画面の動きがなめらかだと3D醉いしにくく、ターゲットの動きを正確に予測しやすいメリットがあります

キーボードはアンチゴースト対応

キーボードはテンキー付きの日本語配列です。英数字部分の配列は標準的ですが、テンキーの配列がかなり特殊でした。ただテンキーを使う機会が少ないのであれば、特に違和感なく使えます。

Legion Y540 (15) キーボード

Legion Y540 (15) のキーボード。キーピッチは19mm

Legion Y540 (15) テンキー

テンキーが独特の配列。Enterキー周辺で一部のキーが隣接していたり、小さくなっていたりします

Legion Y540 (15) バックライト

キーボードバックライト対応。色の変更には対応していません

キーボードは誤入力を防ぐアンチゴースト機能に対応。キーの同時押し認識数を確認したところ、30キーあたりまでは認識できるていることを確認しました。すべてのキーが認識されるわけではなかったので、Nキーロールオーバーではないようです。

しかしゲーミングノートPCでは最大8~9キー程度のものが多い (筆者調べ)ことを考えれば、上出来の部類だと言えます。

Legion Y540 (15) キーの同時押し

非常に多くのキーが正しく認識されています。

AORUS 7 キーの同時押し

同時認識数の少ないキーボードの例 ※画像はほかの機種

タイプ感は標準的です。入力した瞬間に固めのクリック感がありますが、押し込む力は弱めでした。ゲーミングとしては少々物足りない気もしますが、手応えはしっかりあるので普通に使えます。キーの反応については速いと感じることはなく、あくまでも標準的です。

背面端子が使いやすい!

周辺機器接続用のインターフェース類は充実しています。ただしメモリーカードに対応していない点に注意してください。

Legion Y540 (15) 左側面

左側面はUSB3.0とヘッドセット端子

Legion Y540 (15) 右側面

右側面はUSB3.0

Legion Y540 (15) 背面

背面にはUSB3.0 Type-C、Mini DisplayPort、USB3.0、HDMI、有線LAN、電源コネクター、セキュリティースロット

Legion Y540 (15) Webカメラ

Webカメラは液晶ディスプレイ下部

非常に素晴らしいのは、背面にフルサイズのUSB端子が用意されている点です。ゲーミングノートPCでマウスやコントローラー、ヘッドセットなどのデバイスを使うと、左右両サイドのケーブルがゴチャつくことがあります。またUSB端子の位置によってはマウスがぶつかってしまうことも少なくありません。

しかしLegion Y540 (15)なら左右と背面にUSB端子が1ポートずつ用意されているため、ケーブルの取り回しや干渉を気にすることがありません。電源コネクターや有線LANなども背面なので、両サイドはとてもスッキリしています。

Legion Y540 (15) USB端子

背面のUSB端子を使えば、左右どちらかのスペースを大きく使えます

Legion Y540 (15) 側面のUSB

側面のUSB端子を使っても、大きくジャマになるほどではありませんでした

Legion Y540 (15) ケーブルの取り回し

複数のデバイスを使っても、両サイドは比較的スッキリとしています

価格とおすすめ構成

Legion Y540 (15)はGTX1650搭載の最安モデルで税込11万6251円からと、ゲーミングノートPCとしてはとてもリーズナブル。GTX 1660 Ti搭載モデルでも14万円台で、GTX 1650 / 1660 Ti搭載モデルとしては最安クラスです。

主なラインナップ

スタンダード パフォーマンス プレミアム ブラック
※カスタマイズ非対応
Core i5-9300H Core i7-9750H Core i5-9300H Core i7-9750H
8GBメモリー 16GBメモリー
256GB SSD 256GB SSD + 1TB HDD 1TB SSD
GTX 1650 GTX 1660 Ti
11万6251円 12万9254円 14万1847円 16万9504円

※2019年8月5日時点

メモリー容量やストレージ構成を変更したい場合は、プレミアムモデルをベースにしてパーツカスタマイズを行なうことをおすすめします。

おすすめ構成 その1

ベースモデル プレミアムモデル
CPU Core i7-9750H
メモリー 16GB
SSD 256GB
HDD 1TB HDD
グラフィックス GTX 1660 Ti
税込価格 16万3231円

※2019年8月5日時点

またプレミアムモデルはグラフィックスにRTX 2060を選択できます。差額は5600円 (実際にはクーポン割引が適用されるため3500円程度)程度ですので、むしろアップグレードしないほうが損かもしれません。

おすすめ構成 その2

RTX2060 最安構成 RTX2060 おすすめ構成
ベースモデル プレミアムモデル
CPU Core i5-9300H Core i7-9750H
メモリー 8GB 16GB
SSD 256GB 256GB
HDD 1TB HDD 1TB HDD
グラフィックス RTX 2060
税込価格 14万5411円 16万6795円

※2019年8月5日時点

高品質なゲーミングノートPCを安く入手したい人に

現在はさまざまなゲーミングノートPCが発売されていますが、GTX 1650 / GTX 1660 Ti搭載モデルならもうこれでいいんじゃない? というのが素直な感想です。

実際に驚くほど安いのに、大きな欠点が見当たりません。あまりにも完成度が高くて「ほかのメーカーはもっとがんばれよ」と言いたくなるレベルです。まあ世界的な大企業であるレノボだからこそ、これだけ安くできるのだと思いますが。

Legion Y540 (15) 感想

激安なのに完成度が高く、コスパは他を凌駕するほど

そんなわけでLegion Y540 (15)はおすすめなのですが、実はほぼ同型&同スペックでさらに安いLegion Y7000っていうモデルが発売されているんですよね。Legion Y540 (15)の発売から1ヵ月もたたない内にさらに安いモデルを出しているわけで、意味がわからないです。

それはともかく、値段が安い上にカスタマイズの柔軟性が上がっているので、実際のところ買うならLegion Y7000のほうがおすすめです。

Legion Y7000

ほぼ同型&同スペックでLegion Y540 (15)の直後に発売されたLegion Y7000

Legion Y7000

Legion Y7000

税込10万0678円~

※価格や構成は変更される場合があります

Legion Y540 (15)

Legion Y540 (15)

税込11万6251円~

※価格や構成は変更される場合があります

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

\おすすめ記事/

マカフィーリブセーフ
 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました