レノボ Legion Y540 (17)レビュー:144Hz対応で税込11万円台からの大画面ゲーミングノートPC

レノボ Legion Y540 (17)レビュー

レノボのLegion Y540 (17)は、17.3インチの大型液晶ディスプレイを搭載するゲーミングノートPCです。高リフレッシュレートのディスプレイやアンチゴースト対応キーボードなどゲーマー向けの機能を備えながらも、価格は税込11万円台からと非常に安いのが魅力。パーツカスタマイズに対応している点もポイントです。

Legion Y540 (17)

Legion Y540 (17)

今回はメーカーからお借りしたLegion Y540 (17)の実機を使って、デザインや性能などをレビューします。

Legion Y540 (17)

Legion Y540 (17)

税込11万5128円~

※2019年9月18日時点。価格や構成は変更される場合があります

関連記事

Legion Y540 (17)のスペック

画面サイズ 17.3インチ
解像度 1920×1080
CPU ・Core i5-9300H
・Core i7-9750H
メモリー ・8GB
・16GB
・32GB
SSD ・256GB
・512GB
・1TB
HDD ・なし
・1TB
・2TB
グラフィックス ・GTX 1650
・GTX 1660 Ti
・RTX 2060
幅×奥行き 399.8×290mm
厚さ 25mm
重量 最大2.84kg
バッテリー 約6.4~7時間

※2019年9月18日時点。構成は変更される場合があります


リフレッシュレート 144Hz
表面処理 非光沢
パネルの種類 IPS
光学ドライブ
テンキー あり
有線LAN 1000Mbps
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
USB3.1
USB3.0 3
USB2.0
USB Type-C 1 (USB3.0)
Thunderbolt 3
メモリーカード
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort 2 (Mini / Type-C)
Webカメラ 720p (92万画素相当)
顔認証カメラ
指紋センサー

なおLegion Y540 (17)は全モデルで英語版のWindows 10が搭載されており、キーボードは英字配列です。英語版のWindows 10は「設定」から日本語に変更できます。

Legion Y740 (17) 英語

「Windows Setting (設定)」アプリの「Time & Language」から「Language」を選び、「Preferred language」に日本語を追加した後に「Windows display language」で「日本語」を選択すればOK

Legion Y540 (17) 英字配列

キーボードは英字配列

ベンチマーク結果

まずはLegion Y540 (17)の性能について紹介します。検証で使った試用機のスペックは以下の表のとおり。ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがある点をあらかじめご了承ください。

試用機のスペック

モデル名 ブラック (81Q4002SJE) ※最上位モデル
CPU Core i7-9750H
メモリー 16GB
SSD 1TB SSD
HDD なし
グラフィックス GTX 1660 Ti
税込価格 16万9206円

3Dグラフィックス性能

Legion Y540 (17)ではGPU (グラボ)として、GeForce GTX 1650 / 1660 TiおよびRTX 2060が用意されています。RTX 2060はパフォーマンスモデル (GTX 1660 Ti搭載)のカスタマイズオプションとして用意されており、追加料金を支払うことでGPUのアップグレードが可能です。

試用機で使われているGTX 1660 Tiは、ミドルレンジ (中位クラス)のGPUです。ハイエンド (上位クラス)向けのRTX 2070 / 2080よりもパフォーマンスは低いものの、人気ゲームを楽しむには十分。ほかのモデルで使われているGTX 1650はエントリー (下位クラス)のGPUで、それほど重いゲームをプレーしない人向けです。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 2070
19807
RTX 2080 Max-Q
19700
RTX 2070 Max-Q
17147
GTX 1070
16999
RTX 2060
14658
Legion Y540 (GTX1660Ti)
14410
GTX 1660 Ti
14300
GTX 1060
11442
GTX 1650
9039
GTX 1050 Ti
7594
GTX 1050
6008
UHD 630
1176

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

カスタマイズオプションとして用意されているRTX 2060ですが、ベンチマークテストの結果はGTX 1660 Tiとあまり変わりません。RTX 2060はレイトレーシングによる超リアルな映像に対応していますが、そこまで必要ないならGTX 1660 Tiで十分でしょう。

ゲーム系ベンチマーク結果

ゲーム系ベンチマークや実際のプレーにおけるFPS (画面の滑らかさを表わす目安)計測結果は以下のとおりです。処理の重い重量級のゲームでもGTX 1660 Ti搭載ならフルHDの高画質で楽しめます。

人気のバトロワ系ゲームやFPS / TPSでは80~100FPS程度出ており、高リフレッシュレート対応ディスプレイによるなめらかな動きでプレーを楽しめます。しかしさらになめらかな120~144FPSあたりを狙うには、画質をグッと落とさなければなりません。このあたりがGTX 1660 Tiの限界と言えるでしょう。あくまでも高画質で高FPSを狙うなら、RTX 2070以上のモデルをおすすめします。

なおGTX 1650では、さらにFPSが落ちます。軽量~中量級のタイトルなら問題なくプレーできますが、GTX 1660 Tiほど動きは滑らかではありません。

GTX 1660 Ti / 1650の性能差

GTX 1660 Ti GTX 1650
フォートナイト
※フルHD 最高画質
90~100 FPS 60~70 FPS
PUBG
※フルHD 最高画質
80~90 FPS 50~60 FPS

FF15ベンチ (重量級 / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 5600 / やや快適
標準品質 7705 / 快適
軽量品質 9829 / とても快適

※スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (中量級 / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 評価 / 平均FPS
最高品質 13777 / 非常に快適 /95FPS
高品質 15685 / 非常に快適 / 118.5FPS
標準品質 17864 / 非常に快適 / 149.9FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽量級 / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 21418 / すごく快適
標準品質 21545 / すごく快適
低品質 22651 / すごく快適

リーグ・オブ・レジェンド (超軽量級 / DX9)

リーグ・オブ・レジェンド
モード 平均FPS / 最低FPS
通常 267.1 FPS / 216 FPS
TFT 123 FPS / 100 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

フォートナイト (中量級 / DX11)

フォートナイト
画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 98.7 FPS / 83 FPS
119.7 FPS / 104 FPS
209.7 FPS / 183 FPS
267.5 FPS / 183 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

PUBG (中量級 / DX11)

PUBG
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 91.7 FPS / 77 FPS
113.6 FPS / 99 FPS
123.8 FPS / 105 FPS
136.1 FPS / 123 FPS
非常に低い 147.6 FPS / 123 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

オーバーウォッチ (軽量級 / DX10)

オーバーウォッチ
画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 83.3 FPS / 72 FPS
ウルトラ 112.5 FPS / 99 FPS
131.8 FPS / 117 FPS
NORMAL 161.9 FPS / 125 FPS
233.7 FPS / 192 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

エーペックスレジェンズ (中量級 / DX11)

Apex Legends
画質 平均FPS / 最低FPS
最高設定 113.1 FPS / 123 FPS
最低設定 143.8 FPS / 143 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

アサシンクリード オデッセイ (超重量級 / DX11)

アサシンクリード オデッセイ
画質 平均FPS / 最低FPS
最高 49 FPS / 19 FPS
78 FPS / 18 FPS
88 FPS / 22 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー (重量級 / DX12)

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー
画質 平均FPS
最高 67 FPS
79 FPS
最低 118 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ゴーストリコン ワイルドランズ (重量級 / DX11)

ゴーストリコン ワイルドランズ
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 45.37 FPS / 32.97 FPS
84.81 FPS / 73.12 FPS
116.48 FPS / 94.34 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ファークライ ニュードーン (中重量級 / DX11)

ファークライ ニュードーン
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 79 FPS / 62 FPS
91 FPS / 75 FPS
99 FPS / 82 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

CPU性能

CPUには第9世代のCore i5-9300HとCore i7-9750Hが使われています。試用機でCPUのベンチマークテストを行なったところ、平均値をわずかに上回る結果となりました。特に熱などでパフォーマンスが落ちるようなことはないようです。

Core i7-9750Hは現時点 (2019年9月)ではノートPC向けとしては最高クラスの性能です。ゲームはもちろん、動画編集や写真加工、高度なデータ処理などにも活用できるでしょう。

ゲームだけが目的であれば、Core i5-9300HでもOKです。Core i7-9750Hに比べてゲームのパフォーマンスは多少下がりますが、体感的に大きく変わるほどではありません。コストを安く抑えたいならアリです。

CPUの性能比較

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Legion Y540 (Core i7-9750H)
2726
Core i7-9750H
2693
Core i7-8750H
2215
Core i5-9300H
1947
Core i7-8565U
1193

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ストレージ性能

試用機では1TB SSDが使われていました。PCIe 3.0 x4の超高速タイプで、ファイルのアクセスは激速です。ただしSSDは容量が大きいほどアクセス速度が増す特性があるため、256 / 512GBのSSDでは多少変わるかもしれません。

Legion Y540 (17)

1TB SSDのアクセス速度

モデルによっては256GB SSDのみ搭載されているものもありますが、複数のゲームをインストールするには容量面でちょっと不安があります。できればゲームインストール用に1TB HDDを追加するか、512GB以上の大容量SSDを利用するといいでしょう。ストレージ構成は、注文時のカスタマイズ画面で変更できます (一部カスタマイズ非対応のモデルあり)。

デザインと使いやすさ

本体サイズは大きい

Legion Y540 (17)は17.3インチの大きなディスプレイを搭載しているだけあって、本体サイズも大きめです。接地面積は幅399.8×奥行き290mmで、A3サイズ (A4用紙2枚分)よりひと回り小さい程度。ヒンジが中央寄りに設置されているぶん、ほかの17インチタイプよりも大きく感じます。

Legion Y540 (17) 外観

Legion Y540 (17)の外観

Legion Y540 (17) 本体

本体カラーはブラック。天板は樹脂製で、ロゴの「O」の文字を中心に同心円状の細かな線が彫り込まれています

Legion Y540 (17) キーボード面

キーボード面はアルミ製。シリコンコーティング風の加工が施されており、しっとりとした手触りです

Legion Y540 (17) ベゼル

液晶ディスプレイのベゼル (枠)幅は左右8mmで上部9.5mm。17インチとしてはかなり細めで、画面周りがスッキリとしています

Legion Y540 (17) バックライト

キーボードバックライト対応。光は1色のみ

Legion Y540 (17) LED

天板にあるロゴの「O」の部分にもLEDが仕込まれています

Legion Y540 (17) LED

LED搭載のゲーミングデバイスを使えば雰囲気がグッとアップします

Legion Y540 (17) 底面部

底面部には大型の吸気口

Legion Y540 (17) 薄さ

高さは公称値で25mm、実測では26.9mmでした。底面部のゴム足を含めると33mmもあります。数値的にはそれほど薄くないのですが、ゲーミングノートPCとしてはスリム

見やすい144HzのフルHDディスプレイ

液晶ディスプレイのサイズは17.3インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHDです。ゲーミングノートPCでは15.6インチが一般的ですがLegion Y540 (17)は画面がひと回り大きく、そのぶん小さなターゲットが大きく表示されるのでゲームに有利です。

Legion Y540 (17)

画面の大きさは17.3インチで解像度は1920×1080ドット

15.6インチと17.3インチの大きさ比較

15.6インチと17.3インチの大きさの違い

Legion Y540 (17) 画面サイズ

15.6インチでは見えづらい小さなターゲットでも、17.3インチではひと回り大きく表示されます

Legion Y540 (17) パネル

液晶パネルはIPSで映像は自然な色合い

液晶ディスプレイのリフレッシュレート (画面の書き換え速度の目安)は144Hzです。一般的な60Hzに比べて、画面の動きが非常になめらか。コマ送りのような画面のカクカク感はなく、画面がとてもスムーズに動きます。

Legion Y540 (17) リフレッシュレート

リフレッシュレートは144Hz

Legion Y540 (17) リフレッシュレート

画面の動きがなめらかだと3D醉いしにくく、ターゲットの動きを正確に予測しやすいメリットがあります

ゲーム向きの英字配列キーボード

Legion Y540 (17)のキーボードは英字配列のみ。英数字キーは日本語配列と同じですが、記号の場所が異なります。またキートップにはかな文字のプリントがない点に注意してください。日本語配列に慣れている人にはちょっと使いづらいかもしれませんが、英字配列のほうが使いやすいという人もいるので、この機会に使いこなせるようになるのもいいでしょう。

Legion Y540 (17) キーボード

キーボードは英字配列のみ。日本語配列には対応していません

Legion Y540 (17) テンキー

テンキーの配列が特殊ですが、ゲームには影響ありません

キーピッチ (キーとキーの間隔)は19mmで、十分な広さです。ストロークは実測で平均1.52mmでした。キーを押し込む深さは標準的なノートPCと変わりません。ゲーム用としては若干物足りなく感じますが、クリック感は強く手応えはしっかり感じられます。

キーの同時押し認識数は30キー程度でした。一度にたくさんのキーを押してもすべては認識されなかったので、Nキーロールオーバーではないと思います。キーの誤認識を防ぐアンチゴーストに対応しており、ゲームを正確な操作でプレー可能です。

Legion Y540 (17) ロールオーバー

英数字については30キーあたりまで同時押しを認識。WASDキーと周辺キーの組み合わせも問題ありません

タイプ音は比較的静かで、軽めのタッチならほとんど聞こえません。強めに打つとトントンと響きますが、うるさくは感じませんでした。ゲームのプレー中でも音が気にならないキーボードです。

端子類は十分な構成

周辺機器接続用のインターフェース (端子)類はUSB端子が4ポート (うち1ポートはType-C)で、映像出力はHDMIとMini DisplayPort、有線LANなど。ゲームのプレーには十分な構成ですが、メモリーカードスロットには非対応である点に注意してください。

Legion Y540 (17) 左側面

左側面にはUSB3.0、ヘッドセット端子

Legion Y540 (17) 右側面

右側面にはUSB3.0

Legion Y540 (17) 背面

背面にはセキュリティースロット、USB3.0 Type-C、Mini DisplayPort、USB3.0、HDMI、有線LAN、電源コネクター

主要な端子は背面に設置されているので、本体の両サイドがケーブルや端子でゴチャつくことがありません。またUSB端子が左右にあるので、マウスとは逆の位置にUSB端子を接続できます。

Legion Y540 (17) ケーブルの取り回し

電源コネクターや有線LANは背面にあるので、本体の両脇がケーブル類でゴチャつくことがありません

ちょっと残念なのは、Webカメラが液晶ディスプレイの下部に設置されている点です。画面を見ながらビデオチャットをすると顔を下からあおるように映ってしまいます。とは言え、ゲームではほとんど影響はないでしょう。

Legion Y540 (17) Webカメラ

液晶ディスプレイ下部のWebカメラ。のぞき見を防ぐプライバシーシャッター付き

価格とおすすめ構成

Legion Y540 (17)には2種類のカスタマイズ対応モデルと、2種類のカスタマイズ非対応モデルが用意されています。同じスペックならカスタマイズ対応モデルのほうが安いのですが、カスタマイズ非対応モデルのほうが商品が早く到着します。商品の到着までしばらく待てるのであれば、好みのスペックに仕上げられる上に安いカスタマイズ対応モデルのほうがおすすめです。

カスタマイズ対応モデル

スタンダード パフォーマンス
Core i5-9300H
8GBメモリー
256GB SSD
GTX 1650 GTX 1660 Ti
11万5128円 13万0572円

※2019年9月18日時点

ただし、標準ではCPUがCore i5-9300Hでメモリーが8GB、ストレージが256GB SSDである点に注意してください。これでもゲームは可能ですが、より快適に使いたいならパーツのアップグレードをおすすめします。

おすすめ構成 その1

ベースモデル パフォーマンス
CPU Core i7-9750H
メモリー 16GB
SSD 512GB
HDD なし
グラフィックス GTX 1660 Ti
税込価格 15万7356円

※2019年9月17日時点

上記構成に3300円程度プラスすると、グラフィックスをRTX 2060に変更できます。GTX 1660 Tiと性能はあまり変わらないのですが、これだけ安いのなら軽い気持ちでアップグレードするのもいいでしょう。

おすすめ構成 その2

ベースモデル パフォーマンス
CPU Core i7-9750H
メモリー 16GB
SSD 512GB
HDD なし
グラフィックス RTX 2060
税込価格 16万0704円

※2019年9月17日時点

17インチでは激安のゲーミングノートPC

ということで、今回はLegion Y540 (17)のレビューをお届けしました。

17インチの大画面で高リフレッシュレート、さらにキーの同時押し認識数も多くインターフェース配置も優秀。これだけゲーマー向けに配慮されたモデルで税込11万円台からというのは、かなりお買い得だと思います。キーボードが英字配列という点が気になる人は、ゲーミングキーボードを追加してはいかがでしょうか。

Legion Y540 (17) 感想

17インチのエントリー~ミドルレンジモデルとしては非常に安い!

Legion Y540 (17)

Legion Y540 (17)

税込11万5128円~

※2019年9月18日時点。価格や構成は変更される場合があります

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました