Legion Y7000 レビュー:税込8万円台でも144Hz対応の最強コスパなゲーミングノートPC

Legion Y7000 レビュー

レノボのLegion Y7000は、非常にコスパの高いゲーミングノートPCです。価格は税込8万円台からと安いにも関わらず、144Hzの高リフレッシュレートやキーボードのアンチゴーストに対応。安いのにしっかりゲーム向きなモデルです。
Legion Y7000

ポイント

  • 144Hzの高リフレッシュレート対応
  • ゲーム用に特化したキーボード
  • 価格は最安クラス!

Legion Y7000のスペック

画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
CPU ・Core i5-9300H (HF)
・Core i7-9750H (HF)
メモリー ・8GB
・16GB
・32GB
SSD ・256GB
・512GB
・1TB
HDD ・なし
・1TB
・2TB
グラフィックス ・RTX 2060
・GTX 1650
・GTX 1660Ti
幅×奥行き 360×267mm
厚さ 24.2mm
重量 最大2.3kg
バッテリー 約3.5時間

※2020年1月31日時点。構成は変更される場合があります


リフレッシュレート ・60Hz
・144Hz
表面処理 非光沢
パネルの種類 IPS
光学ドライブ
テンキー あり
有線LAN 1000Mbps
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
USB3.1
USB3.0 3
USB2.0
USB Type-C 1 (USB3.0)
Thunderbolt 3
メモリーカード
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort 1 (Mini)
Webカメラ 720p (92万画素相当)
顔認証カメラ
指紋センサー

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際のゲームでの使い心地などをレビューします。

特別クーポンで7700円引き!

注文時に特別クーポン「LVSPRING0506」を入力すると、表示価格からさらに7700円値引きされます。クーポンの有効期限は2020年5月6日 (水)まで。最安モデルなら税込8万6548円と驚きの安さです。

Legion Y7000

Legion Y7000

税込8万6548円~

※2020年1月31日時点、7700円オフクーポン適用時

ゲーミングノートPCの最安値情報とおすすめモデル【2019年】
安いゲーミングノートPCを現在発売中のモデルのなかからランキング形式で紹介します。さらにメーカーごとのおすすめモデルもピックアップ。……

ベンチマーク結果

試用機のスペック

型番 81T0000LJP
CPU Core i7-9750H
メモリー 16GB
ストレージ 256GB SSD + 1TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 1650 (4GB)

※ベンチマーク結果はパーツ構成やタイミング、個体差などによって大きく変わる場合があります

ゲーム系ベンチマーク結果

Legion Y7000 ゲーム

今回はCore i7-9750H + GTX 1650搭載モデルで検証しました。GTX 1660 TiやRTX 2060よりもグラフィックス性能が低いのですが、処理がやや重い程度の中量級タイトルまでなら画質を調整することで快適に楽しめます。CPUがCore i5でも、ほとんど変わらないでしょう。

144Hzの高リフレッシュレートディスプレイを活かすには、ゲーム側で100 FPS以上出ている必要があります。GTX 1650でもFPS / TPSで概ね100 FPSオーバーでのプレーが可能でした。上位のGTX 1660 Ti / RTX 2060であれば、より高い画質でなめらかな動きを楽しめます。

※テストはすべてフルHDで実施

FF15ベンチ (重量級 / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 3671 / 普通
標準品質 5054 / やや快適
軽量品質 6203 / 快適

※スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (中量級 / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 評価 / 平均FPS
最高品質 9379 / 非常に快適  / 62.9 FPS
高品質 13081 / 非常に快適 / 88.6 FPS
標準品質 15613 / 非常に快適 / 112.6 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

モンスターハンターワールド:アイスボーン (中重量級 / DX11)

モンスターハンターワールド:アイスボーン
画質 平均FPS / 最低FPS
最高 40.9 FPS / 36 FPS
52.6 FPS / 41 FPS
59 FPS / 52 FPS
106.8 FPS / 88 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽量級 / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 21237 / すごく快適
標準品質 21280 / すごく快適
低品質 22365 / すごく快適

PSO2ベンチ (軽量級 / DX9)

PSO2ベンチ
簡易描画設定 スコア
6 (最高) 30,999
3 88,669
1 (最低) 218,671

※スコア5,000以上が快適に遊べる目安

リーグ・オブ・レジェンド (超軽量級 / DX9)

リーグ・オブ・レジェンド
モード 平均FPS / 最低FPS
サモナーズリフト (最高画質) 237.4 FPS / 185 FPS
TFT (最高画質) 184.2 FPS / 132 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

フォートナイト (中量級 / DX11)

フォートナイト
画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 55.7 FPS / 47 FPS
75 FPS / 63 FPS
169.2 FPS / 145 FPS
336.4 FPS / 259 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

PUBG LITE (軽量級 / DX11)

PUBG LITE
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 113.4 FPS / 101 FPS
161.7 FPS / 142 FPS
209.3 FPS / 184 FPS
267.9 FPS / 235 FPS
非常に低い 281.4 FPS / 249 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

PUBG (中量級 / DX11)

PUBG
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 56.1 FPS / 47 FPS
72.4 FPS / 64 FPS
79.9 FPS / 72 FPS
90.9 FPS / 80 FPS
非常に低い 110.3 FPS / 92 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

オーバーウォッチ (軽量級 / DX10)

オーバーウォッチ
画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 87 FPS / 77 FPS
ウルトラ 120.3 FPS / 100 FPS
140 FPS / 118 FPS
NORMAL 179.5 FPS / 143 FPS
248.7 FPS / 192 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

エーペックスレジェンズ (中量級 / DX11)

Apex Legends
画質 平均FPS / 最低FPS
最高設定 69.1 FPS / 62 FPS
最低設定 136.1 FPS / 125 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安。FPS上限はデフォルトのまま

アサシンクリード オデッセイ (超重量級 / DX11)

アサシンクリード オデッセイ
画質 平均FPS / 最低FPS
最高 30 FPS / 21 FPS
60 FPS / 35 FPS
69 FPS / 25 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ファークライ ニュードーン (中重量級 / DX11)

ファークライ ニュードーン
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 56 FPS / 45 FPS
65 FPS / 54 FPS
72 FPS / 61 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー (重量級 / DX12)

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー
画質 平均FPS
最高 47 FPS
58 FPS
最低 91 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

CPU性能

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Core i9-9980HK
3558
Core i9-9880H
3402
Legion Y7000 (Core i7-9750H)
2809
Core i7-9750H
2714
Core i7-8750H
2625
Core i7-10710U
2214
Core i5-9300H
1922
Core i7-1065G7
1603
Core i7-10510U
1537
Core i7-8565U
1383

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

Legion Y7000ではCPUとして、第9世代のCore i5-9300H / Core i7-9750Hが使われています。モデルによってはCore i5-9300HF / Core i7-9750HFが使われていることもありますが、末尾に「F」が付くCPUは内蔵グラフィックスなしのCPUで基本的にはパフォーマンスに影響ありません。

試用機で使われているCore i7-9750Hは、ゲーミングノートPCでもっとも人気の高いCPUです。ベンチマークテストでは上位のCore i9には及ばなかったものの、非常に優れた結果が出ました。ゲームだけでなく動画編集やRAW現像などの重い処理でも活躍するでしょう。

ちなみに今回はCore i5-9300Hでテストを行なっていませんが、当サイトで計測した同CPUの平均値ではCore i7-9750Hを30%程度下回ります。重い処理向きではないものの、ゲームにはあまり影響はありません。Core i7 + GTX 1650の組み合わせよりも、Core i5 + GTX 1660Tiの組み合わせのほうがゲームを快適に楽しめるはずです。価格を安く抑えたいなら、あえてCore i5-9300Hを選ぶのはアリです。

3Dグラフィックス性能

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 2080
23762
RTX 2080 Max-Q
20066
RTX 2070
19807
RTX 2070 Max-Q
17933
GTX 1070
16999
RTX 2060
14945
GTX 1660 Ti
14392
GTX 1060
11442
Legion Y7000 (GTX 1650)
9049
GTX 1650
8689
GTX 1050
6008
MX250
3711

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

試用機で使われているGTX 1650は、エントリー (入門)向けのGPUです。ゲーム向けGPUであるGTX / RTXシリーズのなかでは性能が低いのですが、前述のベンチマーク結果をご覧いただければおわかりのとおり、ちょっと重めのゲームでも快適にプレーできます。これからPCゲームを始めたいという人には、ちょうどいいGPUと言っていいかもしれません。

上位のGTX 1660 TiやRTX 2060であれば、ゲームをより快適に楽しめます。重量級の重いゲームでも、画質をちょっと下げれば快適にプレー可能です。予算があるならGTX 1660 Ti搭載モデルをおすすめします。

ストレージ性能

Legion Y7000 アクセス速度

試用機では256GBのSSDと1TBのHDDが使われていました。SSDはPCIe 3.0 x4の超高速タイプですが、シーケンシャルライトがいまひとつ。とは言えHDDよりも十分高速で、ウィンドウズ自体はキビキビと動きます。

ただし256GB SSDだと、ゲームを数本インストールすると空き容量が足りなくなるかもしれません。実際に今回の検証ではゲームやベンチマークソフトを10本以上インストールしたのですが、途中でSSDの容量が足りなくなりました。ゲームを何本もインストールするならHDDを利用するか、512GB以上のSSDを選ぶといいでしょう。

デザインと使いやすさ

本体の外観

Legion Y7000 外観

Legion Y7000の本体カラーはブラックで、ボディの素材にはノートPCでは一般的な樹脂 (プラスチック)が使われています。質感はあまり高くはないものの、さまざまな工夫が凝らされているのでそれほど安っぽくは見えません。

Legion Y7000 天板

天板には「Y」の文字を中心に3本のラインと同心円状の細かな線

Legion Y7000 LED

電源を入れると、「Y」の文字が赤く光ります

Legion Y7000 パームレスト

パームレストはアルミ製。シリコンコーティング風のしっとりとした心地よい手触り

Legion Y7000 指紋

キーやパームレストは油脂が少々目立つので、こまめに拭き取るといいでしょう

Legion Y7000 ベゼル

ディスプレイのベゼル (枠)は左右6.7mm、上部8.4mm。とても細く、画面周りがスッキリとしています

Legion Y7000 ボトムベゼル

画面下部のボトムベゼルは39mmと太め。これはWebカメラがこの位置に設置されているためです

Legion Y7000 底面部

底面部も樹脂製。デュアルファンの通気口が設置されています

本体サイズ

Legion Y7000 大きさ

本体サイズはやや大きめです。接地面積は幅360×奥行き267mmで、B4サイズ (幅364×奥行き257mm)より短辺が1cm長い程度。最近の15インチタイプとしては大きいのですが、これはディスプレイのヒンジ (接合部)が背面ではなく天板側に設置されているためです。あえて大きくすることで冷却性能を強化するとともに、端子を背面側に移しています。

Legion Y7000 サイズ

本体サイズはB4サイズ (黄色い部分)よりもやや大きめ

Legion Y7000 ヒンジ

ヒンジを天板側に移しサイズを大きくすることで、冷却パーツ用と端子類のスペースを確保しています

Legion Y7000 フォルム

天板がややズレたような独特のフォルム

Legion Y7000 厚さ

高さは公称値で24.2mm、実測では最厚部で25.8mmでした。けっこう厚みがありますが、ゴツさは感じられません

Legion Y7000 前面

前面からの見た目はそこそこスリム

Legion Y7000 重さ

重量は公称値で最大2.3kg、実測では2.261kgでした

画面サイズ

Legion Y7000 画面サイズ

画面の大きさは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD。ゲーミングノートPCとしては、一般的なスペックです。ディスプレイの表面は非光沢のノングレアで、眼精疲労や集中力低下の原因と言われる映り込みが抑えられています。ゲームを長時間プレーしても、眼が疲れにくい仕様です。

リフレッシュレート

Legion Y7000 リフレッシュレート

リフレッシュレート (画面の書き換え速度)は最大144Hz。カスタマイズ対応モデルでは60Hzですが、3000円程度の追加料金を支払うことで144Hzにアップグレード可能です。最安構成で144Hzにアップグレードしても、合計金額は税込8万9628円 (2020年1月31日時点)。60Hzと144Hzでは動きのなめらかさがまったく違うので、アップグレードを強くおすすめします。

下の動画は、60Hzと144Hzの画面を5倍スローモーションで撮影したものです。普通の速度なら60Hzでも違和感はありませんが、実際には144Hzのほうがなめらかに動いていることがわかります。

映像品質

Legion Y7000 映像品質

ディスプレイの映像は自然な色合いでしたが、やや暗めに感じました。と言ってもゲームや普段の作業には支障のないレベルです。画面が微妙に暗いため色もやや青みがかって見えますが、ゲーム中での違和感はありません。ただ暗いシーンや影の部分は少し見えづらく感じます。ゲームによってはガンマ値を変更するといいでしょう。

Legion Y7000 明るさ

ほんのわずかに暗いものの、ゲームは問題なくプレーできます

キーボード

Legion Y7000 キーボード

キーボードはテンキー付きなしの日本語配列です。Enterキー周りで若干小さいキーがあるものの、ゲームへの影響はありませんでした。またテンキーが特殊な配列ですが、この点についてもゲームでは問題ないでしょう。カーソルキーが一般的な15インチノートPCよりも大きいので、ゲームによっては操作しやすいかもしれません。

Legion Y7000 テンキー

テンキーは特殊な配列ですが、カーソルキーを使うゲームでは操作しやすく感じます

キーボードバックライト

Legion Y7000 バックライト

キーボードはバックライトに対応しています。色は赤のみで、RGBバックライトのようにほかの色には変えられません。明るさは2段階で調整可能です。

キーのタイプ感とタイプ音

Legion Y7000 タイプ感

キーピッチ (キーとキーの間隔)は19mmで、十分な大きさです。キーストローク (キーを押し込む深さ)は平均1.5mmで、標準的なノートPCと同じでした。押した瞬間のクリック感はやや固いものの押し込む力は弱く、タイプ感は全体的に軽く感じます。普通に使えますが、個人的にはもう少ししっかりしたクリック感が欲しいところです。

タイプ音はわりと静か。軽めのタッチならタクタクと控えめな音で気になりません。打ち下ろすようにタイプするとカタカタと聞こえますが、うるさく感じるほどではありませんでした。ゲーム中にWASDキー周りを押す程度なら、周囲に気を使う必要はないと思います。

Legion Y7000 タイプ音

タイプ音は無音というわけではありませんが、ゲーム中に気になるほどではありません

キーの同時押し

Legion Y7000 キーの同時押し

キーの同時押し認識数については、30キー程度まで確認しました。おそらくNキーロールオーバー (全キー認識)ではありませんが、かなりの数のキーを認識できるはずです。またキーの誤認識を防ぐアンチゴースト機能にも対応。ゲームに特化したキーボードです。

インターフェース

Legion Y7000 インターフェース

周辺機器接続用のインターフェース (端子)類は十分な構成です。フルサイズのUSB端子は左右側面にひとつずつ配置されており、有線接続のゲーミングマウスを使う場合でも端子がジャマになることはありません。また有線LANや電源コネクターなど繋ぎっぱなしで使う端子類は背面に配置されているため、側面がケーブルでゴチャつかない点もポイントです。

駆動音

ゲーム中の駆動音 (ファンの回転音や排気音)はそれなりに聞こえます。うるさすぎるほどではありませんが、人によっては大きく感じるかもしれません。余計な音を聞きたくない人には、ゲーミングヘッドセットの着用をおすすめします。特に音でターゲットの方向を判断するようなゲームでは、ゲーミングヘッドセットは必須のアイテムです。

価格について

Legion Y7000には、パーツ構成の異なる複数のモデルが用意されています。それぞれのスペックと価格は以下のとおりです。なお「スタンダード」モデルと「パフォーマンス」モデルはCPUやGPU、メモリー、ストレージ容量などを変更できます。

ラインナップ ※価格は税込

スタンダード ※カスタマイズ対応
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD GeForece GTX 1650 8万6548円
81T0004PJP
Core i5 8GBメモリー 512GB SSD GeForece GTX 1650 144Hz 9万2609円
パフォーマンス ※カスタマイズ対応
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD 10万7668円
81T0000LJP ※今回の試用機
Core i7 16GBメモリー 256GB SSD 1TB HDD GeForece GTX 1650 144Hz 11万8496円
81NS000HJP
Core i7 16GBメモリー 1TB SSD 144Hz 14万2028円
81NS005LJP
Core i7 16GBメモリー 256GB SSD 1TB HDD RTX 2060 144Hz 14万3713円
81NS005JJP
Core i7 16GBメモリー 1TB SSD 1TB HDD RTX 2060 144Hz 15万2687円

※2020年1月31日時点。価格は7700円クーポン適用時

Core i5 + GTX 1660Ti搭載のパフォーマンスモデルは、カスタマイズオプションでGPUをRTX 2060に変更できます。GPUだけを変更すれば、価格は税込11万8503円。RTX 2060搭載機種としては最安です。このようにパーツカスタマイズで好みのスペックに仕上げるのもいいでしょう。

異常なコスパの高さ!

Legion Y7000 感想

よかった点

7700円オフの期間限定クーポンを使うことで、エントリー / ミドルレンジのゲーミングノートPCとしては最安クラスです。しかも安いにも関わらず144Hzの高リフレッシュレートやキーボードのアンチゴースト機能など、ゲーマー向けの機能にも対応しています。ハッキリ言って、コスパの高さは異常なレベル! これからPCでゲームを始めたい人におすすめします。

気になった点

特にこれといった欠点が見つからないのですが、あえて言うならキーボードのタイプ感と駆動音の大きさでしょうか。ただLegion Y7000よりもイマイチな機種は多くありますので、目立って悪いわけではありません。

ちょっと残念なのは、Core i7 + GTX 1660 Tiの組み合わせでは最安クラスではない点です。ただ他社の安いモデルはメモリーやストレージの容量が少ない場合があるので、総合的なコスパではかなり優秀だと言えます。

特別クーポンで7700円引き!

注文時に特別クーポン「LVSPRING0506」を入力すると、表示価格からさらに7700円値引きされます。クーポンの有効期限は2020年5月6日 (水)まで。最安モデルなら税込8万6548円と驚きの安さです。

Legion Y7000

Legion Y7000

税込8万6548円~

※2020年1月31日時点、7700円オフクーポン適用時

ゲーミングノートPCの最安値情報とおすすめモデル【2019年】
安いゲーミングノートPCを現在発売中のモデルのなかからランキング形式で紹介します。さらにメーカーごとのおすすめモデルもピックアップ。……

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いいたします。

関連記事

スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました