Legion Y740 (15) レビュー:カスタマイズ対応では最安クラスの144Hz&RTX搭載ゲーミングノートPC

Legion Y740 (15) レビュー

レノボのLegion Y740 (15)は、15インチタイプのゲーミングノートPCです。CPUはCore i7-9750Hで、ミドルレンジ~ハイエンドのRTXシリーズに対応。アンチゴーストやG-SYNC、144Hzの高リフレッシュレートにも対応しています。
Dell G7 17 7790 レビュー

ポイント

  • 144Hzの高リフレッシュレート
  • 使いやすい背面端子
  • パーツカスタマイズ対応

Legion Y740 (15)のスペック

画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
CPU ・Core i7-9750H
メモリー ・8GB
・16GB
・32GB
ストレージ ・SDD
・SSD + HDD
グラフィックス ・RTX 2060
・RTX 2070 Max-Q
・RTX 2080 Max-Q
幅×奥行き 361×265mm
厚さ 19.95mm (最薄部)
重量 2.2kg
バッテリー 約3時間

※2020年1月9日時点。構成は変更される場合があります


リフレッシュレート 144Hz ※G-SYNC対応可
表面処理 非光沢
パネルの種類 IPS
光学ドライブ
テンキー
有線LAN 1000Mbps
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
USB3.1 1
USB3.0 2
USB2.0
USB Type-C 1 (USB3.1)
Thunderbolt 3 対応
メモリーカード
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort 1 (Mini)
Webカメラ 720p (92万画素)
顔認証カメラ
指紋センサー

なおLegion Y740 (15)はキーボードが英字配列で、OSはWindows 10 Homeの英語版です。OSの言語については、日本語に変更できます。

Legion Y740 (15) キーボード

キーボードは英字配列

Legion Y740 (15) 日本語

Windows 10の設定で日本語に変更可能です

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際のゲームでの使い心地などをレビューします。

Legion Y740 (15)

Legion Y740 (15)

税込18万8232円~

※2019年12月18日時点

ゲーミングノートPCの最安値情報とおすすめモデル【2019年】
安いゲーミングノートPCを現在発売中のモデルのなかからランキング形式で紹介します。さらにメーカーごとのおすすめモデルもピックアップ。……

ベンチマーク結果

試用機のスペック

型番 81UH0031JE
CPU Core i7-9750H
メモリー 16GB
ストレージ 512GB SSD + 1TB HDD
グラフィックス GeForce RTX 2070 With Max-Qデザイン (8GB)

※ベンチマーク結果はパーツ構成やタイミング、個体差などによって大きく変わる場合があります

ゲーム系ベンチマーク結果

Legion Y740 (15) ゲームのベンチマーク

Legion Y740 (15)は、ほとんどのゲームをフルHDの高画質で快適に楽しめる性能です。快適さはモデルによって異なりますが、下位モデルで使われているRTX 2060でも処理の重い重量級ゲームをストレスなく楽しめるでしょう (場合によっては画質調整の必要あり)。

RTX 2070 with Max-Qデザイン搭載の試用機でゲームの快適さを検証したところ、一部の重すぎるゲームを除いて、多くのゲームで最高画質でも快適という評価でした。FPS / TPSでは中画質程度で120~150 FPSを狙えます。144Hzのヌルヌルな動きを存分に堪能できる性能です。

※テストはすべてフルHDで実施

FF15ベンチ (重量級 / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 6181 / 快適
標準品質 8499 / 快適
軽量品質 10702 / とても快適

※スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (中量級 / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 評価 / 平均FPS
最高品質 14217 / 非常に快適  / 101 FPS
高品質 16169 / 非常に快適 / 125.5 FPS
標準品質 18236 / 非常に快適 / 154.7 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽量級 / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 21749 / すごく快適
標準品質 21626 / すごく快適
低品質 22711 / すごく快適

PSO2ベンチ (軽量級 / DX9)

PSO2ベンチ
簡易描画設定 スコア
6 (最高) 37,060
3 80,041
1 (最低) 158,654

※スコア5,000以上が快適に遊べる目安

リーグ・オブ・レジェンド (超軽量級 / DX9)

リーグ・オブ・レジェンド
モード 平均FPS / 最低FPS
サモナーズリフト (最高画質) 227.4 FPS / 204 FPS
TFT (最高画質) 103.6 FPS / 87 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

フォートナイト (中量級 / DX11)

フォートナイト
画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 93.6 FPS / 86 FPS
120.8 FPS / 104 FPS
156.8 FPS / 134 FPS
184.3 FPS / 139 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

PUBG (中量級 / DX11)

PUBG
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 102.7 FPS / 87 FPS
119.1 FPS / 99 FPS
124.7 FPS / 97 FPS
131.9 FPS / 109 FPS
非常に低い 127.3 FPS / 102 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

オーバーウォッチ (軽量級 / DX10)

オーバーウォッチ
画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 95.5 FPS / 86 FPS
ウルトラ 130 FPS / 112 FPS
155.2 FPS / 128 FPS
NORMAL 189.1 FPS / 171 FPS
246 FPS / 214 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

エーペックスレジェンズ (中量級 / DX11)

Apex Legends
画質 平均FPS / 最低FPS
最高設定 123.5 FPS / 108 FPS
最低設定 143.8 FPS / 143 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安。FPS上限はデフォルトのまま

アサシンクリード オデッセイ (超重量級 / DX11)

アサシンクリード オデッセイ
画質 平均FPS / 最低FPS
最高 49 FPS / 30 FPS
75 FPS / 36 FPS
85 FPS / 37 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ゴーストリコン ブレイクポイント (中重量級 / DX11)

ゴーストリコン ワイルドランズ
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 68 FPS / 48 FPS
73 FPS / 59 FPS
76 FPS / 59 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ファークライ ニュードーン (中重量級 / DX11)

ファークライ ニュードーン
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 68 FPS / 48 FPS
73 FPS / 59 FPS
76 FPS / 59 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ディヴィジョン2 (中重量級 / DX12)

ディヴィジョン2
画質 平均FPS
ウルトラ 68 FPS
115 FPS
127 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー (重量級 / DX12)

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー
画質 平均FPS
最高 80 FPS
89 FPS
最低 110 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

CPU性能

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア ※マルチコア性能
Core i9-9980HK
3558
Core i9-9880H
3402
Core i7-9750H
2714
Legion Y740 (15) (Core i7-9750H)
2657
Core i7-8750H
2625
Core i5-9300H
1922
Core i7-1065G7 ※2
1630

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均 ※2は一般用途向けノートPC用

Legion Y740 (15) で使われているCore i7-9750Hは、ゲーミングノートPC向けの高性能な6コアのCPUです。ゲームに影響するマルチコア性能のベンチマークテストではさすがに8コアのCore i9には及ばないものの、十分高いパフォーマンスを発揮しています。ゲームだけでなく、動画編集などの重い処理でも威力を発揮するでしょう。

CPUの総合性能を計測するベンチマークでも、非常に優れた結果が出ました。ノートPC向けCPU全体で見ると、とても高性能です。

ノート向けCPUの性能比較

CPU PassMark CPU Markスコア ※総合性能
Core i9-9880H
18515
Core i9-9980HK
17991
Legion Y740 (15) (Core i7-9750H)
14925
Core i7-9750H
14833
Core i7-8750H
13244
Core i7-10710U
13244
Core i7-1065G7
12295
Core i5-1035G4
11379
Core i7-10510U
11309
Core i5-9300H
10344
Core i5-10210U
9988
Core i7-8565U
9814
Core i5-1035G1
9164
Core i5-8265U
8593
Ryzen 5 3500U
8447
Core i3-8145U
5549
Core i3-10110U
5534
Ryzen 3 3200U
4609
Core i3-7020U
3769
Celeron N4100
2569
Celeron 4205U
2026
Celeron N4000
1553

※スコアは当サイト計測値の平均

3Dグラフィックス性能

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 2080
23762
RTX 2080 Max-Q
20066
RTX 2070
19807
RTX 2070 Max-Q
17933
Legion Y740 (15) (RTX 2070 Max-Q)
16664
RTX 2060
14945
GTX 1660 Ti
14392
GTX 1650
8689
GTX 1050
6008
MX250
3711
UHD 630 (Core i7)
1176

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUとしては、RTX 2060 / RTX 2070 with Max-Q / RTX 2080 with Max-Qの3種類に対応しています。試用機で使われていたRTX 2070 with Max-Qはアッパーミドル~ハイエンドクラスのGPUで、ミドルレンジのRTX 2060やGTX 1660 Tiよりもワンランク上の性能です。

3Dグラフィックス性能を計測するベンチマークテストを試したところ、同じRTX 2070 with Max-Qの平均値をやや下回ったものの、優れた結果が出ました。ゲームにおいて高いパフォーマンスを期待していいでしょう。

ストレージ性能

Legion Y740 (15) アクセス速度

試用機では512GBのSSDと1TBのHDDが使われていました。SSDはPCIe 3.0 x4の超高速タイプです。ウィンドウズやゲームの起動が速く、ゲームデータの読み込みも高速です。容量は512GBあれば、複数のゲームをインストールしても問題ないでしょう。

ただし256GB SSDだと、ゲームを数本インストールすると空き容量が足りなくなるかもしれません。購入時のパーツカスタマイズでSSDの容量を増やすか、1TB以上の大容量HDDを追加することをおすすめします。

デザインと使いやすさ

本体の外観

Legion Y740 (15) 外観

Legion Y740 (15)の本体カラーはアイアングレー。実際にはガンメタリックのような色合いです。天板とパームレスト (キーボード面)には質感と剛性 (ねじれに対する強さ)に優れるアルミ素材を使用。高級感のあるデザインに仕上がっています。

Legion Y740 (15) 天板

アルミ製の天板。電源を入れるとロゴの「Y」の部分が光ります

Legion Y740 (15) パームレスト

パームレスト (キーボード面)は天板と同じ仕上がり

Legion Y740 (15) ベゼル

液晶ディスプレイのベゼル (枠)は左右7.6mmで上部8.6mm。上部ベゼルがかなり細いのですが、これはWebカメラが液晶ディスプレイ下部にあるため

Legion Y740 (15) 底面部

底面部は樹脂製。上部に大きな給気口が配置されています

本体サイズ

Legion Y740 (15) 大きさ

接地面積は幅361×奥行き265mm。B4サイズ (幅364×奥行き257mm)より短辺がちょっと長い (8mm程度)と考えれば、サイズ感をイメージしやすいでしょう。ゲーミングノートPCとしては十分コンパクトですが、最近の傾向としてはとても小さいというほどではありません。ただしこれはベース部分を大きくすることで冷却性能を向上しつつ、端子類を取り回しやすくするためです。

Legion Y740 (15) ヒンジ

奥行きを長めに取りながらも液晶ディスプレイのヒンジを前方向にズラした独特のデザインを採用

Legion Y740 (15) 背面端子

背面に繋ぎっぱなしで使う端子類を配置しているので、本体の側面付近がケーブルでゴチャつくことがありません

Legion Y740 (15) 厚さ

厚さは最薄部で19.95mm、本体の最厚部は実測で25.1mmでした。底面のゴム足とヒンジの出っ張りを含めると31.5mmあります

Legion Y740 (15) 薄さ

前方向からの見た目はスリムです

Legion Y740 (15) 重さ

重量は実測で2.263kg

画面サイズ

Legion Y740 (15) 画面サイズ

液晶ディスプレイの大きさは15.6インチで、解像度は1920×1080ドット。ゲーミングノートPCとしては、一般的なスペックです。画面の表面は光沢なしのノングレアで、映り込みは気になりません。長時間のプレーでも眼が疲れにくい仕様です。

リフレッシュレート

Legion Y740 (15) リフレッシュレート

リフレッシュレート (画面の書き換え速度)は最大144Hz。一般的なノートPCやテレビ、据え置きゲーム機は60Hzで、2倍以上のスペックです。実際に高リフレッシュレートの画面を見ると、60Hzよりもはるかに動きがなめらかであることがわかるでしょう。

下の動画は、60Hzと144Hzの画面を5倍スローモーションで撮影したものです。普通の速度なら60Hzでも違和感はありませんが、実際には144Hzのほうがなめらかに動いていることがわかります。

映像品質

Legion Y740 (15) 映像品質

液晶ディスプレイには、自然な発色と広い視野角が特徴のIPSパネルが使われています。実際に写真や動画を映したりゲームをプレ-したりしましたが、色合いに違和感は感じませんでした。ただパッと見た感じでは色域が広いというわけではないので、正確な色にこだわるクリエイティブな作業には向きません。個人利用の範囲内なら十分なクオリティーです。

キーボード

Legion Y740 (15) キーボード

キーボードはテンキー付きなしの英字配列です。日本語配列とは記号の位置が異なる点に注意してください。プログラミングやスクリプトの制作では多少戸惑うかもしれませんが、ゲームにはまったく問題ありません。

Legion Y740 (15) Enterキー

日本語キーボードとは特にEnterキー周りの配列が異なります

キーボードバックライト

Legion Y740 (15) バックライト

キーボードはRGBバックライトに対応しています。個々のキーに個別の色を割り当てられるほか、キーボード全体の発光パターンも調整可能です。

Legion Y740 (15) RGBバックライト

バックライトや各部のLEDは、Corsairの「iCUE」というソフトで変更できます

キーのタイプ感とタイプ音

Legion Y740 (15) タイプ感

キーピッチ (キーとキーの間隔)は19mmで、標準的な大きさです。実際に入力しても窮屈さは感じませんでした。キーストローク (キーを押し込む深さ)は実測で平均1.15mm。ノートPCの標準値である1.5mmと比べると、ストロークがかなり浅く感じます。そのぶん軽い力で操作できるメリットもありますが、個人的にはやや物足りなさを感じました。

タイプ音は非常に静かです。軽いタッチなら音はほとんど聞こえません。強く叩くとタンタンと響きますが、うるさく感じるほどではありませんでした。ゲーム中に周りを気にしながらプレーする必要はないと思います。

キーの同時押し

いつもの検証用ソフトが使えなかったのでキーが押された個数をカウントするJavaScriptベースのソフトを使ったところ、最大で31キーまで認識されました。すべてのキーを押したわけではないのですが、この多さであればほほNキーロールオーバーと考えていいでしょう。公式にはアンチゴーストにも対応とされています。

インターフェース

Legion Y740 (15) インターフェース

周辺機器接続用のインターフェース (端子)類は十分な構成です。フルサイズのUSB端子は左側面にはありませんが、背面に2ポート用意されているので問題ないでしょう。複数のゲーミングデバイスを使っても、本体左右の側面がケーブル類でゴチャつくことがありません。またThundelbolt 3に対応している点もポイント。将来的にGPUがやや性能不足に感じても、外付けGPUボックスを使用することでデスクトップPC用のグラボを使えます。

スピーカーの音質

Legion Y740 (15) スピーカー

スピーカーは底面部の左右に配置されています。同じシリーズのLegion Y740 17インチモデルにはサブウーファーが内蔵されていますが、15インチモデルは非対応です。

音質はノートPCとしてはハイクオリティーです。ややこもった感はあるもののサラウンド感は上々で解像感も高め。低音域には厚みを感じます。外部スピーカーほどではありませんが、音楽を十分楽しめる音質と言っていいでしょう。

ただゲーム中には本体から排気音が聞こえるので、微妙に聞き取りづらい場面があります。方向や音の種類をしっかり聞きわけるなら、ヘッドセットの着用がおすすめです。

価格について

Legion Y740 (15)には、パーツ構成の異なる複数のモデルが用意されています。それぞれのスペックと価格は以下のとおりです。なお「スタンダード」モデルと「パフォーマンス」モデルについてはGPUやメモリー、ストレージ容量などを変更できます。

ラインナップ

スタンダード ※カスタマイズ対応
Core i7 8GBメモリー 256GB SSD RTX 2060 税込18万8232円
81UH0031JE
Core i7 16GBメモリー 512GB SSD 1TB HDD G-SYNC対応 税込21万8786円
パフォーマンス ※カスタマイズ対応
Core i7 16GBメモリー 512GB SSD 税込26万8224円
81UH0032JE
Core i7 1TB SSD 1TB HDD 税込29万5539円

おすすめはRTX 2070 with Max-Q / RTX 2080 with Max-Q搭載モデルです。他社製品に比べて値段が安いわけではありませんが、メモリー容量やストレージ構成を変更できるのは魅力。値段の安い他社製品では、パーツカスタマイズに対応していない場合があります。

ゲーミングノートPCの最安値情報とおすすめモデル【2019年】
安いゲーミングノートPCを現在発売中のモデルのなかからランキング形式で紹介します。さらにメーカーごとのおすすめモデルもピックアップ。……

カスタマイズ対応では最安クラス

Legion Y740 (15) 感想

よかった点

高い性能と144Hzの高リフレッシュレートに対応している点がポイント。個人的には、背面にUSB端子があるのでケーブルがジャマにならない点が高評価です。またパーツカスタマイズ対応機種としては最安クラスで、メモリーやストレージをある程度自由にアップグレードできます。

気になった点

キーボードのストロークの浅さがやや気になりましたが、人によってはあまり気にならないかもしれません。また英字配列に慣れないうちは、文章入力時に少し戸惑う可能性があります。英語OSを日本語に変更するのも少し面倒です。

Legion Y740 (15)

Legion Y740 (15)

税込18万8232円~

※2019年12月18日時点

ゲーミングノートPCの最安値情報とおすすめモデル【2019年】
安いゲーミングノートPCを現在発売中のモデルのなかからランキング形式で紹介します。さらにメーカーごとのおすすめモデルもピックアップ。……

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました