Lenovo Legion Y720 Tower レビュー:カスタマイズ不要でもハイパワーなゲーミングデスクトップPC

Lenovo Legion Y720 Tower レビュー

Lenovo Legion Y720 Tower は、GeForce GTX 1060/1070対応のゲーミングデスクトップPCです。基本性能は非常に高く、拡張性もバッチリ。BTO非対応のためカスタマイズに手間をかけることなく、サクッと購入できる点が魅力です。

Lenovo Legion Y720の概要

【主なスペック】CPU:Core i5-7400/i7-7700 / メモリー:8~16GB / ストレージ :256GB SSD+HDD/グラフィックス:GeForce GTX 1060(6GB)またはGTX 1070(8GB)

今回はメーカーからお借りした実機を使って、Lenovo Legion Y720 Towerのベンチマーク結果や本体デザインなどをレビューします。

Lenovo Legion Y720 Tower

Lenovo Legion Y720 Tower

税込み12万円台から

Lenovo Legion Y720 Towerのスペック

Lenovo Legion Y720 Towerには、パーツ構成の異なる以下の3種類が用意されています。BTOによるパーツカスタマイズには対応していませんが、そのぶんパーツ構成で悩まなくてすむのがメリットです。

GTX 1060モデル(Core i5) GTX 1060モデル(Core i7) GTX 1070モデル(Core i7)
OS Windows 10 Home
CPU Core i5-7400 Core i7-7700
メモリー 8GB 16GB
ストレージ 256GB SSD 256GB SSD + 2TB HDD 512GB SSD + 2TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 1060(6GB) GeForce GTX 1070(8GB)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0、1000BASE-T対応有線LAN
インターフェース USB3.0✕6(前面✕2+背面✕4)、USB2.0✕4(前面✕2+背面✕2)、HDMI、DisplayPort✕3、DVI、PS/2✕1、有線LAN、オーディオ端子類、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット
拡張スロット PCI Express x16✕1、PCI Express x4✕1、PCI Express x1✕3、M.2✕2(Wi-Fi用✕1、PCIe NVMe用✕1)
サイズ/重量 幅206×奥行き504×高さ479mm/約14kg
税込価格 12万3930円 15万7140円 18万7110円

※2018年2月19日時点。構成や価格は変わる場合があります

なおキーボードやマウス、液晶ディスプレイは付属していないので注意してください。

3DMarkベンチマーク結果

今回はGeForce GTX 1070+Core i7搭載モデル(90H5000RJM)を検証しています。ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミングなどによって変わることがあるので、あらかじめご了承ください。

3dmark-001-timespyTime Spy(DX12) 5586
3dmark firestrikeFire Strike(DX11,FHD) 4214
3dmark firestrike extremeFire Strike Extreme(DX11,WQHD) 7890
3dmark firestrike ultraFire Strike Ultra(DX11,4K) 14940
3dmark skydiverSky Diver(DX10) 34065
3dmark cloudgateCloud Gate(DX10) 32277
3dmark icestormIce Storm(DX9) 178564

VR性能を計測するVRMarkでは、標準的なテストである「Orange Room」で「SUPER」の評価でした。VRコンテンツを快適に楽しめる性能です。

VRMark

VRMarkベンチマーク結果

VR性能について

Oculus RiftやHTC Vive、Windows MR Ultra向けのコンテンツを快適に楽しめます

海外ゲームのベンチマーク結果

海外の大作ゲーム(いわゆる”AAAタイトル”)のベンチマーク結果は以下のとおりです。概ね高画質で楽しめるものの、タイトルによっては画質を調整したほうがいいかもしれません。

フルHD(1920✕1080ドット)

GeForce GTX 1070搭載の試用機では、フルHD解像度であれば概ね最高画質で楽しめるという結果が出ています。

■ベンチマーク結果(1920×1080ドット)

Assassin's Creed Origins Assassin’s Creed Origins (DX11)
最高 超低
69 FPS 86 FPS 95 FPS
Ghost Recon Wildlands Ghost Recon Wildlands (DX11)
ウルトラ
49.27 FPS 95.06 FPS 131.09 FPS
ROTTR Rise of the Tomb Raider(DX12)
最高 最低
102.38 FPS 130.07 FPS 164.94 FPS
FarCry Primal Far Cry Primal (DX11)
最高 ノーマル
83 FPS 110 FPS 123 FPS
Hitman Hitman (DX12)
最高設定 標準設定 最低設定
90.3 FPS 105.03 FPS 105.72 FPS
F1 2017 F1 2017 (DX11)
最高 最低
104 FPS 180 FPS 207 FPS

WQHD(2560✕1440ドット)

解像度を2560✕1440ドットのWQHDに上げると、最高画質では厳しいタイトルがいくつか出てきます。そんななかでもDirect X12対応ゲームであれば、最高画質でも比較的快適に楽しめそうです。

■ベンチマーク結果(2560×1440ドット)

Assassin's Creed Origins Assassin’s Creed Origins (DX11)
最高 超低
54 FPS 69 FPS 85 FPS
Ghost Recon Wildlands Ghost Recon Wildlands (DX11)
ウルトラ
37.57 FPS 70.18 FPS 98.11 FPS
ROTTR Rise of the Tomb Raider(DX12)
最高 最低
66.5 FPS 87.92 FPS 125.73 FPS
FarCry Primal Far Cry Primal (DX11)
最高 ノーマル
59 FPS 79 FPS 92 FPS
Hitman Hitman (DX12)
最高設定 標準設定 最低設定
75.31 FPS 98.4 FPS 102.68 FPS
F1 2017 F1 2017 (DX11)
最高 最低
77 FPS 133 FPS 163 FPS

4K(3840✕2160ドット)

3840✕2160ドットの4K解像度では、ゲームのプレーがかなり厳しくなるようです。軽めのタイトルであれば問題なくプレーできるかもしれませんが、4Kでのプレーは考えないほうが無難でしょう。

■ベンチマーク結果(3840×2160ドット)

Assassin's Creed Origins Assassin’s Creed Origins (DX11)
最高 超低
31 FPS 40 FPS 51 FPS
Ghost Recon Wildlands Ghost Recon Wildlands (DX11)
ウルトラ
21.85 FPS 37.87 FPS 52.82 FPS
ROTTR Rise of the Tomb Raider(DX12)
最高 最低
35.02 FPS 45.69 FPS 64.7 FPS
FarCry Primal Far Cry Primal (DX11)
最高 ノーマル
31 FPS 38 FPS 44 FPS
Hitman Hitman (DX12)
最高設定 標準設定 最低設定
42.77 FPS 59.46 FPS 65.41 FPS
F1 2017 F1 2017 (DX11)
最高 最低
44 FPS 69 FPS 84 FPS

PUBGのFPS計測結果

「PUBG」こと「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」のFPSも計測してみました。Sosnovka Military Baseにあるモニュメントの周囲を1分間走り回ったときのFPSを3回計測し、その平均値を割り出しています。

■PUBGのFPS計測結果(1920×1080ドット)

プリセット 平均 最小 最大
137.52 FPS 123.3 FPS 145 FPS

フルHDであれば、高画質でも60FPSを割り込むことはなく非常に快適です。

PUBG

© 2017 PUBG CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED
PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS and PUBG are registered trademarks, trademarks or service marks of PUBG

そのほかのベンチマーク結果

CrystalDiskMark

NVMe SSD(左)とHDD(右)のアクセス速度

CINEBENCH R15

CPU性能を計測する「CINEBENCH R15」の結果

PCMark 10

作業の快適さを計測する「PCMark 10」の結果

消費電力と駆動音、CPU温度について

使用時のCPU温度と駆動音、消費電力を計測したところ、以下の結果となりました。動画エンコード時はそれほど高い負荷がかからず駆動音/消費電力ともにそれほど大きくはありませんでしたが、FF14ベンチ実行時は排気音がはっきりと聞こえるほど音が大きくなりました。消費電力も、けっこう高めです。

状態 CPU温度 駆動音 消費電力
待機中 63℃ 44.2dBA 58.4W
動画エンコード時 74℃ 45.3dBA 111.6W
FF14ベンチ実行時 62℃ 58.3dBA 221.4W

本体の外観と内部

Lenovo Legion Y720 Tower は、ミドルタワーのケースを採用しています。サイズは大きめですが、そのぶん拡張性と排熱性能に優れる点がメリットです。

PCケース

本体はATXミドルタワーサイズ

前面と背面

フロントパネル(左)とバックパネル(右)

前面のインターフェース

前面上部にはメモリーカードスロット、USB3.0✕2、USB2.0✕2、ヘッドホン出力/マイク入力

天面のデザイン

天面は「Y」をモチーフにしたデザイン

フロントのLED

フロント部分にはLEDが仕込まれており、電源を入れると赤く光ります

標準収録のユーティリティー

標準収録のユーティリティーでLEDのオン/オフや明るさを切替可能

背面のI/Oパネル

背面のI/Oパネル

Lenovo Legion Y720 Towerは、ドライバーを使わなくてもサイドパネルを取り外し可能。内部へ手軽にアクセスできる点が魅力です。

背面のスイッチ

まずは背面のスイッチを左方向へズラします

天面のボタン

次に天面のボタンを押すことで、サイドパネルが外れます

サイドパネルを外した状態

サイドパネルを外した状態

裏面配線

裏面配線によって、メンテナンスが容易に行なえます

電源

電源は450Wの80PLUS BRONZE

シャドウベイ

3つの3.5インチシャドウベイもツールレスで操作可能

ドライブベイ

5インチと3.5インチのドライブベイ

グラフィックボードを支えるパーツ

グラフィックボードを支えるパーツ

CPUとメモリースロット

CPUとメモリースロット

空冷ファン

CPUの近くには大型の空冷ファン

M.2スロット

PCIe NVMe用のM.2スロット。試用機ではSSDにヒートシンクが取り付けられていました

人気ゲームをフルHD~WQHDで楽しみたい人に

ということで、今回はレノボのゲーミングデスクトップPC「Lenovo Legion Y720 Tower」のレビューをお届けしました。

GeForce GTX 1060であればフルHD、GTX 1070であればWQHDで最新ゲームを楽しめます。性能は非常に高く、ゲームはもちろん3D制作や動画編集などにも活用できるでしょう。

BTOによるパーツカスタマイズには対応していませんが、そのままの構成でも充分なパフォーマンスを発揮できます。ゲーミングPCのカスタマイズがよくわからないという人は、検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

パーツカスタマイズ不要で買いやすい!

Lenovo Legion Y720 Tower

Lenovo Legion Y720 Tower

税込み12万円台から

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!