アフィリエイト広告

ロジクールG560ざっくりレビュー:LEDと低音域で臨場感マシマシの2.1chゲーミングスピーカー

3.5
ロジクールG560

※検証機は筆者が購入しました

ロジクールの『G560』は、サテライトスピーカー2基+サブウーファー1基の2.1チャンネルで構成されたゲーミングスピーカーです。どのあたりが「ゲーミング」かというと、サテライトスピーカーの背面LEDがゲームのサウンドに合わせて光る点。もしかするとサウンドもゲーム向けにチューニングされているのかもしれませんが、はっきりと感じられませんしイコライザーで調整もできるので、特に気にしなくていいと思います。

 

ロジクールG560

ロジクールG560 ※ディスプレイは別売り

ロジクールG560

背面のRGBイルミネーションが「ゲーミング」

 

接続方式は3.5mmステレオジャックとBluetooth(SBC)、USBの3種類ですが、遅延やノイズの少なさ、機能の豊富さを考えるならUSB一択です。ニンテンドースイッチやPS5でも利用できるものの、PCとつなぐことで真価を発揮できます。

 

ロジクールG560

PCとUSBで接続することで、DTS:Xによる7.1chバーチャルサラウンドを有効化できます

 

また専用ユーティリティーによって低音を強調することで、身体に「ドゥーン!」と響くような低音を堪能できます。PC用スピーカーとしては、かなりの迫力です。置き場所に困るくらいの超デカイサブウーファーを使っているだけはあります。

 

ロジクールG560

うっかりサイズを確認しないで買うと、ちょっと引くほどデカイサブウーファー

 

ただし低音域だけで選ぶのであれば、同じロジクールの『Z625』のほうがはるかに上です。こちらは身体だけでなく、家(ボロ屋)が物理的に震えます。定価もZ625のほうが安いので、音楽や映画をカジュアルに楽しみたいならG560よりもおすすめ。こちらのサブウーファーもやたらデカイので注意してください。

関連リンク

アマゾンでロジクールZ625をチェックする

 

また低音を効かせすぎると、中音域が聞こえづらく感じます。たとえば足場が崩れるイベントシーンだと、低音が強すぎてセリフが聞きづらいかもしれません。このあたりは好みに応じて調整するといいでしょう。RPGやアクション、アドベンチャーなどで、迫力のあるサウンドを楽しみたい人に向いています

 

バーチャルサラウンドを利用することで前後左右の聞き分けはなんとなくできるものの、音の定位についてはゲーミングヘッドセットやゲーミングイヤホンには絶対かないません。シューター系の足音もちゃんと聞こえますが、音の聞き分けに全振りしたゲーミングヘッドセットにかなうわけがないですよね。なので、シューター系のガチ勢には不向きです

 

ロジクールG560

音の聞き分けも可能ですが、本格的なプレーにはゲーミングヘッドセットのほうが有利です

 

あとスピーカーの特性上、音量をそれなりに上げないと効果がありません。小さな音では低音域もサラウンド感もイマイチです。音量を上げすぎてご近所さんとトラブルにならないよう、くれぐれも注意してください。またサテライトスピーカー同士はサラウンド感を出すために、できれば1メートル以上は離したいところ。ケーブルは2.2メートルあるので十分ですが、長すぎて配線に困る場合があるかもしれません。

 

ロジクールG560

それぞれのケーブルが2.2メートルあるので、ケーブルはかなりゴチャつきます。有線式2.1chスピーカーではよくあることなので、ケーブルはなるべくジャマにならないように取り回しましょう。ちなみに付属のUSBケーブルの長さは1.8メートルです

 

そんな感じでいろいろとめんどくせえスピーカーですが、ゲーム内で低音が「ドゥーン!」と鳴ったときにLEDが「ビカビカ!」と光るのはちょっと感動します。筆者はゼルダのティアキンを200時間くらいプレーしましたが、ずっとこのスピーカーでサウンドを楽しんでいました。フィールドで流れるピアノの音とか、すごく印象的なんですよ。あと祠がズゴゴゴゴと地中から出てくるときの音に合わせて、LEDが点滅したりするのがグッとキます。そういう楽しみ方をしたい人向けです。

紹介したい内容は以上でほぼすべてです。あとは写真を見ながら、細かいところを確認してください。

スペック

スピーカータイプ 2.1チャンネル
接続 3.5mmヘッドホンジャック、USB、Bluetooth 4.1
サテライトスピーカー 幅166×奥行き118×高さ148mm / 1.79kg(ペア)
サブウーファー 幅255×奥行き207×高さ255mm / 5.55kg
総出力(最大) 240W
合計出力(RMS) 120W
ドライバーサイズ(サテライト) 70mm
ドライバーサイズ(サブウーファー) 165mm

本体の外観

パッケージ

ロジクールG560

ロジクールG560のパッケージ

ロジクールG560

箱の中身はこんな感じ

ロジクールG560

PCやゲーム機と接続するためのmicro USB to Type-Aケーブル。本体に挿すmicroUSB側にはガイドが付いています

サブウーファー

ロジクールG560

低音出力用のサブウーファー。けっこうな大きさで、設置にはそれなりの場所が必要です

ロジクールG560

前面にはバスレフポート

ロジクールG560

側面

ロジクールG560

背面にはインターフェース類

ロジクールG560

音声入力用の3.5mmステレオジャックとmicroUSB、サテライトスピーカー用のシリアルポート(9ピン)っぽい端子が用意されています

ロジクールG560

底面部。低音を下に向けて鳴らすダウンファイア式のため、床に音がかなり響きます。集合住宅では要注意

サテライトスピーカー

ロジクールG560

臨場感のあるステレオサウンドを担当するサテライトスピーカー

ロジクールG560

サブウーファーとの接続端子

ロジクールG560

前面。グレープフルーツをひと回り大きくしたようなサイズ感

ロジクールG560

側面

ロジクールG560

背面

ロジクールG560

背面にはRGBイルミネーション。PC用のユーティリティーソフトで、発光パターンを変更できます。ゲーム機と接続した場合は、効果音の大きさによって光の明滅が変化

ロジクールG560

LEDの明るさを最大にしても、それほど強くはありません。背面に壁のある場所に設置した上で、照明を暗くすると効果が感じられるでしょう

ロジクールG560

右側スピーカーの背面には電源ボタンとBluetooth接続ボタン、ヘッドホン用端子

ロジクールG560

右側スピーカー天面には動作をカスタマイズ可能な「Gボタン」と音量調節ボタン

各種機器との接続

ロジクールG560

前述のとおり、ケーブルがやたら長めです。広いスペースにも配置できるものの、配線は面倒

ロジクールG560

Pixel 8 ProでBluetoothオーディコーデックを確認したところ、SBCにしか対応していませんでした。低遅延モードなどには非対応のため、ゲームでは利用しないほうがいいでしょう。スマホの音声を聴くなどの使い方向けです

ニンテンドースイッチ

ロジクールG560

ニンテンドースイッチとはUSBで接続を確認

PS5

ロジクールG560

PS5ともUSBでの接続を確認しています。ただし3Dオーディオの効果はあまり感じられませんでした

PC

ロジクールG560

PCともUSBで接続するのがおすすめです

PC用ソフトについて

ロジクールG560

PCとUSBで接続し、専用ユーティリティー『Logicool Game Hub』をインストールすることで、さまざまな機能を利用できます。ロジクールG560を十分に活かすなら、PCでの利用を前提に考えたほうがいいでしょう

ロジクールG560

LEDの色や発光パターンを設定可能。特にこだわりがないなら、変更しなくてもOK

ロジクールG560

有名ゲームであれば専用のプロファイルが用意されています。ただし製品自体がちょっと古いので、対応タイトルもやや古めかも

ロジクールG560

右のサテライトスピーカーに用意されている「Gボタン」の役割をカスタマイズできます

ロジクールG560

サウンドの調整が可能。低音を強調したい場合は、サブウーファーのレベルをグンと引き上げればOK

ロジクールG560

イコライザーによる詳細調整も可能です

ロジクールG560

DTS:Xによるサラウンドサウンドを有効化。この機能はPCでのみ利用可能です

ゲームの臨場感を感じたい人向け

ロジクールG560

 

通常価格は3万円台半ばと、かなりお高めです。しかしアマゾンや楽天のセールで2万円を切ることが年に1~2回あるので、そのときを狙うといいでしょう。ちなみに記事執筆時点の2023年12月1日22:45時点では1万7010円とかなりの激安価格で販売されていますが、セールがあと1時間ちょっとで終わってしまうので、欲しい人は急いでください。セールが終わって買えなかった人は、次回のセールを狙いましょう。

 

ただセール時の1万8000円でもその価値があるかどうかについては、判断がわかれると思います。音質よりも音の聞き分けを重視したいなら、ゲーミングヘッドセットを選ぶべきです。音質を重視したいなら、もっと適したスピーカーがあるかもしれません。とにかく安い値段で低音を感じたいなら、前述の『ロジクールZ625』を選ぶのもアリです。

関連リンク

アマゾンでロジクールZ625をチェックする

 

繰り返しになりますが、G560はゲームの臨場感を光と低音&サラウンドで楽しみたい人向きです。2.1chのゲーミングスピーカーはラインナップが少ない上に、そのなかでもG560は実はかなりリーズナブル。他社製品だと3~5万円台とか、あるいはそれ以上なんてこともあります。

 

PCでの利用がもっともオススメですが、ゲーム機での利用も十分アリ。ゲーム内の「ドゥーン!」を身体で感じたい人は、ぜひチェックしてみてください。

当サイトでは、パソコン・ガジェット関係のお買い得情報やレビューを公開しています。最新のお買い得情報はSNSやGoogleニュースでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
X(旧Twitter)でこまめブログをフォローする
Googleニュースでこまめブログをフォローする

関連記事

お買い得情報一覧
ゲーミングPC関連記事一覧

記事を書いた人
こまめブログ

元雑誌・書籍編集者からPC系フリーライターを経て、レビューブロガーとして活動しているオジサンです。文章に関わる仕事を始めてから25年以上。最高195万PV/月。安いガジェットやPCをよく買いあさっています

こまめブログをフォローする
ガジェットレビュー
スポンサーリンク
こまめブログをフォローする
こまめブログ
タイトルとURLをコピーしました