マウスコンピューターmouse B5-i7レビュー:パーツアップグレードするほどお得な15.6インチスタンダードノートPC

マウスコンピューターmouse B5-i7レビュー

1/20まで1万1000円オフ!

通常価格が税込10万2080円のところ、1/20(水)の11時まで1万1000円オフの税込9万1080円で販売されています。いまが安く入手するチャンス!

マウスコンピューターのmouse B5-i7は、15.6インチのフルHDディスプレイを搭載するスタンダードタイプのノートPCです。アルミ素材を使った軽量コンパクトかつ頑丈なボディと、パーツアップグレード時にかかる追加料金の安さが特徴。日本拠点による24時間365日の電話サポートや迅速な修理対応など、手厚いサポートも魅力です

マウスコンピューターmouse B5-i7レビュー

mouse B5-i7

mouse B5-i7のスペック

OS Windows 10 Home
画面サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
CPU Core i7-1065G7
メモリー 8GB
※最大64GB
ストレージ 256GB SSD(SATA)
グラフィックス UHD
LTE
堅牢性テスト
色域 ※表記なし
幅×奥行き 360×239.3mm
厚さ 19.8mm
重量 約1.59kg
バッテリー 約7時間

※2021年1月13日時点。構成は変更される場合があります


本体カラー ブラストシルバー
画面の表面 非光沢
パネルの種類 ※表記なし(IPS相当)
タッチ / ペン
光学ドライブ なし
テンキー あり (3列)
有線LAN 1000Mbps
無線LAN Wi-Fi 6 (11a/b/g/n/ac/ax)
Bluetooth 5.0
USB3.1 1
USB3.0
USB2.0 2
USB Type-C 1(USB3.1)
Thunderbolt 3
メモリーカード SD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ 100万画素
顔認証カメラ
指紋センサー
付属品 ACアダプターなど
オフィス なし ※オプションで追加可能

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

mouse B5-i7

mouse B5-i7

税込10万2080円~

※2021年1月13日時点

32GBメモリーで税込11万円台&16GBメモリーで9万円台から! こまめブログ×マウスの大容量コラボモデル発売!!
マウスコンピューターと当サイト「こまめブログ」のコラボレーションによるノートPCが発売されました! 今回お届けするのは全部で3種類。……

デザインと使いやすさ

外観について

mouse B5-i7 外観

mouse B5-i7の本体カラーは、梨地処理を施したブラストシルバー。表面はつや消しで、指紋や油脂の汚れが気になりません。天板と底面部は質感と剛性に優れるアルミ素材が使われており、高級感があります。軽量コンパクトで、扱いやすい点も魅力。従来のマウスコンピューター製品とは一線を画する仕上がりです。

mouse B5-i7 本体カラー

本体カラーはブラストシルバー

mouse B5-i7 天板

天板はアルミ素材。軽く押すとややたわみますが、全体の強度としては頑丈に作られています

mouse B5-i7 パームレスト

パームレスト部分。素材は樹脂ですが固く作られているので、安っぽさは強度の不安は感じられません

mouse B5-i7 ベゼル

ベゼル幅は左右7.3mmで上部9.4mm、下部22mm。15.6インチタイプとしては細く、画面まわりがスッキリとしています

mouse B5-i7 角度

ディスプレイの最大角度はほぼ180度

mouse B5-i7 排気口

排気口はこの部分

mouse B5-i7 底面

底面部はブラックのアルミ製。大きな給気口が設けられています

mouse B5-i7 サイズ

接地面積は幅360×奥行き239.3mm

mouse B5-i7 大きさ

B4サイズ(黄色い部分)よりもひと回りちょっと小さめ。15.6インチとしてはコンパクトです

mouse B5-i7 厚さ

厚さは実測で20.4mm、底面部のゴム足を含めた設置時の高さは21.7mm。数値としては薄くありませんが、スリムに見えます

mouse B5-i7 背面

背面

mouse B5-i7 前面

前面

mouse B5-i7 重さ

重量は実測で1.592kg。15.6インチタイプとしては軽量です

mouse B5-i7 電源アダプター

付属の電源アダプター。重さは199g

ディスプレイについて

mouse B5-i7 画面サイズ

ディスプレイのサイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD。据え置き用のスタンダードノートPCとしては、一般的なスペックです。液晶パネルは公開されていませんが、自然な発色と広い視野角はIPSパネル相当です。ただし若干画面が暗く感じるほか、コントラストもそれほど高くはありません。色味を重視するクリエイティブワークには向きませんが、普通に作業するぶんには問題ないクオリティーです。

mouse B5-i7 ノングレア

表面は光沢なしのノングレア

mouse B5-i7 映像品質

スタンダードノートPCとしては標準的で違和感のない色合い

mouse B5-i7 コントラスト

非光沢のノングレア仕上げの影響もあり、コントラストはやや低め

mouse B5-i7 明るさ

画面はやや暗めですが、作業には問題ありません

mouse B5-i7 文字の大きさ

デスクトップの文字の大きさは2~2.7mm程度(スケーリング125%)

mouse B5-i7 色味

色は暖色系ですがやや赤が弱く、緑系が強め

キーボードについて

mouse B5-i7 キーボード

キーボードは日本語配列で、バックライトには非対応です。数値入力に便利なテンキーが付いていますが、一般的な4列構成ではなく3列構成である点に注意してください。それ以外の部分については違和感はなく、普通に使えます。

mouse B5-i7 テンキー

3列構成のテンキー

dynabook NZ65/M 配列

一般的な4列構成のテンキー ※写真は別の機種

キーピッチは19mmで十分なサイズ。キーストロークは1.8mmで、ノートPCの標準値(1.3~1.5mm)よりも深めに作られています。ただし押した瞬間のクリック感やキー押下圧が弱いため、ストローク感はあまり感じられません。軽いタッチで入力する人向きです。

mouse B5-i7 キーピッチ

キーピッチは19mmで、キーストロークは1.8mm

mouse B5-i7 タイプ感

タイプ感はかなり軽め。軽い力でもカタカタと音が聞こえます。強く打つと響くので、軽めのタッチ推奨

インターフェースについて

mouse B5-i7 インターフェース

周辺機器接続用のインターフェース類は、USB端子が合計4ポートでうち1ポートがType-C。あとは映像出力用のHDMIと、有線LAN、ヘッドホン端子、SDカードスロットなどが用意されています。光学ドライブがないため、DVDの再生/書き込みは行なえない点に注意してください。多くはありませんが十分な構成です。

Type-C端子の機能

USB PD 18W充電 ×
USB PD 30W充電 ×
USB PD 45W充電
USB PD 65W充電
USB PD 100W充電
映像出力

mouse B5-i7 スピーカー

スピーカーの音はかなりこもっています。音の厚みもなく音楽視聴には向きませんが、ビデオ会議用としてならなんとかOKというレベル

ベンチマーク結果

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、第10世代のCore i7-1065G7が使われています。すでに最新の第11世代がリリースされていますが、性能的にはまだまだ現役レベル。ノートPCとしては上位のパフォーマンスで、普段使いやビジネスには問題なく使える性能です。

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU PassMark CPU Markスコア
Ryzen 7 4700U
15264
Ryzen 5 4500U
12892
Core i7-1165G7
12116
Core i7-1065G7
12016
mouse B5-i7(Core i7-1065G7)
10614
Core i7-10510U
10257
Core i5-1035G1
9667
Core i5-10210U
9329
Ryzen 3 4300U
9154
Core i3-10110U
5553
Ryzen 3 3250U
4968
Athlon Silver 3050U
3851
Celeron N4120
2771
Celeron N4020
1658

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵のIris Plus Graphicsを使用します。従来のUHD Graphicsよりも高性能ではあるものの、最新の第11世代のIris Xe GraphicsやRyzenのRadeon Graphicsと比べるとパフォーマンスはやや控えめ。とは言え、ゲームやクリエイター向けソフトで多少の効果は感じられるでしょう。

GPUの性能差

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8513
Iris Xe (Core i7)
5028
MX250
3400
Radeon (Ryzen 7)
3384
Iris Plus(Core i7)
2880
Radeon (Ryzen 5)
2652
mouse B5-i7(Iris Plus)
2299
Iris Plus(Core i5)
2236
UHD (Core i7)
1335
UHD (Core i5)
1273

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

テスト スコア
Essentials (一般的な利用)
目標値4100
スコア8058
Productivity (ビジネス利用)
目標値4500
スコア5669
Digital Contents Creation (コンテンツ制作)
目標値3450
スコア3457

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

PCを使った作業の快適さを計測するPCMark 10のテストでは、すべてのテストで目標値をクリアーしました。ただしコンテンツ制作(3D制作や動画編集)については目標値ギリギリです。軽めの作業であればなんとかというレベルで、本格的な作業にはやや厳しいと思われます。メモリーを増設すれば、多少は快適に扱えるようになるでしょう。

ストレージのアクセス速度

標準のストレージ構成は256GB SSDです。アクセス速度はHDDよりも高速ですが、PCIe(NVMe)の高速タイプほどではありません。より速いレスポンスを求めるなら、SSDのアップグレードをおすすめします。容量的には512GB NVMe SSDがおすすめ。データ保存用に1TB HDDを使いするのもアリです。

mouse B5-i7 ストレージ

256GB SATA SSDのアクセス速度

バッテリー駆動時間

バッテリーの駆動時間は、公称値で約7時間とされています。ただしこれは電力消費量を抑えた状態での結果。実際の駆動時間はもっと短くなるはずです。

そこで最大パフォーマンスの状態でビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、5時間2分で休止状態へ移行しました。十分とは言えませんが、そもそも持ち歩き用の機種ではないので問題はありません。

バッテリー駆動時間の計測結果

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 7時間
Modern Office (ビジネス作業) 5時間2分
50%充電までにかかった時間 53分
フル充電までにかかった時間 2時間50分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

ゲーム系ベンチマーク結果

各種ゲームの快適さを調べたところ、ごく軽いドラクエ10ではフルHDの最高画質でも快適との結果でした。軽めのゲームであれば、画質を調整することで快適に楽しめるでしょう。FF14クラス以上の重いゲームでは、かなり厳しいと思われます。メモリーを16GB以上に増設すれば改善されるかもしれませんが、基本的にはゲームのプレーは考えないほうが無難です。

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 1169 / 動作困難
標準品質 1823 / 動作困難
軽量品質 2573 / やや遅い

※1920×1080ドットの結果。スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 平均FPS
最高品質 1749 / 11.3 FPS
高品質 2541 / 17 FPS
標準品質 3245 / 21.7 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 6523 / 快適
標準品質 7943 / すごく快適
低品質 9120 / とても快適

※1920×1080ドットの結果

パーツカスタマイズについて

mouse B5-i7は、注文時にメモリーやSSDのアップグレードが可能です。他社製品に比べてアップグレードにかかる追加料金が安いので、ハイスペック仕様をお手頃価格で実現できるのが魅力。またオフィスの追加やOSのエディション変更などにも対応しています。必要に応じて、アップグレードしてください。

mouse B5-i7 パーツカスタマイズ

16GBメモリーへのアップグレードは税込7370円、32GBメモリーでも税込2万2550円

mouse B5-i7 SSD

SSDは接続規格や容量を変更可能。おすすめは512GBのNVMe SSD

mouse B5-i7 HDD

写真や動画を保存するなら1TB HDDの追加がおすすめ

mouse B5-i7 パーツカスタマイズ

32GBメモリー+1TB SSD+1TB HDDでも税込14万円台。他社製品なら18~20万円台クラスのハイスペックモデルを安く購入できます

パーツをアップグレードするほどお得なノートPC

mouse B5-i7 感想

よかった点

軽量コンパクトでスタイリッシュなデザインがポイント。マウスコンピューターの機種は無骨なデザインのものが多かったのですが、ここ1~2年で急速に洗練されてきました。キーボードも以前に比べると、使いやすくなっています。

またハイスペック仕様を安く実現できる点も見逃せません。8GBメモリー+256GB SSDの標準構成だとやや割高感がありますが、パーツをアップグレードすればするほどお得感が増します。日本拠点による24時間365日の手厚いサポートも魅力です。

気になる点

すでに第11世代Coreプロセッサ搭載機種が他社からリリースされており、CPUがやや古い点が残念です。CPUの計算性能自体はあまり変わらないのですが、グラフィックス性能が第11世代で大きく向上しています。画像や動画を扱うなら、新CPUを搭載した新機種が発売されるまで待ったほうがいいかもしれません。普段使いやビジネス作業中心であれば、第10世代でも問題ないでしょう。

mouse B5-i7

mouse B5-i7

税込10万2080円~

※2021年1月13日時点

32GBメモリーで税込11万円台&16GBメモリーで9万円台から! こまめブログ×マウスの大容量コラボモデル発売!!
マウスコンピューターと当サイト「こまめブログ」のコラボレーションによるノートPCが発売されました! 今回お届けするのは全部で3種類。……

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いいたします。

関連記事

スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました