アフィリエイト広告

GMKtec NucBox10レビュー:Ryzen 7 5800U+16GB搭載の激安ミニPC

GMKtec NucBox10
GMKtecの『NucBox10』は、コンパクトサイズのミニPCです。主なスペックは、Ryzen 7 5800U / 16GBメモリー / 512GB SSD / Windows 11 Proの構成。CPUはノートPC用ですが、1~2年前のハイエンド機向けでそこそこ高性能です。

 

NucBox10 

NucBox10 ※利用には別途キーボードとマウス、外付けディスプレイが必要です

 

そしてなにより驚きなのが、価格が超安い点です。表示価格は4万円台後半から5万円台ですが、日々更新されるクーポンによって、実際には4万円台半ばあたりで購入できます。記事執筆時(4/12)は4万2433円。スペックの高さを考えると、本当にあり得ない金額です。安すぎて不安になるレベル。ただし駆動音がけっこう大きいので、その点については注意してください。

 

この記事では筆者が購入した実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

 

スペック

発売 2022年12月
OS Windows 11 Pro
CPU Ryzen 7 5800U(8コア/16スレッド、本来はノートPC向け)
チップセット ※CPUに内蔵
グラフィックス Radeon Graphics (CPU内蔵)
メモリー 16GB(8GB×2) DDR4-3200 ※最大64GB
ストレージ 512GB PCIe Gen3 SSD ※最大2TB
インターフェース USB3.1 Gen2 Type-C(USB PD/映像出力対応)×1、USB3.1 Gen2×2、USB2.0×2、3.5mmマイク/ヘッドホン端子×各1、HDMI2.0(4K@60Hz)×2、microSDカードスロット、有線LAN
拡張スロット M.2×1(ストレージ用×1)
ドライブベイ なし
通信 Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.2、有線LAN(2.5Gbps)
サイズ / 重量 幅124×奥行き112×高さ37mm / 約379g
電源 64.98W アダプター

本体デザイン

NucBox10の本体は、非常にコンパクトです。設置面積は一般的なCDケースよりもひと回り小さい程度。設置に場所を取りません。ブルーのカラーは好みがわかれるかもしれませんが、アルミ素材が使われたボディはなかなか高品質で、個人的には好印象です。

 

NucBox10 外観

NucBox10の外観。本体カラーはメタリックなブルー。天面と側面部はアルミ製のケースで覆われています

 

NucBox10 

NucBox10のサイズ感。重量は約379gと軽量です

 

NucBox10

本体前面には電源ボタンとヘッドホン端子、USB Type-C(4K@60Hzの映像出力 / USB PD対応)、USB3.2 Gen2×2、およびリセットボタン。USB PD経由の電源供給は45W以上で正常に動作します

 

NucBox10

背面は電源コネクター、HDMI2.0(4K@60Hz)×2、USB2.0×2、2.5Gbps対応有線LAN

 

NucBox10

側面にはmicroSDカードスロットとセキュリティスロット

 

NucBox10

天面。設置面積は幅12.4cm、奥行き11.2cm

 

NucBox10 底面

底面部。中央のスリットが吸気口で、上部&左右が排気口。空冷フィンから排気が直接排出されるのは上部のみ

 

NucBox10

付属の電源アダプターは64.98Wの丸口タイプ

本体内部とメモリー/SSDの増設について

NucBox10では、メモリーとSSDを交換可能です。ただしパーツによっては高い温度が生じるため、不具合を避けるために入念な熱対策が必要となるでしょう。基本的にはパーツ交換なしで、そのまま使うのがいちばん面倒がないと思います。※作業にはプラスドライバーが必要です

 

NucBox10

パーツを交換するには、まず底面部のフタを外します。Wi-Fi用のアンテナ線がつながっているので、引きちぎらないよう注意してください

 

NucBox10 本体内部

アルミ製ケースからマザーボードを慎重に取り外します

 

NucBox10

本体内部のマザーボード

 

NucBox10

DDR4-3200のメモリーが2枚。使われていたメモリーは、放熱シートできっちり覆われていました。少しでも熱を抑えたい雰囲気がうかがえます

 

NucBox10

Type-2280のSSDも、きっちりシートで覆われています。SSDの下にはWi-Fiカードを配置

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Ryzen 7 5800U(8コア/16スレッド)
メモリー 16GB
ストレージ 512GB SSD
グラフィックス Radeon Graphics(CPU内蔵)

※各種ベンチマークテストは、ベンチマークテストはWindows 11の電源プランを「バランス」、電源モードを「最適なパフォーマンス」に設定した上で実施しています
※ベンチマーク結果はパーツ構成やタイミング、環境、個体差などの要因で大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては使われているRyzen 7 5800Uは、本来ノートPC向けです。デスクトップPC向けCPUよりも、性能はかなり劣ります。

 

CPU性能(デスクトップPC向けCPUとの比較)

CPU 3DMark Time Spy CPU Score
Core i5-12400
9316
Ryzen 5 5600X
8111
Ryzen 5 5600G
7492
Ryzen 5 4500
6952
Core i3-12100F
6541
NucBox(Ryzen 7 5800U)
5627

※そのほかのスコアは3DMark公式サイトによる平均値

 

ノートPC向けCPUと比較すると、概ね中位クラスあたりの性能です。ただしRyzen 7 5800U本来の性能ではなく、パフォーマンスがやや抑えられているように見受けられます。おそらく熱対策のために、あえて性能を落としているのでしょう。とは言え、一般的な作業であれば問題なく利用できるレベルです。

 

CPUの性能差 (総合性能)

CPU PassMark 10 CPU Markスコア
Ryzen 7 6800U
22327
Ryzen 7 5825U
20302
Ryzen 7 7730U
20005
Core i7-1260P
20058
Ryzen 7 5800U
19463
Core i5-1240P
18571
NucBox10(Ryzen 7 5800U)
18450
Ryzen 5 5625U
17145
Core i7-1255U
17176
Core i5-1235U
13808
Ryzen 3 7330U
11818
Core i3-1215U
11681
Ryzen 5 7520U
10124

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

 

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R23 CPUスコア
Ryzen 7 6800U
10183
Ryzen 7 5825U
9740
Ryzen 7 7730U
9293
Ryzen 7 5800U
9195
Core i7-1260P
9254
Core i5-1240P
8928
Ryzen 5 5625U
8376
Core i7-1255U
7819
NucBox10(Ryzen 7 5800U)
7707
Core i5-1235U
7664
Core i3-1215U
6216
Ryzen 3 7330U
5108
Ryzen 5 7520U
5029

※10分間実行し続けた際の最終スコア。そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ストレージ性能

ストレージには、PCIe 3.0 x4の512GB NVMe SSDが使われています。使用機で使われていたのはLexarのNM620シリーズ。ミニPCとしては、アクセス速度がなかなか優秀です。ただしテストの負荷を上げると、ランダムアクセスで速度の低下が見られました。熱による影響が出ているのかもしれません。

 

NucBox10 SSD

512GB SSDのアクセス速度計測結果。左が通常のテスト結果で、右が高負荷時

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵のRadeon Graphicsが使われています。性能はそれほど高くはないものの、Ryzenシリーズとしてはちょっといい程度でした。大作ゲームや高度な動画編集を行なえるほどではありません。

 

GPUの性能差(DirectX 12)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
GTX 1650
3241
Radeon 680M(Ryzen7)
2211
Iris Xe(Core i7+LPDDR4x)
1528
Iris Xe(Core i5+LPDDR4x)
1302
NucBox(Ryzen 7,Radeon)
1157
Iris Xe(Core i7+DDR4)
1149
Radeon (Ryzen 7)
1000
Iris Xe(Core i5+DDR4)
977
UHD(Core i3)
900

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

 

なお標準設定では、VRAMが512MBに設定されています。UEFI(BIOS)設定を変更するとVRAMを最大2GBまで変更可能で、グラフィックス性能が多少アップするようです。

 

NucBox10 VRAM

UEFI(BIOS)設定の「Advanced」タブから「AMD CBS」→「NBIO Common Options」→「GFX Configuration」と選び、「iGPU Configuration」を「UMA_GAME_OPTIMIZED」に変更

 

NucBox10 VRAM

VRAMを512MB→2GBに変更したことで、3DMark Time Spyのスコアが1157→1334にアップ ※VRAMの容量よりも熱による影響のほうが強く出ます

 

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能やストレージ性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能とメモリー性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではCPUとストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

 

NucBox10は本来デスクトップPCの一種ですが、ノートPC向けCPUが使われているので、ノートPCとの比較でまとめました。各テストの目標値は大きく上回っており、10万円クラスの高性能ノートPCと比べても遜色ありません。コンテンツ制作(写真加工や3D / 動画制作)はやや弱いものの、普段使いからビジネス作業まで幅広いシーンで活用できるでしょう。

 

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
NucBox10603
Slim5709984
Yoga10606
15-eh10594
Spectre10647
XPS10093
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
NucBox9709
Slim5709266
Yoga8578
15-eh9536
Spectre6968
XPS6759
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
NucBox6044
Slim5705987
Yoga7972
15-eh6685
Spectre5997
XPS6342

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック(スリムノートPC)

IdeaPad Slim 570 Ryzen 5 5625U / 8GB / Radeon
Yoga 770 Ryzen 7 6800U / 16GB / Radeon 680M
▶HP Pavilion 15-eh Ryzen 7 5825U / 16GB / Radeon
HP Spectre x360-14 Core i7-1255U / 16GB / Iris Xe
XPS 13 Plus Core i7-1260P / 16GB / Iris Xe

ゲーム性能について

NucBox10は専用GPU(dGPU、グラボ)非搭載で、本来はゲーム向けではありません。しかし動作の軽いゲームであれば、フルHDでも画質を調整することで普通にプレーできます。テスト結果は標準設定時のものなので、VRAMの容量を変更すればよりフレームレートが伸びるかもしれません。また解像度を1280×720ドットに下げれば、フレームレートはさらに向上するでしょう。

エーペックスレジェンズ 射撃訓練場(中量級)

エーペックスレジェンズ

画質 平均FPS / 低位1%
最高画質 11.5 / 9.7
最低画質 37.1 / 29.2

※1920×1080ドット。実際のプレーではこの結果よりもFPSが低下します

ヴァロラント 屋外射撃場(超軽い)

ヴァロラント

画質 平均FPS / 低位1%
最高画質 77.1 / 50.1 FPS
最低画質 181.6 / 92 FPS

※1920×1080ドット。実際のプレーではこの結果よりもFPSが10%程度低下します

レインボーシックス シージ(軽い)

レインボーシックス シージ

画質 平均FPS / 最低FPS
最高画質 54 / 43
最低画質 71 / 60

※1920×1080ドット。ゲーム内ベンチマークの結果

CS:GO FPS Benchmark(軽い)

CS:GO

画質 平均FPS
最高画質 64.61
最低画質 125.66

※1920×1080ドット。ワークショップ内のマップ「FPS Benchmark」を使用

熱と騒音について

本体が小さいと、内部に熱がこもりがちです。内部の温度が上がりすぎると性能が低下したり、パーツが劣化しやすくなる心配があります。

 

そこで高負荷時におけるCPUの温度を計測したところ、最大でも70度ちょっと、高負荷の状態が長時間続いたときは60度前後を推移していました。Ryzen 7 5800Uの最大クロックは4.4GHzですが、テスト開始直後に一瞬だけ4GHzをオーバーしたものの、あとは意図的に抑えられているように見えます。

 

NucBox10 発熱

CINEBENCH R23のマルチコアテストを10分間行なった際のCPUクロックとCPU温度の推移

 

ファンの音は、大きく聞こえます。個人的な感覚では、ゲーミングノートPCやUSB扇風機の音といったところ。耳をふさぎたくなるほどうるさいわけではないものの、常時聞こえているとジワジワとストレスがたまります。

 

ただ、ヘッドホンやノイズキャンセリング機能付きのイヤホンを使えば、音はほとんど気になりません。普段からこれらを使っている人なら、駆動音の大きさも問題ないと思います。

 

駆動音の計測結果

電源オフ 37dBA
待機中 44dBA前後 未使用状態でも音がハッキリと聞こえる。少し離れた場所にも届くほど
軽作業中 48dBA前後 ファンの回転が上がり、音がさらに大きく聞こえる
高負荷時 52dBA前後 けっこう大きいが、爆音と言うほどではない。ヘッドホンを着用すれば気にならない程度

 

ちなみにファンの音をなんとか下げられないか、あるいは強制的に冷やすことでパフォーマンスが向上しないか調べてみたのですが、効果はありませんでした。CPU温度(Tctl/Tdie)が40度に達すると、自動的にファンが強く回るようです。ファンの回転は一般的なソフトからは確認できず、OC用の『AMD Ryzen Master』も非対応でした。UEFI(BIOS)設定でも、設定項目が用意されていないようです(もしかしたらあるかもしれませんが)。

 

NucBox10 熱対策

はじめは排気が弱いのかと考えて底面カバーを外して空気の流れを良くしたのですが、ベンチマーク結果は変わりませんでした。通気口からの風切り音がしないぶん、駆動音はやや低減されたように感じます

 

NucBox10 熱対策

ノートPC冷却台とUSB扇風機で上下を挟み強制的に冷やしてみましたが、ベンチマーク結果は向上しませんでした

音が気にならないなら高コスパ

NucBox10

熱対策でパフォーマンスはやや抑えられているものの、4万円台のミニPCとしてはあり得ないほど高コスパです。モバイルディスプレイと組み合わせれば、ノートPCのようにお片付け可能。普段使いや事務系の作業には、もうこれでいいんじゃないでしょうか。

 

唯一気になるのは、音の大きさです。しかしガマンできないほどではありませんし、ヘッドホンやイヤホンを点ければ気になりません。なので、運用には多少の工夫が必要です。

 

NucBox10

駆動音が大きいので、ノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンやイヤホンの利用をおすすめします

 

懸念事項があるとすれば、大手ではなく中国のインディーズメーカーである点でしょう。これまで筆者はこの手の製品で問題に直面したことはありませんが、大手メーカーよりはトラブルが起きやすい可能性があるかもしれません。生産部門での品質管理や部品の仕入れルートなどについても、大手のほうが安定していると思われます。

 

その点を踏まえた上で、コスパを取るのかどうかの判断が必要です。筆者としては自分である程度解決 / 交渉できるのであれば、購入はアリだと考えています。とは言え、PCにトラブルは絶対について回るものなので、そのあたりはあらかじめご了承ください。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのTwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

デスクトップPC関連記事一覧

記事を書いた人
こまめブログ

元雑誌・書籍編集者からPC系フリーライターを経て、レビューブロガーとして活動しているオジサンです。文章に関わる仕事を始めてから25年以上。最高195万PV/月。安いガジェットやPCをよく買いあさっています

こまめブログをフォローする
デスクトップパソコンレビュー
スポンサーリンク
こまめブログをフォローする
こまめブログ
タイトルとURLをコピーしました