OMEN by HP 15 レビュー:GTX1070搭載&144Hz対応で最安クラスのゲーミングノートPC

OMEN by HP 15 レビュー

日本HPのOMEN by HP 15(dc0000)は、快適なゲームプレーに適したノートPCです。GPU(専用グラフィックス)は非常に高性能なGeForce GTX 1070/1060に対応。本体はコンパクトでありながら、重厚感にあふれています。

OMEN by HP 15 スペック概要

【主なスペック】CPU:Core i7-8750H メモリー:16GB ストレージ:SSD+HDD ディスプレイ:15.6インチフルHD(非光沢)

液晶ディスプレイは144Hzの高リフレッシュレート対応で、通常(60Hz)のディスプレイとは動きのなめらかさが段違い。またキーボードは26キーのロールオーバーに対応しているので、素早く複雑な操作でも誤認識されることなく確実に入力できます。コンマ1秒を競う上級プレーヤーまたは上級プレーヤーを目指す人におすすめのモデルです。

OMEN by HP 15にはGeforce GTX 1060搭載の下位モデルとGeForce GTX 1070搭載の上位モデルの2種類が用意されていますが、おすすめは断然上位モデル。なぜなら144Hzの高リフレッシュレートディスプレイを活かすなら、高性能なGPUが必要不可欠だからです。

フォートナイトを実際にプレーしてFPS(描画速度の目安)を計測したところ、GeForce GTX 1070搭載のOMEN by HP 15では最高画質の「エピック」で平均100FPSでしたが、GeForce GTX 1060搭載の他機種では80FPSにとどまっています。144Hzの高リフレッシュレートを活かすならFPSが144に近ければ近いほどよく、スコアの高いGeForce GTX 1070のほうが有利なのです。

OMEN by HP 15 フォートナイトベンチマーク結果

フォートナイトFPS計測結果(フルHD)

画質 OMEN by HP 15(GeForce GTX 1070) GeForce GTX 1060
エピック(最高画質) 100 FPS 80 FPS
111 FPS 110 FPS
129 FPS 184 FPS
低(最低画質) 140 FPS 190 FPS

PUBGについても同様に、最高画質ではGeForce GTX 1070のほうがよりなめらかに描画されました。

OMEN by HP 15 PUBG FPS計測結果

PUBG FPS計測結果(フルHD)

画質 OMEN by HP 15(GeForce GTX 1070) GeForce GTX 1060
ウルトラ(最高画質) 88.542 FPS 62.633 FPS
89.500 FPS 93.783 FPS
117.817 FPS 101.533 FPS
非常に低い(最低画質) 131.633 FPS 163.667 FPS

ゲーミングディスプレイを体験したことがない人なら、「60Hzも144Hzも変わらないのでは?」と思うかもしれません。実は筆者もそう思っていたのですが、実際に体感すると全然違うんです。上級プレーヤーなら、きっと勝敗に影響が出るレベル。画面がとてもなめらかに描かれるので、初心者には3D酔いしにくいというメリットもあります。このように、OMEN by HP 15はワンランク上のゲーミングノートPCを探している人にピッタリなモデルなのです。

OMEN by HP 15の注目ポイント

GTX1070搭載で最安クラス

GTX1070搭載機では最安クラス

GeForce GTX 1070搭載モデルの価格は19万円台前半(2018年11月15日時点)で、同クラスのゲーミングノートPCとしては最安クラス。品質の高いディスプレイやキーボードが使われていることを考えればかなりお得です。

144Hzの高リフレッシュレート

OMEN by HP 15 リフレッシュレート

液晶ディスプレイはG-SYNC対応でリフレッシュレートは144Hz。ゲーム画面の動きが非常になめらかで、通常の60Hzとは快適さがまるで異なります。

当サイトの評価

OMEN by HP 15 評価

デザイン ゲーミングノートPCとしてはコンパクトながら重厚なデザイン
性能 非常にパワフルなCPUとGPUを搭載。ストレージやメモリーも高性能
使いやすさ ゲーミングPCとして使いやすい機能や配慮が満載
軽さ 高性能パーツが使われているぶん、普通のノートPCよりも重い
画面 高リフレッシュレート&G-SYNC対応で描画がなめらか

今回はメーカーからお借りしたOMEN by HP 15の実機を使って、本体デザインや使い心地、ベンチマーク結果などをレビューします。

OMEN by HP 15-dc0000

OMEN by HP 15-dc0000

税込18万円台から

7%オフクーポン適用時

※価格や構成は変更される場合があります

OMEN by HP 15のスペック

OS Windows 10 Pro
CPU Core i7-8750H
メモリー 16GB
ストレージ 256GB M.2 SSD(PCIe) + 2TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 1060(6GB) / 1070(8GB)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 15.6インチ、1920×1080ドット、IPS、非光沢、タッチ非対応、G-SYNC対応、144Hz
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 5.0、1000BASE-T対応有線LAN
インターフェース USB3.1 Gen1(フルサイズ)×3、USB3.1 Gen2(Type-C)×1、HDMI、Mini DisplayPort、有線LAN、SDメモリーカードスロット、ヘッドホン出力/マイク入力
セキュリティー TPM 2.0、セキュリティースロット、マカフィーリブセーフ1年版
カメラ 92万画素
サイズ/重量 幅360×奥行き263×高さ25.5~30mm/約2.48kg
バッテリー駆動時間 約5~6時間

※2018年11月15日時点。構成や価格は変更される場合があります

OMEN by HP 15のラインナップ

パフォーマンスモデル
Core i7 16GBメモリー 256GB SSD HDD 2TB GeForce GTX 1060 税込18万円台後半~
ハイパフォーマンスモデル オススメ!
Core i7 16GBメモリー 256GB SSD HDD 2TB GeForce GTX 1070 税込19万円台前半~

※2018年11月15日時点、7%オフクーポン適用時

本体の大きさやデザイン

OMEN by HP 15は、近未来的な洗練されたデザインが特徴です。いかついフォルムではありますが野暮ったさはなく、ゲーミングノートPCとしては非常にスマート。コンパクトでありながらも重厚感があります。

OMEN by HP 15 本体デザイン

本体カラーはシャドウブラック

OMEN by HP 15 本体デザイン

重厚感のあるデザインです

OMEN by HP 15 天板デザイン

天板は樹脂製。ヘアライン加工と波状のラインの組み合わせが印象的

OMEN by HP 15 天板デザイン

ドラゴンレッドのエンブレムとライン

OMEN by HP 15 フォルム

前面部は薄く、スリムな印象です

OMEN by HP 15 キーボード面

キーボード面はヘアライン加工が施されたブラック

OMEN by HP 15 タッチパッド

タッチパッドの周囲にはダイヤモンドカット加工

OMEN by HP 15 底面部

底面部のデザイン

OMEN by HP 15 吸気口

大型の吸気口を配置

OMEN by HP 15 本体サイズ

本体サイズ

OMEN by HP 15 サイズ感

B4サイズよりもわずかに小さい程度

OMEN by HP 15 前面と背面

前面と背面

OMEN by HP 15 厚さ

設置時の高さは実測30mm

OMEN by HP 15 重さ

重量は実測で2.479kgでした

ノートPCの平均重量

画面サイズ 平均重量
11.6インチ 1.126kg
12.5インチ 1.131kg
13.3インチ 1.253kg
14インチ 1.518kg
15.6インチ 2.174kg
ノートPC全体 1.551kg

※2017年12月~2018年5月に当サイトが検証したノートPC(2-in-1を含む) 50台ぶんの実測値より

OMEN by HP 15 電源アダプター

付属の電源アダプター。重量は実測643g

画面の色と見やすさ

OMEN by HP 15は、ゲームを快適にプレーするためのディスプレイを搭載しています。画面の大きさは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD。リフレッシュレート(画面の書き換え速度)は144Hzで、激しい動きでも非常になめらかに描かれます。さらに画面のカクつきや描画のズレを軽減するNVIDIAのG-SYNCに対応しており、重いゲームでもストレスなく楽しむことが可能です。

OMEN by HP 15 液晶ディスプレイ

画面サイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドット

OMEN by HP 15 リフレッシュレート

リフレッシュレートは通常(60Hz)の2.4倍に相当する144Hz。画面の動きが非常になめらかで、いわゆる「ヌルヌル感」を感じられます

OMEN by HP 15 ベゼル幅

ベゼル幅が非常に狭く、画面まわりがスッキリしています

液晶パネルは発色に優れるIPS方式です。色合いは自然かつ色鮮やかで、大作ゲームの美麗なグラフィックスをとことん堪能できるでしょう。IPS方式は応答時間が遅いと言われますが、実際にゲームをプレーしてみても残像は感じられませんでした。

OMEN by HP 15 映像品質

IPSパネルによる色鮮やかな映像

OMEN by HP 15 映像品質

コントラストが高く、ゲーム画面が色鮮やかに映し出されます

OMEN by HP 15 ガンマカーブ

i1 DisplayProによるガンマカーブ。色のバランスは良好です

OMEN by HP 15 画面の明るさ

ゲームには十分な明るさですが、コントラストが高いので、暗いシーンでは黒が強調されてしまうことがあります。このような場合は、ゲーム設定でガンマ値を変えるといいでしょう

液晶ディスプレイの表面は光沢なしのノングレアです。光沢ありのグレアタイプに比べて光の映り込みが抑えられているため、長時間のプレーにも向いています。

OMEN by HP 15 ノングレア

非光沢と光沢の違い。光の映り込みは集中力低下や眼精疲労の原因のひとつと言われています

キーボードの使いやすさ

OMEN by HP 15は、キーボードにもこだわっています。キー配列は特殊な配置がなく、きわめて標準的。キーはやや小さめですが、実際にゲームをしていても気になることはありませんでした。ただキーストロークが1.8mmと深いものの(標準は1.5mm)クリック感が非常に軽く、少し物足りなさを感じます。

OMEN by HP 15 キーボード

キーピッチ(キーとキーの間隔)は18.6mm

OMEN by HP 15 バックライト

RGB LEDによるバックライトに対応

OMEN by HP 15 バックライトの色

標準収録のユーティリティーで、 バックライトの色を変えられます

注目したいのは、26キーのロールオーバーとアンチゴースト機能に対応している点です。アクション要素の強いゲームでは複数のキーを同時に押すことが多いのですが、ノートPCでは機種によって同時押しが2~3キーまでしか対応していない場合があります。このような場合、たとえば前方向に走りながらジャンプする、という動作ができません。

OMEN by HP 15の26キーロールオーバーとは、最大26キーの同時押しを確実に認識できることを表わします。またアンチゴーストは複数キー同時押し時の認識不良を抑える技術のことで、いくつものキーをすばやく入力してもしっかり認識されるメリットがあります。これらの技術により、キーの誤認識がない快適なプレーを楽しめるというわけです。

OMEN by HP 15 タッチパッド

タッチパッドはボタン分離型。ゲーム中に手のひらがボタンに触れるとクリックと認識してしまうことがあったので、プレーの前に無効化しておくことをおすすめします

端子類の種類と使いやすさ

インターフェース(端子類)はとても充実しています。フルサイズのUSB端子は左右両側面にひとつずつあるので、左利きでも右利きでもマウスケーブルの取り回しが手軽で簡単。また映像出力や有線LANは背面にあるので、本体の両側面がケーブル類でゴチャつくことがありません。ゲームプレーに配慮されたインターフェース配置です。

なお光学ドライブには対応していない点に注意してください。

OMEN by HP 15 左側面

左側面のインターフェース

  • ① USB3.1 Gen1
  • ② ヘッドホン出力/マイク入力
  • ③ SDカードスロット

OMEN by HP 15 右側面

右側面のインターフェース

  • ① USB3.1 Gen1
  • ② 電源コネクター

OMEN by HP 15 背面

右側面のインターフェース

  • ① 1000BASE-T対応有線LAN
  • ② USB3.1 Gen1
  • ③ HDMI
  • ④ Mini DisplayPort
  • ⑤ USB3.1 Gen2 Type-C
  • ⑥ セキュリティースロット(盗難防止用)

スピーカーは底面部に配置されています。サウンドはクリアーでそこそこ音の厚みがあり、音楽をBGMとしてカジュアルに聴くには十分なクオリティーです。ただ最近のゲームでは音の方角を聞きわけることが重要なこともあるので、ヘッドセットを着用してプレーすることになるでしょう。

OMEN by HP 15 スピーカー

底面部に配置されたスピーカー

発熱や騒音、消費電力について

ここからは、OMEN by HP 15の性能テストの結果を紹介します。検証に使った試用機はハイパフォーマンスモデルで、主なスペックは以下の表のとおり。検証/ベンチマーク結果はパーツ構成や個体差、環境、タイミングなどによって大きく変わる点をあらかじめご了承ください。

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-8750H
メモリー 16GB
ストレージ 256GB SSD + 2TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 1070(8GB)

本体の温度について

FF14ベンチとアサシンクリード オリジンズ(アサクリ)のベンチマークモードでキーボードの表面温度を計測したところ、どちらも40度をオーバーしました。40度以上の熱に長時間触れ続けると低温やけどになる可能性があるので、熱く感じたらときどき手を離して休憩することをおすすめします。

表面温度(室温27.2℃) ※画像クリックで拡大

待機時 FF14 アサクリ
OMEN by HP 15 キーボード面の温度最大43.2℃ OMEN by HP 15 キーボード面の温度最大49.8℃ OMEN by HP 15 キーボード面の温度最大49.4℃

駆動音の計測結果

ゲームや動画変換などの高負荷時には、駆動音(ファンの回転音や通気口からの排気音)がかなり大きく聞こえました。ゲーム中は音を聞きわけるためにも、ヘッドセットの着用をおすすめします。

駆動音の計測結果(室温27.2℃)

電源オフ 37.2dBA
待機中 39.3dBA 排気音がはっきり聞こえるが気にならない
FF14 46.6dBA 排気音がけっこう大きい
アサクリ 55.5dBA 排気音とファンの回転音がかなり大きい

消費電力について

消費電力はかなり高めです。高性能なCPUとGPUを搭載していることを考えれば、仕方がないでしょう。

1分間の平均消費電力(REX-BTWATTCH1による計測)

待機中 FF14 アサクリ
51.6W 104.4W 166.8W

※消費電力の計測方法はコチラ

ベンチマーク結果

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-8750H
メモリー 16GB
ストレージ 256GB SSD+2TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 1070(8GB)

ストレージ性能

OMEN by HP 15は標準で、PCIe接続の256GB SSDと2TB HDDを搭載しています。高速なSSDの影響でシステムの立ち上がりは早く、作業は快適。またHDDは大容量の2TBなので、容量の大きな大作ゲームを何本インストールしても空き容量不足で困る場面は少ないでしょう。

OMEN by HP 15 ストレージのアクセス速度(CrystalDiskMark)

256GB SSD(左)と2TB HDD(右)のアクセス速度(CrystalDiskMark)

ストレージのアクセス速度

ストレージのアクセス速度の違い

CPU性能について

試用機で使われていたCore i7-8750Hは非常に高性能なCPUで、一般向けとしては最高クラスです。並のデスクトップPC向けCPUよりもパフォーマンスが高く、ゲームはもちろん動画編集や写真加工などの高度な処理にも適しています。

OMEN by HP 15はCPU性能を計測するベンチマークで、Core i7-8750Hの平均よりも低いスコアとなりました。これはおそらく、内部の熱が上がりすぎないように調整しているためでしょう。パフォーマンスはやや下がりますが、ゲームにはあまり影響ない範囲です。むしろパーツの劣化が少なく、PCが不調になりにくいメリットがあります。

CPUベンチマーク結果 その1

CPU CINEBENCH R15のCPUスコア
Core i7-8750H
1112
OMEN by HP 15 (Core i7-8750H)
1057
Core i5-8300H
837
Core i7-7700HQ
725
Core i7-8550U
569
Core i5-8250U
555
Core i7-7500U
342

※そのほかのベンチマーク結果は当サイト計測の平均値

CPUベンチマーク結果 その2

CPU PassMark PerformanceTestのCPU Markスコア
Core i7-8750H
13482
OMEN by HP 15 (Core i7-8750H)
12012
Core i5-8300H
10238
Core i7-7700HQ
9381
Core i7-8550U
9127
Core i5-8250U
8226
Core i7-7500U
5564

※そのほかのベンチマーク結果は当サイト計測の平均値

グラフィックス性能について

総合的な3D性能を計測する「3DMark」の結果は以下のとおり。試用機で使われているGeForce GTX 1070はハイエンド向けのGPUで、ミドルレンジ向けのGeForce GTX 1060を大きく上回っています。この性能なら、海外の大作ゲームでも快適に楽しめるでしょう。中規模クラスのゲームが中心なら、GeForce GTX 1060でもOKです。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strikeのスコア
OMEN by HP 15(GTX 1070)
13004
GTX 1060
9701
GTX 1050 Ti
6742
GTX 1050
5275

※そのほかのGPUのベンチマーク結果は当サイト計測の平均値

ゲームを快適に遊べるGPUの目安(フルHD時)

ゲームの重さ 画質 推奨GPU
重量級
FF15、Assassin’s Creed Origins、Ghost Recon Wildlands、黒い砂漠など
高画質 GTX 1080以上
標準画質 GTX 1070以上
低画質 GTX 1060以上
中量級
FF14、PUBG、Fortnite、OverWatch、AVAなど
高画質 GTX 1060以上
標準画質 GTX 1050 Ti以上
低画質 GTX 1050以上
軽量級
ドラクエ10、League of Legends、ガンダムオンライン、CSO、PSO2など
高画質 GTX 1050 Ti以上
標準画質 GTX 1050以上
低画質 GTX 1050以上

※ 当サイトの検証結果を元にした指針で、実際のゲームの動作を保証するものではありません

ゲーム系ベンチマーク結果

GeForce GTX 1070を搭載した試用機では、ゲーム系ベンチマークテストでも優れた結果が出ています。激重ゲームを最高画質でプレーするにはあともう少しというところですが、ほとんどのゲームは快適に動作するでしょう。多少パワーが足りなかったとしても、G-SYNCの効果でカクつきなくノンストレスで楽しめるはずです。

ゲーム系ベンチマーク結果

FF15ベンチ
FF15 (DX11) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 高品質 5557(やや快適)
標準品質 7600(快適)
軽量品質 9529(快適)
FF14ベンチ
FF14:紅蓮のリベレーター(DX11) ※中量級
1920×1080 (フルHD) 最高品質 13146(非常に快適) ※90.715 FPS
高品質(ノートPC) 14929(非常に快適) ※107.927 FPS
標準品質(ノートPC) 16686(非常に快適) ※124.492 FPS
ドラゴンクエストX
ドラゴンクエストX(DX9) ※軽量級
1920×1080 (フルHD) 最高品質 20167(すごく快適)
標準品質 20602(すごく快適)
低品質 21205(すごく快適)
Assassin's Creed Origins
アサシンクリード オリジンズ (DX11) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 最高 55 FPS
66 FPS
超低 71 FPS
Far Cry5
Far Cry5 (DX11) ※中規模
1920×1080 (フルHD) 最高 77 FPS
91 FPS
103 FPS
SOTTR
シャドウ オブ ザ トゥームレイダー(DX12) ※重量級
1920×1080 (フルHD) 最高 66 FPS
75 FPS
最低 96 FPS
ROTTR
ライズ オブ ザ トゥームレイダー(DX12) ※中量級
1920×1080 (フルHD) 最高 88.65 FPS
111.57 FPS
最低 135.67 FPS

※平均60 FPS以上が理想

GTX1070搭載モデルならこれ!

ということで、今回はOMEN by HP 15のレビューをお届けしました。

CPUのベンチマークテストではやや低めの結果が出たものの、GeForce GTX 1070はありあまるほどパワフルなので重いゲームでも快適です。中規模クラスのゲームなら144Hzの高リフレッシュレートでヌルヌル動くので、対戦プレーを有利に進められるでしょう。

GeForce GTX 1060搭載のパフォーマンスモデルとGeForce GTX 1070搭載のハイパフォーマンスモデルのどちらを選ぶべきかという点については、断然上位モデルがおすすめです。現在は日本HPの直販サイトでキャンペーンが実施されており、上位モデルと下位モデルの価格差は5000円程度でしかありません。GeForce GTX 1070搭載モデルとしては最安クラス。いま買うなら、上位モデルを強くおすすめします。

さらに日本HPは外資系メーカーでありながら、サポート面が充実している点もポイント。ノートPCでゲームをとことん楽しみたい人におすすめします。

OMEN by HP 15 まとめ

GeForce GTX 1070搭載ノートPCとしては最安クラスのお買い得モデル

限定クーポンで特別割引!

購入前に以下のリンクをクリックすると、OMEN by HP 15を通常よりもお得な価格で購入できます。ぜひご利用ください。

リンク

こまめブログ限定 7%オフクーポン

クーポンの利用方法

OMEN by HP 15 クーポンの利用方法

①上記リンクをクリックすると日本HPの直販サイトが表示されますが、まずはこのページは閉じてください

OMEN by HP 15 クーポン利用方法

②次に下記リンクからOMEN by HP 15の製品ページを開き注文画面に進むと、「特別値引き」としてクーポンが適用されます

OMEN by HP 15-dc0000

OMEN by HP 15-dc0000

税込18万円台から

7%オフクーポン適用時

※価格や構成は変更される場合があります

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました