HP OMEN X 2S 15 レビュー:デュアルディスプレイ搭載のハイスペックゲーミングノートPC

HP OMEN X 2S 15 レビュー

日本HPのHP OMEN X 2S 15は、超高性能なCPUとGPUを搭載したハイエンド向けのゲーミングノートPCです。最大の特徴は、フルHDのディスプレイが2枚搭載されている点。ゲームをより楽しく有利にプレーできます。
HP OMEN X 2S 15

ポイント

  • 世界初の2画面搭載ゲーミングPC
  • Core i9 + RTX2080搭載
  • スリムで重厚感のあるデザイン

HP OMEN X 2S 15-dg0000のスペック

画面サイズ 15.6インチ + 5.98インチ
メイン画面解像度 1920×1080
サブ画面解像度 1920×1080
CPU Core i9-9880H
メモリー 32GB
ストレージ ・1TB SDD
・512GB + 32GB Optaneメモリー
グラフィックス RTX 2080 Max-Q
幅×奥行き 361×262mm
厚さ 20~26.5mm
重量 2.37kg
電源 230W

※2019年12月11日時点。構成は変更される場合があります


リフレッシュレート ・144Hz
※G-SYNC対応
表面処理 非光沢
パネルの種類 IPS
光学ドライブ
テンキー
有線LAN 1000Mbps
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
USB3.1 3
USB3.0
USB2.0
USB Type-C 1 (USB3.1 Gen2)
Thunderbolt 3 対応
メモリーカード
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort Type-C出力
Webカメラ 200万画素
顔認証カメラ
指紋センサー

この記事ではメーカーからお借りしたHP OMEN X 2S 15について、デザインや性能、実際のゲームでの使い心地などをレビューします。

特別クーポンでさらに値引き!

一般公開されていない7%オフのクーポンを使えば、セール商品をさらにお得に購入できます。クーポン入手後はこのページに戻り、購入したいモデルを選んでください。
税別10万円以上で7%オフクーポン

OMEN X 2S 15

OMEN X 2S 15

税込30万6900円

※2019年12月11日時点。7%オフクーポン適用時

ゲーミングノートPCのおすすめ機種と選び方を徹底解説! 安い&高コスパな機種はコレ【2020年】
安い&高性能&高コスパなゲーミングノートPCのおすすめ機種をGPU (グラボ)別にまとめました。さらにゲーミングノートPCの選び方についても詳しく説明しています。おすすめ機種の実機レビューもアリ。フォトナやPUBG、モンハンなどをプレーしたい方は要チェック

ベンチマーク結果

試用機のスペック

モデル名 エクストリームプラスモデル
CPU Core i9-9880H
メモリー 32GB
ストレージ 512GB SSD + Optaneメモリー
グラフィックス GeForce RTX 2080 With Max-Qデザイン(8GB)

ゲーム系ベンチマーク結果

HP OMEN X 2S 15 ベンチマーク

まずはHP OMEN X 2S 15でゲームをどれくらい快適に楽しめるのか、という点について解説します。

結論から言うと、高いパフォーマンスが要求される激重ゲームでもフルHDの最高画質で快適に楽しめる性能です。バトロワ / 競技系のFPSやTPSは高画質で144Hzのなめらかな動きを堪能できます。ゲーム配信に利用するのもいいでしょう。

※テストはすべてフルHD、G-SYNC有効で実施

FF15ベンチ (重量級 / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 7564 / 快適
標準品質 10286 / とても快適
軽量品質 13422 / 非常に快適

※スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (中量級 / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 評価 / 平均FPS
最高品質 16347 / 非常に快適  / 118.6 FPS
高品質 18280 / 非常に快適 / 145.7 FPS
標準品質 20233 / 非常に快適 / 175.4 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽量級 / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 22551 / すごく快適
標準品質 22577 / すごく快適
低品質 23449 / すごく快適

PSO2ベンチ (軽量級 / DX9)

PSO2ベンチ
簡易描画設定 スコア
6 (最高) 57,497
3 95,367
1 (最低) 212,828

※スコア5,000以上が快適に遊べる目安

リーグ・オブ・レジェンド (超軽量級 / DX9)

リーグ・オブ・レジェンド
モード 平均FPS / 最低FPS
サモナーズリフト (最高画質) 251 FPS / 204 FPS
TFT (最高画質) 111.6 FPS / 95 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

フォートナイト (中量級 / DX11)

フォートナイト
画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 136 FPS / 102 FPS
170.3 FPS / 139 FPS
343.9 FPS / 179 FPS
417.9 FPS / 311 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

PUBG (中量級 / DX11)

PUBG
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 110.7 FPS / 86 FPS
104.5 FPS / 89 FPS
94.3 FPS / 83 FPS
92.8 FPS / 77 FPS
非常に低い 95.2 FPS / 84 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

オーバーウォッチ (軽量級 / DX10)

オーバーウォッチ
画質 平均FPS / 最低FPS
エピック 115.9 FPS / 101 FPS
ウルトラ 160.2 FPS / 142 FPS
189.3 FPS / 165 FPS
NORMAL 229.5 FPS / 201 FPS
291.4 FPS / 260 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

エーペックスレジェンズ (中量級 / DX11)

Apex Legends
画質 平均FPS / 最低FPS
最高設定 142.9 FPS / 134 FPS
最低設定 143.8 FPS / 142 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安。FPS上限はデフォルトのまま

アサシンクリード オデッセイ (超重量級 / DX11)

アサシンクリード オデッセイ
画質 平均FPS / 最低FPS
最高 64 FPS / 33 FPS
101 FPS / 44 FPS
110 FPS / 51 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ゴーストリコン ブレイクポイント (中重量級 / DX11)

ゴーストリコン ワイルドランズ
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 87 FPS / 58 FPS
127 FPS / 61 FPS
131 FPS / 60 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ファークライ ニュードーン (中重量級 / DX11)

ファークライ ニュードーン
画質 平均FPS / 最低FPS
ウルトラ 93 FPS / 66 FPS
105 FPS / 83 FPS
113 FPS / 90 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ディヴィジョン2 (中重量級 / DX12)

ディヴィジョン2
画質 平均FPS
ウルトラ 85 FPS
149 FPS
171 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー (重量級 / DX12)

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー
画質 平均FPS
最高 100 FPS
115 FPS
最低 128 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

CPU性能

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Core i9-9980HK
3558
Core i9-9880H
3402
OMEN X 2S 15 (Core i9-9880H)
3335
Core i7-9750H
2721
Core i7-8750H
2625
Core i5-9300H
1947
Core i7-1065G7
1630
Core i7-8565U
1441

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均 ※2は一般用途向けノートPC用

HP OMEN X 2S 15で使われているCore i9-9880Hは、8コア16スレッドの非常に高性能なCPUです。ゲームや動画配信などに影響するマルチコア性能では、現在のゲーミングノートPCで主流のCore i7-9750Hを大きく上回ります。試用機ではベンチマークテストで平均値をわずかに下回りましたが、文句なしのパフォーマンスと言っていいでしょう。

ちなみにHP OMEN X 2S 15ではCPUとヒートシンクのあいだに、Thermal Grizzly社の液体金属グリスが使われています。液体金属グリスは一般的なグリスよりも熱伝導率が10倍も高く、そのぶんCPUを効果的に冷却できるとのこと。公式情報ではApex LegendsのFPSが28%向上したとされています。

筆者がとあるイベントの会場で見かけた他社メーカ-のデモでは、液体金属グリスのほうが通常グリスよりも高い効果を発揮していました。2~3割程度の温度低下は、わりと無視できない差だと思います。

液体金属グリスの効果

液体金属グリスを使ったときのCPU温度と、通常グリスを使ったときのCPU温度の違い

3Dグラフィックス性能

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 2080
23762
RTX 2080 Max-Q
20066
RTX 2070
19807
OMEN X 2S 15 (RTX 2080 Max-Q)
19782
RTX 2070 Max-Q
18568
RTX 2060
14945
GTX 1660 Ti
14337
GTX 1650
8770
GTX 1050
6008
MX250
3711
UHD 620 (Core i7)
1265
UHD 630 (Core i7)
1176

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

3D性能を計測するベンチマークテストでは、試用機と同じRTX 2080 with Max-Qデザイン搭載モデルの平均値をわずかに下回りました。HP OMEN X 2S 15は本体がかなり薄いので、内部の熱が上がりすぎないようパフォーマンスを若干調整しているのかもしれません。とは言えその差は2.5%程度ですから、ゲームの快適さにはあまり影響ないレベル。ゲーミングノートPCとしては、非常に高性能です。

ストレージ性能

HP OMEN X 2S 15 ストレージ

ストレージ構成は1TB SSDまたは512GB SSD + Optaneメモリーの2種類です。Optaneメモリーを搭載することで高速なSSDのアクセスをさらに高速化できるのですが、試用機ではベンチマーク結果があまり伸びませんでした。もしかすると設定ミスや、試用機固有の問題がなにかあったのかもしれません。

HP OMEN X 2S 15 Optaneメモリー

SSDのアクセスを高速化するOptaneメモリーを搭載

デザインと使いやすさ

本体の外観

HP OMEN X 2S 15 外観

本体カラーはシャドウブラック。先進的でスタイリッシュなデザインです。ボディにはアルミ素材が使われており、高級感と頑丈さを兼ね備えています。キーボードのRGBバックライトや天板のLEDイルミネーションも印象的。

HP OMEN X 2S 15 天板

ボディには質感と剛性 (ねじれに対する強さ)に優れるアルミ素材が使われています

HP OMEN X 2S 15 天板

電源を入れると天板のエンブレムが点灯

HP OMEN X 2S 15 パームレスト

パームレスト (キーボード面)

HP OMEN X 2S 15 ベゼル

ディスプレイのベゼル (枠)幅は左右8.3mm、上部20.5mm。左右は細いのですが、上部は太めです

本体サイズ

HP OMEN X 2S 15 サイズ

大きさは幅361×奥行き262mmで、B4サイズ (幅364×奥行き257mm)とほぼ同程度。15インチのゲーミングノートPCとしては、標準的な大きさです。厚さは公称値で26.5mm、実測では23.4mmでした。底面部のゴム足を含めると26.3mmです。ゲーミングノートPCとしては標準的な厚さですが、超高性能なCore i9とRTX 2080 Max-Qがこれだけの薄さに入るのかという点では驚きを感じます。

HP OMEN X 2S 15 厚さ

Core i9搭載の超高性能タイプと考えれば薄く感じます

HP OMEN X 2S 15 底面

底面部には大きな通気孔

画面サイズ

HP OMEN X 2S 15 画面サイズ

プライマリーディスプレイの大きさは15.6インチで、解像度は1920×1080ドット。ゲーミングノートPCとしては標準的なスペックです。表面は光沢なしのノングレアで、ゲーム中の映り込みは気になりません。

もう片方のセカンドディスプレイは、5.98インチで解像度は1920×1080ドットです。ウィンドウズ上では、上下に並ぶ2枚のディスプレイとして認識されています。

HP OMEN X 2S 15 セカンドディスプレイ

5.98インチでフルHDのセカンドディスプレイ

HP OMEN X 2S 15 ディスプレイ構成

ウィンドウズ上では同じ解像度のデュアルディスプレイとして認識

リフレッシュレート

HP OMEN X 2S 15 リフレッシュレート

プライマリーディスプレイのリフレッシュレート (画面の書き換え速度)は最大144Hzです。一般的なノートPCや据え置き用ゲーム機の60Hzと比べると、画面の動きが非常になめらか。ゲーム側で100 FPS以上出ていれば、カクカク感のない快適なプレーを楽しめます。ちなみにセカンドディスプレイ側は60Hzです。

下の動画は、60Hzと144Hzの画面を5倍スローモーションで撮影したもの。普通の速度なら60Hzでも違和感はありませんが、実際には144Hzのほうがなめらかに動いていることがわかります。

映像品質

HP OMEN X 2S 15 映像品質

液晶ディスプレイには発色と視野角に優れるIPSパネルが使われています。写真や動画で実際に映像を確認したところ、自然な色合いで映し出されました。ゲームでも色に違和感はありません。ただ表面が光沢ありのグレアタイプなので、画面の角度によっては背景や照明が映り込むことがあります。

デュアルディスプレイの使い勝手

HP OMEN X 2S 15 デュアルディスプレイ

HP OMEN X 2S 15の最大の特徴は2枚のフルHDディスプレイを搭載している点なのですが、これが使いやすいかというと正直微妙な気がします。

手元でCPU温度やパフォーマンス設定を変更できるのは便利ですが、HPが提案する「お気に入りの音楽を聞きながらゲームを楽しむ」や「Discordのチャットを見ながら~」という使い方はしっくりきませんでした。そしてなによりセカンドディスプレイが真上を向いているので、ゲーム中には見づらいのです。

HP OMEN X 2S 15 セカンドディスプレイ

タッチ対応ディスプレイで手軽にパフォーマンス設定を行なえるのは便利

HP OMEN X 2S 15 Spotify

Spotifyで音楽を再生しているところ。ゲーム中にほかの音楽を聞くというのが、個人的にはしっくりきませんでした

またゲームプレー中にセカンドディスプレイでの操作を有効にするには、ゲームをウィンドウモード (ボーダレスウィンドウや仮想フルスクリーンなどでもOK)にしなければなりません。ゲームによっては、セカンドディスプレイをタッチしてフォーカスを移すと挙動がおかしくなる場合があります。

HP OMEN X 2S 15 Discord

セカンドディスプレイにDiscordの画面を表示した様子。5.98インチでは文字が小さいため読みづらく感じました

ただ、メイン画面の一部を拡大表示できる”リアルタイムスクリーンミラーリング”についてはゲームによっては便利に使えるかもしれません。マップやステータスを拡大表示するのもアリなのですが、個人的には超遠距離からのスナイピングには有利ではないかと思いました。

HP OMEN X 2S 15 リアルタイムスクリーンミラーリング

リアルタイムスクリーンミラーリングを利用すると遠くの敵が拡大表示されるので、超遠距離攻撃時に便利です

キーボード

HP OMEN X 2S 15 キーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列です。キーピッチ (キーとキーの間隔)は18.7mmで、標準的な19mmよりもわずかに狭め。しかし実際の利用時には違和感はありませんでした。ただゲームでは比較的よく使うCtrlキーが小さく、押しづらく感じます。

HP OMEN X 2S 15 テンキー

テンキーは非対応ですが、セカンドディスプレイの表示を切り替えることでテンキー代わりに使えます

キーボードバックライト

HP OMEN X 2S 15 バックライト

キーボードはRGBバックライト対応。キーごとに色を変更できるほか、発光パターンも変えられます。

HP OMEN X 2S 15 バックライト

よく使うキーの色を変更するのもアリ

キーのタイプ感とタイプ音

HP OMEN X 2S 15 タイプ感

キーストロークは1.5mmで、標準的なノートPCと同じ。タイプ感はやや軽めで入力時に軽いクリック感がありますが、ゲーミングとしてはやや物足りなさを感じます。タイプ音は軽めのタッチでもカタカタと音が聞こえますが、うるさくはありません。ただし強めに叩くとパチパチと響くので、軽めのタッチ推奨です。

タッチパッド

HP OMEN X 2S 15 タッチパッド

個人的に気になったのはタッチパッドの位置です。キーボード右側だと右利きの人が右手で操作するには問題ないのですが、左手で操作するにはかなりツライ気がします。ただ実際にはマウス操作が中心になるので、あまり問題ではないかもしれません。

HP OMEN X 2S 15 タッチパッド

ちょっと無理やりですが、タッチパッドを左手で操作しようとするとこんな感じ

キーの同時押し

HP OMEN X 2S 15 キーの同時押し

キーの同時押し認識数は、最大54キーまで確認できました。すべてのキーを同時に押したわけではありませんが、Nキーロールオーバーと考えていいでしょう。ゲーマー向けに配慮されたキーボードです。

価格について

HP OMEN X 2S 15には、2種類のモデルが用意されています。ストレージ構成が異なるだけで、CPUやGPU、メモリー容量などは同じです。

ラインナップ

エクストリームモデル
Core i9 1TB SSD  30万6900円
エクストリームプラスモデル
Core i9  512GB SSD 30万6900円

※価格は税込、7%オフクーポン適用時

価格はけっこう高めですが、RTX 2080搭載機種はCore i7でも30万円前後であることが多く、その点を考慮すればコスパは悪くありません。

ゲーミングノートPCのおすすめ機種と選び方を徹底解説! 安い&高コスパな機種はコレ【2020年】
安い&高性能&高コスパなゲーミングノートPCのおすすめ機種をGPU (グラボ)別にまとめました。さらにゲーミングノートPCの選び方についても詳しく説明しています。おすすめ機種の実機レビューもアリ。フォトナやPUBG、モンハンなどをプレーしたい方は要チェック

先進デザインのハイエンドゲーミングノートPC

HP OMEN X 2S 15 感想

HP OMEN X 2S 15の最大の特徴は、2画面を搭載した先進的なゲーミングノートPCであるという点です。使いやすいかどうかは別として、最新鋭という点に魅力を感じるなら選ぶ価値はあるでしょう。超ハイエンドモデルとしては薄く、スタイリッシュなデザインで選ぶのもアリです。

OMEN X 2S 15

OMEN X 2S 15

税込30万6900円

※2019年12月11日時点。7%オフクーポン適用時

パフォーマンス面を重視したいなら、OMEN by HP 17のほうがコスパは上です。本体は大きくてゴツいのですが、Max-QではないRTX 2080が使われておりより高いパフォーマンスを期待できます。

OMEN by HP 17-cb0000 (OMEN 17 2019年モデル) レビュー:Core i9+RTX2080で最安クラスの超ハイエンドゲーミングノートPC
日本HPのOMEN by HP 17-cb0000 (以下、"OMEN 17")は、超高性能なハイエンドゲーミングノートPCです……

特別クーポンでさらに値引き!

一般公開されていない7%オフのクーポンを使えば、セール商品をさらにお得に購入できます。クーポン入手後はこのページに戻り、購入したいモデルを選んでください。
税別10万円以上で7%オフクーポン

ゲーミングノートPCのおすすめ機種と選び方を徹底解説! 安い&高コスパな機種はコレ【2020年】
安い&高性能&高コスパなゲーミングノートPCのおすすめ機種をGPU (グラボ)別にまとめました。さらにゲーミングノートPCの選び方についても詳しく説明しています。おすすめ機種の実機レビューもアリ。フォトナやPUBG、モンハンなどをプレーしたい方は要チェック

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました