アフィリエイト広告

OMEN 16(インテル)レビュー:丁寧な仕上がりのミドルレンジゲーミングノートPC

OMEN 16(インテル)レビュー

HPの『OMEN 16(インテル)』(以下、”OMEN 16″)は、ミドルレンジ(中級向け)クラスのゲーミングノートPCです。CPUはインテル第12世代で、GPUはGeForce RTX 3060 / 3070 Ti Max-Q。144Hz~165Hzの高リフレッシュレートで、人気ゲームをなめらかな動きで楽しめます。

 

OMEN 16 

16.1インチフルHDディスプレイ搭載の『OMEN 16』

 

記事執筆時点の値段は、Core i7 / RTX 3060の構成で15万8000円から。ミドルレンジ機として特別安いわけではありません。しかし26キーロールオーバーや高い冷却性能、4ゾーンのRGBキーボードなど、ゲーマー向けの機能が盛り込まれている点が特徴で、安い下位ブランドの機種よりも高品質な仕上がりです。

 

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

OMEN 16(インテル

OMEN 16(インテル)

スペック

OS Windows 11 Home
ディスプレイ 16.1インチ 1920×1080 IPS 非光沢 タッチ非対応 250nit 144Hz
CPU Ryzen 5 6600H / Ryzen 7 6800H
メモリー 16GB(8GB×2) ※DDR5-4800、最大32GB、スロット×2
ストレージ 512GB PCIe Gen4 x4 NVMe SSD
グラフィックス RTX 3050(4GB) / RTX 3050 Ti(4GB)
通信 Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.2、有線LAN(1Gbps)
インターフェース USB Type-C(映像出力対応)×1、USB Type-A×3、HDMI2.1、有線LAN、SDカードスロット、ヘッドセット端子
生体認証 なし
サイズ / 重量 幅370×奥行き260×高さ23.5mm / 約2.48kg
バッテリー 約8~9時間

本体デザイン

OMEN 16の見た目は、一般用途向けのスタンダードノートPCと変わりません。RGBイルミネーションでハデに光ることはなく、筐体にも奇をてらったようなデザインは見られませんでした。一見するとやや大きめの、よくある普通のノートPCのように見えます。

 

OMEN 16 外観

OMEN 16の外観。本体カラーはシャドウブラック

 

OMEN 16 デザイン

最近のノートPCとしてはやや厚くてゴツいのですが、ゲーミングノートPCとしては細身でしスタイリッシュです

 

OMEN 16 天板

天板は(おそらく)樹脂製ですが、フレーム部分は金属製で強度はしっかり確保されています。表面はツヤ消しでサラサラした手触り。指紋の跡が少し残りました

 

OMEN 16 ディスプレイ

ディスプレイを開いた状態

 

OMEN 16 ベゼル

下部のベゼルがかなり太め。ヒンジを小型化しているため、強度を確保するためにある程度太く作られているのでしょう

 

OMEN 16 カメラ

カメラは1280×720ドットの写真撮影と720p 30fpsの動画撮影に対応。ノートPCとしては一般的です

 

OMEN 16 キーボード面

キーボード面はブラック。天板とは異なり、質感と剛性に優れるアルミ素材が使われています

 

OMEN 16 インターフェース

インターフェースは十分な構成。Type-Aはひとつくらい背面にあったほうが、ケーブル類がゴチャつかずにすんだのではないかと思います

 

OMEN 16 USB

側面のUSB端子と通気口が似ているので、間違って挿さないように注意。挿したところで特に問題はありませんが

 

OMEN 16 電源アダプター

電源アダプターは280Wの丸口タイプ。以前のモデルよりも小型化されているとのことですが、それでも重量は806gでそれなりに大きめです

 

OMEN 16 スピーカー

スピーカーは底面部の左右に配置されています。音の解像感は高めではあるものの、厚みは感じられません。ただ低~中音域がやや強めなのは、ゲーム向けチューニングによるものでしょう。とは言え、ゲームのプレーにはヘッドセットの着用をおすすめします

 

OMEN 16 排気口

排気口は左右側面と背面

 

OMEN 16 排気口

キーボード上部のこの部分も排気口のひとつだと思われます

 

OMEN 16 底面

底面部には吸気口

サイズと重量

本体はやや厚みがあるものの、16.1インチタイプのゲーミングノートPCとしては比較的コンパクトにまとまっています。

 

OMEN 16 サイズ

幅は369mmで、奥行きは248mm

 

OMEN 16 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。大きさの目安としては、B4サイズとA3サイズの中間あたりです。16.1インチタイプとしては、比較的コンパクト

 

OMEN 16 高さ

高さは実測で23.4mm(突起部を除く)

 

OMEN 16 厚さ

底面部のゴム足(突起部)を含めた高さは30.1mm。ゴム足が高いので、設置時には厚みを感じます

 

OMEN 16 重さ

重さは実測で2.409kg。16.1インチはノートPCとしてはけっこう大きめのため、重量もそれなりにあります

 

ディスプレイについて

ディスプレイは、ちょっと大きめの16.1インチです。画面が大きいぶん映像の迫力が増すほか、小さなターゲットが多少認識しやすくなるメリットがあります。パネルはモデルによって異なりますが、基本的にはどちらも初中級者に向いています。

 

OMEN 16 画面サイズ

画面サイズは16.1インチ。解像度は1920×1080ドットのフルHDか、2560×1440ドットのWQHD(写真はフルHD)

 

OMEN 16 リフレッシュレート

リフレッシュレートは下位 / 中位モデルで144Hz、上位モデルで165Hz。ゲーミングノートPCとしては一般的です。240Hz以上でプレーしたい場合は、別途外付けディスプレイを利用してください

 

OMEN 16 応答速度

応答速度は下位 / 中位モデルで7ms、上位モデルで3ms。今回試用したのは下位モデルですが、カジュアルゲーマーの筆者には残像っぽさは感じられませんでした。気になる人は、上位モデルを選んでください

 

OMEN 16 残像

144Hzモデルを、シャッタースピード1/1600で撮影したディスプレイの映像。3フレーム目がギリギリ見えるか見えないかあたりです。165Hzだと、2フレーム目まであたり。ゲーミングノートPCとしては標準的な品質でしょう

 

OMEN 16 色域

色域はsRGBカバー率100%。スマホやタブレットほど鮮やかではありませんが、ノートPCとしては高品質な部類です

 

OMEN 16 明るさ

輝度は公称値で300nit。比較的明るく、暗いシーンや影に隠れた部分でも普通に視認できるでしょう

 

キーボードについて

キーボードはゲーマー向けに配慮された作りです。テンキーがないぶん配列に余裕があり、タイプ感も比較的しっかりしています。キーボードは意外に見落としがちなので、ゲーミングノートPCを選ぶ際は注意してください。OMEN 16であれば最高品質ではないものの、不満はありません。

 

OMEN 16 キーボード

キーボードはテンキーなしの日本語配列

 

OMEN 16 配列

Enterキーがやや小さいもの、違和感のない標準的な配列です。キーピッチは18.7mmとやや狭いのですが、普通に利用できるでしょう

 

OMEN 16 バックライト

バックライトは4 Zone RGB

 

OMEN 16 タイプ感

キーボードは26キーロールオーバーでアンチゴースト対応。個々のキーがしっかりと認識される、ゲーマー向けの仕様です。キーストロークは1.5mmでゲーミングとしてはやや浅いものの、タイプ感はしっかりと感じられました。タイプ音も控えめです

 

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i5-12500H(12コア/16スレッド、45W)
メモリー 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
グラフィックス RTX 3060(6GB)
最大グラフィックスパワー 140W

※ベンチマークテストはWindows 10の電源プランを「バランス」、電源モードを「最適なパフォーマンス」に設定した上で、標準収録ユーティリティー「OMEN Gaming Hub」の「パフォーマンスコントロール」で「電源モード」を「パフォーマンス」に、「ファン速度」を「最大」に設定。さらに電源アダプターを接続した状態で実施しています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、インテル第12世代のCore i5-12500Hが使われています。CPU性能を計測ベンチマークテストでは、非常に優秀な結果が出ました。これまでゲーミングノートPC用のCore i5シリーズは性能的にたいしたことはありませんでしたが、これならゲームでも十分であり、かつゲーム以外の用途でも満足できるでしょう。

 

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R23 CPUスコア
Core i9-12900HX
21119
Core i7-12700H
16039
OMEN 16(Core i5-12500H)
14202
Ryzen 7 6800H
13673
Ryzen 9 5900HX
12654
Ryzen 7 5800H
11346
Core i7-11800H
11123
Ryzen 5 6600H
10237
Ryzen 5 5600H
8901
Core i5-11400H
7529

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

 

CPUの性能差 (シングルコア性能)

CPU CINEBENCH R23 CPUスコア
Core i9-12900HX
1906
Core i7-12700H
1804
OMEN 16(Core i5-12500H)
1715
Ryzen 7 6800H
1532
Ryzen 5 6600H
1477
Core i5-11400H
1461
Ryzen 9 5900HX
1459
Ryzen 7 5800H
1375

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としてはミドルレンジ向けのRTX 3060(6GB)またはRTX 3070 Ti Max-Q(8GB)が使われています。すでに最新のRTX 40シリーズが登場しているためRTX 30シリーズは旧世代となってしまいましたが、それでもまだまだ現役で通用するレベルです。RTX 3060であればフルHD、RTX 3070 Ti Max-QであればWQHDでゲームを楽しめるでしょう。

 

ノートPC向けGPUの性能(DirectX 12,WQHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphics
RTX 4090
21611
RTX 4080
18884
RTX 3080 Ti
13004
RTX 4070
12148
RTX 3080
12032
RTX 3070 Ti
11398
RTX 3070
10497
RTX 4060
10495
OMEN 16(RTX3060)
9079
RTX 4050
8404
RTX 3060
8352
RTX 3050 Ti
5342
RTX 3050
4852
GTX 1650
3445

※スコアはUL Solutionsによる平均値

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能やストレージ性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能とメモリー性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではCPUとストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

 

ベンチマークテストの結果は非常に優秀です。ゲームだけでなく、さまざまなシーンで従来機よりも快適に活用できるでしょう。

 

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
OMEN169948
Pavilion10901
Victus169769
Legion10659
OMEN16 AMD9484
Titan10581
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
OMEN1610957
Pavilion7429
Victus169077
Legion10494
OMEN16 AMD9063
Titan10293
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
OMEN1611311
Pavilion6936
Victus167843
Legion11614
OMEN16 AMD9275
Titan12548

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック

HP Pavilion 14 Plus Core i7-12700H / 16GB / Iris Xe
Victus 16 Ryzen 5 6600H / 16GB / RTX 3050
Legion Slim 770i Core i7-12700H / 16GB / RTX 3060
OMEN 16 Ryzen 7 5800H / 16GB / RTX 3070
Titan GT77 12U Core i9-12900HX / 64GB / RTX 3080 Ti

ゲーム性能

Core i5-12500H + RTX 3060モデルでゲーム系ベンチマークを試したところ、重いゲームでも普通に楽しめそうな結果が出ました。FPSやTPSでは、中量級タイトルでは画質を調整すれば高フレームレートは可能。競技系タイトルなら外付けディスプレイを使えば400~500fpsぐらいは出るかもしれません。RTX 3070 Ti Max-Qモデルなら、ゲームをより快適&高フレームレートで楽しめます。

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ファークライ6(そこそこ重い / DX12)

ファークライ6

画質 平均FPS / 最小FPS
レイトレ最高画質 79 / 72
最高画質 97 / 77
最低画質 133 / 115

アサシン クリード ヴァルハラ (激重)

アサシン クリード ヴァルハラ

画質 平均FPS / 低位1%
最高画質 67 / 47
最低画質 142 / 111

エーペックスレジェンズ 射撃訓練場(中量級)

エーペックスレジェンズ

画質 平均FPS / 低位1%
最高画質 94 / 73.2
最低画質 247.9 / 150.5

※解像度はフルHD。実際のプレーではこの結果よりもFPSが低下します

レインボーシックス シージ(軽い) ※Vulkan

レインボーシックス シージ

画質 平均FPS / 最低FPS
最高画質 350 / 276
最低画質 419 / 349

※ゲーム内ベンチマークの結果

CS:GO FPS Benchmark(軽い)

CS:GO

画質 平均FPS
最高画質 417.7
最低画質 576

※ワークショップ内のマップ「FPS Benchmark」を使用

Forza Horizon 5(重い)

Forza Horizon 5

画質 平均FPS / 最小FPS
最高設定(レイトレあり) 45.2 / 20.7
最低設定(レイトレなし) 215.8 / 183.3

※DLSS設定は”オート”

安心感のある上位ブランド

OMEN 16

今回は下位のCore i5-12500H / RTX 3060搭載モデルを試したのですが、Core i5だからCPU性能が低いと思いきや、ベンチマークスコアはRyzen 7 6800Hと同等レベルで性能的には十分でした。GPUも最大パワーが高く設定されていることもあり、かなり優秀な結果です。Core i7-12700H搭載の中上位モデルなら、さらに高いパフォーマンスを期待できるでしょう。

 

またHPの上位ゲーミングブランドだけあって、ゲーマー向けの配慮が行き届いた仕上がりです。26キーロールオーバーでアンチゴースト対応のキーボードやインターフェース配置、排熱機能など、安いゲーミングノートPCよりもそこかしこが高品質。安心して利用できます。

 

OMEN 16 キーボード面

特に下位ブランドとはキーボードの機能が大きく異なります

 

ただ検証結果としては掲載していないのですが(計測を忘れたため)、最大パフォーマンス設定では駆動音が非常に大きく聞こえます。ヘッドホンを着用すればあまり気になりませんが、場合によっては周囲への配慮が必要かもしれません。設定ユーティリティでファンの動きを自動にすると駆動音がだいぶ静かになるもののが、そのぶんベンチマークスコアが数パーセント程度低下するので注意してください。と言っても、誤差程度でしかありませんが。

 

OMEN 16

標準収録ユーティリティー『OMEN Gaming Hub』。「パフォーマンスコントロール」の「温度コントロール」を「最大」にすればパフォーマンスも最大化されますが、ファンの音が非常に大きく聞こえます。性能はわずかに低下しますが「自動」に設定しておきましょう

 

記事執筆時の価格は、中位のCore i7-12700H / RTX 3060モデルで15万8000円、上位のCore i7-12700H / RTX 3070 Ti Max-Qモデルで19万9000円。相場価格からはやや安い程度で販売されています。すでに第13世代 / RTX 40シリーズ搭載の新モデルが発表されていますが、コスパを考えるなら旧モデルでも十分アリでしょう。

 

ただし新モデルは240Hzのリフレッシュレートに対応するなど、性能面だけでなく機能面も強化されています。予算に余裕があるなら新モデルを狙ってもいいかもしれません。

OMEN 16(インテル

OMEN 16(インテル)

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ゲーミングノートPC関連記事一覧

タイトルとURLをコピーしました