HP OMEN 17-ck0000レビュー:RTX 3070/3080搭載17.3インチゲーミングノートPC

HP OMEN 17-ck0000レビュー

HPの「OMEN 17-ck0000」(以下、”OMEN 17″)は、第11世代CoreプロセッサとGeForce RTX 30 Laptopシリーズを搭載するゲーミングノートPCです。グレード的にはアッパーミドル(中上級)からハイエンド(上級)向け。高いゲーミング性能と、ゲーマー向けに配慮された機能を備えています。

OMEN 17-ck0000

OMEN 17-ck0000

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

スペック

OS Windows 11 Pro
ディスプレイ 17.3インチ 非光沢 タッチ非対応
パネル 2560×1440 165Hz G-Sync対応/非対応
CPU Core i7-11800H / Core i9-11900H
メモリー 16 / 32GB DDR4-3200
ストレージ 1TB SSD
グラフィックス RTX 3070(8GB)/RTX 3080(16GB)
通信 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.0、有線LAN(1.0Gbps)
インターフェース USB4/Thunderbolt 4×1、USB(フルサイズ)×3、HDMI2.1、Mini DisplayPort、有線LAN、SDカードスロット、マイク入力/ヘッドフォン出力
生体認証 なし
サイズ / 重量 幅397.1×奥行き262×高さ29.5mm / 約2.78kg
バッテリー 最大5時間

本体デザイン

OMEN 17 外観

OMEN 17の外観

OMEN 17 本体カラー

本体カラーはシャドウブラック。天板は樹脂(プラスチック)製ですが、安っぽさは感じられません

OMEN 17 天板

天板にはブルーに輝くホログラムシート

OMEN 17 見た目

17.3インチタイプのため大きくて厚いのですが、見た目はスタイリッシュです

OMEN 17 キーボード

キーボード面

OMEN 17 バックライト

Per Key RGBバックライト。光の色をキー個別に設定できます

OMEN 17 パームレスト

パームレストはアルミ製

OMEN 17 ベゼル

上部と左右のベゼルは細め。下部はかなり太く作られています

OMEN 17 インターフェース

インターフェースは十分な構成。ただし左側に集中しているため、設置時はケーブルでゴチャつくかもしれません

OMEN 17 電源アダプター

330Wの電源アダプターはかなり巨大。重さは1.25kg

OMEN 17 スピーカー

スピーカーは底面左右に配置

OMEN 17 排気口

排気口は右側面と背面

OMEN 17 底面

底面部

サイズと重量

OMEN 17 サイズ

本体サイズは幅397.1×奥行き262mm

OMEN 17 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。B4サイズとA3サイズの中間くらいの大きさで、ノートPCとしてはかなり巨大です

OMEN 17 厚さ

厚さは実測で27.5mm、底面部のゴム足を含めた設置時の高さは33.4mm

OMEN 17 背面

本体背面。設置時はけっこうな厚みを感じます

OMEN 17 重さ

重さは実測で2.906kg。電源アダプターとの合計は約4.1kg。かなりの重量です

ディスプレイについて

OMEN 17 ディスプレイ

画面サイズは17.3インチで、解像度は2560×1440ドットのWQHD

OMEN 17 リフレッシュレート

リフレッシュレートは165Hz。画面の動きは非常になめらかです

OMEN 17 リフレッシュレート

60Hz(上)と165Hz(下)の動きの違い。165Hzのほうが同じ時間内に描かれるコマ数が多く、動きも細かいことがわかります ※シャッタースピードは1/200

OMEN 17 リフレッシュレート

遅延を抑えた細かな描画は、ターゲットを正確に捉えるのに有利

OMEN 17 映像品質

公称値では色域はsRGB 100%。試用機ではわずかに寒色系でしたが、sRGB 100%っぽい自然な色合いです

OMEN 17 明るさ

明るさは公称値で300nit。ゲーミングノートPCとしては標準的なスペックです

キーボードについて

OMEN 17 キーボード

キーボードは英字配列。日本語配列とはEnterキー周辺や記号キーの位置が異なるので注意してください

OMEN 17 配列

ゲームでは使わないテンキーには非対応

OMEN 17 バックライト

バックライトの色や発光パターンは標準収録ユーティリティーで変更可能。画像を元に、色を割り当てることもできます

OMEN 17 タイプ感

キーピッチは18.7mmで、キーストロークは約1.3mm。ストロークはやや浅めですが、メカニカルスイッチによる「カツッ」としたクリック感があります

OMEN 17 タイプ音

メカニカルスイッチとしてはタイプ音は控えめ。ただし軽い力で打っても、「カツカツ」とした音は聞こえます。とはいえ部屋の外にまで聞こえるほどではありません

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Core i7-11800H
メモリー 16GB
ストレージ 1TB NVMe SSD
グラフィックス RTX 3070 (8GB)
最大グラフィックスパワー 140W

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、インテル第11世代のCore i7-11800HまたはCore i9-11900H が使われています。試用機で使われているCore i7-11800Hは本来非常に優秀なCPUですが、ベンチマークテストでは同じCPUの平均値を19%下回る結果が出ました。おそらく熱対策として、CPUのパフォーマンスをあえて抑えているのだと思われます。ゲーミングノートPC向けとしてはワンランク下の結果ですが、ノートPC全体で見れば非常に高性能です。

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Core i7-12700H
6511
Ryzen 9 5900HX
5025
Core i7-11800H
4736
Ryzen 7 5800H
4681
OMEN 17(Core i7-11800H)
3863
Ryzen 7 5800U
3829
Ryzen 7 5700U
3512
Core i5-11400H
2992
Ryzen 5 5500U
2817
Core i7-1185G7
2301
Core i7-11370H
2285
Core i5-1135G7
2063
Ryzen 3 5300U
2010
Core i7-1165G7
1963
Core i3-1115G4
1314
Ryzen 3 3250U
818
Athlon Silver 3050U
624
Celeron N4500
426
Celeron 6305
416

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としてはミドルハイ(アッパーミドル)向けのRTX 3070または、ハイエンド向けのRTX 3080が使われています。

RTX 3070搭載の試用機で3Dベンチマークテストを行なったところ、同じGPUの平均値上回る優秀な結果が出ました。CPUはあえて性能を落としているような結果でしたが、GPUについては十分性能を引き出せているようです。ゲームではGPU性能のほうが重要なので、このチューニングはアリでしょう。

GPUの性能 (DirectX 12、WQHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
RTX 3080
11612
OMEN 17(RTX 3070)
10155
RTX 3070
9707
RTX 2080
9599
RTX 3060
8297
RTX 2070
7660
RTX 2060
5860
GTX 1660 Ti
5626
RTX 3050 Ti
5207
RTX 3050
4426
GTX 1650 Ti
3686
GTX 1650
3178
Surface Pro 8(Iris Xe)
1658
Iris Xe (Core i7)
1250
Radeon (Ryzen 7)
1000

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUの性能 (DirectX 11、フルHD)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 3080
28274
OMEN 17(RTX 3070)
26371
RTX 3070
25161
RTX 2080
25078
RTX 3060
21476
RTX 2070
20037
RTX 2060
15685
GTX 1660 Ti
14451
RTX 3050 Ti
13528
RTX 3050
11051
GTX 1650 Ti
10123
GTX 1650
8758
Surface Pro 8(Iris Xe)
5527
Iris Xe (Core i7)
4486
Radeon (Ryzen 7)
3384

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

レイトレーシング性能もなかなか優秀です。ハイエンドGPUほどではありませんが、タイトルによっては美しい映像を堪能できるでしょう。

GPUの性能 (レイトレーシング)

GPU 3DMark Port Royal Graphicsスコア
RTX 3080
7148
OMEN 17(RTX 3070)
6199
RTX 3070
5957
RTX 2080
5675
RTX 3060
4909
RTX 2070
4498
RTX 2060
3330
GTX 1660 Ti
1487
RTX 3050 Ti
585
RTX 3050
537

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能やストレージ性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能とメモリー性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではCPUとストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

Core i7-11800H & RTX 3070搭載の試用機では、非常に優秀なスコアでした。CPUベンチマークの結果はあまりふるわなかったものの、実利用を想定したテストでは十分過ぎるほどです。ゲームはもちろん、動画編集や高度なデータ処理などの重い処理でも活躍するでしょう。

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
OMEN1710103
Pro 89477
Studio8362
Inspiron9667
R5-CA9418
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
OMEN179032
Pro 86534
Studio8253
Inspiron8530
R5-CA7927
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
OMEN1710398
Pro 85363
Studio6187
Inspiron8109
R5-CA8486

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック

Surface Pro 8 Core i7-1185G7 / 16GB / Iris Xe
Surface Studio Core i7-11370H / 16GB / RTX 3050 Ti
Inspiron 16 Plus Core i7-11800 / 16GB / RTX 3050
raytrek R5-CA Core i7-10875H / 16GB / RTX 3060

ゲーム性能

RTX 3070搭載モデルでゲーム系ベンチマークを試したところ、フルHD(1920×1080)ではレイトレーシングを用いた最高画質でも快適に楽しめそうです。WQHD(2560×1440)では、タイトルによってはレイトレーシングを無効化する必要があるかもしれません。人気のバトロワ系タイトルについては、画質を調整することで165 FPSあたりで楽しめると思います。

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ

画質 スコア / 評価
高品質 8794 / 快適
標準品質 11894 / とても快適
軽量品質 12786 / 非常に快適

※1920×1080ドットの結果。スコアが6000以上で「快適」

GPU FF15ベンチのスコア目安(高画質)
RTX 3080
12484
RTX 2080
9427
RTX 3070
8306
RTX 3060
7792
RTX 2070
7530
RTX 2060
5584
GTX 1660 Ti
5605
RTX 3050 Ti
4855
RTX 3050
4122
GTX 1650 Ti
3801.5
GTX 1650
3472.5
Iris Xe (Core i7)
1347
Radeon (Ryzen 7)
1027

※スコアは当サイト計測値の平均

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ

画質 スコア / 平均FPS
最高品質 19305 / 140.5 FPS
高品質 21478 / 159.1 FPS
標準品質 23374 / 173.9 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GPU FF14ベンチのFPS目安(最高画質)
RTX 3080
134
RTX 2080
130.8
RTX 3070
131.25
RTX 3060
119.2
RTX 2070
109.1
RTX 2060
90.3
GTX 1660 Ti
95.15
RTX 3050 Ti
92.5
RTX 3050
76.3
GTX 1650 Ti
69.65
GTX 1650
63.05
Iris Xe (Core i7)
17.2
Radeon (Ryzen 7)
17.9

※スコアは当サイト計測値の平均

ファークライ6(ちょっと重い / DX12)

ファークライ6

 フルHD / レイトレ無効

設定 平均FPS / 最小FPS
最高 104 FPS / 64 FPS
114 FPS / 68 FPS
120 FPS / 77 FPS
135 FPS / 82 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

フルHD /レイトレ有効

設定 平均FPS / 最小FPS
最高 89 FPS / 54 FPS
94 FPS / 60 FPS
97 FPS / 68 FPS
98 FPS / 79 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

 WQHD / レイトレ無効

設定 平均FPS / 最小FPS
最高 81 FPS / 62 FPS
90 FPS / 68 FPS
96 FPS / 69 FPS
107 FPS / 81 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

WQHD /レイトレ有効

設定 平均FPS / 最小FPS
最高 72 FPS / 54 FPS
77 FPS / 59 FPS
84 FPS / 63 FPS
86 FPS / 72 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

アサシン クリード ヴァルハラ (重い / DX12、DLLS非対応)

アサシン クリード ヴァルハラ

フルHD

画質 平均FPS / 最低FPS
最高 85 FPS / 27 FPS
高+ 91 FPS / 37 FPS
98 FPS / 33 FPS
113 FPS / 44 FPS
128 FPS / 40 FPS

※DLSS非対応、平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

WQHD

画質 平均FPS / 最低FPS
最高 66 FPS / 22 FPS
最高 72 FPS / 31 FPS
最高 75 FPS / 31 FPS
89 FPS / 40 FPS
104 FPS / 55 FPS

※DLSS非対応、平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

GPU FPS目安(高画質)
RTX 3080
74
RTX 3070
68
RTX 3060
63
RTX 3050 Ti
35
RTX 3050
21
GTX 1650 Ti
22

※スコアは当サイト計測値の平均

大きな画面のノートPCでゲームを楽しみたい人に

OMEN 17

まず17.3インチの大画面を搭載している点がポイントです。ゲーミングノートPCでは一般的な15.6インチよりも画面がひと回り大きいので、そのぶんターゲットを捉えやすく感じるでしょう。映像の迫力もアップするはずです。

ただしそのぶん、本体が大きい点が気になるかもしれません。外観は比較的スタイリッシュではあるものの、ノートPCとしてはかなり巨大です。

とは言え本体が大きいからこそ内部に熱がこもりにくく、優れたパフォーマンスを発揮できている面もあります。本体の大きさが気にならないなら、検討する価値はあるでしょう。値段は22万円台(2022年2月中旬時点)からとやや高めですが、高い満足感を得られる機種です。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ゲーミングノートPC関連記事一覧

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!