アフィリエイト広告

OMEN 24 165Hz FHD ゲーミングディスプレイレビュー:安心感のある大手メーカー製格安タイプ

OMEN 24 165Hz FHD ゲーミングディスプレイ

※検証機は筆者が購入しました

HPの『OMEN by HP 24 165Hz FHD ゲーミングディスプレイ』(以下、”OMEN 24″)は、23.8インチフルHD(1920×1080ドット)でリフレッシュレート165Hzのゲーミングディスプレイです。相場価格は1万円台後半と、大手メーカー製としては安い点が魅力。

 

OMEN 24

ゲーム機用のフルHD 120Hzディスプレイとしても利用できます

 

「OMEN」シリーズはHPの上位ゲーミングブランドですが、今回取り上げるOMEN 24は高級志向ではなく、格安タイプとしては極めてスタンダードな作りです。スペック的にも機能的にも、特別な部分は見られません。

 

しかし実際に使ってみたところエントリー向けには十分な性能で、比較的しっかり作られていると感じました。また大手メーカー製の安心感もあります。ゲーミングディスプレイのスペックよりも安さとブランド力を優先するなら、十分アリでしょう。

 

今回は筆者が購入した実機を使って、外観や映像品質、実際に使った感想などをレビューします。

 

OMEN 24 165Hz FHD ゲーミングディスプレイ

OMEN 24 165Hz FHD ゲーミングディスプレイ

アマゾンの販売ページへ

スペック

画面サイズ 23.8インチ
パネル IPS
解像度 1920×1080ドット (フルHD)
リフレッシュレート 最大165Hz(DP、HDMI)
応答速度 1ms(GtG、OD時)
色域 / 輝度 sRGB 99%、DCI-P3 90% / 300nit
映像入力 HDMI 2.0×2 / DisplayPort×1
HDR 非対応
VRR FreeSync Premium
スピーカー なし
チルト角度 前方5度~後方23度
ピボット / スイーベル 対応 / 非対応
高さ調節 ±100mm
VESAマウント VESA100
サイズ / 重量
※スタンド含む
幅539.4mm 奥行き198.3mm 高さ465.3mm / 約6.35kg
インターフェース ヘッドホン端子
付属品 電源ケーブル、VESAマウント拡張ブラケット、DPケーブル など

パッケージと設置

パッケージ

OMEN 24

OMEN 24のパッケージ

OMEN 24

パネル以外の同梱物

設置方法

OMEN 24

付属のスタンドを使う場合は、まずベースに固定。この際、ドライバー等の工具は不要です

OMEN 24

背面の取り付け部分

OMEN 24

付属のカバーを取り付け

OMEN 24

スタンドを差し込めばOK。設置は簡単です

ディスプレイアームの取り付け

OMEN 24

VESA対応のディスプレイアームやスタンドを使う場合は、ドライバーを使って背面のアタッチメントを取り外します

OMEN 24

VESAマウントをネジで固定します。一般的なVESAマウントとは異なり、斜め45度に傾いた状態で設置されているため、角度を調整できるディスプレイアームでしか利用できません

本体の外観

デザイン

OMEN 24

OMEN 24の前面。ボディカラーはブラックで、シンプルなデザインです

OMEN 24

起動時にはデカイロゴが表示されます

OMEN 24

側面。パネルやスタンドにはややゴツさが感じられます

OMEN 24

背面。ボディは樹脂(プラスチック)製。LEDイルミネーションには非対応で、HPの上位ゲーミングブランドである「OMEN」シリーズとしてはちょっと地味な印象です

OMEN 24

スタンド背面にはケーブルホルダー(取り外し式)

OMEN 24

ベゼル(枠)は比較的細めです

 

可動範囲

OMEN 24

高さ調節は最大100mm

OMEN 24

チルト角度は前方向マイナス5度、後方プラス23度

OMEN 24

画面を90度回転させるピボット機能に対応しています。左方向/右方向のどちらからでもOK

インターフェース

OMEN 24

インターフェースは背面に配置。ヘッドホン端子、DisplayPort×1、HDMI×2の構成 ※写真ではピボットでパネルを回転させています

OMEN 24

パネル右背面に電源ボタンとOSD操作用のジョイスティック

スピーカー

OMEN 24はスピーカー非搭載です。PCやゲーム機側にヘッドホンやスピーカーを接続したり、OMEN 24のヘッドホン端子にサウンド機器をつなぐなどして音声を再生してください。

 

OMEN 24

サウンdの再生用に、別途ヘッドホンやスピーカーが必要です

OSD

OMEN 24

背面のジョイスティックで操作するOSD。画面の色や明るさ、ゲーム向けの機能などを利用できます

OMEN 24

HP製品向けの設定ユーティリティー『OMEN Gaming Hub』を使えば、Windows上で各種機能を利用できます(HP製品以外での動作は未確認)

ゲーム系機能

OMEN 24

主な機能

AMD FreeSync Premium 画面のチラつきやズレを抑える機能
MPRT 一瞬黒い画面を挟み込むことで、映像の残像を抑える機能。FreeSync有効時は使えません
応答時間 画面の色が変化するまでにかかる時間。短いほど残像が少ない
フレームレート 画面上に現在のフレームレート(ディスプレイのモード)を表示
十字型カーソル 画面中央にクロスヘア(照準)を表示
メッセージタイマー メッセージを表示する時間を設定
マルチモニターの配置 マルチディスプレイ利用時の配置調整に使用

映像系の機能

OMEN 24

主な機能

輝度 画面の明るさを調整
コントラスト 色のメリハリ、鮮やかさを調整
ダイナミックコントラスト さらに色のメリハリを強調する
黒色ストレッチ 暗い部分を明るく表示する
シャープネス 映像の輪郭や境界を調整する

映像の色合い系の機能

OMEN 24

プリセットの種類

ゲーム 高い輝度と短い応答時間を組み合わせたゲーム向けのモード
標準 PC向けの一般的な画質
暖色 色温度が高い(黄色が強い)モード。35mmプロジェクターで使用される映像に似ているとのこと
寒色 色温度が低く、より青みの強い映像
シネマ 映画やテレビの鑑賞向け
ネイティブ パネルのネイティブ色温度
HP Enhanceモード 動画やゲーム、静止画像の鮮やかさを高めるために調整された独自のモード

映像品質

画面サイズと解像度

OMEN 24

画面サイズは23.8インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD。ゲーム用としてはもっともスタンダードなタイプです

OMEN 24

映像の精細さを楽しむゲームよりも、FPSやTPSなどの動きの速いゲーム向き

映像の色合いと明るさ

OMEN 24

色域は公称値でsRGB 99%、DCI-P3 90%。スマホやタブレットほど鮮やかではありませんが、ゲーム用としては十分な品質です

色域測定結果(プリセット:ゲーム)

sRGBカバー率 100% sRGB比 124.9%
DCI-P3カバー率 91.7% DCI-P3比 92.1%

 

OMEN 24

左がキャリブレーション前で右がキャリブレーション後。調整前のほうが赤が若干強めに出ていますが、それほど大きな違いはありません

OMEN 24

輝度は公称値では300nitとのことですが、ディスプレイ側の明るさ設定を100%にしたところ、363nit出ていました。1万円台で買えるディスプレイとしては、非常に明るく感じます

ゲームでの使用感

リフレッシュレート

OMEN 24

リフレッシュレートは最大165Hz。ガチのFPS / TPSプレーヤーのなかには240Hz以上を選ぶ人が増えており、165Hzはどちらかと言えばエントリー(入門)~ミドルレンジ(中級)クラスです

OMEN 24

実際にゲームをプレーしたところ、(あくまでも筆者の眼では)残像や遅延などは感じられませんでした。ただしコンマミリ秒を競うeスポーツ級のプレーヤーには、スペック的に物足りないかもしれません

映像の残像について

OMEN 24

標準では「応答時間」が「2(高速)」に設定されています。シャッタースピード1/1600で画面を撮影したところ、3フレーム目までの残像をギリギリ確認できました。過去の計測結果から雑に推測するなら、おそらく4~5ms程度だと思われます

OMEN 24

応答速度を「3」に変更すると、残像感がやや薄まります。常用するなら、このあたりが限界です

OMEN 24

設定「4」または「5」時には逆残像(オーバーシュート)が現われました。おそらく設定「5」で1msだと思われます ※写真は設定「5」

OMEN 24

MPRTを有効にすると、さらに残像感が薄くなります。ただし画面が暗く、ややチラつきを感じるかもしれません。好みに応じて調整してください ※写真はMPRT最大設定時

黒色ストレッチ

OMEN 24

「黒色ストレッチ」はいわゆる「ブラックスタビライザー」。機能を有効にすると、暗い画面が明るく描かれます

ゲーム機での利用

OMEN 24

PS5ではフルHD 60Hz / 120Hzでの動作を確認しています。VRRには非対応

OMEN 24

ただし120Hzで動作するのは、対応タイトルのみ ※写真はフォートナイト

OMEN 24

ニンテンドースイッチではフルHD 60Hzで動作します

1万円台後半なら全然アリ

OMEN 24

記事執筆時点の価格は、1万9000円前後。ちなみに筆者は2023年11月のセールで、1万7930円で購入しました。ギリギリ2万円切りなら「まあ安いかな」という感じですが、1万8000円を割るとかなりお得な印象です。大手メーカー製ですし、聞いたことのない謎ブランドの製品よりも安心感があります。

 

OMEN 24

格安ながらも、大手メーカー製の安心感があります

 

映像用のプリセットにゲーム向け(たとえば「FPSモード」や「RTSモード」など) のものがなく、機能も極めてスタンダードな構成です。品質はメチャメチャいいわけではありませんが、1万円台後半と考えれば十分納得できるでしょう。

 

個人的には「思ってたよりも、しっかり作られている」印象を受けました。同価格帯の他社製品には「応答速度1ms」と言いながら実用速度は5msだったりすることがあるので、格安モデルのなかでは”マトモ”です。さすがに3~4万円クラスの製品には劣りますが、価格を安く抑えたい人にはアリかと。

OMEN 24 165Hz FHD ゲーミングディスプレイ

OMEN 24 165Hz FHD ゲーミングディスプレイ

アマゾンの販売ページへ

当サイトでは、パソコン・ガジェット関係のお買い得情報やレビューを公開しています。最新のお買い得情報はSNSやGoogleニュースでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
X(旧Twitter)でこまめブログをフォローする
Googleニュースでこまめブログをフォローする

関連記事

お買い得情報一覧

記事を書いた人
こまめブログ

元雑誌・書籍編集者からPC系フリーライターを経て、レビューブロガーとして活動しているオジサンです。文章に関わる仕事を始めてから25年以上。最高195万PV/月。安いガジェットやPCをよく買いあさっています

こまめブログをフォローする
レビュー周辺機器
スポンサーリンク
こまめブログをフォローする
こまめブログ
タイトルとURLをコピーしました