アフィリエイト広告

OMEN 27u 4K ゲーミングディスプレイ レビュー:OMENシリーズで使いたい4K 144Hzディスプレイ

OMEN 27u 4K ゲーミングディスプレイ

HPの「OMEN 27u 4K ゲーミングディスプレイ」(以下、”OMEN 27u 4K”)は、27インチ4K(3840×2160ドット)でリフレッシュレート144Hzのゲーミングディスプレイです。高精細かつ遅延や残像の少ない映像でゲームを楽しめる点が特徴。PS5やXboxなどゲーム機用の4K 120Hzディスプレイとしても利用できます。

 

OMEN 27u 4K PS5

PS5用の4K 120Hzディスプレイとしても利用可能

 

機能や映像品質的には、ミドルレンジクラスです。15万円あたりのハイエンドクラスほどではありませんが、7~8万円あたりのエントリークラスよりは高い品質を実現しています。またHPのゲーミングブランド「OMEN」シリーズとの相性がいい点もポイント。安いディスプレイを選んだばかりにあとで「う~ん」と唸るよりも、このくらいのスペックのものを選んでおいたほうがいいのではないでしょうか。

 

今回はメーカーからお借りした実機を使って、外観や映像品質、実際に使った感想などをレビューします。

 

OMEN 27u 4K ゲーミングディスプレイ

OMEN 27u 4K ゲーミングディスプレイ

スペック

画面サイズ 27インチ
パネル IPS Oxide
解像度 3440×1440ドット (アスペクト比 21:9)
リフレッシュレート 最大144Hz(DP、HDMI2.1)、60Hz(HDMI2.0)
最大表示色 1677万色
コントラスト比 1000:1
色域 / 輝度 DCI-P3カバー率 95% / 450nit
応答速度 1ms(GtG、OD時)
映像入力 HDMI 2.1×1 / HDMI 2.0×1 / DisplayPort 1.4 ×1
HDR Display HDR 400
G-SYNC / FreeSync FreeSync Premium Pro対応
スピーカー あり
チルト角度 前方5度~後方20度
ピボット / スイーベル 非対応
高さ調節 ±130mm
VESAマウント VESA100
サイズ / 重量 幅609.9mm 奥行き260.5mm 高さ513.8mm / 約7.82kg
インターフェース USB Type-C(データ通信のみ)、USB3.2 Gen2×2
付属品 電源アダプター / DPケーブル など

パッケージと設置

OMEN 27u 4K 外箱

OMEN 27u 4Kの外箱 ※貸出機のため、使用感があります

 

OMEN 27u 4K 同梱物

パネル以外の同梱物。ケーブルはDisplayPortとUSB Type-C to Type-Aが付いています

 

OMEN 27u 4K スタンド

付属の六角レンチを使って、パネルにスタンドを取り付けます

ディスプレイアームの取り付け

OMEN 27u 4KはVESA100のマウントに対応しており、同規格対応のディスプレイスタンドやディスプレイアーム等を利用可能です。ただしマウントの利用は少々手間がかかる上に、使えるディスプレイアームが限られるので注意してください。

 

OMEN 27u 4K VESAマウント

OMEN 27u 4KのVESAマウント。カバーとスタンド接続部をパネルから取り外す必要があります

 

OMEN 27u 4K VESA

背面のカバーを取り外し、ネジで固定された接続部を外せばOK

 

OMEN 27u 4K VESA

一般的なVESAマウントとは異なり、斜め45度に傾いた状態で設置されています。そのため、角度を調整できるディスプレイアームでしか利用できません

本体の外観

デザイン

前面からの見た目は普通ですが、背面はOMENのエンブレム(「◆」のような傾いた正方形)をモチーフにしているためちょっと独特です。またゲーミングディスプレイだけあって、RGBイルミネーションによるライティングにも対応しています。

 

OMEN 27u 4K 前面

OMEN 27u 4Kの前面

 

OMEN 27u 4K 側面

側面。スタンドが大きく、設置にはそれなりの場所が必要。奥行きは26.05cmですが、ケーブルのぶんを含めて30cm弱くらいと考えておいたほうがいいでしょう

 

OMEN 27u 4K 背面

背面はOMENのエンブレム(「◆」)をモチーフにしたデザイン

 

OMEN 27u 4K ヘッドホンスタンド

スタンド上部はヘッドホンスタンドとして利用可能。ただし置いたり取り出したりするために身を乗り出す必要があるので少し面倒です

 

OMEN 27u 4K ベゼル

27インチタイプとしては、ベゼルが細め。画面周りがスッキリとしているのですが、電源LEDの光が強いのが少し気になりました

 

OMEN 27u 4K LED

パネル底面部にのLED

 

OMEN 27u 4K LED

電源を入れるとLEDがスタンド付近を照らします

 

OMEN 27u 4K LED

OSDでLEDのオン / オフを切り替えられるほか、色の変更も可能です

 

OMEN 27u 4K LED

背面ユニットにもARGBのLEDを配置。光の点灯パターンや色を変えられます

 

OMEN 27u 4K LED

PCソフト「OMEN Gaming Hub」を使えば、背面LEDの点灯パターンをより細かく設定可能。さらにOMENシリーズのデバイスがあれば、LEDの光を同期することもできます(PCとのUSB Type-C接続が必要)

 

可動範囲

可動範囲はあまり多くありません。フレキシブルな運用を想定しているなら、ディスプレイアームの利用をおすすめします。

 

OMEN 27u 4K 高さ

高さ調節は最大130mm

 

OMEN 27u 4K チルト

前後のチルト角度は+20~-5度

 

OMEN 27u 4K 可動範囲

左右のスイーベルト画面回転のピボットには対応していません。向きを変える場合はスタンドごと動かす必要があります

 

インターフェース

映像入力はHDMI2.1×1、HDMI2.0×1、DisplayPort 1.4の3系統。USB Type-Cによる映像出力やPD充電には対応していません。またUSB端子を利用する場合は、PCとUSB Type-Cで接続する必要があります。多くはないものの、価格的にもとりあえずは十分な構成と言っていいでしょう。

 

OMEN 27u 4K インターフェース

背面左側にはヘッドホン端子、HDMI2.0、HDMI2.1、DisplayPort、電源コネクター。ユニット部分が斜めに傾いているため、下をのぞき込まなくても端子の位置がわかるのは便利です

 

OMEN 27u 4K インターフェース

背面右側にはUSB Type-C(データ通信のみ)とUSB Type-A×2

 

OMEN 27u 4K 背面

パネル背面にはOSD操作用のコントローラー

スピーカー

スピーカーはとりあえず付いているレベルで、音質はあまりよくありません。しかし、あるのとないのでは大きく違うのも事実。ちょっとした操作や、なにかの確認用には便利です。ゲームを楽しむ際は、ヘッドセットかスピーカーの利用をおすすめします。

 

OMEN 27u 4K スピーカー

スピーカーは背面のユニット部分に組み込まれています。音質はよくありません

 

 

OMEN 27u 4K スピーカー

スピーカーのボリュームは、OSDで調節可能

OSD

OSDを利用することで画質を変更したり、ゲーム向けの特殊な機能を使ったりできます。なお一部の機能については、Type-Cで接続したPCから「OMEN Gamingu Hub」経由でも利用可能です。

 

OMEN 27u 4K OSD

背面のコントローラーを使うと表示されるOSD

 

OMEN 27u 4K OSD

PC用の設定ソフト「OMEN Gaming Hub」でも一部の機能を利用可能 ※要Type-C接続

 

※一部の機能はHDR、Adptive-Syncの有効/無効やリフレッシュレート設定の組み合わせしだいでは利用できない場合があります。Adptive-Syncが有効の場合はMPRTが効かないのは確認できましたが、そのほかの機能の組み合わせについては把握できませんでした

Edge Precision

OMEN 27u 4K OSD

エッジプレジションは、物体の輪郭をよりクリアーに映し出す機能

十時型カーソル

OMEN 27u 4K OSD

ディスプレイに照準(クロスヘア)を表示する機能。照準の形や色、場所を調整できます

メッセージタイマー

OMEN 27u 4K OSD

画面上にタイマーを表示する機能。ディスプレイのオンオフを制御するタイマーではありません

イメージ

OMEN 27u 4K OSD

明るさや輝度などを調節します

OMEN 27u 4K OSD

ディスプレイの色合いをプリセットから調整します

プリセットの種類

ゲーム 高い輝度と短い応答時間を組み合わせたゲーム向けのモード
Game Remaster 低い解像度にしか対応していないゲームの解像度と画質を向上させる
標準 PC向けの一般的な画質
暖色 色温度が高い(黄色が強い)モード。35mmプロジェクターで使用される映像に似ているとのこと
寒色 色温度が低く、より青みの強い映像
ECO 輝度を低くすることで、電力消費を抑える
ネイティブ パネルのネイティブ色温度
夜間モード 輝度とブルーライトを抑えることで、眼への刺激を低減する
HP Enhanceモード 動画やゲーム、静止画像の鮮やかさを高めるために調整された独自のモード

PbP

OMEN 27u 4K OSD

「Picture by Picture」の略で、2画面並列モードのこと。並べる方向は横2画面のみ

 

OMEN 27u 4K OSD

PbPを有効にした際の映像

Shadow Vision

OMEN 27u 4K OSD

暗い画面を明るく映し出す機能。60Hzのときのみ有効です

 

OMEN 27u 4K OSD

Shadow Visionが無効(上)ときと有効(下)のときの違い

映像品質

画面サイズと解像度

OMEN 27u 4K 画面サイズ

画面サイズは27インチ。個人的には映像の精細さと画面の迫力、視界への収まりやすさなどの面でバランスが取れた、4Kには最適な画面サイズだと思います

 

OMEN 27u 4K ゲーム画面

ただし4K 144Hzでゲームをプレーするには、それなりのGPUパワーが必要です。軽量級のタイトルでも、最低RTX 3060あたりは欲しいところ

映像の色合いと明るさ

OMEN 27u 4K 映像品質

色域はDCI-P3カバー率95%で、輝度は450nit。PC向けのディスプレイとしては、非常に色鮮やかです。sRGB換算だと100~120%あたり(換算方法がいくつかあるので正確ではありませんが、目安として)

 

OMEN 27u 4K 明るさ

最低輝度の白画面(上)と最高輝度の黒画面(下)。バックライトについては気になるほどのムラや光漏れは感じられません

 

OMEN 27u 4K ローカルディミング

HDR有効時(左)とHDR無効時(右)の映像。無効時は画面全体でバックライトが点灯しているのに対し、有効時は映像の周辺だけ縦方向にバックライトが点灯しているように見えました。おそらくローカルディミングに対応しているものと思われます

ゲームでの使用感

リフレッシュレート

OMEN 27u 4K リフレッシュレート

リフレッシュレートは最大144Hz。ガチのFPSプレーヤーなら最近は240Hz以上を選ぶ人が増えており、144~165Hzはどちらかと言えばエントリークラスです。しかし27インチ 4Kは映像の美しさを楽しみたい人向けで、現時点ではこのくらいでも十分でしょう

 

OMEN 27u 4K リフレッシュレート

144Hzでも4Kの映像は高精細なぶんリアリティが増し、ゲームへの没入感が高まります

映像の残像について

OMEN 27u 4K 応答時間

OSDの「ゲーム」→「応答時間」で応答時間を調整し、映像の残像を減らせます。標準では「レベル1」に設定されていました

 

OMEN 27u 4K 応答時間

応答時間が「レベル1」の映像。グレーのエリアで2フレーム目がギリギリ確認できる程度。これでも残像は少なめです

 

OMEN 27u 4K 応答時間

中間の「レベル3」。「レベル1」に比べて、残像は減っています

 

OMEN 27u 4K 応答時間

最高速の「レベル5」。オーバーシュートがかなり目立ちます。「レベル4」でも若干生じているので、実用的には「レベル3」あたりを使うことになるでしょう

 

OMEN 27u 4K MPRT

「ゲーム」→「MPRT」でレベルを設定すると(Adptive-Syncを無効化する必要あり)、さらに残像が弱まりました。ただし非常に短い間隔で黒い画面が挿入されており、映像が全体的にやや暗くなります。このあたりは好みで利用することになるでしょう

HDR

OMEN 27u 4K HDR

HDRはVESA Display HDR 400に対応。無効の状態(上)と有効の状態(下)は、上記写真のとおり。白と黒の階調表現が向上することで、白飛びや黒つぶれのない、より自然な空気感のある映像を楽しめます

 

OMEN 27u 4K HDR

4K ULTRA HD Blu-rayの映像も、そこそこ鮮やかに映し出されます

ゲーム機での利用

OMEN 27u 4K PS5

PS5などのゲーム機でも利用可能

 

OMEN 27u 4K PS5

PS5ではVRR(可変リフレッシュレート)に対応しています

 

OMEN 27u 4K PS5

PS5やXboxでは、4K 120Hzでのプレーが可能。ただし対応タイトルのみで、多くのタイトルは4K 60Hzどまりです

ミドルレンジクラスの手堅い機種

OMEN 27u 4K

4K 144Hzディスプレイは品質で分類すると「上」「中」「下」にわかれるのですが、OMEN 27u 4Kは機能の多さと映像品質の面で「中」クラスだと思います。最高クラスではないもののそこそこの映像/ゲーム品質でそこそこのHDR、そしてそこそこの機能。実売7~8万円クラスの「下」クラスよりは満足感が高いでしょう。「上」クラスだと15万円あたりなので、そこまではちょっと……という人に向いています。

 

ただし、同じHP製品との相性は抜群です。OMENシリーズのゲーミングPCやゲーミングデバイスとはデザインの統一感があり、RGBイルミネーションの同期も可能。OMENユーザーで10万円前後の4K 144Hzディスプレイを検討しているなら、他社製品よりも同じOMENシリーズで揃えるほうが「揃ったときの見た目がカッコイイ」という点でおすすめです。

OMEN 27u 4K ゲーミングディスプレイ

OMEN 27u 4K ゲーミングディスプレイ

 

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ディスプレイ関連記事

記事を書いた人
こまめブログ

元雑誌・書籍編集者からPC系フリーライターを経て、レビューブロガーとして活動しているオジサンです。文章に関わる仕事を始めてから25年以上。最高195万PV/月。安いガジェットやPCをよく買いあさっています

こまめブログをフォローする
レビュー周辺機器
スポンサーリンク
こまめブログをフォローする
こまめブログ
タイトルとURLをコピーしました