OneMix3 Pro レビュー:Core i5+16GBメモリー+512GB SSD搭載のハイスペックな超小型2-in-1

OneMix3 Pro レビュー

ONE-NETBOOKのOneMix3 Proは、8.4インチの高精細ディスプレイを搭載したモバイル2-in-1ノートPCです。軽量コンパクトなのにキーボードは比較的打ちやすく、しかも第10世代Core i5搭載と同クラス製品としてはハイスペック!
OneMix3 Pro

ポイント

  • 超小型の2-in-1
  • 16GBメモリー&512GB SSD搭載
  • キーボードがわりと使いやすい

OneMix3 Proのスペック

画面サイズ 8.4インチ
解像度 2560×1600
CPU Core i5-10210Y
メモリー 16GB
ストレージ 512GB SSD
グラフィックス UHD
LTE 非対応
幅×奥行き 204×129mm
厚さ 14.9mm
重量 659g
バッテリー 最長7時間

※2020年1月2日時点


本体カラー ブラック
画面の表面 光沢
パネルの種類 IPS
タッチ / ペン 対応
光学ドライブ
テンキー
有線LAN
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.1
USB3.1
USB3.0 1
USB2.0
USB Type-C 1 (USB3.0)
Thunderbolt 3
メモリーカード microSD ※256GBまで
HDMI 1 (Micro) ※D Type
VGA (D-sub15)
DisplayPort
Webカメラ
顔認証カメラ
指紋センサー 搭載
オフィス なし

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

デザインと使いやすさ

超コンパクトな2-in-1

OneMix3 Pro 2in1

OneMix3 Proは、液晶ディスプレイを回転させることでさまざまスタイルで利用できる2-in-1タイプのノートPCです。ボディは質感と剛性 (ねじれに対する強さ)に優れるアルミ製。小さいながらも、重厚感のあるデザインです。

OneMix3 Pro 外観

本体カラーはブラック。天板にはロゴが薄っすらと配置されています

OneMix3 Pro ボディ

ボディは質感と剛性に優れるアルミ製。頑丈な作りです

OneMix3 Pro パームレスト

パームレスト (キーボード面)もブラックのアルミ製

OneMix3 Pro ベゼル

液晶ディスプレイのベゼル (枠)幅は左右12.1mmで上部4.3mm。上下のベゼルは極細

本体サイズと重さ

OneMix3 Pro 大きさ

大きさは幅204×奥行き129mm。ワイド版のA5サイズコミック (幅210×奥行き148mm)よりもひと回り小さい程度です。非常に小さく、楽々と持ち歩けます。高さは14.9mmで、一般的なノートPCよりも薄め。ただ接地面積が小さいので、それほど薄くは感じませんでした。感覚的に、8インチタブレットを2枚重ねたようなサイズ感です。

OneMix3 Pro サイズ感

8インチタブレットと同じくらいの大きさ ※右はFire HD 8

OneMix3 Pro サイズ

A5サイズのワイド版コミックよりもやや小さめ

OneMix3 Pro 厚さ

厚さは公称値では14.9mmですが、実測では18.9mmでした ※プロトタイプを試用したため、実際の製品とは微妙に異なる可能性があります

OneMix3 Pro 薄さ

接地面積が小さいので、数値以上に厚く見えます

OneMix3 Pro 重さ

重量は実測で685g。片手でも楽々と持ち上げられます

画面サイズ

OneMix3 Pro 画面サイズ

画面の大きさは8.4インチで、8インチタブレットに近いサイズです。解像度は2560×1600ドットで、フルHD (1920×1080ドット)の約1.98倍。いわゆる2Kサイズです。解像度が高いぶん、文字や写真がとても精細に表示されます。ただしデスクトップの文字の大きさは1.3~1.9mmと小さめ。文字が小さくて読みづらい場合は、スケーリング設定を変更するといいでしょう (標準では250%)。

OneMix3 Pro 精細さ

解像度はフルHDの約1.98倍で、写真がとても精細に映し出されます

映像品質

OneMix3 Pro 映像品質

液晶ディスプレイには、自然な発色と広い視野角が特徴のIPSパネルが使われています。実際に写真や動画を表示したところ、メリハリのある鮮やかな映像でした。ただ画面が若干暗く、その影響のためか色がわずかに青みがかっているように見えます。とは言え、普段の作業や動画視聴には違和感はありません。

OneMix3 Pro 明るさ

輝度を最大にしても、画面はやや暗め。IPSパネルにしてはやや青みが強いように感じます

画面の映り込み

液晶ディスプレイの表面は、光沢ありのグレアタイプです。タッチ精度が高く映像もクッキリと鮮やかなのですが、映り込みが生じるのがデメリット。気になる場合は画面の角度を変えたり、反射防止フィルムは貼るなどしてください。

キーボード

OneMix3 Pro キーボード

キーボードは思ったよりも使いやすく感じました。英数字キー部分のキーピッチ (キーとキーの間隔)は実測で18.1mm。ノートPCの標準である19mmよりも狭いのですが、8.4インチタイプとしては十分です。実際に文字を入力したところ多少の窮屈さはありましたが、わりと普通に使えました。慣れればスラスラと入力できるでしょう。

OneMix3 Pro カーソルキー周り

カーソルキー周りが若干窮屈です

なお試用機は英字配列でしたが、国内向けモデルは日本語配列です。

OneMix3 Pro 日本語配列

国内向けモデルは日本語配列。”「」”などの一部の記号は、かな入力時に利用できます

光学式ポインティングデバイス

OneMix3 Pro ポインティングデバイス

カーソル操作用のポインティングデバイスはノートPCで使われているタッチパッドではなく、光学式です。キーボード下部の四角い部分を指でこすることでマウスカーソルを操作できます。利用には多少の慣れが必要ですが、指をキーボードのホームポジションから離すことなく使えるので慣れれば便利かもしれません。ポインティングデバイスではなく、画面のタッチ操作を利用するのもほひとつの手です。

キーボードバックライト

OneMix3 Pro バックライト

キーボードのFnキーとスペースキーの同時押しで、バックライトのオン / オフを切り替えられます。明るさの調整には対応していません。

キーのタイプ感とタイプ音

OneMix3 Pro タイプ感

キーストローク (キーを押し込む深さ)は実測で平均1.2mmでした。ノートPCの標準である1.5mmよりも浅いのですが、押した瞬間のクリック感と押下圧 (押し込む力)が強いので手応えはしっかりと感じられます。タイプ音はカツカツとした音で静かというわけではありませんが、うるさく感じるほどではありません。ただし強めの打つとタンタンと響きます。

インターフェース

OneMix3 Pro インターフェース

周辺機器接続用のインターフェース (端子類)は数も種類も控えめですが、本体が小さいことを考えれば仕方がないでしょう。ただフルサイズのUSBが付いているとなにかといろいろ使えるのでありがたいと思います。映像出力として用意されているHDMIは一般的なタイプAではなく、マイクロHDMI (タイプD)である点に注意してください。

USB Type-Cの機能

USB PD 18W充電
USB PD 30W充電
USB PD 45W充電
USB PD 65W充電
映像出力 ×

USB Type-C端子は18W以上の充電器で充電できました。ただし映像出力には非対応です。

スピーカーの品質

OneMix3 Pro スピーカー

スピーカーは底面に配置されています。底面部の細いスリットから音が出ているのですが、ちょっとこもった印象を受けました。音に厚みはなく、サラウンド感もいまひとつ。正直なところ、あまりいい音ではありません。これだけ本体がコンパクトであるので、音質については仕方がないでしょう。動画の音を聞くぶんには問題ないクオリティーです。

ベンチマーク結果

CPU性能

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i7-10710U
13244
Core i7-1065G7
12518
Core i5-1035G4
11379
Core i7-10510U
11309
Core i5-10210U
9988
Core i7-8565U
9814
Core i5-1035G1
9164
Core i5-8265U
8593
Ryzen 5 3500U
8475
OneMix3 Pro (Core i5-10210Y)
7841
Core i3-8145U
5549
Core i3-10110U
5534
Ryzen 3 3200U
4609
Core i5-8200Y
4384
Core m3-8100Y
4172
Core i3-7020U
3769
Celeron 4205U
2026
Celeron N4000
1553

※スコアは当サイト計測値の平均

CPUとしては、第10世代のCore i5-10210Yが使われています。末尾の「Y」は低電力版のYシリーズを表わすもので、かつてのCore m5の流れを組むCPUです。スタンダードノートPCやモバイルノートPCで使われるCore i5-10210Uとは異なる点に注意してください。

CPU性能を計測するベンチマークを試したところ、スタンダードノートPC / モバイルノートPC向けCPUとしてはちょうど中間くらいの結果となりました。ただし従来のYシリーズやCore mシリーズと比べると、パフォーマンスはだいぶ向上しています。普段使いやビジネスには十分な性能です。

ストレージ性能

OneMix3 Pro アクセス速度

ストレージは、PCIe 3.0 x2の高速タイプのSSDが使われていました。書き込み速度はふるいませんでしたが、十分な結果です。なにより512GBの大容量である点は高く評価できます。

グラフィックス性能

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8770
GTX 1050
6008
MX250
3711
Iris Plus(Core i7)
2957
Iris Plus(Core i5)
2136
UHD (Ice Lake Core i5)
1396
UHD (Comet Lake Core i7)
1331
UHD 620 (Core i7)
1265
UHD (Comet Lake Core i5)
1263
UHD 620 (Core i5)
1186
OneMix3 Pro (UHD)
1063

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能は控えめです。そもそもYシリーズやCore mシリーズはUHD 615の流れを組むiGPU (内蔵グラフィックス)ですので、従来のUHD / UHD620よりも性能は低め。それでも第8世代Core i5のUHD 620に迫るスコアが出ているのは、比較的健闘していると言えます。

ゲーミング性能

ゲーム系ベンチマークを試したところ、PCゲームのなかでは非常に軽いドラクエ10であれば画質を落とすことで快適に遊べそうです。少し重めのFF14クラスでは、解像度をグッと下げても厳しいでしょう。

ドラクエXベンチ (超軽量級 / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 3681 / 普通
標準品質 4883 / 普通
低品質 6105 / 快適

※1920×1080ドットでテストを実施

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (中量級 / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 評価 / 平均FPS
最高品質 946 / 動作困難  / 5.6 FPS
高品質 1401 / 設定変更が必要 / 8.9 FPS
標準品質 1958 / 設定変更を推奨 / 12.4 FPS

※1920×1080ドットでテストを実施、平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

バッテリー駆動時間

実際のバッテリー駆動時間を計測したところ、バッテリー消費の大きいテストで6時間ちょうどでした。消費電力をやや大きめにした状態での連続動画再生では7時間43分です。駆動時間が長いわけではありませんが、ガッツリ使って6時間であれば許容範囲内だと思います。USB PD対応のモバイルバッテリーからでも充電できるので、万が一に備えて用意しておくことをおすすめします。

バッテリー駆動時間の計測結果 (4K)

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 最長7時間
Modern Office (ビジネス作業) 6時間
Video (動画視聴) 7時間43分
Idle (待機) ※未計測
フル充電までにかかった時間 4時間11分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

起動時間

ウィンドウズの起動時間は平均14.34秒でした。電源をいれるにはボタンを2~3秒長押しする必要があるので、体感的にはもう少し短いかもしれません。最近は10秒を切るPCも少なくないことを考えると最速ではありませんが、起動は十分高速です。なおモダンスタンバイには対応していません。

起動時間の計測結果(手動計測)

1回目 14.7秒
2回目 14.3秒
3回目 14.3秒
4回目 14.2秒
5回目 14.2秒
平均 14.34秒

小さいのに使いやすくてハイスペック

OneMix3 Pro 感想

よかった点

これだけ本体が小さいのに、キーボードが比較的使いやすい点は高評価です。記号類の入力には慣れが必要ではあるものの、ちょっとしたメモや文書の下書きなどには十分活用できるはず。液晶ディスプレイは高精細で、映像がきめ細かい点もポイント。そしてなによりCPU性能が超小型タイプとしては高性能で、メモリーやストレージが大容量である点は大きな魅力です。

気になったところ

指紋やキーボードに油脂の汚れが付きやすい点が気になりました。クロスなどで拭き取っても、若干あとが残ります。また高負荷時は右下が付近がかなり熱くなる点も残念。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、フォローしていただくことをおすすめします。

関連記事

スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました