Palit GeForce RTX 3060 Dual OCレビュー:古いゲーミングPCを最新グラボでよみがえらせる【PR】

Palit GeForce RTX 3060 Dual OCレビュー

筆者はいまから4年前に、ドスパラの「GALLERIA ZF」というゲーミングPCを購入しました。ゴリゴリにパーツをカスタマイズしており、当時としてはかなり気合いの入った(と自分では思っている)構成です。

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー! 第8世代+GTX1070搭載モデルのベンチマーク結果&おすすめカスタマイズを紹介!!
第8世代のCore i7-8700K+GTX1070搭載のGALLERIA ZFを自腹レビュー! ベンチマーク結果やおすすめのカスタマイズをまとめています
GALLERIA ZF

筆者が購入したGALLERIA ZF

主なスペック

標準構成 筆者購入機
OS Windows 10 Home Windows 10 Pro
CPU/チップセット Core i7-8700K / Intel Z370 Chipset
グラフィックス GeForce GTX 1070(8GB)
メモリー 8GB 32GB
ストレージ 500GB SSD+2TB HDD 256GB NVMe SSD(Samsung SM961)+500GB SSD
CPUクーラー 空冷 水冷
電源 500W 静音電源(80PLUS BRONZE) オウルテック AS-700(FSP AURUM、80PLUS GOLD)

購入から4年たち、CPUもGPUも4世代前のものとなってしまいました。当時はミドルハイクラスだったPCも、いまではひと世代前のミドルレンジ相当。RTX 30シリーズではエントリー向けがリリースされていないのですが、もし出たとすると同じくらいかもしれません。このパフォーマンスだと最新の大作ゲームはかなり厳しく、中規模クラスのゲームだとフルHDで画質を下げてなんとかというレベルです。

そこで今回はグラボメーカーであるPalit提供の現行ミドルレンジ「Palit GeForce RTX 3060 Dual OC」を使って、4~5年前の旧型ゲーミングPCがどれほどパフォーマンスアップするのかを検証しました。グラボのパフォーマンス不足で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

Palit GeForce RTX 3060 Dual OC

検証に試用したPalit GeForce RTX 3060 Dual OCレビュー ※メーカー提供品

Palit GeForce RTX 3060 Dual OC

Palit GeForce RTX 3060 Dual OC

Palit GeForce RTX 3060 Dual OCのスペック

GPU NVIDIA GeForce RTX3060
接続 PCI Express 4.0 x16
メモリー  GDDR6 12GB
クロック ベース:1320MHz / ブースト:1837MHz
メモリー 16GB DDR4-3200
CUDAコア 3584
消費電力 / 推奨電力 180W / 550W
映像出力 HDMI2.1×1、DisplayPort 1.4a×3
冷却システム 空冷ファン×2(2スロット占有)
電源 8品×1
サイズ 長さ245×幅119×高さ40mm

外観

Palit GeForce RTX 3060 Dual OCの外観は特に派手さはなく、スタンダードな作りです。LEDは「GeForce RTX」の部分が白く光るのみ。RGBイルミネーションには対応していません。

Palit GeForce RTX 3060 Dual OC パッケージ

Palit GeForce RTX 3060 Dual OCのパッケージ

Palit GeForce RTX 3060 Dual OC 外観

Palit GeForce RTX 3060 Dual OCの外観

Palit GeForce RTX 3060 Dual OC 天面

天面側

Palit GeForce RTX 3060 Dual OC 底面

底面のコネクター側

Palit GeForce RTX 3060 Dual OC 前面

前面

Palit GeForce RTX 3060 Dual OC 背面

背面

Palit GeForce RTX 3060 Dual OC 端子

映像出力はHDMI2.1×1、DisplayPort 1.4a×3

取り付け

グラボの取り付けは簡単で、元から使われていたグラボを外し、新しいグラボを挿してネジで固定してから8ピンの電源コードを挿すだけ。なんとなく理解している程度の人でも、10分かからずに終わるでしょう。なお作業の際は静電気でパーツが破損しないよう、手袋を装着したり静電気を逃してから作業を行なってください。

Palit GeForce RTX 3060 Dual OC グラボ

PC本体のカバーを外し、以前から使われているグラボを外します。スロット部分にロックを解除するツメのようなものがあるので、そこを押しながら慎重に外します

Palit GeForce RTX 3060 Dual OC グラボ

古いGTX 1070(奥)と、新しく使うRTX 3060(手前)

Palit GeForce RTX 3060 Dual OC グラボ

新しいグラボをセットし、ネジで固定してから電源ピンを挿します

Palit GeForce RTX 3060 Dual OC グラボ

使わなくなったグラボはほかのPCで使ったり売却すればOK。GPUボックスがあると、Thunderbolt対応ノートPCのeGPUとして使えます(使用時のGPU性能は70%程度)

ベンチマーク結果

3Dグラフィックス性能を計測する3DMarkを試したところ、GTX 1070からRTX 3060に変えたことでパフォーマンスがワンランクアップしました。性能的には、2世代前のミドルハイ(RTX2070)相当。現行のNVIDIA系ミドルレンジ帯GPUとしては、もっとも高性能です。

GPUの性能 (DirectX 12、WQHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
RTX 3090
18521
RTX 3080
16540
RTX 2080 Ti
13077
RTX 3070
13072
RTX 2080 SUPER
11327
RTX 2080
10305
RTX 2070 SUPER
10151
RTX 3060
8870
RTX 2070
8738
RTX 2060 SUPER
8289
RTX 2060
6754
GTX 1660 Ti
6238
GTX 1070
6078
GTX 1660
5303
GTX 1650 SUPER
4614
GTX 1650
3383

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUの性能 (DirectX 11、フルHD)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 3090
44130
RTX 3080
39977
RTX 3070
32448
RTX 2080 Ti
32170
RTX 2080 SUPER
27932
RTX 2080
25358
RTX 2070 SUPER
25322
RTX 2070
22766
RTX 3060
22471
RTX 2060 SUPER
20640
RTX 2060
17645
GTX 1070
16080
GTX 1660 Ti
15747
GTX 1660
13004
GTX 1650 SUPER
11853
GTX 1650
9005

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

またRTXシリーズは、リアルタイムレイトレーシングに対応しています。レイトレーシング性能を計測するベンチマークテストでも上記テストと同様、ミドルレンジとしては優秀な結果が出ました。

GPUの性能 (レイトレーシング)

GPU 3DMark Port Royalスコア
RTX 3090
12485
RTX 3080
10813
RTX 3070
8109
RTX 2080 Ti
7911
RTX 2080 SUPER
6883
RTX 2080
5926
RTX 2070 SUPER
5996
RTX 3060
5265
RTX 2070
4922
RTX 2060 SUPER
4858
RTX 2060
4164
GTX 1660 Ti
1610
GTX 1660
1405

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

ゲーム系ベンチマーク

まずはGTX 1070搭載時とRTX 3060搭載時の違いから。以前に行なったテストに合わせて、古いベンチマークを使っています。結果は標準品質ではほとんど変わりませんでしたが、高品質以上の設定でRTX 3060のほうが優れた結果が出ています。ただこの程度の規模のタイトルだと、体感的にはそれほど変わらないかもしれません。高FPSを出すには高いCPU性能が求められるので、おそらく旧型CPUの性能の低さがボトルネックになっているような気がします。

FF14紅蓮のリベレーターベンチマーク結果

画質 RTX 3060 GTX 1070
最高品質 120.0 FPS 108.3 FPS
高品質 140.2 FPS 115.9 FPS
標準品質 155.3 FPS 155.0 FPS

※1920×1200ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

続いては、定番ゲーム系ベンチの結果。処理の重いFF15ベンチでも、高画質で「快適」との評価でした。スコア的に高リフレッシュレートでヌルヌル動くほどではありませんが、通常時で平均60FPSはクリアーできると思われます。

中規模タイトルのFF14でも、問題ない結果です。人気のバトロワ系FPS / TPSもこのあたりに該当するので、画質の調整しだいで常時144Hzクリアーできるはず。動作の軽い競技系ゲームであれば、165Hzは余裕でしょう。

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 8216 / 快適
標準品質 11890 / とても快適
軽量品質 14618 / 非常に快適

※1920×1080ドットの結果。スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 平均FPS
最高品質 17439 / 126.3 FPS
高品質 19848 / 147.1 FPS
標準品質 21383 / 159.4 FPS

※1920×1200ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

最後に重量級のレイトレーシング対応タイトルを。レイトレーシングを無効化した状態なら、フルHDの最高画質で平均60FPSはクリアーできるでしょう。100Hz以上は画質設定しだいといったところ。レイトレーシングを有効にした場合、画質をわずかに落とせば平均60 FPSはクリアーできそうです。映像の美しいレイトレーシング対応タイトルを十分に堪能できるでしょう。

サイバーパンク2077 (重い / DX12)

サイバーパンク2077

FPS計測結果 ※テクスチャの質:高

画質設定 平均FPS / 最小FPS
画質:ウルトラ / DLSS:バランス 83.7 FPS / 57.7 FPS
画質:高 / DLSS:バランス 87.9 FPS / 53.8 FPS
画質:レイトレーシングウルトラ / DLSS:バランス 59.36 FPS / 44.5 FPS
画質:レイトレーシング中 / DLSS:バランス 63.6 FPS / 47.8 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

PC本体を買うより安くパワーアップできる

Palit GeForce RTX 3060 Dual OC まとめ

年数がたってパフォーマンスがいまの基準に合わなくなったゲーミングPCでも、グラボを交換するだけで手軽にアップグレードできるのは魅力です。Palit GeForce RTX 3060 Dual OCなら現在の値段は6万3800円(2021年12月6日時点)。ゲーミングPCを丸ごと買うよりも、はるかに安くパワーアップできます。

RTX 3060は2021年年末時点で、現行世代のミドルレンジGPUです。対象としてはフルHD向けで、中量級タイトルなら144Hz、重量級タイトルなら60Hzあたりでプレー可能。簡単に言えば、フルHDでいろいろゲームを楽しみたい人に向いています。使っているPCが古くなってゲームの動きがカクカクするようなら、グラボを交換してみてはいかがでしょうか。

なおグラボを購入する際は、使っているPCの電源容量と補助電源ピンの構成に注意してください。

Palit GeForce RTX 3060 Dual OC

Palit GeForce RTX 3060 Dual OC

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ゲーミングPC関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!