HP Pavilion Desktop TP01 レビュー:お手頃価格のミニタワー型デスクトップPC

HP Pavilion Desktop TP01 レビュー

HP Pavilion Desktop TP01は、ミニタワー型のデスクトップPCです。同カテゴリーの製品に比べて、外観がコンパクトかつスタイリッシュな点がポイント。しっかり使える性能でありながら、価格が安い点も魅力です。
※ディスプレイは別売り、マウス/キーボードは付属
HP Pavilion Desktop TP01

ポイント

  • キャンペーンで安く買える!
  • 光学ドライブやVGAに対応
  • スタイリッシュな外観

HP Pavilion Desktop TP01のスペック

CPU ・Core i3-9100
・Core i5-9400
・Core i7-9700
メモリー ・8GB
・16GB
ストレージ ・1TB HDD
・256GB SSD + 2TB HDD
グラフィックス ・UHD 630 (CPU内蔵)
・Radon RX 550
・GeForce GTX 1650
チップセット H370
電源 ・180W (GPUなし)
・310W (GPUあり)

※2020年7月30日時点。構成は変更される場合があります


フォームファクター ※独自仕様
SATAポート 3
M.2スロット 2 (Wi-Fi×1、ストレージ×1)
光学ドライブ DVDライター
ドライブベイ 3.5インチ×2
拡張スロット PCI Express x16×1 + PCI Express x1×1
有線LAN 1000Mbps
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
USB3.1 4 (Gen1、前面)
USB3.0
USB2.0 4 (背面)
USB Type-C 1 (3.1 Gen1)
Thunderbolt 3
メモリーカード SD
HDMI 1
VGA (D-sub15) 1
DisplayPort ・なし
・1 (RX 550搭載時)
DVI ・なし
・1 (GTX 1650搭載時)
シリアルポート なし
PS/2
サイズ 幅155mm
奥行き295mm
高さ342mm
重量 5.7kg
付属品 ワイヤレスマウス、ワイヤレスキーボード、電源ケーブルなど
オフィス なし ※オプションで追加可能

この記事では筆者が購入した実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

HP Pavilion Desktop TP01

HP Pavilion Desktop TP01

税込4万7080円~

※2020年7月30日時点、キャンペーン適用価格

本体の外観

HP Pavilion Desktop TP01は、デスクトップPCとしてはもっともスタンダードなミニタワー型に分類されます。しかし一般的なミニタワー型に比べて、ひと回り以上コンパクトです。特に奥行きが短く、設置に場所を取りません。またフロントパネルがシルバーで、ほかのデスクトップPCに比べて明るく軽やかな印象です。

デスクトップの主な分類

ミドルタワー型 ミニタワー型 スリム型 コンパクト型
デスクトップのサイズ比較
機能:◎
拡張性:◎
省スペース性:×
冷却性能:◎
機能:◎
拡張性:○
省スペース性:△
冷却性能:○
機能:○
拡張性:△
省スペース性:○
冷却性能:△
機能:△
拡張性:×
省スペース性:◎
冷却性能:△

HP Pavilion Desktop TP01 外観

HP Pavilion Desktop TP01の外観

HP Pavilion Desktop TP01 サイズ

ボックスティッシュとのサイズ比較

HP Pavilion Desktop TP01 設置イメージ

設置イメージ ※ディスプレイは23.8インチ

HP Pavilion Desktop TP01 マウス キーボード

ワイヤレス (USBレシーバー使用)のマウスとキーボードが付属

HP Pavilion Desktop TP01 前面と背面

前面 (左)と背面 (右)。幅は15.5cm

HP Pavilion Desktop TP01 側面

左側面 (左)と右側面 (右)。奥行きは29.5cmで、高さは34.2cm

HP Pavilion Desktop TP01 フロントパネル

前面のインターフェース

  • ① 光学ドライブ
  • ② 電源ボタン
  • ③ ヘッドホン端子
  • ④ USB3.1
  • ⑤ SDカードスロット
  • ⑥ USB 3.1 Gen 1 Type-C

HP Pavilion Desktop TP01 光学ドライブ

DVDの再生と書き込みが可能な光学ドライブ

HP Pavilion Desktop TP01 背面

背面I/Oパネルのインターフェース ※GPUなしモデル

  • ① オーディオ端子
  • ② VGA (D-sub15ピン)
  • ③ HDMI
  • ④ USB2.0
  • ⑤ 有線LAN

分解方法とパーツ交換について

HP Pavilion Desktop TP01は側面のパネルを外すことで、内部のメンテナンスやパーツの交換が可能です。一般的なミニタワー型PCに比べて、分解やパーツ交換には少し手間がかかる点に注意してください。また本体がコンパクトなぶん、拡張性はあまり高くありません。

HP Pavilion Desktop TP01 ネジ

内部にアクセスするにはT15トルクスドライバーか、幅広のマイナスドライバーが必要

HP Pavilion Desktop TP01 本体内部

左側面のパネルを外した状態

HP Pavilion Desktop TP01 分解

分解にはまず光学ドライブのケーブルを外し、後ろから押し出します

HP Pavilion Desktop TP01 分解

次にフロントパネルを外します

HP Pavilion Desktop TP01 分解

黒のメッシュパーツを外します

HP Pavilion Desktop TP01 分解

ドライブベイのパーツを取り外し

HP Pavilion Desktop TP01 分解

パネルやフレーム類を取り外した状態

HP Pavilion Desktop TP01 マザーボード

マザーボード全体。HPの独自仕様です

HP Pavilion Desktop TP01 メモリースロット

メモリースロットは2基。最大容量は32GB

HP Pavilion Desktop TP01 M.2スロット

ストレージ用のM.2スロット。Type 2280に対応しています

HP Pavilion Desktop TP01 CPUクーラー

CPUクーラーと冷却ファン

拡張スロットには、PCI Express接続の拡張ボードを利用可能です。ただしGPUなしモデルではグラボ用の電源ケーブルがないため、補助電源不要のグラボを利用する必要があります。GPUありモデルでも同様かもしれません。

拡張スロット周りは比較的余裕があり、15cm程度のグラボなら問題ないでしょう。ブラケットは一般的な12cmタイプで、この高さ以内であればフレームに干渉することなく設置できるはずです。

HP Pavilion Desktop TP01 拡張スロット

拡張スロットの構成

  • ① PCI Express x1
  • ② PCI Express x16

GPUなしモードでは、180Wで80PLUS GOLDの電源が使われています。最近のGTXシリーズはエントリー向けでも300W推奨なので、この電源では少々厳しいかもしれません。グラボを増設するなら、GeForce GTX 1030などの省電力タイプを選ぶといいでしょう。

GPUありモデルの電源は310Wで80PLUS GOLDですが、補助電源用のケーブルがない可能性があります。GeForce GTX 1650 SUPERなどの電源が必要なグラボは使えないかもしれません。

HP Pavilion Desktop TP01 電源

電源はGPUなしモデルが180W、GPUありモデルが310W

HP Pavilion Desktop TP01 ドライブベイ

3.5インチのドライブベイ

HP Pavilion Desktop TP01 ドライブベイ

この部分にも3.5インチストレージを取り付け可能

HP Pavilion Desktop TP01 ドライブベイ

フロント側からストレージをネジで固定。3.5インチ用以外に2.5インチ用のネジ穴もありました

HP Pavilion Desktop TP01のベンチマーク結果

HP Pavilion Desktop TP01にはCPU内蔵のグラフィックス機能を使うGPUなしモデルと、グラボを搭載するGPUありモデルが用意されています。今回試用したのは、GPUなしモデルです。

試用機のスペック

モデル名 エントリー
CPU Core i3-9100
メモリー 8GB
ストレージ 1TB HDD
グラフィックス UHD Graphics 630 (CPU内蔵)

※ベンチマーク結果はパーツ構成やタイミング、個体差などによって大きく変わる場合があります

ストレージ性能

ストレージはGPUなしモデルが1TB HDDのみ、GPUありモデルが256GB SSD + 2TB HDDの構成です。HDDのみだとファイルのアクセスが遅く、ウィンドウズやソフトの起動にも時間がかかります。使えないほどではありませんが、快適に使いたいならGPUありモデルを選ぶか、自分でSSDを追加するといいでしょう。

HP Pavilion Desktop TP01 ストレージ

1TB HDDのアクセス速度

ストレージのアクセス速度

ストレージのアクセス速度

CPU性能

CPUとしては第9世代のCore i3-9100 / Core i5-9400 / Core i7-9700が使われています。すでに第10世代のCore iシリーズが登場していますが、性能的にはまだまだ現役で十分通用するレベル。ただしどこかのタイミングで、第10世代CPU搭載モデルが登場するかもしれません。

今回試用したCore i3-9100はもっともランクの低いCPUですが、普段使いやビジネスには問題なく使える性能です。Core i5やCore i7のほうが高性能ですが、どちらかと言うとこれらは重い処理向け。標準的に使うならCore i3でも十分でしょう。

CPUの性能比較

CPU PassMark CPU Markスコア
Core i7-9700
17114
Core i5-10400
12817
Core i5-9400
12179
Ryzen 5 3400G
9383
HP Pavilion Desktop TP01 (Core i3-9100)
8784
Ryzen 3 3200G
7643
Pentium G5400
4969
Celeron G4930
3377

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

GPUなしモデルでは、グラフィックス機能としてCPU内蔵のUHD Graphics 630を使います。ベンチマーク結果をご覧いただくとおわかりのように、性能はかなり控えめです。ゲームやクリエイター向けソフトでの効果は期待できません。

GPUありモデルのなかでもGTX 1650搭載モデルであれば、大幅な性能の向上を期待できます。RX 550はゲーム用ではなく性能は控えめで、内蔵グラフィックスよりもちょっと高性能な程度です。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8893
GTX 1050
6945
RX Vega 11 (Ryzen 5)
2219
Vega 8 (Ryzen 3)
2178
UHD 630 (Core i7)
1298
UHD 630 (Core i5)
1102
HP Pavilion Desktop TP01 ( UHD 630 Core i3)
1044
UHD 610
636

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

作業の快適さ

テスト スコア
Essentials (一般的な利用)
目標値4100
スコア6353
Productivity (ビジネス利用)
目標値4500
スコア6013
Digital Contents Creation (コンテンツ制作)
目標値3450
スコア2916

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

PCMark 10は、PCを使った各種作業の快適さを計測するベンチマークテストです。Core i3搭載の試用機では、一般利用 (ネットの閲覧やビデオチャット、動画再生)とビジネス利用 (表計算とワープロ)のテストで快適に使える目安をクリアーしました。しかしコンテンツ制作のテストでは、目標値に届いていません。写真加工や動画編集などの重い処理には不向きです。

上位のCore i5 / Core i7モデルであればより快適に動作するはずですが、コンテンツ制作のテストはクリアーできるか否かでギリギリのあたりでしょう。GTX 1650搭載モデルであれば、コンテンツ制作のテストでも楽々とクリアーできはずです。

ゲーム系ベンチマーク結果

Core i3搭載機でゲーム系ベンチマークテストで快適さを計測したところ、ごくごく軽いドラクエ10なら解像度1920×1080ドットで快適にプレーできるとの結果でした。リーグ・オブ・レジェンドなどの軽いゲームであれば、画質や解像度を落とすことでプレーできるでしょう。やや重いゲームでは解像度を変えても厳しそうです。Core i5 / Core i7モデルでも同様の結果だと思われます。

GTX 1650搭載モデルであれば、重いゲームでも画質を調節することである程度楽しめるでしょう。ゲームをプレーするのであれば、GPUありモデルでもRX 550ではなくGTX 1650モデルを選んでください。

※テストは1920×1080ドットで実施

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 397 / 動作困難
標準品質 551 / 動作困難
軽量品質 710 / 動作困難

※スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 平均FPS
最高品質 859 / 4.9 FPS
高品質 1236 / 7.7 FPS
標準品質 1605 / 10 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 4060 / 普通
標準品質 5548 / 快適
低品質 6621 / 快適

価格について

HP Pavilion Desktop TP01には、パーツ構成の異なる複数のモデルが用意されています。それぞれのスペックと価格は以下の表のとおりです。

GPUなしモデル (電源180W)

エントリー スタンダード パフォーマンス
Core i3-9100 Core i5-9400 Core i7-9700
8GBメモリー 16GBメモリー
1TB HDD
UHD 630 (CPU内蔵)
DVDライター
ワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウス付属
5万4780円 6万5780円 9万1080円

2020年7月30日時点、価格は税込

GPUありモデル(電源310W)

スタンダードプラス パフォーマンスプラス
Core i5-9400 Core i7-9700
8GBメモリー 16GBメモリー
256GB SSD + 2TB HDD
Radeon RX 550 GeForce GTX 1650
DVDライター
ワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウス付属
9万6580円 12万9580円

2020年7月30日時点、価格は税込

タイミングによっては、期間限定のキャンペーンで安く販売されていることがあります。以下のリンクからキャンペーン情報をチェックしてみてください。

オンライン限定キャンペーンの価格

エントリー (Core i3) 4万7080円
スタンダード (Core i5) 5万8080円
パフォーマンス (Core i7) 8万0080円

2020年7月30日時点、価格は税込

リンク

オンラインストア限定キャンペーン (HP公式サイト)icon

日本HP 週末限定セールicon

HP Desktop M01との違い

HPからは同型のデスクトップPCとして、AMDのRyzenシリーズを搭載したHP Desktop M01が発売されています。サイズと機能はほぼ同じですが、スペックとパフォーマンスではHP Desktop M01のほうが若干有利です。

HP Desktop M01 外観

HP Desktop M01の外観。本体カラーはブラック

Pavilion Desktop TP01とDesktop M01の違い

TP01 M01
CPU Core i3 / i5 / i7 Ryzen 3 / Ryzen 5
外付けGPU なし / RX550 / GTX1650 なし
ストレージ 1TB HDD / 256GB SSD + 2TB HDD 2TB
マウス / キーボード ワイヤレス USB接続
USB Type-C あり なし
税込価格 4万7080円~ 4万7080円~

2020年7月30日時点

HP Desktop M01 レビュー:安くても十分なパフォーマンスのミニタワーPC
日本HPのHP Desktop M01は、税込5万円台の手頃な値段で買えるデスクトップPCです。安いにもかかわらず、普段使いやビジネ……

また、HPからはHP Slim Desktop S01という機種も発売されています。こちらは本体の幅が9.5cmと非常にスリムである点が特徴です。

HP Slim Desktop S01 外観

HP Slim Desktop S01

HP Slim Desktop S01 レビュー:税込3万円台からの激安スリム型デスクトップPC
HP Slim Desktop S01は、スリムタイプのデスクトップPCです。横幅はわずか9.5cmで、設置に場所を取らない点が特徴……

スタイリッシュなデザインと安さが魅力

HP Pavilion Desktop TP01 感想

よかった点

デスクトップPCと言えば黒くてゴツいイメージですが、HP Pavilion Desktop TP01のデザインは洗練されています。デスクの上に置いても、圧迫感は少ないでしょう。スタイリッシュな部屋にも、違和感なく配置できるはずです。

また性能がそこそこ高いわりには、リーズナブルです。キャンペーンによっては驚くほど安く買えることがあるので、公式サイトをこまめにチェックすることをおすすめします。

気になる点

GPUなしモデルは手頃な価格が魅力ですが、ストレージがHDDのみという点が残念です。せめて有料オプションにSSDが用意されていれば……、という人も多いのではないでしょうか。自分で増設することもできますが、内部構造的にパーツの交換 / 追加に手間がかかります。

HP Pavilion Desktop TP01

HP Pavilion Desktop TP01

税込4万7080円~

※2020年7月30日時点、キャンペーン適用価格

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能PCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、ぜひフォローをお願いします。

関連記事

スポンサーリンク
rect-big
HP Directplus -HP公式オンラインストア-
rect-big
HP Directplus オンラインストア

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました