HP Pavilion Wave 600-a300jp(2020年モデル)レビュー:高品質スピーカー内蔵のスタイリッシュデスクトップPC

HP Pavilion Wave 600-a300jp(2020年モデル)レビュー

HP Pavilion Wave 600-a300jpは、コンパクトタイプのデスクトップPCです。高品質スピーカー内蔵で、PCらしくないデザインが特徴。アマゾンのAIアシスタント「アレクサ」を内蔵しており、スマートスピーカーとしても利用できます。
HP Pavilion Wave 600-a300jp

ポイント

  • PCらしくないデザイン
  • 高音質スピーカー内蔵
  • 16GBメモリー搭載

HP Pavilion Wave 600-a300jpのスペック

OS Windows 10 Home
CPU ・Core i5-7400T
・Core i7-4700T
メモリー 16GB
※スロット×2 最大32GB
ストレージ 512GB SSD + 2TB HDD
グラフィックス ・HD 630
・Radeon R9 m470
サイズ 幅174mm
奥行き169mm
高さ259mm
重量 約3kg

※2020年11月3日時点。構成は変更される場合があります


フォームファクター ※独自仕様
光学ドライブ
ドライブベイ 3.5インチ×1
拡張スロット
有線LAN 1000Mbps
無線LAN 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
USB3.1
USB3.0 3 (前面1、背面2)
USB2.0
USB Type-C 1 (3.1)
Thunderbolt 3
メモリーカード SD
HDMI 1
VGA (D-sub15)
DisplayPort 1
DVI
シリアルポート
PS/2
付属品 ワイヤレスキーボード/マウス、電源アダプターなど
オフィス なし ※オプションで追加可能

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

この記事の目次

HP Pavilion Wave 600-a300jp

HP Pavilion Wave 600-a300jp

税込8万0080円~

※2020年11月3日時点

インテリアのような外観

HP Pavilion Wave 600-a300jpはデスクトップPCですが、見た目はPCっぽくありません。一見するとインテリアのようです。表面にはファブリック素材が使われており、手触りも高級感も抜群。スピーカー、あるいはスマートスピーカーのようにも見えます。

ただし内部にCPUやHDDなどのパーツが詰め込まれているためサイズは大きめ。PCとしてコンパクトですが、サイズ感としてはスマートスピーカーの2.5倍くらいです。

HP Pavilion Wave 600-a300jp 外観

HP Pavilion Wave 600-a300jpの外観

HP Pavilion Wave 600-a300jp 素材

表面にはファブリック素材を使用

HP Pavilion Wave 600-a300jp 外観

幅は17.4cmで奥行きは16.9cm、高さは25.9cm

HP Pavilion Wave 600-a300jp 設置イメージ

設置イメージ ※ディスプレイは23.8インチ

HP Pavilion Wave 600-a300jp 大きさ

PCとしてはコンパクトですが、スピーカーとしてはかなり大きく感じます

HP Pavilion Wave 600-a300jp キーボード

付属のワイヤレスキーボードとワイヤレスマウス

本体上部には55mm口径のスピーカーが組み込まれています。ワット数は一般的なノートPCの約3倍とのことですので、出力は5~6W程度でしょうか。PC向けとしては非常に巨大で、サウンドの迫力も抜群です。また天板部分の「パラボリックリフレクター」により音が360度全方向に広がるため、部屋のどこにいてもクリアーな音を楽しめます。

HP Pavilion Wave 600-a300jp スピーカー

内部には55mm口径の大型スピーカーを内蔵

HP Pavilion Wave 600-a300jp スピーカー

天面部分のリフレクターにより、音が全方向へ広がります

HP Pavilion Wave 600-a300jp 天板

天面部分にはロゴ

見た目はPCっぽくなくても、周辺機器接続用のインターフェースはしっかり用意されています。デスクトップPCとしては多くありませんが、比較的ライトな普段使いであれば十分でしょう。

HP Pavilion Wave 600-a300jp 背面

背面には上から電源ボタン、SDカードスロット、USB3.0 Type-C(データ通信のみ)、USB3.0、有線LAN、DisplayPort、HDMI、電源コネクター、セキュリティースロット

HP Pavilion Wave 600-a300jp 前面

前面にはヘッドホン端子とUSB3.0

HP Pavilion Wave 600-a300jpのベンチマーク結果

試用機のスペック

モデル名 パフォーマンスモデルG2
CPU Core i7-7700T
メモリー 16GB
ストレージ 512GB SSD + 2TB HDD
グラフィックス Radeon R9 m470 (2GB)

※ベンチマーク結果はパーツ構成やタイミング、環境、個体差などの要因で大きく変わることがあります

ストレージ性能

ストレージは512GB SSDと2TB HDDです。試用機ではSSDにキオクシア (東芝)のXG6シリーズが使われていました。公称スペックはシーケンシャルリードで3100MB/秒、シーケンシャルライトで2800MB/秒。公称値に近い結果が出ているので、サーマルスロットリングは発生していないようです。

HP Pavilion Wave 600-a300jp ストレージ

512GB SSD (左)と2TB HDD (右)のアクセス速度

CPU性能

HP Pavilion Wave 600-a300jpで使われているCore i5-7400TおよびCore i7-7700Tは、2017年にリリースされた3世代前のCPUです。また省電力タイプのTシリーズで、性能は控えめ。Core i7-7700T搭載の上位モデルでベンチマークテストを行なったところ、現行世代のCore i3程度のパフォーマンスでした。古いCore i7なので性能は低いのですが、普段使いやちょっとしたビジネスには問題なく使えるでしょう。

CPUの性能比較

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Core i7-10700
4177
Core i7-9700
3190
Core i5-10400
3170
Core i7-9700T
2377
Core i5-9500
2370
Core i5-9400
2357
Ryzen 5 3400G
1884
HP Pavilion Wave 600 (Core i7-7700T)
1716
Core i3-9100
1592
Ryzen 3 3200G
1462
Celeron G4930
535

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

上位モデルではグラフィックス機能として、外付けGPUのRadeon R9 m470が使われています。ゲーム用のGTX/RTXシリーズほどではありませんが、非ゲーム用GPUとしてはそこそこ高性能。軽めのゲームやクリエイター向けソフトで、多少の効果を体感できるでしょう。内蔵グラフィックスを使用するCore i5モデルは、かなり性能低めです。

GPUの性能比較

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
GTX 1650
8893
GTX 1050
6945
HP Pavilion Wave 600 (Radeon R9 m470)
3964
GT 1030
3509
RX Vega 11 (Ryzen 5)
2219
Vega 8 (Ryzen 3)
2178
UHD 630 (Core i7)
1298
UHD 630 (Core i5)
1102
HD 630 (Core i5)
804
UHD 610 (Celeron)
636

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCとしての汎用性

テスト スコア
Essentials (一般的な利用)
目標値4100
スコア9006
Productivity (ビジネス利用)
目標値4500
スコア7487
Digital Contents Creation (コンテンツ制作)
目標値3450
スコア4311

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

PCMark 10は、PCを使った各種作業の快適さを計測するベンチマークテストです。試用機ではCPUベンチマークの結果は低めだったものの、すべてのテストにおいて快適に使える目安を上回りました。おそらく専用GPUと16GBメモリーの効果が出ているのでしょう。CPUは古くても、十分活用できるはずです。

ゲーム系ベンチマーク結果

各種ゲームの快適さを調べたところごく軽いドラクエ10ではフルHDの高画質でも最高評価、少し重めのFF14ベンチではフルHDの最低画質でもやや厳しい結果でした。高いグラフィックス性能を必要としないPSO2やリーグ・オブ・レジェンドなどの軽めのゲームであれば、快適にプレーできるでしょう。人気のFPSやTPSは解像度を下げないと厳しそうです。

FF15ベンチ (重い / DX11)

FF15ベンチ
画質 スコア / 評価
高品質 1096 / 動作困難
標準品質 1797 / 動作困難
軽量品質 2414 / 重い

※1920×1080ドットの結果。スコアが6000以上で「快適」

FF14ベンチ:漆黒のヴィランズ (やや重い / DX11)

FF14ベンチ
画質 スコア / 平均FPS
最高品質 2941 / 19.5 FPS
高品質 3356 / 22.2 FPS
標準品質 6545 / 43.7 FPS

※1920×1080ドットの結果。平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

ドラクエXベンチ (超軽い / DX9)

ドラクエXベンチ
画質 スコア / 評価
最高品質 15481 / すごく快適
標準品質 18622 / すごく快適
低品質 19149 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

普段使い向けのスタイリッシュな高音質PC

HP Pavilion Wave 600-a300jp 感想

よかった点

PCらしくないデザインで高音質である点が魅力。CPUは古いものの総合的な性能はそこそこ高く、PCとしても問題なく使えます。インテリアとして魅せるように配置するのもいいでしょう。ゴツくて地味なPCを使いたくない人におすすめです。

気になる点

見た目はスタイリッシュですが、もう少し小さければよかったのにというのが正直な感想です。最近はコンパクトなスマートスピーカーが増えていますし、せめてこの半分くらいの大きさでないと、サイズ的な魅力は薄いかなと思います。

HP Pavilion Wave 600-a300jp

HP Pavilion Wave 600-a300jp

税込8万0080円~

※2020年11月3日時点

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能PCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせするので、ぜひフォローをお願いします。

関連記事

スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました