アフィリエイト広告

HP Pavilion 15-eh(AMD)レビュー:Ryzen5000シリーズ搭載で人気の15.6インチノートPC

HP Pavilion 15-eh(AMD)

HP Pavilion 15-eh(AMD)は、15.6インチのタッチ対応ディスプレイを搭載するスタンダードタイプのノートPCです。高級感のあるデザインと、高いパフォーマンスが魅力。直販サイトのセールや楽天のイベント時には、とてもお得に購入できます。

 

HP Pavilion 15-eh(AMD)

HP Pavilion 15-eh(AMD)

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

スペック

OS Windows 11 Home
ディスプレイ 15.6インチ 1920×1080 光沢 タッチ対応 IPS
CPU Ryzen 5 5625U / Ryzen 7 5825U
メモリー 8GB(4GB×2) / 16GB(8GB×2) ※DDR4-3200
ストレージ 512GB~1TB NVMe SSD
グラフィックス Radeon Graphics(CPU内蔵)
通信 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2
インターフェース USB Type-C(USB PD / 映像出力対応)×1、USB Type-A×2、HDMI2.1、ヘッドフォン出力
生体認証 指紋センサー
サイズ / 重量 幅360×奥行き234×高さ17.9~20.0mm / 約1.71kg
バッテリー 最大8時間30分

本体デザイン

HP Pavilion 15-eh(AMD)

HP Pavilion 15-eh(AMD)の外観

 

HP Pavilion 15-eh0000

本体カラーはセラミックホワイトとフォグブルーの2色

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) カラー

今回試用したのはセラミックホワイトのモデル。清潔感のある印象的な白です。天板中央のロゴはシルバーの鏡面仕上げ

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) 天板

天板はアルミ製。セラミックホワイトは指紋の跡がほとんど気になりません

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) キーボード面

キーボード面はシルバー

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) バックライト

キーボードはバックライト対応ですが、光がやや弱めです

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) バックライト

明るい場所でバックライトが点灯すると、キートップの文字が読みづらく感じます

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) タッチパッド

タッチパッドには高級感を演出するダイヤモンドカット加工

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) ベゼル

ベゼルは細めで、画面周りがスッキリとしています

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) インターフェース

インターフェースはそれほど多くはありませんが、スリム型ノートPCとしては標準的です ※写真は旧モデルのためmicroSDカードスロットがありますが、現行モデルにはありません

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) 指紋センサー

キーボード右下には指紋センサー

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) Webカメラ

ディスプレイ上部のWebカメラは約92万画素。画素数は少なめですが、ノートPCとしては一般的です

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) 電源アダプター

電源アダプターは45Wの丸口タイプ。重さは280g

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) スピーカー

スピーカーは底面配置。音量は十分ですが、低~中音域がややこもって聞こえます

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) 底面

底面部

サイズと重量

HP Pavilion 15-eh(AMD) サイズ

本体は幅360mm、奥行き234mm

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) 大きさ

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。B4サイズよりもやや小さい程度で、15.6インチタイプとしては標準的な大きさです

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) 厚さ

厚さは実測で17.5mm(突起部を除く)

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) 背面

本体背面部。底面のゴム足を含めた設置時の高さは20mm。数値としては標準的ですが、見た目はスリムです

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) 重さ

重さは実測で1.716kg。15.6インチとしてはやや軽量

ディスプレイについて

HP Pavilion 15-eh(AMD) ディスプレイ

画面サイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) タッチ

ディスプレイはタッチ操作対応

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) 光沢

ディスプレイ表面は光沢ありのグレアタイプ。画面への映り込みが生じます

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) デスクトップ

デスクトップの文字は2~2.8mm程度(スケーリング125%)

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) 映像品質

パネルには自然な色合いのIPSパネルが使われています。ただし実際の色合いはやや暗く、コントラストは低め。格安ノートPCで使われるNTSC 45%パネルと同程度の色合いです

 

OMEN 17 映像品質

ワンランク上のsRGB 100%パネルの映像 ※写真は別の機種

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) 明るさ

画面はやや暗めですが、文書中心の作業には問題ありません。色合いも気になるほどではないレベルです

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) 鮮やかさ

一般的な作業には問題なく使えますが、映像はやや鮮やかさが足りなく感じます。クリエイティブワークには外付けディスプレイを使うほうがいいでしょう

キーボードについて

HP Pavilion 15-eh(AMD) キーボード

キーボードは日本語配列。数値入力に便利なテンキーが付いています

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) キートップ

キートップに影が見えるのは、指がフィットしやすいよう中央部分がわずかにくぼんでいるため

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) 配列

キーピッチは18.7mmで標準値である19mmよりもわずかに狭く、若干窮屈に感じました。配列に特殊な部分がなく、いい意味で標準的です

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) タイプ感

キーストロークは約1.3mm。数値としては浅いのですが、実際のタイプ感はわりとしっかりしています。ただしスイッチのグラつきが感じられました。こだわらなければ普通に使えます

 

HP Pavilion 15-eh(AMD) タイプ音

タイプ音は控えめですが、軽い力でもカタカタと聞こえます。強く叩くと響くので、軽いタッチ推奨

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Ryzen 7 5825U
メモリー 16GB(8GB×2)
ストレージ 1TB SSD
グラフィックス Radeon Graphics(CPU内蔵)

※各ベンチマークテストは、Windows 11の電源モードを「バランス」に設定した上で、電源アダプターに接続した状態で実施しています
※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、AMD Zen3世代のRyzen 5 5625UまたはRyzen 7 5825Uが使われています。すでにZen3+世代のモバイルRyzen 6000シリーズよりは性能面で劣るものの、マルチコア性能は非常に優秀。特に負荷の高い作業で、威力を発揮するでしょう。

 

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R23 CPUスコア
Core i7-1280P
12396
Ryzen 7 6800U
10183
Pavilion 15(Ryzen 7 5825U)
9751
Ryzen 7 5825U
9740
Core i7-1260P
8984
Core i5-1240P
8928
Ryzen 7 5700U
8304
Ryzen 5 5625U
7580
Core i7-1250U
7552
Core i5-1235U
7104
Ryzen 5 5500U
6779
Core i3-1215U
6086
Ryzen 3 5300U
5140
Core i5-1135G7
4932
Core i7-1165G7
4711
Core i3-1115G4
3378

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

 

CPUの性能差 (シングルコア性能)

CPU CINEBENCH R23 CPUスコア
Core i7-1255U
1743
Core i7-1280P
1733
Core i7-1250U
1726
Core i7-1260P
1636
Core i3-1215U
1622
Core i5-1235U
1616
Core i5-1240P
1606
Ryzen 7 6800U
1471
Pavilion 15(Ryzen 7 5825U)
1441
Ryzen 7 5825U
1437
Core i7-1165G7
1423
Ryzen 5 5625U
1404
Core i5-1135G7
1349
Core i3-1115G4
1329
Ryzen 7 5700U
1254
Ryzen 5 5500U
1177
Ryzen 3 5300U
1125

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵のRadeon Graphicsが使われます。Ryzen 7 5825U搭載の試用機で3Dベンチマークテストを行なったところ、内蔵グラフィックスとしてはそこそこ優秀な結果が出ました。Iris XeとLPDR4xの組み合わせには劣りますが、これくらいのスコアだと、ゲームやクリエイター向けソフトでも多少の効果を期待できます。と言っても、大作ゲームや高度な動画編集を行なえるほどではありません。

 

GPUの性能差(DirectX 12)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
GTX 1650
3241
Radeon 680M(Ryzen7)
2211
Iris Xe(Core i7+LPDDR4x)
1528
Iris Xe(Core i5+LPDDR4x)
1302
Pavilion 15(Ryzen 7 ,Radeon)
1276
Iris Xe(Core i7+DDR4)
1149
Radeon (Ryzen 7)
1000
Iris Xe(Core i5+DDR4)
977
Iris Plus
812
UHD
407

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能やストレージ性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能とメモリー性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではCPUとストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

 

各テストでは、目標値を大きく上回りました。GPU非搭載タイプとしては、十分な結果と言っていいでしょう。

 

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
15-eh10594
Pro 89477
Yoga10606
旧15-eh9253
Spectre10647
XPS10093
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
15-eh9536
Pro 86534
Yoga8578
旧15-eh8107
Spectre6968
XPS6759
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
15-eh6685
Pro 85363
Yoga7972
旧15-eh5781
Spectre5997
XPS6342

※スコアの目安はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック(スリムノートPC)

Surface Pro 8 Core i7-1185G7 / 16GB / Iris Xe
Yoga 770 Ryzen 7 6800U / 16GB / Radeon 680M
▶HP Pavilion 15-eh(旧モデル) Ryzen 7 5700U / 16GB / Radeon
HP Spectre x360-14 Core i7-1255U / 16GB / Iris Xe
XPS 13 Plus Core i7-1260P / 16GB / Iris Xe

バッテリー駆動時間

バッテリーの駆動時間は公称値で、約8時間30分とされています。しかし公称値は実際の利用を想定した測定結果ではないため、実際の利用では駆動時間が短くなりがちです。

 

そこで最大パフォーマンスの状態でビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、公称値よりも長い11時間12分で休止状態へ移行しました。そもそも持ち歩き用の機種ではありませんが、それでも十分な結果です。電源プランや画面の輝度を変更すれば、駆動時間はさらに延びる可能性があります。

 

バッテリー駆動時間の計測結果 ※Ryzen 7モデル

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 最大8時間30分
Modern Office (ビジネス作業) 11時間12分
50%充電までにかかった時間 43分
フル充電までにかかった時間 2時間3分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

ゲーム性能

Ryzen 7モデルでゲーム系ベンチマークテストを行なったところ、ごく軽いゲーム(DQ10、ヴァロラントなど)については画質を調整すれば問題なく遊べるとの結果が出ました。やや重い中量級のタイトル(FF14やエーペックスレジェンド、フォートナイトなど)については、解像度まで落とさないと厳しいでしょう。基本的にはゲームをがっつり遊ぶための機種ではありません。

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

FF14ベンチ:暁月のフィナーレ (やや重い)

FF14ベンチ

画質 スコア / 平均FPS
最高品質 3274 / 22.4 FPS
高品質 4398 / 30.2 FPS
標準品質 5679 / 39.6 FPS

※1920×1080ドットの結果

ドラクエXベンチ (超軽い)

ドラクエXベンチ

画質 スコア / 評価
最高品質 11779 / すごく快適

※1920×1080ドットの結果

週末 / 楽天のセールが狙い目

HP Pavilion 15-eh(AMD) 

ディスプレイの画質があまりよくない点が気になりますが、それ以外は特に大きな問題はありません。なによりRyzen 5000シリーズは性能が高く、コスパは非常に優秀です。特にRyzen 5 / 7モデルで16GBメモリーを搭載していれば、比較的長期間快適に利用できるでしょう。

 

この機種は毎週金~日曜日に直販サイトで開催される週末セールか、楽天のイベント時に購入するのがおすすめです。楽天では販売価格がやや高いものの、イベント時には5~20%のポイント還元があり、実質価格が安くすむ場合があります。セール情報は当サイトやTwitterアカウントに投稿しているので、ぜひチェックしてみてください。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ノートPCレビュー一覧
パソコンお買い得情報一覧

記事を書いた人
こまめブログ

元雑誌・書籍編集者からPC系フリーライターを経て、レビューブロガーとして活動しているオジサンです。文章に関わる仕事を始めてから25年以上。最高195万PV/月。安いガジェットやPCをよく買いあさっています

こまめブログをフォローする
ノートパソコンレビュー
スポンサーリンク
こまめブログをフォローする
こまめブログ
タイトルとURLをコピーしました